2007年6月アーカイブ

mika627!.jpg

 レチノイド反応がおさまって来ました。 6/26の写真です

 今週の前半はぼろぼろ皮膚は剥け、赤みが出たかとおもうと、黒くなっていました。一体どうなるのかと思いながら週末を迎えました。
 トリプルAジェルは本当にレチノールなのか、本当はトレチノインが入っているのではないか、またはレチノールでもトレチノインなみに力価を求めることが出来るのかーーー。

 右の頬の赤みが分かりますでしょうか?笑うと頬はシワシワ。皮膚科でおいでになった患者さんにスキンケアの話をしていて、恥ずかしくなりました。 

triA0630.jpg

左がおとといの28日、黒いうろこみたいに皮膚が剥けて、まだらです。

この日と昨日の夜は、入浴すると一皮剥けたように手に垢のようなものが残りました。
 右が本日30日。カサつきと乾燥、剥けは治まってきました。


3週ぶりの患者さんに、先生頬が締まったみたい。何かやったでしょうと追求されました。あと4週くらい塗ったらどうなるのでしょうか?楽しみですねえ??

 今のところの感触は、 オバジのnu-dermは1日に1-2回くらい剥けて真っ赤になってしまうのよりは、かなり弱い。
 トレチノイン療法で、やや反応を出すくらいのトレチノイン量にして、頑張っているのと同じくらいかな

という所です。ひょっとすると世の中で一番安価なトレチノイン療法かもしれないーーー。結果をお楽しみに!!

 一昨日ダイエットの話をしていて、顰蹙ものですが、
サーティーワンアイスクリームがダブルの金額でトリプルというセールをしています。吉祥寺ではヨドバシカメラが新装開店。ウインドゥショッピングの後、思わず暑くてサーティーワンに行きました。カップはテイクアウトが可能。自宅で半分頂戴してしまいました。ダイエット中のアイスクリームはこれまた禁断の味でとても美味しかった。

情けない!!

posted at 2007/06/30 18:27 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

mimitubo.jpg

なんと24日間で 体重 4.0kg減

スタッフから珍しく美夏Dr.はほめられています。けなされることの多かった日常、ついうきうきしてしまいます。

1、耳ツボ
 6月7日から耳ツボに置き鍼をしていました。食欲が落ちたかどうか不明ですが、少なくとも馬鹿食いはしていません。

上がいわゆるツボ探知器です。探知器なんかいるの?って聞いたら、確認することは大事なんだですって。
 おなかがすいた。何かつまみたいなというときに、手でくりくりって押します。


2、運動
 6月10日から大体週に3回くらい(今までに8回かしら?)水泳に行きました。今週はジムが改修工事で休みなのが、少々残念。

昨日は武蔵野市民プールへ行きました。武蔵野市民は、大人200円で入れますよ!!ちなみに午後9時半まで

 

dietbeer.jpg

3、摂取カロリーを減らす

 間食は極力減らし、酒類は缶チューハイはあきらめ(最近のは美味しいけれどね)ダイエットビール。

  画像はたまたまクリニックにあった500mlですが、誓って350mlまでに減らしています。ワインも週に2回まで、しかもなるべく1杯まで。

 私でも頑張っています。

 本日は、恐怖の計測デー。看護師F嬢が朝から今日は計りますからねって声をかけてきています。

 それで結果。恐ろしくて絶対値は出せませんがーーー。
6月4日から24日経過後

体重 4.0kg減
ウエスト 4.5cm減バストもしっかり減って 1.5cm減
ヒップ 2.5cm減

やったー!!

 水泳は、最初は25m泳いでは休み、また25m泳ぐなんてので、ようやく200mがやっとでした。昨日は100mくらいなら休憩なしでもok。だんだん心肺の機能がアップしてきています。
 なにより腰の痛みも和らいで、鍼治療の必要がありません。
 スカートがはけるようになるかなー?楽しみだなー?

 一体Dr.筑田はどうなっているのでしょうか?
風邪を引いた後、翌週はぶり返し、発熱全身倦怠がひどく、その翌週はヘルペスで頭痛とあちらこちらの痛みで参っておられました。

 マッチョマン計画はどこへ行ったのか、今度レポートしてもらいますね。

posted at 2007/06/28 15:08 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

蒸し暑い日が続きますね。昨日美夏クリニックの水槽も、夏向きに模様替えしていました。

aqua1!.jpg

 いつもお世話になっているアクアアートさんのスタッフが水槽の手入れをしている様子です。 

 スタッフの方によると、通常は26度前後の水の温度が既に30度近くなっていて、お魚や水草を高温に大して丈夫なものにして、数を減らさないと、夏越しが厳しいそうです。

 

 

aqua2!.jpg

 出来上がった夏向きレイアウトの水槽です。

フラッシュが光ってしまって、ごめんなさい。そのままアップします。

 魚も草花も人も夏にむけて、準備する時期ですね

 

 

 

mika627!.jpg
 美夏dr.のレチノイド反応は更に続いています。全体に赤黒くなっていて、皮膚がぼろぼろ剥けて来ています。


 実験好きなKナースにやってみてと渡したら、3日くらい塗ってレチノイド反応が出てきて、「先生お返しします。わたしお日さまにあたるイベントがあるから、塗れないーーー。」
 残念ながら他のスタッフにも遠慮されてしまいました。

 ハイドロキノンの量がnu-dermなどに比べて少ないのが、少々心配の種です。ちょっと面白いので、実験は続きます。レチノイド反応やトレチノインの反応が見たい患者さまは、どうぞおいでくださいね。

posted at 2007/06/27 11:09 | kojitomika |
permalink/全文表示

口周りのしわは、結構気になるものです。

oralbotoxpre.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 


 6月21日ボトックスをそっと注射しました。下は5日後の写真です。

oralbotoxpost.JPG


 

 

 

 

 

 

 

 

悔しいけれど 20台のくちびるはボトックスいらず

fujioral.JPG


 

 

 

 

 

 

美夏クリニック http://www.mika-clinic.com


 

 

 

しわがきざまれる前にボトックスを使っていれば、予防にもなる。

botoxをくちびるに打ってみて
 5年ほど前より、口の周りのシワが気になって仕方がありませんでした。特に食事のときに老け込んで見える感じがあり、友人と出かけるのがおっくうでしたーーー。
 ボトックス治療を受けた結果、動かすときの口の周囲のシワはすばらしく改善しています。
 これでキスもOK!!?


 一番下の写真の女性に、「えー?本当に出ないの?」と散々百面相をしてもらいましたが、やっぱり全くラインが出ない。
 真ん中の写真は、下唇の部分を見てもらえば分かるとおり、結構一生懸命口をすぼめています。ボトックスで、これ以上すぼめることが出来なくなっています。

 くちびるの皺って一回きざまれてしまうと、Filler(ヒアルロン酸注入)で修正します。それでもやっぱり、きざまれる前がいいなとボトックスの好きな美夏Dr.は感じました。

posted at 2007/06/26 15:01 | kojitomika |

 美夏クリニック http://www.mika-clinic.com は、この2週間で、レーザー機械は二つもダウンしちゃうし、15バイアル注文した薬剤は10バイアルしか届かないし、ポラロイドのインスタントカメラは、1台壊れちゃうしーーー。

 いくらなんでも偶然にしては続きすぎると思って、週末御祓いをしていただきました。生まれて初めて(多分。生まれたときにお宮参りでして、御祓いしてもらっていなければ)。
 
 おかげさまで、本日は患者さまにとって良いことがひとつ。(病理の結果が、良かった。) 
 私の体重も順調に減少していました。ダイエットは別に報告します。

 

posted at 2007/06/25 19:28 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

HQ+triA!.jpg

 エンビロン社に、トリプルAジェルに入っているレチノールとトレチノインの力価などの比較を質問を致しました。残念ながら、はっきりしたデータや論文はお示しになれませんでした。

 ただ、トレチノインを処方している場合、レチノイド反応が強く出ている方ほど、治療効果が高いと臨床的に感じていますので、レチノールであってもレチノイド反応が出ていれば、効果が期待できる可能性が高いと思います。

 ここが重要なのですが、効果があるということは、副反応副作用の可能性があると言うことです。 効くということは、作用していると言うことですから。

つまりトリプルAジェルを使用するには
1、紫外線対策が必要です。
2、ハイドロキノンを併用したほうが安全性が高い
3、痒みや湿疹が出現したら、皮膚科の治療が必要です。

 左がトリプルAジェル、右が1.9%ハイドロキノン(ジェイメック)です。

 今から夏、紫外線は強く、汗でサンスクリーンの流れてしまうときのケアとして、この組み合わせはお勧めできるかもしれません。

 美夏クリニック http://www.mika-clinic.com では、トリプルAジェルを化粧品としてカウンターで販売することは難しいと思っています。ご希望の方は診察を受けてくださいね。

 心ならずも肝斑持ちとなってしまった美夏Dr. 何とか薬を使わないで、肝斑をコントロールする方法がないかと、トライしています。
 ハイドロキノンやトランサミンは、メラノサイトの働きを抑えることで、しみ治療になっています。結局使っているうちは良いけれど、中止すれば再発再燃してしまう。

 仕方がないので、トレチノインやハイドロキノンの量を化粧品並に減らそうと言うのが、この組み合わせです。確かに両方とも分類上化粧品です。

posted at 2007/06/22 14:44 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

mika-local0625!.jpg

 トリプルAジェルを塗り始めて大体2週間、週末から更に剥けて来ました。

 見苦しい顔で申し訳ありませんが、アップの写真を出します。本日1時間前の写真です。

 顔は全体的に赤みを帯び、お湯や保湿剤を塗るだけでヒリヒリします。痛かゆいのは、オバジのクリームプログラム(ニューダーム nu-derm)のときと同じ。

 細かい皺が目立ちます。口角は皮膚が日焼けのときのように剥けてきて、その外側の皮膚は色(肝斑)が抜け始めています。

 写真には出ていませんが、フェイスラインの下は一皮剥けて、痒いものだからつい触ってしまうらしく、1列大体1.5cm幅で赤く傷ではないものの、やや生々しい皮膚になっています。

uvblock!.jpg

 いやあ、洗顔後や入浴後は結構痛い。

  レチノイド反応がこのように出ているときに、紫外線にあたると1時間で肝斑は真っ黒になります。注意しなくちゃね。

  私の場合、ドーランタイプのこのノブのUVスティック  

 

 

 

 

hat3.jpg
その上にこちらの帽子  できれば、こんなになっちゃった時には、アウトドアはあきらめて、プールで泳いでいるのが、正解ですけれど。 posted at 2007/06/25 19:05 | kojitomika | permalink/全文表示 | 2007/06/22

美夏クリニック http://www.mika-clinic.com  の美容鍼実況中継の続きです。Kナースよろしくお願いします。

 

preacu.jpg

顔はたくさんの筋が集まっています。筋肉はあまり使っていないと血流が減少し代謝も低下します。 私は以前から顔の色はくすんでおり、更に冷房中の空間にいると一段と顔の温度は下がっています。


 血流が悪いから、当然老廃物もたまりやすい。血流が悪くなるから、老化とともにやってくる様々な現象に悩まされているわけです。


 鍼の刺激で血管が拡張され老廃物が代謝されることがくすみなどの改善につながるのでしょう。

 

 

 

 

 

 
acu3-IMG_0936.JPG

  左の写真は美容鍼施術直後です。血流がよくなって、頬に赤みがさしています。咬筋と口輪筋の刺激で、頬の位置が高くなっていますね。

 わざわざ施術後笑ったわけではないんです。自然に表情が柔らかくなっていて、写真をみてびっくりしました。   こんな理由で鬱のひとの顔も元気になるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

acu2-IMG_0932.JPG
下の写真は美容鍼施術中

写真には写っていませんが、顔という局所とともに全身調整として頭のてっぺん;百会と手足のツボに鍼をしています。

東洋医学的な全身のエネルギーバランス調整も行い、顔が全身に作用し全身が顔に良い効果をもたらす一石二鳥です。

美容鍼の効果はいろいろありますが、私の今のお勧め理由は・・・・・・・

 笑っても硬い表情といった感じのかたが、頬筋の緊張が良い方にほぐれるためチャーミングに見えます。筋がキュッと収縮するので頬の高さが上がり時に愛らしく、時に若く見えます。

 ハリウッドの女優さんが美容鍼を受け続けている理由のひとつには、この表情筋に対する高い効果を狙ってのことなのだと思います。知っている人は得をするとつくづく感心ーーー。


 

 マッサージと美容鍼 どちらを選びますか?

 わたくしなら鍼を選びます。
 マッサージは皮膚をこすっているし、リンパの流れを改善するといって顔をもみます。こすったりもんだりすると、皮膚の面積が伸びてたるみますし、しみも作りやすい。
 マッサージのほうが痛いし、筋の走行は無視しているかな???という感じでしたから。

 鍼は顔を構成するそれぞれの筋にアプローチしている感じです。それから鍼は正中ラインにアプローチしています。正中ライン付近には動脈静脈の血管がありこれも効果的・・・。皮膚免疫もあがるのは鍼です。

 

Lumenis.jpg

美夏クリニック では、夏でも出来るしみ治療として、ルミナスワンのフォトフェイシャルファーストの出番が多くなっています。フォトフェイシャルファーストは、いわばハンドピースを7つもつ光治療器です。

美夏DR.は、波長の選択が簡単にできなければ、細かくこだわった照射の仕方を実現することは出来ないと実感しています。 

 ルミナスワンはもともとハンドピースが3つ。写真でご覧のとおり。右がフォトフェイシャルファースト、真ん中がアルマ(FACES)、左がロングパルスヤグレーザーのハンドピースです。


 この右の光照射用ハンドピース1本の先端のフィルターを入れ替えるだけで、光治療器7本分の波長が可能です。


 

natulight.jpg
左は元祖フォトフェイシャル

 ルミナス社のナチュライトです。本体の上にハンドピースがついていますね。ナチュライトのハンドピースは3つ。波長を変えたいときには本体からこのハンドピースをガチャンガチャンと取り替えます。 

luminashead!.jpg

ルミナスワンに搭載されたフォトフェイシャルファーストのハンドピースヘッドの写真。

 ルミナスさんの資料なので画像もきれいですねえ。手を持つ部分の下に直方体のガラスのような部分が見えます。これがライトガイドといって、サファイアで出来ています。このヘッドで皮膚を冷やしながら光を照射します。

 

 

lumifilter.jpg

 下の写真は波長を変えるためのフィルターです。7つフィルターがあります。
 

 

lumihead2!.jpg
ヘッドの反対側です。今640nmのフィルターが入っています。

 フォトフェイシャルファーストのフィルターは手元で簡単に変えられます。

 例えば、同じお顔のなかで顎の部分は光をメラニンにシャープに効かせたいとなれば、例えば560nmの波長で照射し、頬の上のほうには隠れ肝斑があると思えば(肝斑年齢の方でも)640nmで照射する。とか、全体に赤みがあるので全体を590nmで照射しておいて、しみの部分だけにスポットで515nmで照射する。

 そんな場所と状況に応じた細かい設定が、医師にとって何のストレスもなく行えます。言い換えれば 波長の選択が簡単にできなければ、細かくこだわった照射の仕方を実現することは出来ません。

 現在美夏DR.は同じ方に1回照射させていただく時でも、平均して波長は3-4種類変えています。それに加えてパルス幅出力の変更も画面で簡単に行えます。

 照射する医師の技量が問われる治療だと思います。
 美夏DR.は、フォトフェイシャルファーストが使いこなせるところまで、スキルアップしたと自負しています。

posted at 2007/06/20 16:56 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

kemusi1.JPG

毛虫皮膚炎 毒蛾皮膚炎のシーズンですね。先日お約束した画像をご紹介します。少々ピントがずれていたらすみません。患者さんにお願いして撮らせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

kemusi2.JPG

 小学生です。週末に公園に行ったそうです。身体の広い範囲に広がっています。ガムテープを指に巻きつけて、こんな風に刺さった毛を取ってくださいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kemusi3-2.jpg

大人のかたのうなじです。どちらの患者さんも、「え??毛虫ですか?」とおっしゃっておられました

本日は、Kナース(看護師で鍼灸師)が鍼治療をされているところをご紹介します。それでは、kナースよろしくお願い致します。


 鍼治療は、日本の中でも流派がたくさんあり、ツボの選択、鍼の種類、打つ鍼の数は、それぞれ異なっています。筑田Dr.の鍼は細い鍼でたくさんの数打っています。

 細い鍼は当然痛みも少ないですしやさしい鍼です。筑田Dr.の施術は美容に効果が高いといわれているツボはもちろん、西洋医学的にみた筋の走行にそっておりそれぞれの筋の血流改善の効果が高いと感じます。

acu2-IMG_0932.JPG

実際に受けてみると痛みはほとんどありません。「ここは少し痛いかな?」といわれても全く感じない鍼もたくさん。あれだけ施術されても4本くらいが最初に"チクッ"とするぐらい。

そして、ここは咬筋、ここは口輪筋みたいな感じで頭の中におぼろげな解剖の筋の走行や血管の図が浮かびます。同時に経穴・経絡も浮かびます。

すごく理にかなっている・・・・・  東洋と西洋医学を見聞きしている私にとっては、心の中でうなってしまいました。

15分ほど置鍼して寝ている間は全く痛くなく特別ほてった感じなどもありません。抜鍼後も鍼の痕跡はありません。

posted at 2007/06/18 13:25 | kojitomika

hat1.jpg

 今日もいい天気ですね。

 同じお天気なら夏至の時が一番日照時間も長く、紫外線量も多い。怖いですねえ。

この帽子は涼しげですが、紫外線からお顔を守るには難しそう。どこからでも、日が当たりますね。

 

 

 

 

 

 

hat2.jpg

 

 通販で買った紫外線予防の素材のものです。つばがそこそこ広くて深くかぶれば、比較的効果がありそうです。でも夕日には難しいかしら。

 

 

 

 

 

 

hat3.jpg

 吉祥寺のデパートで、一番つばの大きかった帽子です。ラインがエレガントです。

 患者さんにお見せしていたら、素敵ですねえと、誉めていただきました。

  地面からの照り返しをのぞけば、結構効果がありそうです。ちなみにANTEPRIMAの製品です。

 ところがかぶって歩いてみると、視野が狭くなっている。気をつけて歩きましょう。

 

 

 


 

hat4.jpg
帽子であってもTPOを考えて選ばないと、期待していた紫外線遮断の効果はありません。今の時期は帽子売り場はたくさんの種類の帽子があります。どうぞ素敵な帽子を選んでくださいね。

 本日6月16日は、本当に良い天気ですね。このような天気でアウトドアを楽しむのは、肝斑のある人にはとてもリスキーです。一番下のようにつばの広い帽子をかぶり、紫外線カットグラスで眼を覆い、SPF50のドーランみたいなサンスクリーンをしなくては。

 今日診察日なのが、幸福なのか不幸なのかちょっと悩む美夏Dr.でした。

ちなみに美夏Dr.が通い始めたスポーツクラブのプールは地下です。まったく紫外線が射さない。ガラスの屋内プールで真っ黒になっていては、とても仕事にならないのでーーー。今日も仕事の後行けるかな?

 じゃあ海はどうするのか?うーん、この夏の海水浴はどうしたらよいのか!?せっかくVライン脱毛もして、減量して、水着になれるのにーーー。(´・ω・`)

posted at 2007/06/16 08:38 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

美夏Dr.はプールに通うようにして、間食を減らし、現在のところおよそ2kg減♥です。
なかなか毎日行けない。2日に1回は行こうと思っていますけれど。

 筑田DR.はようやく風邪が少し良くなったらしく、昨日ジムにでかけました。やはりプールは嫌だったようで、マシントレーニング。男性ビギナーコースであまり心拍呼吸数が上がらない程度、1時間半ほどだったそうな。階段を下りるときには、脚がけいれんをおこしそうになったとかーーー。

 「3ヶ月やれば、体調はすっかり良くなる」
 「僕は陸上で鍛えていたから、どうすれば結果がでるか分かっているんだ。」 
 しつこく言われてもエクササイズをされなかった筑田Dr.とは思えない発言でした。

 名づけて、筑田DR.のマッチョマン計画

本日は水着をお持ちでなかったので残念ながら、ビジュアルの報告はできませんが、来週にはアップしますね。

消費カロリーがきちんと計算できるわけではありませんが、ざっと
時速10kmの自転車こぎを90分筑田DR.がなさったとすると、およそ500カロリーくらい運動したことになりそうです

 美夏Dr.が30分平泳ぎで流すと大体300カロリーくらいかな。時間を見つけては、プール通いをしないといけませんね。


 ところで美夏Dr.の取らぬ狸的マル秘計画は
とりあえず
午後の間食をやめて、アルコールもカロリーを減らし、あと4kgは減量する。
エクササイズで腰痛などの不定愁訴を軽減させる。
その後、筑田DR.のメソセラピーで形を美しくする。

 メソのターゲットは、美夏Dr.の希望としては
1、ウエスト 前にはいていたスカートがはける
2、下腹
3、二の腕
の順です。メソも痛そうだからねえ。挫折しそうで心配です。


posted at 2007/06/15 11:43 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

 トレチノインというビタミンA酸の薬を、ニキビや若返り、漂白に処方しています。この薬は同じ量、同じ濃度でも、効き方に個人差があります。
 データがないのですが、レチノイド反応が強い人ほど、主作用であるニキビや漂白にも早く効くと臨床的に考えています。

レチノイド反応とは何か
「肌に赤み、ほてり、痒み、乾燥、ヒリヒリ感、ニキビの一時的な悪化」
をさします。

 昨日の美夏Dr.の口の周りがかさかさ剥けていましたね。トリプルAジェル(レチノール)によるレチノイド反応です。

Scan10014.JPG

 こちらは、美夏DR.の右目の横です。薄いかさぶたのように皮膚がぼそぼそしています。皮膚全体がやや赤く、ヒリヒリし、かさついています。場合によって赤黒くみえる。写真に良く映し出されているでしょうか?

  レチノールという化粧品配合のビタミンAでも、トレチノインでも、同じようにレチノイド反応が出現しています。
ということは、トリプルAジェルはレチノール入りの化粧品なのに、力価としては薬なみでしょうか?

  nu-derm は、Dr.オバジのニューダームまたはクリームプログラムと言います。トレチノインとハイドロキノンを強力に使用し、皮膚をリセットする私の知る範囲では最強のプログラムです。このnu-dermなみにトリプルAジェルでもレチノイド反応が出ています。

 美夏Dr.の顔に丁度昨日レチノイド反応が出現し、ブログネタがあってよかったです。分かりやすいようにアップで出してみました。結構なものですよね。今日も写真を撮っておこう!!

 posted at 2007/06/14 08:41 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

 トレチノインとレチノールは、同じビタミンAの製剤ですが、薬と化粧品の違いがあるとされています。つまり、レチノールでは眼に見える効果は期待できないのでは、というのが医師の間のコンセンサスです。

 レチノールってどうなんですか?という問いには、「化粧品として、私はお勧めです。」って言うのが私の公式見解 

Scan10013.JPG

美夏クリニック http://www.mika-clinic.com では、開院以来エンビロンの化粧品を取り扱っています。その中で、今回トリプルAジェルというのを試して見ました。

 

Scan10012.JPG

ところが使ってみたら、レチノイド反応が出る。かさつきや赤み、ヒリヒリ感などーーー。

ちょっと恥ずかしいが、私の口の周りです。

 副反応がでるということは、本来の反応も出るのでは?
       明日に続きます。


posted at 2007/06/13 18:50 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

tsukuda.JPG

筑田Dr.は泳ぐのが嫌いだそうです。

 1日1000歩くらいしか歩かず、ほとんど椅子に座ったまま診察したり、鍼治療したりの生活です。いわば入院している患者さんより、安静が保たれている状況に見えました。メタボリックシンドロームまっしぐら!!

 当然風邪はすぐ引くし、何か少し作業すると腰が痛い、ヘルペスが出る、早足のせっかちな美夏Dr.とたまたま一緒に歩くと「待っていてくれ。早すぎる」。労作性狭心症じゃあないかーーと思われるほど。

 ということで、本日風邪を引いて、ハナをかむ筑田Dr.

 東京においでになってから、プールに行くように何度もお願いしましたが、「冷たい水は嫌いなんだよね」の一点張りで、行かない。

 筑田先生が、ジムやプールに行かない理由を聞いていると、患者さんのなかで生活習慣が変えられず、コントロールが悪く、治療が進まない方'とどこが違うのかちっとも分からない。 というか一緒なんですよね。

 筑田Dr.いわく「子供の頃、津軽海峡で泳ぐと冷たくてね。でもあわびや魚が手に入ると思えば、採取する為に泳いだ。プールにはあわびもいない。冷たい水に入れば、昔の子供の頃の冷たい水泳を連想して嫌なんだ」そうな。

「朝少し散歩するようにするから」「他の事で時間を取られて行く暇がない」「狭い空間で運動するのは、ハムスターみたいで気分が悪い」「自然の中で運動するのが好きなんだ」などなど

 思わず笑っちゃうでしょ?でも一昨日本当にしぶしぶ入会していましたよ。

 「こらこら、美夏Dr.がダイエットできないのも、同じでしょ?どこが違うのかなあ?」
「だから、私も頑張ります。」


 美夏Dr.は昨日外来が早く終了したので、200m泳ぎました。
100mはビート板でバタ足。これが全然進まない。やけに時間ばかりかかってしまいます。
 夜おなかがすいて眠れなくて、何か甘いものかお酒でもと誘惑にかられましたが、何とか我慢して食べないですませました。

 ウエストを細くする泳ぎ方なんてないのかな?

 筑田Dr.は観念したらしく、この風邪が治ったらジムに行くと言っていました。また、報告しますね。
 

posted at 2007/06/12 14:20 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

 美夏Dr.(美夏クリニック http://www.mika-clinic.com )が肝斑を悪化させて、イオン導入をしているお話を書きました。

イオン導入ってどうやっているの?

IMG_0891ion.JPG

1、洗顔(ここで優しくこすらないように洗っているかどうかチェック!!)


2、個室で顔の周りにターバン(タオル)を巻き、ビタミンのジェルを塗る


3、不織布のガーゼを、顔に広げる

 

 

 

 

 

IMG_0897ion.JPG

4、ガーゼに電極を取り付け、手にアースを持つ

5、15分間通電、途中で1回蒸発したお水を足します。

6、お化粧してお帰りいただきます

 

 

 電流を流すことで、皮膚のバリアを越してビタミンを深くに浸透させるイオン導入は、美容外科的処置の中で一番皮膚に優しい。他の治療が、積極的に皮膚のターンオーバーを促し、エネルギーを与えてゆくのに比べ、イオン導入は鎮静的に働きます。

 いわば、他の治療が馬のお尻を叩くような治療で、状況を良く判断しないと、皮膚がヘタってしまいます。働きすぎ、やりすぎは、逆効果です。
 イオン導入って皮膚にとっては、休息をとるようなもの。人の心を落ち着かせる音楽を聴きながら、美味しいお茶を頂くようなものと、思っています。

posted at 2007/06/12 11:16 | kojitomika |

 やっと週末に時間があり、スポーツジムに入会いたしました。吉祥寺周辺はたくさんジムがあります。近くてプールがあるところを選びました。

 体重を減らすには当然摂取カロリーを下げることと、消費カロリーを上げることが、必要です。美夏Dr.も更年期かなという年齢ですので、基礎代謝が落ちています。また、時々腰痛がでます。体重はこの2年で4kgくらいは増えた。

 スタッフからの圧力は強いし、現状快適にはけるスカートはありません。
 ところが、食事制限が辛い。ダイエット本を見ているうちにだんだん暗~い気分になってきて、元気がなくなってきます。

 それで今年の目標の一つ、「プールに行こう」を実行することにしました。

昨日は150mのんびり泳ぎました。下手くそなんですけれどーーー。
今日行けたら、200m頑張ろうと思っています。

 明日はDr.筑田の報告です。

posted at 2007/06/11 17:02 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

mimitubo.jpg

「ダイエットする」ってのは、愛煙家が「禁煙する」っていうのと同じくらい大変だなあと、美夏Dr.は最近感じています。この3年くらいずっとダイエットするって言っては、失敗しています。

 6年足らず前に美夏クリニックを開院しています。

 その少し前くらいから4年ほど、ものすごく忙しく自分の時間はなく、食べる時間がありませんでした。努力しなくても、どんどん体重が減ってしまった。これがね、反面とてもまずかった。というのは、いわば飢餓の記憶が身体にしみこんじゃったんですね。

 時間がありさえすれば、カロリーを補給するというとんでもない習慣を作ってしまったようです。

 もともと外科医は、場合によっては長時間食事が取れず、外科の3分飯なんて言いますけれど、短時間に流し込む習慣が出来ちゃっています。

 それ以前に、大体食いしん坊。

 で、再度食事制限をして、運動をして、しかもメソセラピーもして、今年こそ美しくなるんだと決意したのですが、決意したハナからちょっと寂しくて、まだ開始できていません。ああ、情けない。

 というわけで、痛くもなく、努力も要らない(美夏Dr.向きの)耳ツボダイエットというちょっと情けないダイエット法から始めることにしました。

 上の写真が、筑田DR.がツボを確認しているところ。 下が、置き針を置いたところ。この置き針を1日に何回かぐりぐり押して、ツボをマッサージするとよいと、筑田先生の仰せです。

 「こんなんで効くのかしら?」と尋ねたところ
今週から来ているKナース(鍼灸師)曰く、「私は食べられなくなりました。食欲なくなります。」ときっぱり。
 もっともKナースは痩せてるからねえ。

  ちなみに置き針は、紙に小さな金属のボールみたいなのを、置いたもの。針ではない。あの写真のように、ツボを確認し貼っていますけれど、全く痛みはない。大体針ではないからね。

 「大変なんじゃあなくて、結局挫折しやすいってことでしょ?本当に意志力が足りないんだからーーー。」

 「センセ、これセンセたちのダイエット表よ」
 「ナースの経過表みたいじゃない?日々の数値を記録するの?」
 「まず写真撮らなきゃね?ちゃんと撮ったの?」
 「はい、やります。ちゃんとやるから、もうちょっと待ってーーー。」

 追加(6月9日)
 筑田Dr.によると、もともと置き針は種子をツボに貼って、それでマッサージして刺激することで行われていたのだそうだ。
 1日に何回もクルクルしなければ、駄目だよ、とのことでした。

さらに追記2008年6月 この耳ツボの置き鍼がいかんせん美しくないんですよね。どうにもみっともないので、結局続きませんでした。残念!!矯正のように美しい色の置き鍼があればよいのに。東洋医学がお洒落だといいのですが

 

posted at 2007/06/08 23:18 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

art6.jpg

バリの田園風景

インドネシアの Nyoman Sukayaによって1998年に描かれたものです。

 バリ島の棚田が虹色の光に包まれ、しっとりとした暖かな空気は雲を生み、天に軽やかに昇ります。遠くに見える山、海も虹色の霞にとけ、見るものに優しく輝く世界があることを示してくれます。

 バリ島芸術村ウブドで数多くの画家の作品を見ました。この作者Sukayaは色彩の詩人として、特に印象深く感じました。 見る人を幸せな気持ちにさせてくれる作品です。

 バリ島を訪れたのはテロ事件など無かった8年ほど前の5月頃であったと思います。 ヒンズー教の祭りを見、伝統舞踊を鑑賞したり異文化に触れ、楽しい時間を過ごしました。

 スキンダイビングは子どもの頃から楽しんでいましたが、初めてスキューバーダイビングをバリ島で経験しました。 沖縄のサンゴ礁の美しさにはかないませんが、楽しさについ制限時間が有るのも忘れていました。

 食べ物では農家でたべたドリアンは格別に美味しいと思いました。ドリアンはその独特の匂いがたまらないと聞いていましたが、現地で食べてみて、それは間違いである事を実感しました。 機会があったら、また食べてみたいと思っています。

 それに、バリであった人々はとても親切で、感謝のしどおしの心休まる旅行でした。絵を見て、今また懐かしく思います。


posted at 2007/06/07 08:39 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

今年もやってきました。毛虫皮膚炎毒蛾皮膚炎の時期。

 お庭や公園にいた後、学校の校庭で、突然かなり強い赤い痒い発疹が出ます。でも、心当たりがはっきりしなくて、どこで毛虫にやられたのか分からないこともあります。いやあ、とにかく痒い。

  衣服に覆われていないところの方が出そうなものだけれど、結構肩だとかお腹などにも出ている。毛虫や成虫の毒針がふわーっと風に乗って、刺さる。屋外に干した下着についた毒針で、起こることもある。
 赤みと痒みが強く、小豆から大豆粒くらいの丘疹というやや固めのふくらんだ発疹が出る。いくつかの疹が集まって癒合している時もある。
 分布が左右が対称ではなく、とっても赤くてとっても痒いのが突然出てくるとコレかなと思います。 

  この毛虫皮膚炎、毒蛾皮膚炎は、やられたと思ったら、ガムテープなどを貼ってははがしを繰り返すと、その毒針が抜ける。あとから診察室で、ルーペやダーモスコープで観察しても針は見つからない時が多い。
 掻きこわすと、毒針が中に深く入って余計悪くなることがある。そのあとよーくお水で洗いましょうね。薬がないと辛いかもしれない。洗ったあと皮膚科にかかってくださいね。

 私自身は、アウトドアが好きなのに、この毛虫皮膚炎にはなったことがありません。
 でも、ツバキ、サザンカなどで葉っぱが食われていれば、その木には近づかないようにしています。
 ほかの毛虫も見つけたら、風下は避けます。

 ちなみに毛虫も芋虫も触るのは苦手です。見るのは平気ですが。「虫ってかわいいのに、どうして触ってくれないの?」そんなかわいいお願いは、聞こえなかった振りをしましょう。
 だいたい痒みをとる飲み薬と一番強いステロイドの塗り薬を処方しているけれど、1週間は発疹は消えません。ステロイドの貼り薬も掻き壊しの防止と、痒みを止めるのに結構便利です。

 昨年の記事を改変しました。画像が載せられると良かったのですが、成書以外には見つけられなくて、すみません。どなたか許可してくださる患者さんがおいでになったら、アップしますね。

 美夏クリニック http://www.mika-clinic.com 

 毛虫皮膚炎とか毒蛾皮膚炎というのは、蝶や蛾の成虫や幼虫の毒針が皮膚に刺さって起こります。この皮膚炎を起こす蝶や蛾はかなりの数になります。
 症状の強いものを少し紹介します。

 【ドクガ】は、幼虫も成虫も起こします。サクラや梅、りんご、バラ、つつじ、など。6-8月に孵化する。頻度が最も多く、異常発生する。 
 【チャドクガ】は幼虫によるものが多く、ツバキ、サザンカ、チャなど。年に2回発生。6,7月と10月。主に南日本
 【モンシロドクガ】は梅、さくら、桑、バラなど
 【イラガ】は、刺されると激しい痛みがある。柿、なし、りんごなど果樹


 参考文献 皮膚科学 上野賢一先生著 
      皮膚疾患あらかると 西岡清先生編   
      あたらしい皮膚科学 清水宏先生著 など

posted at 2007/06/06 09:01 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

長いこと待っていたルミナスワンが、やっと到着しました。

Lumenis.jpg
この3本のハンドピースの右側がフォトフェイシャルファーストです。
肝斑のある方の治療の選択肢が増えました。他で可能で、美夏クリニックでは出来ないしみ治療はなくなった(と思います)。

 導入開始キャンペーンのご案内をウェブサイトに載せました。ご覧くださいませ。本日は少々疲れましたので、これで終わりです。

http://www.mika-clinic.com

キャンペーンについてはこちら
http://www.mika-clinic.com/news/n013.html

posted at 2007/06/04 20:59 | kojitomika |
malasmaion.jpg

 今日は、お約束のイオン導入の結果を示します。

 美夏DR.はとてもアウトドアが好きです。ストレスが溜まってくると、外の空気を浴びたくなります。当然すぐ真っ黒。

 学生の頃は良くスキーに行っていましたし、結局上手くならなかったけれど、テニスもしていた。(余分な話ですが、球技はボールが小さくなるほど苦手。いやフットボールはしたことがありませんが) 

 春から少しずつ頬の肝斑が黒くなってきたなとは知っていました。でもアウトドアの2日間ではっきりくっきり。

 さすがにね、美容外科のプロとしては恥ずかしい。患者さんにも笑われるし、スタッフにいたっては完全に呆れ顔。

 今週6日のうち5日間イオン導入をしてみました。2日目からは4回、右頬はビタミンCの強化されているシークエル、左はモイスチャージェル。
28日の最初と本日6月2日イオン導入後のUVカメラ(ブラックライト)による写真です。写真は同じ条件同じ暗室です。鏡像なので、向かって右が右頬です。

 比べてみると、両方とも明らかにトーンが下がっています。肉眼的にも急性増悪(突然すごく悪くなったという用語です)する前に近くなっている。
 頬の一番高い部分を比べると、シークエルの右の方がコントラストが低くなっていますね。

 ヤケドや擦り傷のあと、炎症後色素沈着を起こす前にしっかりイオン導入をしていると、しみになりにくいのは良く知っていました。しっかりついてしまった後だと、ちょっとイオン導入だけでは難しいと思ってます。

 肝斑も、炎症との関わりが強いことは知られています。美夏DR.の頬も日焼け後ヒリヒリしていた。肝斑が突然悪くなったような場合でも外傷の後と同じように、イオン導入は炎症を鎮めることで、早期に症状を抑えてくれるのでしょう。

 また、モイスチャージェルは保湿感が強く、シークエルは美白に強い。このあたりも実感できて、幸いでした。

美夏クリニック http://www.mika-clinic.com
イオン導入の話は http://www.mika-clinic.com/kamoku/geka01_2.html
日焼け対策の話は http://www.mika-clinic.com/news/n004.html

 これこれ美夏Dr.これで油断しちゃ駄目よ。 「治療より予防が大事」って口癖でしょ?


posted at 2007/06/02 23:11 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

今日はアルマAlmaというルミナスワンの機械の話です。サーマクールは、モノポーラ型の高周波(RF)装置です。

 アルマAlmaは、今回新しくルミナスワンに搭載されたバイポーラ型のRFです。若返りと引き締め目的の機械。システムの名前をFACESというのだそうで、その装置をアルマ Almaというらしい。

 どうやらルミナス社は、ネーミングがややこしい。Facesとは、Functional Aspiration Controlled Electrothermal Stimulationなんですって。

 FACESは、もう既にきれいなウェブサイトが出来ています。
http://www.e-faces.jp/

 ところが、どこを探してもアルマの名前はない。これで同じものだと思う人はいないよね。
 まあ皮膚を吸引して引っ張って、その間にある電極で電流を流しましょってコンセプトです。その方が、効率よく電流が真皮に流れ、熱がかかるでしょってことです。名前はややこしいのですが、ウェブサイトはきれいです。AlmaによるFACESの仕組みがこちらのウェブで良く分かります。
http://www.e-faces.jp/rf_tt_pb.htm

 RFは、真皮という皮膚の下の層にいかに熱を加えて、引き締め効果(tightening)をうるかが重要です。いわば、引き締めとは加熱したフライパンにお肉をいれると、熱で肉が縮むのと同じなんですね。
 アルマAlmaで何より良いことは、普通のバイポーラ型のRFで照射しにくい瞼や手背(手の甲)に照射できる。頚にもいいらしい。
 そして、痛くない。ヤッホー!!
 サーマクールの記事はこちら
http://mika-clinic-drs.bblog.jp/category/thermacool/ 

posted at 2007/06/01 19:57 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.5

このアーカイブについて

このページには、2007年6月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年5月です。

次のアーカイブは2007年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。