2008年8月アーカイブ

ワキ脱毛☆セットキャンペーン

ミカクリニックのワキ脱毛は、
通常、1~3回目までその都度15750円/回お支払いいただいております。
4回目以降は半額の7850円/回です。

今回の残暑脱毛キャンペーンでは、いつもと嗜好を変えまして・・・
3回分47250円を、なんと31500円というとってもお得なセット券をご用意しました。

(なお、平日割引との併用はできません。ご了承ください。)


ただ・・・
9月限定20名様マデ!!!

詳しくは面倒くさがり屋ナースのブログでご案内します♪
ワキ脱毛☆回数券キャンペーン

 ご予約・ご相談お待ちしております。

kitijojifes.jpg

 一昨日より急に秋めいて来ましたね。

秋祭りのお知らせです。朝夜は肌寒く、夏の終わりを感じます。

idealskin2.jpg

 ご無沙汰しておりました。

先月7月、リニューアルされて戻ってきました面倒くさがり屋ナースです。

一部の患者様から「出戻りナース」と呼ばれているとかいないとか。

 今回、先生の大切なブログをお借りしてまでみなさんにお知らせしたいことがあります。私がお休みをいただいていた間、美夏クリニックはとんでもないモノを3つも導入しておりました!3回シリーズでご紹介していきます。

 今回の記事は、最近お手入れさせていただいている中で、その効果にとても感動しているものからご紹介を!巷をにぎわせているあの・・・

「トラネキサム酸」のイオン導入です。

特に最近では「トランシーノ」という肝斑対策の飲み薬や資生堂のHAKUのCMで認知度が高くなってきている「トラネキサム酸」。情報通の方にはかなり浸透しているようです。

(こちらのブログのハウツーが飲み込めず、ちょっと読みにくいかもしれません。久々のブログでして、広い心で読んでいただければありがたいです。では続きからどうぞ)

mom.jpg

 いつも夏にしている注射による若返り治療のキャンペーン つまり ボトックスFiller(ヒアルロン酸やコラーゲンの注入治療)を始めます。

 この夏スタッフの交代があったり、美夏Dr.がスレッドリフトに興味を持っていたりしたために、遅れました。

 明日より、8月末日までさせて頂きます。お待ちになってらした方、遅くなってごめんなさいね。

  ボトックスとfillerの治療費を

   税抜き価格が3万円以上で 5%割引

   10万円以上で 10%割引 です。

 サーマクールSTCチップを600発照射したら、ちょっとアゴのラインがシャープになったようで嬉しかった。そうしたら額に皺が出現しているのに気がついて、昨日ボトックス注射してもらいました。ちょうど4月ぶり。ボトックスって効果が無くなり始めると、急速に皺が再燃してきます。

 このところ、少々努力しています。おかげさまで嫌いだったボトックス注射も、そんなに痛いとは感じなかった。(クリニックでは冷やしながら注射しています) 

 ナースBナス 読んでいる? 少し進歩したでしょ?? 

 なすびNs.のサーマの結果は こちら

 

kamogawasea.jpg

 昨年からボディボードにトライしています。初心者です。ホームセンターで購入した安価なボードを持参し、波に乗れるかしらとトライしています。

 夏の海の時期って本当に短い。ウェットスーツなしですと、大体8月のお盆の時期にはそろそろクラゲ(カツオノエボシ)が増えてきて、刺されるようになります。結構痛くて辛い。結局梅雨明けが7月の末であれば、一番よい時期はわずか2-3週間くらい。

 それで今朝少々患者さんを拝見した後に、鴨川に参りました。はっきり言って、美容外科系女医が海水浴なんて、肥満した糖尿病専門医ヘビースモーカーの呼吸器内科専門医なみの 悪行です。

 でもね、すっかりカバーできるかどうかは別にして、急に悪化したお顔のリカバリーには、強い味方があります。イオン導入です。ナース達に、来週業務が始まったら、毎日Wイオン導入(トランサミンとビタミンC,A、E)をするようお願いしてきました!!(これで誤魔化せるかどうかは未定であります)。

 昨年は、ちゃんと波に乗れたのはほんの数回でした。でも本日は10回くらいは乗れた。初心者ですので、あんまり偉そうには言えませんが、波が寄せてくるときになるべく前方に重心をのせてキックすると、タイミングがあえば波打ち際まで波が運んでくれます。なんと快適な感覚かーー。

 紫外線のことも忘れて(とんでもない職務怠慢です。SPF35の上に50を重ね塗りして)、他の人のことも忘れて、波と浮いている感覚のみに集中できる楽しいひと時でした。写真は昨年の鴨川前原海岸です。明日カメラを持って行ったら、今年の風景をお見せしますね!!

drops1.jpg

 この1年間薬を飲まないと蕁麻疹が再燃してくるわたくしは、抗ヒスタミン剤なしでは過ごせません。

 抗ヒスタミン剤は、アトピー性皮膚炎や慢性湿疹などの痒みを抑えるためにも処方するのですが、その効き方は自分で使用してみると良く分ります。

 端的にお話すれば、毎日抗ヒスタミン剤をのんでいるわたくしは、それにもかかわらず、あちこちポリポリ搔いています。つまり、痒いーー。

 それに引き換え、蕁麻疹やアレルギー性鼻炎は飲んでいれば症状はかなり抑えられます。蕁麻疹は少なくとも肉眼的には出てこないし、鼻の症状もはっきりと軽くなる。 

 痒みについて抗ヒスタミン剤の効果がはっきりしないと言っても、身体の内から湧き上がってくるような痒みが、ある程度抑えられていると感じています。眠っている間にあちらこちら掻きすぎて、朝起きたら出血した跡があるような場合には、夜中に掻き壊すのを防ぐには悪くない。起きているときには、冷やしてね。

 その抗ヒスタミン剤の欠点

1、眠気

2、集中力、注意力、認知機能の低下

3、つまり鎮静作用

ですね。自動車の運転の前には内服しないほうが良いわけです。色々な薬を内服してみると、かなり体調によってこの眠気や鎮静作用の現れ方が違うことがわかります。ご自分に合った内服方法(体調別時間別に内服薬を変えられるように)を探しておかれると便利だと思います。

 抗アレルギー剤の過去の記事はこちら

snow1.jpg

最近A新聞に薄毛治療についてシリーズで掲載されています。

 興味を持って読んでいる方も多いものと思いますが、治療に関してはもう少し補充が必要と思いました。

 治療にはその原因を知る事が第一ですが、脱毛症の原因男性ホルモンの問題、アレルギー性疾患を含めて、免疫学的な問題、感染症、自律神経性の関与、あるいは服薬中の薬剤、あるいは塗布している育毛剤の副作用など、広い領域にわたって検討しなければなりません。

 単純に、プロペシア、ミノキシジル、又は他の薬剤を使えば良いというものではなく、詳細に状況を見極め、治療法を検討する必要があります。

 新聞では述べられていませんでしたが、薄毛の治療を専門に行っているクリニックでは、以上の治療のほかに、メソセラピーでの治療を取り入れて良好な成績を出しています。

 この方法は、フランスで始められた治療法ですが、その効果の高さから、今では世界中で広く行われています。

 脱毛症に関しての効果は、90%以上とフランスメソセラピー学会の参考書には書かれていますが、実際の治療経験ではそれは正しいように感じています。 これは、男女を問いませんし、瀰漫性の脱毛症、円形脱毛症でも効果があるように思います。

 今までの治療で、反応が今ひとつの人は、メソセラピーの治療を考慮してみてはいかがでしょうか。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.5

このアーカイブについて

このページには、2008年8月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年7月です。

次のアーカイブは2008年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。