2006年6月アーカイブ

 はじめまして。新しくお引越ししてきました。東京都吉祥寺の小さなクリニックのスタッフです。

 登場人物は、医師の内科東洋医学のDr.筑田、皮膚科形成外科美容外科のDR.美夏、 ナースは 面倒くさがり屋ナースと「なすび」ことナース☆B☆ナス。他に事務のお姉さんたちもいます。

 今まで「美夏先生と愉快な仲間たち」というブログで、ご紹介してきました。
 たまたまjugemさんというポータルサイトを使わせていただいていました。このたび、jugemさんが利用規約を変更なさることになり、著作権がjugemさんに移行することになりました。それで急遽お引越し。

 過去の記事については、いずれ美夏クリニックのHPで、見やすい形でお見せします。利用規約の変更が急で、対応が慌しく、ご迷惑をおかけしてすみません。こちらのサイトでも、是非よろしくお願い申し上げます。

posted at 2006/06/30 19:45 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

 本日は、美夏クリニックの患者さまで、サーマクール+メソセラピー(メソリフト)3回をお願いした方からの、体験記です。直してアップしてねと言われていましたが、原文そのままです。

 そのうちウェブサイトのほうに、写真付きでアップしますが、とりあえず文章をご案内します。ではキリコさん、どうぞお願いいたします。


 様々なネットで、サーマクールの事を知っていたので、痛みのことも分かっていたつもりだった。でもやっぱり恐いもの見たさというか、自分が今よりさらに美しくなる魅力には抵抗できませんでした。私の肌はカラカラ派。どうも人にはカラカラ派とポトポト派の2種類があるらしい。それも中年期以降になると。まず目の下がたるんできた。あれれ、あごの下にも若干たるみが・・・・トホホ。

 今度はほうれいせんの横に脂肪が溜まり、70になった顔が想像できるようになった。
 ブルドックの顔は地球の重力により忠実なんだなー、やだなーと思ってると、子どもが「私も中年になるとそんなに小じわが増えるの?やだなお母さんの目じりのしわ」と憎まれ口をきくようになった。「ふん、あんたはいいわよね、ぷるぷるどころかパツン、パツンだもん!」
 閉経後、やたらポテチが食べたくなった。セルソースが・・・・」と心配しつつ代謝が悪いのか、おなかの脂肪がどこからか出張してきて、離れなくなった。以後親しみを感じるらしく、どうしても離れてくれない。あ~ちょっとおお何とかしたい、顔、首、お腹!!という感じのところでサーマクールは、なんだか希望の光よね。引き締め効果がいいらしい。

 聞くところによると30代の人も施術するし、中には60代、70代もいらっしゃるらしい、それはそうよね、切る恐怖よりは少しでも痛みの少ない方法が恐くないもの。会社勤めだって、ご近所の目だってあるし、腫れあがった顔で昼間から、ちょっとおつかいに何げに気軽に行きにくい・・・・・

 と言うわけで、丁寧に洗顔し、金属をはずし、リラックスした格好でイスに横たわりました。「いくよ~」の掛け声に身構え、1回目は(痛いのは痛いけど、なんてことないわさ、麻酔もなくて平気!)ところがあれれ!やっぱり痛いの・・・。骨のある堅いあごとか頬骨の上とか、出手のひらに薄く汗がじわっ!強さは、加減してくれて、あまり萎縮しすぎないように部分的にも調節していただいてるようす。
 美夏センセがすぐソバで「ごめんね!」とか「ここは痛かった!」とか「あー、痛いね」と言うのを聞くのは、なんだか代理出産の掛け声のよう。で、所どころは笑いながら、また体験済みのなすび看護士に冷やしてもらいながら、体験談も聞く。

 「ジーンと染み渡る痛さなのよね」「でも出産のあの痛さに比べたら、何てことないわよね、程度が違う」

 不思議なのは同じ頬でも、やわらかな部分は痛くない。痛いと聞いていた先入観が、自分をますます痛くさせるような気がする。100発目あたりからは、その痛い部分も慣れたのか、あまり痛くない。こうやって皮膚が強靭になるのだろうかと思う。何より、綺麗になったら、いつもたるんだ二の腕をつまんでくる嫌味なつれあいの前で、颯爽とノースリーブを着てやるんだ!と心の中で決心する。自分だってお腹たぷたぷのくせに。

 なんだカンダいいながら40分の施術を終えると、別室でなすび看護士がアイスノンで冷やすようにと、労わってくれる。そこで20分ほど休憩すると、あらー、もうほとんど赤くない、腫れてもいない、それはまるで(こんなんで効果あるのー?)と言うくらいあっけない不思議体験。

 6ヶ月くらいでじわじわと引き締まり、その間3回のメソリフをしてリフトアップの効果がさらにアップするらしい。コラーゲンを増やしてぷるぷるのお肌になるそうな。ああ、聞いてるだけでも懐かしい。(やはり助かるわ~~、人目を気にせず、短時間で効果があるなら)出来るなら人が知らない間に変身したい。冷やしたあとは、信じられないくらいメイクもノリがいい。さっきまでうっすら涙目になっていたことが嘘のよう。買い物をすませて家に帰っても鏡をためすすがめつ・・・・種を撒いたあとの土の観察のよう。

 きっと綺麗になるんだ!そうそう、その意気込みと勇気があれば、きっと私は若返ってみせる!鼻息荒く眠りについたのでした。  (キリコ記)

2006.06.26 jugemでのブログに掲載させていただいた記事です。

posted at 2006/07/03 08:35 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

art3_2.jpg

筑田先生のアートの小部屋 NO.3です

題名 Baignade I 作者 Ulf Gripenholm 1943生、 Stockholm, Sweden

前回ご紹介の作者です。 なんとも不思議な雰囲気ですよね。

 こぼれたコーヒーの染みからのイマジネーションだそうです。

 北欧の夏は朝1時には明るくなり、夜は11時でも外は明るいので明かりなしで本が読めます。

 時間がゆっくりゆっくり過ぎて、全てが止まった感じがすることがあります。

 同じ時間の経過も、仕事とスケジュールで追われる我々に時間は分、秒刻みで過ぎてゆきます。

 心は自由なはずなのに、なぜ・・・、  時計を捨て、衣装を捨てることが時には必要なのかもしれません。

art1_2.jpg

自然の造形美には人間のいかなる才能も及ばないと感じる時があります。

 写真のアンモナイトは白亜紀ですから、おおよそ1億年ほど前に海底で永久の眠りについて、最近ロシアはヴォルガ川のほとりで発掘されたものです。 1億年の間に少しづつ地球の変動の影響を受け、海水の鉄イオンがアンモナイトの成分と置き換わり黄鉄鉱化したものです。

 アンモナイトには沢山の種類がありますが、これはSpeetoniceras Versicolor といわれています。 大胆な太く力強い漆黒の螺旋が黄鉄鉱の繊細な銀色の曲線で縁取られれ、褐色のアクセントを置いた黒い大理石の螺旋階段は銀の小さな小部屋へと導きます。

 銀の小部屋は満天の星のように輝く黄鉄鉱の小さな結晶がいっぱいに詰まっています。 この様な色彩、形態と質感のコントラストと調和はそのまま現代アートの傑作と感じます。
 ここに自然の神秘と宇宙への広がりを感じ、私たち人間も50億年の地球にとってはアンモナイトと変わらない存在のように思えてきます。

 

 アンモナイトってきれいですよね。美夏Dr.は、筑田Dr.とたまたま銀座の街を歩いていて、「ぎおん石」というお店の入り口においてあったこのアンモナイトに釘付けになってしまいました。

 螺旋が美しさを感じさせるのでしょうか?
 それにしても、この黄鉄鉱のアンモナイトは特別です。写真では、分かりにくいかもしれません。興味があったら見に来てね。

 美夏クリニック http://www.mika-clinic.com

posted at 2007/01/25 10:20 | kojitomika |
permalink/全文表示 | コメントをつける/見る(0) |

 金属によるアレルギーのある方がいます。

 バックル皮膚炎と言って、丁度おへその下くらい、ベルトの金具の当たる位置に強い湿疹がでるのは、たいていの場合ニッケルなどの金属によるアレルギー性の接触皮膚炎です。 リングやネックレス、時計などで金属による接触性皮膚炎が起こる方もいます。

 この場合、水分があると余計にその金属は皮膚の中にしみとおり易くなりますので、症状が悪くなりやすい。

 マニキュアなどのトップコートで金属部分を覆ってしまうと、症状が出なくてすむ場合があります。また、汗をかきやすい時期は、プラスチックやセラミックス、ガラスなどのアクセサリーのほうがいいかしら?前に書いた亜鉛華軟膏が役にたつ場合もあります。

 金属アレルギーは、勿論アレルギー素因があって、感作されやすい人がなりやすい。金属にかぎらず、蕁麻疹も出やすいし、花粉症にもなりやすい。

 私は、蕁麻疹が最初で、次が花粉症、今の所アトピー(診断基準から言えばやや曖昧ですが)の症状も出てきた。喘息と金属アレルギーは今の所無いかしら。これも、なすびには怒られるけれど、つい面倒くさがって碌にアクセサリーをつけないからね。(おかげでアクセサリーはほとんど持っていない。プレゼントしてくれる人もいないって事かしらん。)

 でも、アレルギーは身体の中だけの問題ではない。 虫歯などで口腔内金属が多量に長期間入れてあった人もなりやすい。面倒くさがり屋ナースはニッケルなど、金属のパッチテストをするとかなり強度な反応を示します。彼女のピアスホールも落ち着かず、結局結婚指輪は鼈甲のものを選びました。Nsブログはこちら

 内緒ですが、彼女は口腔内金属の数は決して少ない方ではありません。口の中は湿っているので、どうしても少しずつ溶け出してしまいます。また、金属は体内に貯留しやすい。(排泄されにくい)

  もともとアレルギーをお持ちの方は、ピアスにしても、穴を開けないアクセサリーにしても、金属を身につけるのは最低限にされたほうが良いように思っています。ましてや、舌にピアスを開けるのはお勧めできません。

 ということで、ピアスホールを開けにおいでになる方を診察する第一歩は、アレルギーの素因の有無と口腔内金属の量、金属でかぶれたことがあるかどうかです。  ついでに、金属アレルギーで有名な疾患に掌せき膿疱症という疾患があります。そのうちにまたご紹介しますね。

 2006/6/19にブロックブログの美夏先生と楽しい仲間たちにアップした記事です。過去のアーカイブに入るかしら?

  
  しみを取るための方法は、すでにほとんど確立されています。治療方法には、レーザーや光照射、ハイドロキノンやトレチノインなど外用療法など、こういうしみにはこういう治療をすると決まってきています。言い換えると、どこの施設でも、治療機器と医師の技量があれば、あまり差がありません。診断能力と治療方針、および適切な機器があるかどうかが、治療の良否を決めると言えると思います。

 しみ治療を円滑に進める最低条件は、私はスキンケアだと思います。いくらきちんとした治療をしても、スキンケアがきちんと出来ていないと、良くなるどころか反って悪化します。 日々のスキンケアで重要なことは
   1、紫外線をさける    
   2、摩擦の力をかけない

 本日の話題は「摩擦の力をかけないで、こすらないで」

 私たち有色人種の皮膚はもともとメラニンを産生しやすい。こすってしまえば、メラノサイトはすぐに元気になって、皮膚を防御するためにメラニンを作ってしまいます。メラニンは皮膚の中を守るための防御装置です。

 摩擦しないでと、お話しますと皆さん異口同音にこすってませんとおっしゃいます。でも本当にそうですか?
1)洗顔は、ダブル洗顔はやめましょう。ふき取りタイプのクレンジングでティッシュでごしごしやっていませんか?
2)洗顔のときに、指や手のひらが特に頬骨の上を往復してませんか?
3)余分なものが入っていない石鹸(純石鹸)で汚れを浮かすように、丁寧に、皮膚をこすらないように優しく洗ってくださいね
4)お水で流すときには、パッティングするように洗っていますか?
5)タオルは押し当てて使っていますか?やわらかいタオルをそうっと押し当てるようにして、水気を取りましょう。
6)たくさんの種類の化粧品を塗るたびに、お顔の皮膚はこすられていませんか?化粧品の種類はなるべく減らしてくださいね。
7)マッサージしていませんか?
8)横を向いてお休みになる方、枕でこすっていませんか?
9)頬杖をつく癖はありませんか?

  優しく洗っているつもりでも、皮膚の上をあなたの手は1日に何回往復していることでしょう?お顔の皮膚は触らない方が、色はつきません。 1回こすれば、1回分色がつきます。
 手のひらを頬骨の上にのせると、骨が触りますね。その頬骨の上に色が強い人(肝斑も慢性の炎症後色素沈着であるとおっしゃる方がいます)、目の周辺のみ色が白く肌理が細かい人、法令線または鼻唇溝と言う口の横のラインは色が白い人、えらの上内側の色が濃い人は、是非洗顔方法を見直してみてください。

 こするのをやめる、化粧品の数をへらすだけで、半年経てば皮膚の状態はかなり改善します。 

でも先生は痒くて時々掻いているよね? だから痒いところは、色がついているでしょ?すみません。

 しみを作らないためのスキンケアについての続きです。

 赤ら顔の原因はいくつかあります。その中で、こすって赤くしてしまったお顔の特徴をお話します。

 さかさパンダのように、目の周辺や法令線、フェイスラインなどお顔の周辺は、肌理が細かくて白い。それなのに眉の上、頬骨の上など出っ張っている部分は、毛穴が目立ち皮膚そのものも厚く赤みがかっている。医者の用語を使えばやや浮腫っぽく、血管が拡張している。

 毎日物理的にこすられるのは皮膚にとっては大きなダメージ。その摩擦の力に対抗して、精一杯の防御をしている姿が赤ら顔。 つまり、皮膚の浅いところまで血管は拡張し、酸素を運ぶ赤血球や外敵と戦う白血球を増やす。(赤み=血管拡張) 臨戦状態になって、炎症惹起物質という免疫系の物質がたくさん出てくる。その結果、血管の外へ水分が流れ出て皮膚そのものも厚くなります。まさに、炎症そのものです。

 この赤みや厚みは、接触性皮膚炎というかぶれやアトピーなどの湿疹、ニキビなどでも起こってきます。かぶれると赤くなって腫れるでしょ? 一般的に、血管の拡張や皮膚が厚くなる現象は、その原因が取り除かれれば消失します。
 でも長い期間炎症が続くと元へ戻る力がなくなり、湿疹や摩擦など炎症の原因をとりのぞいても、赤く肌理の粗い皮膚がそのまま残ります。

 赤ら顔が気になる場合には、まずかぶれ(接触性皮膚炎)やアトピー、脂漏性皮膚炎、にきび、こすっているなど赤くなる原因があるかどうか診断が必要です。診断の結果、病的な状態ならば皮膚を健康にするために治療や皮膚にあったスキンケアが最初のステップ。

 その上で残ってしまった赤み(血管の拡張)や厚み、毛穴については美容外科的な治療が必要です。 美容外科的な(美容皮膚科的な)治療の中で赤みに対して直接働くものは、光治療(フォトセラピー)や赤用のレーザー(Vビームやダイレーザーなど)があります。
 それらの治療は、もともとの病的な状態や不健康なスキンケアを改善した上でなされなければ、良い結果を出すことは難しいと思っています。

 せんせ!!痒いんでしょ?掻いているよ。駄目だったらあ。掻いたら、皮膚は余計痒くなるし、色がつくって自分で言ってるじゃあない。
 でもね、痒いのを我慢するのはとっても大変なこと!なすびは痒くない人だからーーー。シャワーを浴びて、締めている下着をはずすと楽になるんだけどね。部屋も冷やさなくちゃ。 おかしいなあ?なすびよりひと回りは年上のはず。どうしていつも怒られているのかな?

美夏クリニック http://www.mika-clinic.com

そろそろプールの季節。美夏クリニックは水いぼをとる子供たちが増えてきます。

 水いぼは「伝染性軟属腫」といい、ウイルス(pox virus)によりうつるものです。プール保育園幼稚園などで感染します。以前は、水いぼがあるとプールに入ってはいけないとされ、この夏前の時期になると、プールに入れないからとおいでになる子供さんが多かった。でも、水いぼのウイルスはどこにでもたくさんいます。そのためか現在では水いぼがあれば、プールに入っては駄目よという施設は減りました。

 水いぼのウイルスは常在菌ではありません。もともと健康な皮膚であれば、あまりたくさん水いぼが出来ることはない。それなのに増えてしまうのは、バリアが破綻している皮膚を、爪などで引っかいて傷から侵入するのでしょう。

 水いぼの出来始めってとても痒いんですよね。掻いてしまうのは仕方がないことだと思います。

 大人の皮膚は、子供の皮膚に比べて、強くなっていて、たいていの場合感染してもいぼにはならない。たまーに大人でも出来ている人はいますが。

 皮膚そのものは、本来きちんと整列した角層という垢となって落ちる前の生きていない細胞と皮膚表面の皮脂や天然保湿因子などで守られています。その身体の防御壁「皮膚」というバリアが、洗いすぎこすりすぎ、または湿疹などで壊されていると、水いぼなどのウイルスは身体の中に侵入しやすくなります。バリアを破ってはいりこんだウイルスは水いぼを作ります。

 だから、乾燥肌(小児湿疹やアトピー性皮膚炎など)や掻いてしまう肌には、当然水いぼが出来やすい。とびひが出来やすい理由も同じです。

 水いぼを取らなくてはならないかどうかは、議論があります。

 数個おとなしくあるだけならば、私は経過観察でよいと思っています。 ただ、バリアの破綻したざらついた肌のばあいには、急速に広がることがあります。身体中に数百個水いぼをお持ちのお子さんを治療したことがあります。増え始めたときには、私は治療なさった方が良いように感じています。

 治療のステップとしては、まず保湿剤などでバリアの破綻を修復します。水いぼを取る時に、ウイルスをばら撒いてしまいます。周辺の皮膚がウイルスの侵入を受け入れやすい状態であれば、広がってしまう。また、湿疹のある皮膚では、水いぼなのか湿疹なのか分かりにくい場合があります。

 そのために、耕された畑に種まきをする(=バリアの破綻した荒れた皮膚で水いぼをとる)のではなくて、まず舗装(=保湿してバリアを強化)しましょう。 つぎに、水いぼ摘出。 私はペンレステープという麻酔の貼り薬を摘出前1-1.5時間まえに貼ってもらって、痛みなく処置できるようにしています。このテープは優れもので小さい水いぼでしたら、ほとんど痛みを感じません。

 水いぼが多いお子さんではなかなか1回では処置できません。1度で取っても見えなかったものが再度大きくなってきたり、新しいのが出来たり、普通2-3回通院していただくことになります。 お近くの小児科か皮膚科の先生に相談してみてくださいね

urabanndai01HP.jpg

 お休みをいただいて、福島県の裏磐梯にリフレッシュに行ってまいりました。

 磐梯山は1888年に大噴火して、山頂付近が陥没し、現在の形になったそうです。その噴火により、たくさんの湖沼が作られ、四季折々の美しい自然が出来上がったのだそうです。

 五色沼という色の異なる沼をめぐる散歩道、デコ平という1300Mの高原の散歩道などを、時間を気にしないでゆっくりめぐりました。

 

 

urabanndai2HP.jpg

 まだ水芭蕉の花の時期には早すぎたようです。株は大きくなっていましたが、白い株はこのひとつだけでした。

 

 

 

 

 

 

 

urabanndai3HP.jpg

 不動滝へ行く散歩道で見つけた切り株?です。雷にやられてしまったのでしょうか?どうどうたる風情ですね。

 ここしばらくの間、クリニックと家の往復だけでした。疲れた身体と心には、緑が必要だったようです。

 ちなみに、一眼レフのカメラとの付き合いは、すでに20年を越しています。でも、仕組みもあまり分かっておらず、いつもオートモードで使っています。5月にデジカメの一眼レフ キャノンEOSデジタルを仕事用に手に入れました。

 友人から頂いたニコンクールピクス5700が自宅用にお下がりになり、今回の写真はこのニコンで撮影しました。どうやら接写のほうが、縮小したときにノイズが入っていますね。少しずつ学んで、成果をご報告いたします。 

 追伸 宿泊はホテルグランデコという東急のホテル。たまたまネットで、工事中で外が見えないという格安プランを見つけました。7月15日までだったと思います。 このホテルは、閑静で格調が高いのもさることながら、専用のエレベーターを使えば、バスローブのまま温泉やプールに行く事ができるのが、大変うれしかった。露天風呂みたいな暖かいプールが屋外にあって、平日だったのでほかに人もおらず、のんびりプライベートガーデン気分でした。 お食事も美味しく頂きましたし、また機会があれば是非再訪したいと思っています。お勧めです。

 ピアストラブルは決して少なくはありません。

 口の悪い人によれば、異物をファッションにする人類最後の蛮行だそう。でも仏像の長い耳たぶには確かに飾り物がついていて、これは確かにピアスでしょう。小さなピアスが揺れている、輝いているのは、かわいらしくて私も大好きです。 残念ながら、たくさんの方のピアスを開けさせていただいたのに、私の耳にはピアスホールがありません。 どうやら10数年前に恩師のO先生に、「イヤリングを落とすからといって、ピアスホール開けるんじゃあない」と諭されてから、トラウマになっているらしい。

 え!?! 単に努力していないだけでしょ!つい、おっくうとか、痛そうとかそんな話でしょ!! あっまずい、逃げ出さないと怒られる---。

 でもここで、終わってしまうと、何のために書き始めたか分からないので、本日は退散せずに続けます。

 ピアストラブルの最悪の結果は、ケロイドです。ケロイドになりやすい場所って、胸の真ん中、肩、お腹の縦の傷というように大体決まっているんですが、耳たぶ(耳垂)もケロイド好発部位です。そんなに多いわけではないけれど、時に拝見します。

 トラブルが起こったときには、早めにピアスを抜いて、とりあえずきちんと治療をするのが、一番安全です。でもホールが塞がってしまうと心配で、抜けない方 多いんです。もともと傷が目立つ方(ご自分かご両親がケロイド体質など)の方は、ケアは充分慎重に、早めに治療を受けてくださいね。

 さて、何回かに分けてどういう人はピアスを避けたほうがよいか、ピアストラブルはどういうものがあるかを、書いてみます。

 蒸し暑くなってくると、寒くて乾燥しているときの、スキンケアとはまた別の注意が必要です。

 亜鉛華軟膏って知っていますか?白い粘土のような軟膏です。この薬は、皮膚の表面でベールのように皮膚を保護します。どちらかというと、乾かすタイプの薬です。

 これからの時期に、汗のたまりやすい肘やひざの内側、赤ちゃんの腿のつけねや首など皮膚と皮膚がくっつくところに、広く薄く塗っておきますと、あせもの予防になります。

 また、赤ちゃんの便がゆるいときに、肛門周囲に広く厚めにぬりますと、オムツかぶれもしにくくなります。お腹の調子が悪くなって、お尻まわりがかぶれたときには、優しく洗い、タオルを押し当てるようにして水気をとり、広く亜鉛華軟膏を塗ります。

 急に湿疹が悪くなったときに、を塗って、その上にリント布などに亜鉛華軟膏を塗ってかぶせることを、密閉療法といいます。薬の効きをよくするための、ひとつのテクニックです。

 また、炎症を抑える作用痒みを抑える作用があり、皮膚の治癒能力を引き出すのには、もってこいの薬です。

 乾きやすいお子さんだと、その亜鉛華軟膏にプロペトというワセリンの精製されたものを混ぜますと、保湿と保護と両方の役割が果たせますので、重宝します。(混合製剤は不安定なので、長持ちはしませんけれどね。)

 このようなシンプルなお薬の基材(薬を溶かし込むベース)を、スキンケアで使うことは、余分なものが入っておらず、かぶれる可能性が低く、私は使いやすいものだと思っています。プロペトも亜鉛華軟膏も処方薬で、ありふれた薬です。

 大人も子供も、丁度今の時期を境に、冬のケアから夏のケアに変わってゆきます。皮膚になにかトラブルがある方は、一度皮膚科にかかりましょう。

anmonite.jpg

 昨日本屋さんで、面白いものがないかなと物色していました。

 そこで見つけたのが、いわゆる素材集。クリニックの各種パンフ作成にと思ったのも事実ですが、写真の美しさにも魅かれました。

 その中で、一番心魅かれた写真を紹介します。(ライセンス契約というのがあって、ここで公開するのに問題がないのは確認しています)  きれいでしょ?

 アンモナイトだと思いますが、ほかのオウムガイなのかもしれません。残念ながら詳しくは知りません。

 でもこの光沢といい、色の変化といい、自然が造る美しさを語る言葉は知りません。

 上野の国立科学博物館には、三葉虫やらアンモナイトやら、種々の化石が本当にたくさんあります。自然の美も色々ありますが、もし興味がおありでしたら、是非行ってみてくださいね。 美夏Dr.は「かはく」の隠れ応援団です。

汗をかくと痒くなる人がいます。私も同じです。

 痒い人は、お風呂でこするととても気持ちがよい。大抵の場合、身体にとって気持ちがいいことは、身体にとって良いことなのですが、掻くことは別です。掻けば掻くほど、痒くなる。こすればこするほど痒くなる。 

 皮膚の表面は、本来皮脂や天然保湿因子という皮膚を潤す物質があります。この皮脂や保湿因子がベールのように皮膚を守っています。

 温度の高いお湯や長時間のお風呂、こすったり掻いてしまったりすると、この潤いのベールを、自分で取ってしまうことになります。その下にある角層(垢となって脱落する前の、核がない細胞の層)も、本当は緻密に順序良く並んでいるはずなのに、ぼそぼそになって隙間ができます。

 そうなると、環境にある刺激物質 例えばダニやほこりや、種々の化学物質などありとあらゆる外界のものが、身体の内に入りやすくなります。

 身体の中は、コレは大変と、外界のものを排除しようと身体の中の警察、免疫機構が警備を強化します。(アレルギー反応) 悪循環にはまってしまうのです。

 この蒸し暑い日、汗で痒くなったら、ぬるめのシャワーでさらっと身体を流してくださいね。1日1回軽めの固形石鹸を手のひらで泡立てて、優しい手のひらでなでるように、身体を洗ってください。

 石鹸やボディシャンプーを使うのは1日に1回にしてね。ボディシャンプーは時々脱脂力が強すぎるから気をつけて。香りの高い製品は、リラックスには良いけれど、皮膚の弱い人には向きません。あかすりやナイロンタオル、ブラシは厳禁ですよ。

 痒い人が、皮膚をタオルを使って洗うのは愛車をカネのブラシで洗っているのと同じです。たしかに汚れはおちるでしょう。でもね、傷がついちゃうの。皮膚は傷がついたら、痒くなるの。 

汗で痒くなる人は、 ぬるめのシャワーを!! 石鹸は1日1回 こすらないで 手のひらでやさしく洗ってね

美しさを表現するって大切だよね      ―Dr.筑田のサーマクール体験記  以下、Dr.筑田の談話をなすび収録

 「先生はどーしてサーマクールをうけようと思ったの?」 

 美夏クリニックにこの器械を導入するかどうかを検討するにあたって、1)効果 2)痛みの程度  を確認しようと思ってねー。

 1回目2005年8月 額~首まで小さいチップで 痛みは思ったほどではないなー。(痛い痛いと聞いていたからね)

 おわった直後は 暖かい感じと張った感じ 施術してくれたジェイメックの人は「効果があった、上がりましたねえ」なんて言っていたけれど、大体ふだんから自分の顔をよく見ていないから、変わったかどうか分からないというのがホンネだね。

  →→この時点では導入はどうかなあ---と思ったよ。

 ところが10月 つい3ヶ月前までいた職場に行ったら、  あっれー 先生東京に行ったら若くなったんじゃあないの??と言われ、そうかなー(でへでへ)と思っているうちに

 12月 ふと、なんとなく首周りや頬が締まった感じがするかも   おや、これはひょっとして効果があったんじゃあないか??と初めての自覚

 2回目2006年1月 大きい3.0チップ チップが変わったと聞き、1回目の効果の自覚もあったから「やってみよう」  

 小さいチップより全然ラク(注:現在使用のものが大きいチップ)   早く終わってくれ――と言う痛い感じはしなかったね。 

  →→ 今までの経過や見た目の効果で痛みの程度がこれくらいなら、美夏クリニックにも導入してみよう!!と結論をだしたよ。

さらに2006年3月パリでの国際アンチエイジング学会に参加してみたら、各国の評価は確実なものだったからね、積極的に導入を進めることにしたんだよ次回はサーマクールの率直な効果と美容医療へのDR.筑田の気持ちです。お楽しみに

美しさを表現するって大切だよね      ―Dr.筑田のサーマクール体験記以下Dr.筑田の談話をなすびNs収録 先生はサーマクールの効果を実感している?

 効果はね もともと自分のカオ良く見ていないから具体的にどこがどんなふうに---ってのは よくわかんないんだよね。でも首や頬がすっきりしたな!!とは感じるね。 美夏さんが僕のカオよく見てると思うから、彼女からの見た目の評価をききたいね。それが効果なんだと思うね。

 アンチエイジングについて一言 どうぞ

 年とっていいことってあんまりないんだよね--(ポツリ) 花が枯れるのとおなじように----。 

  さりとて しおれてゆくものに わびさびの美を感じる時代ではないよね。気持ちや内面は経験とかで豊かでいいけれどね。 外見的に輝ける時代に帰れるならそれもいいのかもな--。

 なんか最近加齢(しみ しわ)で悲しむ女の人の気持ちがわかるようになったよ。年取ると、外見が色あせしぼんでいくでしょう? 今からの希望!とか可能性、自分の価値もちいさくなって、ほら輝いていた人ほどその反動は大きいからね。

  10年前にロンドンでCATS観て泣いたんだよね。それ 思い出したよ。 外見的なアンチエイジングが 内側の気持ちもあわせて、totalに美しくなる努力の手助けになることは いいことだよね。

 人は内も外も美しいほうがいい。そして人は美にひかれるもんだよ.

美しさを表現するって大切だよね 聞き役はなすびNs.です

   サーマクール またする?

 うん またやってみるつもりだよ 

 美容の努力する人に共感がもてるようになったよね。

 ほら ず--っと血液や臓器の病気ばっかり診てきたでしょう?生きるか 死ぬか---みたいなさそれがね やっと外側からも 全体的に見えるようになったよ。

 も--昔っから着るものとかこだわらないし、アタマも床屋まかせで---。

 でも見ためは大切だよね---。服装で手っ取り早くきれいになるのもいいけどさ、ヒトそのものが美しいほうがいいよね 美しさの表現はそれぞれで

 ピカソやマチスもね 構図のバランスや色の調和がすばらしい。

 人も 全体として 個性をもって 美しくあるって素敵なことだよね

Dr.美夏より コメント フェイスラインのタポタポしていた皮膚が、緩みはありますが、締まってきました。法令線も浅くなっている。 でも耳の前で、あと3cmは皮膚の切除が出来ます。フェイスリフトの手術いつでもさせていただきますよ--。  サーマクールによる変化の具合を、スキャナーを購入し、上手く画像が扱えるようになったら、HPにアップします。お楽しみに

art0.jpg

アートの小部屋はDr.筑田執筆です。

 筑田Dr.は子供の頃から絵筆をもったら、時間が経つのも忘れてしまう。どこの都市にでかけても、まず美術館めぐり美を語れば、話は尽きることがありません。前置きはこのくらいにして、最初の絵を紹介してもらいましょう。Dr.筑田 おねがいします。

 美しいものは詩があり、私たちの想像力を刺激し、新しい世界を見せてくれます。

 私たちのクリニックには小品ながら魅力ある絵画があります。 今日はその中の一つを覗いてみましょう。

 Regent Edgar画 1970年生 Stockholm、Sweden)この作品に出会ったのは2005年のヨーロッパ血液学会でストックホルムを訪れたときでした。 会議も終わり17世紀の古い町並みが残るGamura Stanの宿に戻り、夕食までの時間を旧市街のギャラリーめぐりしていました。

 ストックホルムは芸術家が人口に比例して多く、絵画、ガラスワークなど質の高い作品が多く、いつまでも見あきません。ふとウインドウを見ると変わった作品が目に付きました。

 中に入りたくさんの作品の中でとくに面白く思えたのが今回の作品です。 グレイの背景の中で明るい色調は希望と幸せを感じます。 白い鳥は平和を、そして多くのプレゼントを運んでいるようにも見える小包みは、変わり行く時間を覗かせる小窓のようにも見えてきます。

 題名はRegent。 希望と幸せをはこぶ人にみえてきます。

 昨日参加した講習会は、ヒアルロン酸について実技の研修会でした。

 ここ5年足らず、ヒアルロン酸を注入してきました。でも他の人の手技をみるのは、とても興味深いものがあります。 特に昨日のデモンストレーターは、フランス人女性。若々しい三角形をつくるのよって、お話していました。

 アランドロンブリジッドバルドーの写真が最初に出てきました。

 最近のアランドロンなんて全然しらなくて、あまりにおじいちゃんになっているのにびっくり致しました。ヒアルロン酸を注入したお顔が出てくれば、更に興味深かったのですが、それはありませんでした。

 ヒアルロン酸の注入における一番大きなポイントとして、部位をみるのではない、全体のバランスをみる、特に顔の三角形をきちんと作るんだという説明が面白く感じました。

  白色人種と黄色人種の顔の作りは元々異なります。白色人種は、頬骨が低く、ここのポイントに注入し、三角形を造る手技をされていました。結果として法令線が浅くなり、全体に上の方に重心があがってくる。

 日本人に多い頬骨の出っ張ったお顔では、どこをポイントにするのか、それぞれの形成外科医美容外科医の美への認識が問われることになるでしょう。   その人の個性を生かした美しいお顔を、ヒアルロン酸で再現してゆく事は、とてもチャレンジングで形成外科医の腕の見せ所ですね。

 ここまで書いたら、珍しくDR.筑田は覗いて

「僕ね、スーツ買いに行ったら、アランドロンの体形と同じだと、とある銀座のテーラーに言われたんだよ。」ですって。何歳のアランドロンか思わず聞き漏らしたのが、残念と思ったら、声が飛んできた。

「アランドロンの全盛期だよ。決まってるじゃあないか」

 暑くなってきましたね。昨日雨が降り、本日は蒸し暑くなりそうです。

 日常DR.美夏は、職住近接のため、ファッショナブルとはとても言えない服装で生活しています。

 なすびNSから、今までに注意を受けた種々の内容を列記すると、私のオシャレな生活が見えてきます。

 「先生、お洋服は毎日同じじゃあ駄目!!。ちゃんと毎日替えてきてください。」

 「ウエストはきちんとマークしないと、太るの!!白衣のベルトを、昼食のあと、はずすのはやめてくれない?」

 「ファンデの後に、お粉をさぼっちゃあ駄目なの。粉をはたくと、肌がきれいに見えるし、崩れにくいの。後の手間を省くためにも、お粉はきちんと載せるの!」

 「スニーカーで出勤するのはやめて。ちゃんとしたオンナはパンプスを履くの!!」(履いているスニーカーを写真で出せないのが良かった)

 「割れたファンデをレフィルのまま使うのは、男以下。しかもスタッフといえど、人の見ている前でやっちゃあ絶対駄目でしょ!!」

 「ガードルの上から、パンティストッキングをはくのはやめてくれない?」

 どうやら、Dr.美夏は怒られるのが楽しくて、なすびNsの前でわざわざ怒られることを報告している気がしてきた。私は、実はマゾだったのか!!

 それで、本日の怒られネタ

 「初夏になったんだよね。今日、講習会に行くんだけれど、夏用の靴がなかった。4足あるサンダルやメッシュのパンプス、みんな踵が壊れていて、履けない。」といった瞬間「じゃあ、何履いてきたの?」

「コレしかなかったんだから怒らないでよ」

「かざりの金属がとれてる!!まったくもう!!!」

なすびの結論 少しずつ手を抜いちゃあ駄目なの。ひとつひとつをきちんと手間暇かけて、ちゃんと完成させないと。

DR.美夏の言い訳 手を抜くのと、きちんとやるのと、ちゃんと分けてる。仕事は手を抜けない。手術や診察で手を抜くことは出来ないでしょ?家事や自分のオシャレは後まわし。そうでないと、寝る時間なくなっちゃう。明日の元気と美容のためには、ちゃんと寝なくちゃ。と、なすびNsにみつからないように、粉をはたくDr美夏でした。

 リフトは、顔の輪郭とくにフェイスラインが気になってきた時の若返りの手術です。法令線とか鼻唇溝とか呼ぶ口の横のラインも浅くなります。

  そのフェイスラインの改善を望むときに、一番大きな選択が、手術を受けるのか、マシンを使うのかにあります。

 サーマクールやポラリスなどのマシンはまさに、リフトはしたいけれど、手術はしたくないという患者さまのニーズが生み出した器械だと思います。 どちらが良いかは患者さまによります。でも2,3考慮すべき事柄があります。

 効果が高いのは、やはり手術だと思います。比較的年齢の低い40歳前後の患者さまでも、フェイスリフトの手術をすれば、耳の前で最低15-20mmくらいの幅で、皮膚は切除されます

 (もちろんSMASという筋膜様組織で引き上げて、皮膚はゆったりと縫合します。)場合によっては、35mmくらいの切除幅になります。これを、マシンで引き上げるというのは、並大抵のことではありません。

 手術における一番の問題は、私はやはりダウンタイムだと思います。皮膚の剥離範囲によって、人前に出られない期間は異なります。でも剥離を最低にしても、リフトの効果を出すには最低10日間の期間は必要です。

 場合によって、血腫や傷の治りが悪いなどその期間が延びることがあります。

 また、年齢の高い方では、皮膚の剥離範囲が効果を出すためには、それなりに広くなります。その時には3週間くらい、お外に出たくなくなります。

 フェイスリフト博士という方のブログを最近大変楽しく読ませていただきました。そこで、マシン系の治療よりも手術による治療のほうが、結局は安上がりである旨書いておられました。 私も賛成です。

  でもそのダウンタイムの期間の重みや重要性、その期間の金銭的損失が大きい人には、ひょっとするとマシン系の治療の方が良い人がいると思います。 

 マシン系の治療をなさるときには、他のコンビネーション治療を一緒になさる方が、満足度は高いと思います。

 フェイスリフトの手術を終了され、若返ったお顔をご覧になると、本当にうれしそうなお顔をなさいます。そのお顔を見るのが、形成外科医美容外科医にとって至福のときだなあといつも感じています。

汗のシーズンになってきました。

 汗をかかないようにする治療で、ボトックス注射というのがあります。腋の下や手のひらなど狭い部分の汗を抑えるのに、傷が出来ず、とてもよい治療です。ボトックスは、神経末端でアセチルコリンという物質を放出するところを阻害する薬です。顔のお皺を寄せない(表情筋をブロックする)のに、一番使われています。エクリン汗腺にも働いて、汗の量を減らすのにも普通の治療になりました。

 

botox1.jpg
汗でとても悩んでいる方が、年に1回今の時期に注射して秋まで快適に過ごすのには、悪くないと思っています。

 ボトックスで代償性発汗
人の身体って面白いなと思う事があります。汗をかかないために胸腔鏡下(つまりファイバー、内視鏡)に交感神経節ブロックをするという方法があります。麻酔科や胸部外科で治療しているところがあるようです。これが、その部分の汗をかかないように治療すると、他の部位から(例えば身体の下1/2から)たくさん汗をかくそうだ。代償性発汗という。

 私のところで、多汗症でボトックス注射をした方の中で、片方ずつ注射しないと、他の部分の汗が増えるとおっしゃる方がおいでです。代償性発汗が気になる方はそのお一人のみです。多分、ボトックスで汗を止める面積は狭いからなのでしょう。他の方からはそのようなお話は伺った事がありません。

  汗の治療でも、身体全体のバランスを考えなくちゃと、最近東洋医学的発想にはまっているDR.美夏でした。

 書き終わる頃になると、ここにいないはずのなすびの声が聞こえる「ボトックスは努力がいらないからねえ。でも、努力しなけりゃ駄目なのよ。今日はファンデの後のお粉さぼったでしょう。化粧崩れしているよ。」

 ボトックスを打つ時の手順そうそう、多汗症のボトックス治療では、1cm間隔くらいでたくさんの場所に注射をします。痛がり屋の方は、早めにおいでになって、麻酔のクリームを塗りサランラップして1時間待って、その上でキンキンに冷やして打たせていただいています。時間に余裕を持ってきてくださいね。
 そう、冷やすのって痒みにも効きますが、痛みを抑えるのにもとっても有効です。
どこからか声が「痛み対策はやけに熱心なんだから」さて、退散せねば。ごきげんよう

2006.06.05 jugemに掲載した記事の再掲です。焼き直しですみません。
ウェブサイトはこちらhttp://www.mika-clinic.com

 面倒くさがり屋ナースは、新婚ホヤホヤ気分が減ってしまったかしら?

 新婚かどうかって、新婚ホヤホヤ気分が継続しているうちは、新婚さんでしょ?面倒くさがり屋ナースの新婚ホヤホヤ気分が続くように、フレーフレー!!

 新婚の目安は何か?どこぞの医師向け掲示板であれこれ書かれていたことによると

1、相手方の前で、平気でおならをしちゃう

2、いつも化粧をするのに、夫の前だけならさぼっちゃう

3、着替えを、その前で平気でしちゃうとすでに新婚ではないそうです。面倒くさがり屋ナースに月曜日に聞いてみよ。

 ところで、内科筑田先生は今度テレビに出演するそうです。テレビ東京で6月19日かな、午後7時から。2時間枠ですって。昨日収録だとか言って、そわそわ出かけてゆきました。

 青森の大間というマグロで有名になった寒村の出身で、口の重い筑田先生に、テレビにでるようになんて、ひょっとするとすごい冒険なのではないかとずいぶん心配しました。本人も、自信なさげにしていました。どうやら、放映されるのを見るのがとっても怖いみたい。DR.美夏も古女房みたいに心配しちゃいました。

 内容は、どうやら鍼の話らしい。

亀田総合病院で、中国の天津から来ていた馬先生の手技を2年間ずっとみて、成績がとてもよいのにびっくりし、自分でも始めたらしい。

 「えーー鍼ですか?」って筑田先生も最初は思ったそうだ。でも自分の前で馬先生が治療した膨大な数の患者さんは、結果がとてもよかった。もちろん「適応」といって、良い成績を出す状態や疾患に対して治療することが前提だ。

 鍼治療はなぜ効くのか?西洋医学的な考え方ではなかなか説明しにくい。それを少しずつ質問の方向性を変えて、東洋医学を西洋医学的なアプローチで説明できるかどうか、DR.美夏はインタビューアーとしての腕前を試されています。

 インタビューなんかより、皮膚科形成外科美容外科に力を注げって?!?でもね、美しくなるには外からだけのアプローチでは限界があるのね。やっぱり健康で美しくなくてはと、相変わらず古臭い考えのDR.美夏です。

 Vライン脱毛ねえ。  NSブログはこちら

 昨年2回コメットを照射しまして、かなりVラインの無駄毛は減りました。残りは1/3位でしょうか。まだ水着の時期でないために、追加照射をしていないDR.美夏です。

 ああ、なすびの声がする「せっぱ詰まらないとやらないんでしょ?美しくなるために努力しないなんて、全くオンナの風上にもおけりゃあしない!!

 面倒くさがり屋の名前は、ナースに返上してもらって、私が面倒くさがり屋 兼 痛がり屋 ドクターにすべきかな。

 「そうだ、そうだ」 ここのところ、なすびがいなくても、なすびの声が耳から離れない。すごい存在感ですねえ。

 確かに、プールに行くと決めてからの処理だと、肌は荒れるし、場合によっては時間がなくて処理できません。早めに脱毛しておけばトラブル解消で楽なのに、面倒くさがり屋 兼 痛がり屋なもので、「あすこそやろう」がずっと続いています。

 コメットが発売されてすぐにデモンストレーションで自分のVラインにあてた。そのときは痛かったこと、痛かったこと。メーカー側の推奨照射出力が、今の4割増しぐらいだった。詳しく言うとRF40ジュール!! 40ジュールは相当強い出力で、脇やVラインの初回だとかなり痛い。あんまり痛くて、このままでは誰も照射できないと思って、導入が秋まで延びてしまったんでした。

 現在Vライン初回の推奨照射出力はどこのクリニックでも、ダイオードは皮膚の色によるが、RFはだいたい20-34ジュール位でしょう。

 面倒くさがり屋ナースのブログにある、間引きしてゆくというプラニングは悪くない。でもRF40であてると間引きではなくて、なくなっちゃう場所もあるから、間引きたいところはもう少しRF出力は下げなきゃね。

 間引きしたいのか、しっかり脱毛したいのか、おっしゃってくださいね。

 脱毛は、永久脱毛なので、いったんきちんと脱毛されると今後生えません。脱毛したところの増毛治療に取り組むという論文は、私は見ておりませんので、残しておいた方が良い部分は教えてくださいね。

 「自由自在 Vラインの形」です。

 ところで面倒くさがり屋ナースブログは衣替えしましたね。シンプルビューティー路線だと思っていた面倒くさがり屋ナース。やはり、なすびのゴージャスかわいい路線の影響を受けているようで、見た瞬間噴出してしまった面倒臭がり屋 兼 痛がり屋ドクターでした。

 虫刺され、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎や乾皮症(皮脂欠乏性湿疹)など、痒い皮膚の疾患はたくさんあります。

 治療の話ではなくて、日常生活の話をします。

 皮膚は温まり、皮膚のすぐ下の血管が拡張すると、痒みはさらに強くなります。そう、冷やすのが一番簡単な痒みを抑える方法です。

 お風呂は、シャワーになさって、低い温度で短めに

 アルコール(飲酒)は、さらに痒くなります。顔が赤くならない、身体が火照らない程度に

 お部屋の温度も低めに、扇風機やうちわも楽になります。

 いつも痒くなる時間が決まっている人は、抗アレルギー剤と呼ばれるのみ薬があれば、痒くなる30分から1時間前に飲むというのもいい方法です。

 ここが痒いのよって、はっきり分かる場合には、ケーキなどの保冷剤を冷凍庫に入れておいて、ティッシュにくるんで(しもやけにならないように)、冷やすのもいい方法です。

子供は、そのうちに「痒いから冷たいの頂戴」って言うようになります。

 子供さんと一緒にお風呂に入るときには、注意が必要です。子供の体感温度と大人の体感温度には、たぶん2度くらいの差があります。

子供が熱いと言っているのに、「あと10数えてね、ひとーつ、ふたーつ---」なんて無理やり暖めないで下さいね。痒い子は、お風呂の後はさらに痒くて辛い。温度計で39-40度でこどもには暖かいの。大人にとって、湯冷めしそうな温度で充分です。

 なすびの声がする「保冷剤のためとか称して、ケーキを買っちゃあ駄目よ。一体何を考えているんだか。ダイエットしているのを忘れたの?」 ああ、痒み対策を書いたばかりに、本日のデザートはケーキになりそうな美夏Dr.でした。

 コメットという器械は、ダイオードのレーザーによるエネルギーとRF(高周波という電磁波)のエネルギーの二つがでます。

 コメットのユーザーズミーティングでは、男性のヒゲ脱毛に、今までの器械に比べて効果が高いという評価が出ていました。 このところコメットの評価が高くなったためか、ヒゲ脱毛を希望なさっておいでになる男性患者さんが、少しずつ増えています。

  コメットのほかに男性のヒゲ脱毛に効くとされているのは、ロングパルスヤグです。どちらもやはり照射はそこそこ辛そうです。

 ところで、女性の顔の脱毛について コメットはもともと脱毛専用器械ですので、脱毛目的のみで使っていました。でも、お顔に照射していますと、女性の皮膚がだんだんきれいになっていきます。皮膚の色が白くなり、毛穴も縮小してゆきます。脱毛されて毛根の色も見えなくなってきますと、よくいうあかぬけしたお顔になります。

 ポラリスという若返りの照射するマシンがあります。このポラリスという器械もコメットと同じ、ダイオードとRFの組み合わせなんですね。

 ポラリスの一番のウリは顔の色をとりつつ、引き締め(若返り)を、というものです。このポラリスの効き方と、良く似ているんだなあと思っています。

 ポラリスとの違いはダイオードの波長がポラリスは900nm、コメットは810nm、パルス幅がポラリス200msでコメットが100ms、照射出力は同じ。RFはポラリスが80-90J、コメットが50で、どちらもバイポーラタイプ。パルス幅の違いでポラリスによる脱毛効果は低いが、RFが高い分だけ引き締め効果はポラリスのほうがある。ということだそうです。(美夏クリニックにはポラリスはないから、本当の効果の違いは分からない)

 お顔にレーザーや光を照射するときには、気をつけなくてはならないことがあります。肝斑や炎症後色素沈着というおしみがある人では、そのしみが悪化することがあります。コメットの場合、ダイオードのエネルギーは10Jまで下げることが可能です。ハイドロキノンなどでメラノサイトの活動を抑えておけば、しみが悪くなるリスクを下げることができます。

 肝斑は長い治療期間が必要なしみです。充分気をつけて治療しましょうね。 ポラリスの講演会でUSAからきていた講師が、「ポラリスで肝斑を悪くするのは、とっても簡単です。自分は肝斑のある患者さんには、オバジのクリームプログラムを必ずやった上で照射しています」と発言していたのが、心に残っています。

  ポラリスが日本に出回る直前の話でしたが、この講師も辛い思いをしたのが伺える渋い表情でした。(ちなみにこれは日本語に翻訳されていなかった!!)

 また、エステさんなどで顔に光治療やレーザー脱毛をなさる場合があります。肝斑が悪化する危険性をご存じないエステサロンも、かなりの数あります。お顔のしみは、光治療やレーザー照射で悪くなることがあります。脱毛の治療でもリスクは一緒です。ちゃんと診断してから照射しましょう。左よりの波長はリスクが高いので、気をつけてくださいね。

美夏クリニックでは、2008年夏現在ロングパルスヤグレーザーによる脱毛も行っております。特に男の方では、コメットとの使い分けで、良い成績が挙げられています。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.5

このアーカイブについて

このページには、2006年6月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年5月です。

次のアーカイブは2006年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。