2009年1月アーカイブ

tokyo.jpg

 昨日は「ぜん息および食物アレルギー講演会(多摩地区)」という講演会に参加しました。今日は、そのときの講演内容からお話しますね。講師の先生は、武蔵野日赤  吉澤正文先生と同愛記念病院 向山徳子先生でした。文責は石井美夏にあります。

 東京大気汚染訴訟で和解したのを受けて、大気汚染医療費助成制度が昨年8月に改正されました。気管支ぜんそくとその合併症の患者さんの医療費のうち自己負担分が東京都が肩代わりすることになりました。詳しくは こちら 。 

 1990年代まで日本で、1年間に6000人くらいの方が気管支喘息で亡くなっていました。喘息は死亡する事がある。喘息の有症率が小児では6%、大人で3%で、決して希な病気ではありません。2006年になると1年間の喘息による死亡者数は2778人と半分以下に減少したのですって。

 なぜ喘息による死亡が減ったのか?大きな理由は吸入ステロイドが普及したことにあるそうです。1日に1-2回のステロイドの吸入で喘息の患者さんを良い状態でコントロールできるようになって、死に至るような大きな発作を上手に管理すれば避けることが出来るようになった。

 以前は気道がとても敏感になって、機能的に空気の通り道(気道)が狭くなってしまうのが喘息だと考えられていた。今の考え方は、喘息の本体は気道の炎症である。その炎症が続くと、不可逆的に気道のチューブそのものが硬く、内腔も狭くなってしまう。そうなると、空気の出入りを良くするための薬が効きにくい状態となってしまう。

 吸入ステロイドは、直接気道の炎症そのものに働きかけます。気道を非可逆的に固く細くしてしまう前に、その炎症をコントロールことができる。 そして実際喘息による死亡者数が半分以下になった。

 薬って、必要がない所には届かず、病気の起きている部分に直接作用して効果が発現し、副作用がミニマムである薬が一番よい薬です。吸入ステロイドは、その条件を満たしている。

 皮膚科を診療していると、塗るステロイドを嫌う患者さんをたくさん拝見します。外用ステロイドも、具合のわるい皮膚に直接作用し、全身的な影響はほとんどない薬です。種類がたくさんありますので、使い方にはコツが必要ですけれど

 薬は、使いこなすもの。 言い換えると、使ったほうが得かどうかがすべてだと思います。好きだとか嫌いだとか、何となく怖いだとか、あまり根拠なく拒否なさる方は、使いこなすという言葉をご存じないのかなって思います。

mikityan.jpg

 私には自分の子供のように思える若い女性たちがいます。

 鮫肌ナースを筆頭に、美紀ちゃんも、その一人。

 一時期痩せてしまってげっそりしたお顔でしたが、出産して元気な顔を見せてくれました。私は いよいよおばあちゃん 

 久しぶりに元気な美紀ちゃんの顔が見られて、とてもうれしかったので、ご報告です。

前回の美紀ちゃんの記事は こちら

塩崎美紀ちゃんのブログは こちら このブログの表紙のお顔は痩せていたときのお顔ですね!!

keana-01.jpg

 スタッフとおしゃべりをしていたら、「センセ、鼻のお掃除にレーザーピーリングって結構良いでしょ? でも ピーリングは皮脂を作る脂腺の働きを抑えているわけではない。 鼻の毛穴を締めるには、2週間に1回やらなくちゃ。」って話になった。

 そう鼻の皮脂腺ってとっても活動が盛んです。いくら皮脂をお掃除しても、またすぐ詰まってしまう。

もし1月に1回 お顔全体のレーザーピーリングをするならば、2週間後に(間で)1回、鼻だけのレーザーピーリングをしたら良い。

 

keana-04.jpg写真は、元陸上ママのピーリング前後の写真です。ちょっと良いでしょ?

レーザーピーリング+イオン導入(フルフェイス)の3回セット 48,300円 (通常63,000円)というのを、書きましたけれど、

フルフェイスの3回(イオン導入つき)+鼻(イオンなし)2回で 52,500円 で 良いですよって言っています。  どちらも3月末まで。お気軽にどうぞ

alice1.jpg

東京フランセーズ2回目の公演

 久保山真衣ちゃんが演出、出演します。 昨年の記事は こちら

さっそく、久保山真衣ちゃんからメッセージをいただきました。

 2月6-8日に大塚よろず劇場にてミュージカル風ファンタジーコメディ

別役実 作 「不思議の国のアリスの帽子屋さんのお茶の会」を上演いたします。

不思議でお洒落なナンセンス喜劇です。

フランスの不条理作家 イヨネスコ の前座ショー 「ごあいさつ」 との2本立て。

大人も子供も楽しめるクラシカルエンターテイメント!!

 

 

 

 

alice2.jpg

日時 2009年2月6日ー8日

    6日 19時半から 

    7日 13時半 および 19時半

    8日 12時半 および 17時半

劇場 萬劇場 豊島区北大塚2-32-22 JR山手線大塚駅北口下車

プログラム 別役実 「帽子屋さんのお茶の会 不思議の国のアリス」

       イヨネスコ 「ごあいさつ」

ミュージカル風ダンスで綴る、陽気なエンターテイメント!!

東京フランセーズのウェブサイトは こちら

ご予約お問い合わせ bousiya_info@yahoo.co.jp 

何か楽しそう!! わたくしも2月8日の午後の部に見に行けたらなと思っています。お勧めです!!
max2.jpg

 毛穴が気になる方はたくさんおいでです。

 治療方針としては、

1、毛穴に詰まっているものを お掃除する。

2、皮膚の張りを持たせる。 (皮膚を引っ張ると目立たないでしょ?) 

3、皮膚の構造を作り変える の3つです。

 毛穴のお掃除をする治療としては、ピーリングとビタミンA(トレチノインやディフェリン)があります。本日はその中でも、レーザーピーリングのお話です。

 

max.jpg

 ヤグレーザーで、カーボンローションを塗布した皮膚に照射することで、皮膚を浅くピーリングする手技を、レーザーピーリングとか、カーボンピーリングと言います。MAX社のヤグラーザーは0.3msというパルス幅(光の出ている時間)が設定できます。この設定でカーボンピーリングをするとき、マックスピーリングとかスペクトラピーリングという言葉を使います。

 3-4週に1回 お肌の毛穴の開きや黒ずみ、くすみ、ザラつきの改善を目的に治療します。大体目安は3-5回

1、まず、カーボンローションを皮膚に塗ります。

2、まず、スペクトラモード。0.3msecというQスイッチより少し長い時間で光を照射します。カーボンに1064nmという光が当たると、毛穴が発熱し熱で収縮する。(上の写真:ハンドピースはもう少し離して照射する)

3、次に、Qスイッチ 5nsという短い時間で照射していきます。 カーボンが皮膚表面の汚れや角層、毛穴の黒ずみとともに蒸散(吸引器で吸い取ります)しています。下の写真で黒いカーボンが丸く飛んでいるのが分かりますね?この熱で、マラセチアが飛んでしまうのか、脂漏性皮膚炎の治療としてはかなり成績がよい。

 それで3月末まで、このレーザーピーリング+イオン導入(フルフェイス)の3回セットを、通常税込み価格63,000円のところ、診察料を含めて48,300円でさせていただきます。月に1回くらいの割合の施術ですので、あまりご負担がないと思います。

 皮膚の引き締めとタイトニングにも効果が認められています。ヤグレーザーによるピーリングで真皮の浅い部分に熱が入って、若返り効果が得られるの。

 トランサミンやハイドロキノンとこのレーザーピーリングを併用して、肝斑の色を薄く維持することも可能です。

 

 

 

ceder.jpg

 花粉症の症状を起こさないためには、感作されている花粉が飛ばないところに住むってのが、勿論最高ですよね!!ただアレルギーって外的な要素だけではない。感作されやすいっていう個体の方の事情もある。

 だから、私は杉の花粉症で辛いから、2-4月だけ北海道で働こうなんて思っても、多分2-3年で白樺の花粉症になってしまう。

 それでも、感作されている花粉となるべく接触を避けるっていうのは、とても重要なことです。 それで花粉症の方が少しでも楽に過ごすためのコツです。

 1、花粉と接触しない。洗濯物は外に干さない。窓や扉は開け放しにしない。花粉が落ちやすいつるつるした衣服を着る。ゴーグルやマスクを着用する。コートや帽子は玄関の外で花粉を払ってから、家に入る。

 2、2ー4週間前から薬を飲みましょう(抗アレルギー剤)。早めに飲み始めるのがポイント。

花粉症の治療は、鼻アレルギー診療ガイドラインがあります。 こちら

 ガイドラインは大事だけれど、美夏クリニック推奨の花粉症の薬の使い方をお話します。
1、抗アレルギー剤を内服する

 大体効果が出てくるのに、2-4週間くらいかかりますけれど、基本の薬です。1日1回の薬、1日2回の薬、眠気の出にくい薬など種類がありますので、ご相談くださいね。

2、漢方薬

 小青竜湯は、即効性があって眠くなりません。抗アレルギー剤を飲み始めるのが遅かった方、西洋薬で眠くなる方にはお勧め。頓服で使うのもokです。

 そうです、小青竜湯に含まれるマオウが昨年筑田Dr.の虚血性心疾患の引き金になったかどうかってお話しましたよね! アレルギーの全身反応が冠疾患の誘引になるのか、あるいはマオウのエフェドリン作用が冠疾患の発作誘引なのか。 その他、マオウが頭をしゃっきりさせる。だから寝る前に飲むと、今度は寝つけないかもーー

3、鼻には点鼻薬
 炎症を抑える薬と血管を収縮させるタイプの薬があります。炎症を抑える薬は、効果が出てくるのに1週間くらいかかります。飛散する予定の1週間くらい前から、吸入するのがお勧め。処方されてすぐ効かないからとすぐやめてしまってはいけません。 鼻閉の強い人には即効性のある血管を収縮する薬を併用して使います。

4、点眼薬
ステロイドは眼科での処方が必要ですが、抗アレルギー剤なら処方可能です。コンタクトレンズを使用している方にむいている薬もあります。痒みがひきますので、赤く腫れている人も楽になりますよ。

5、花粉が皮膚に付くとかぶれる方がいます。花粉は水溶性。やや油分の強い保湿剤がお勧めです。保湿剤だけでは湿疹がでてしまい、薬の必要な方は診察処方が必要です。

livedo1.jpg 天気予報によると、今週末は随分気温が下がるそうです。昨日本日と天気も悪く、寒い。インフルエンザも流行っているようですし、家でゆっくり温まっているほうが、快適です。

 この寒い時期に、ヒーターや湯たんぽ、温風器、カイロなどで起こる皮膚の外傷が二つあります。

一つは写真の「火だこ」 温熱性紅斑、Livedo とも言います。

 温風ヒーターの熱い空気の噴出し口に当てていた皮膚だとか、こたつ、電気毛布、あんかなどに長時間接していた部分などに出来る。

 皮膚と血管周囲の線維組織が熱で炎症を起こして出来る。だから血管の走行に沿って、最初は赤くなり、だんだん茶色くなって行く。炎症後色素沈着が血管に沿って出来ると考えれば良い。

もう一つは、「低温熱傷」 

 あんか、湯たんぽ、カイロなど、短い時間に接触しただけならば何も起こらない程度の熱に、長時間熱せられて起こるやけどです。

 ぱっと見た感じでは、軽いやけど。なのに時間が経つと余計に傷が深くなってゆくように見える。じっくり焼きしめてしまった感じ。知覚が鈍くなっているとか、酔っ払っちゃったとか、何か熱い事に気がつかない理由がある場合が多いはずなのですが、時に元気な若いお嬢さんでも拝見することがあります。

 火だこも低温熱傷も、そんなに危険とは思えないくらいの熱で起こる皮膚の損傷です。今の時期には時々拝見します。どうぞお気をつけてくださいませ。

 そうそう夏井睦先生のウェブサイト 新しい創傷治療 に 低温熱傷のページがあります。 こちら

pretherma.jpg

美容外科的な若返り治療って、大きく分ければ引き締め(タイトニング)膨らませる(オーギュメンテイション)に分けられます。

 ふうせんがシワシワしてきた時に、ゴムを絞れば風船はつるつるとします。これがタイトニング。皮膚の面積を小さくするの。

 もう一つは空気を吹き込めば、風船の体積は大きくなり表面はつるつるする。こちらが膨らませる治療 (augmentation)。

 フェイスリフトもタイトニングの治療です。頬から頸にかけて、SMASという脂肪中間層にある筋膜を重力に逆らって、いかに上方向に固定し、皮膚を切除して面積を小さくするか。

そのタイトニングの治療の中で、マシンを使って、1、腫れる期間がほとんどない。仕事をおやすみする必要がない 2、少しずつ自然にタイトニングされる。 3、メスを使わず、リスクが低い。4、傷を作らない という治療群があります。

 皮膚の深い部分、真皮にいかに熱を加えるかがコンセプトです。フライパンの上にお肉を入れると縮みます。同じように皮膚表面を冷却して保護しながら、真皮などに熱を加えて引き締めるのがこれらの機械です。

posttherma6m.jpg

1、サーマクール 深い部分、つまり筋膜から皮膚へ垂直方向に貫いてくるファイバーと、真皮の深い部分にまで熱を加えようと作られています。 サーマクールの記事は こちら ちょっと私の写真もでてくるので恥ずかしいけれど。

1シリーズが1回のみの治療で、少々痛みがあるのに、やはりしっかりとした効果が出る治療で、ほかのRFや赤外線治療とは治療する深さが違う。上の写真が照射前、下が6月後、3.0cmチップ300発による施術の結果です。 

 2、アルマ  はbipolar型といって、皮膚の上に電極を二つ置くタイプの機械の一つ。他にはシネロンのST(E-laser)やタイタン(赤外線タイプ)など、真皮の浅い部分がターゲットになっていて、1-2週間に1回数回の治療で少しずつタイトニングする機械群です。

美夏クリニックにあるアルマは、ルミナスワンに搭載されていて長所は、1、痛みがない。 2、サーマクールの苦手な瞼周囲や頸(頸のサーマクールは痛い)、手の甲などが得意 3、コストもお気軽 なことだと思います。アルマの記事は こちら

 それで、二つの機械を少しお手軽に試していただく期間を設けました。4月10日まで

サーマクール 3.00cm or 1.5cm 200発は どちらも189,000円(通常231,000円)

         3.00cm 300発は 231,000円 (通常262,500円) 

     また  STC600発も315,000円 (通常367,500円) サーマクールの割引は月水曜日、在庫限り。

アルマ 眼瞼周辺 6回で 105,000円、頸 (6回)210,000円 のところ 10%割引をさせていただきます。

driedroses.jpg

 今週になって、武蔵野市でもインフルエンザ感染患者数が急増しています。

 最近のA型ウイルスの特徴として、昨年と違ってタミフルに耐性の株が増えています(B型はまだ感受性あり)。

 A型インフルエンザ感染の早期治療では、タミフルに変えてリレンザでの対応は可能ですが、インフルエンザワクチン接種予防するのが最も確実です。そして、経済的にも安上がりです。

 しかし、ワクチンで100%感染をブロック出来ない事も承知しておかなくてはなりません。ワクチン接種での予防効果は80-90%と言われていますが(濃厚なウイルス暴露では感染することがありますし、免疫能の低下した方もいるため)、接種後仮に発症したとしても、症状は軽く治りも早いで是非早急のワクチン接種をお勧めします。

 1月末から2月にかけて、インフルエンザ発症は急増するのが通年の傾向です。 ワクチンを接種して、抗ウイルス抗体が産生されるのに7-10日かかりますので、早期のワクチン接種を勧めるのはこのような理由からです。

 昨年の記事のなかで 「インフルエンザに推奨される漢方薬」 は こちら

「インフルエンザとマスクの選択」は こちら  「咳エチケット」は こちら 

そうそう、東京都は15日インフルエンザ注意報を出したそうですよ。先週のコンサートホールでは咳をしている人はお見かけせず、今年はあまり流行らなくてすむのかと思っていたのですが。  

medilux.jpg

美夏クリニックでは、光治療ルミナスワンフォトフェイシャルファーストという高機能マシンと、プリセット型というオートマチックタイプのメディラックス(写真)というマシンと2台を使い分けています。

 ルミナスのフォトフェイシャルファーストは、波長も出力もパルス幅も照射タイプもかえられて、色をしっかり治療したいときには、とても魅力的。特に肝斑をお持ちの方には、この機械でなければよい結果はなかなか得られない。

 でも反対に、比較的若いにきびや赤ら顔に悩まされている方には、メディラックスによる治療がお勧めです。何といってもコストパーフォーマンスが良いですから。お勧めの適応は

1、赤いニキビがパラパラたくさん出来ている。それなのに抗生物質(化膿止め)はもう効かない。早くニキビを治したいな。

2、顔をこすり過ぎちゃった。優しく洗わなくちゃあ駄目よって言われたんだけれど、この赤ら顔 何とかならないかしら。

3、ちょっと肌に元気がない。仕事も忙しいし、オフィスも乾いて、調子悪いのよね

4、生理のまえになると、ニキビが出来るの。生理前にちょっと出来る治療ってないかしら

それで、11月にキャンペーンをさせていただきました。ちょっと喜んでいただけたので、今回イオン導入と切り離したセット価格を作りました。

5回で23,100円(税込み)  イオン導入なしの価格です。

 イオン導入を一緒になさった方が、ビタミンCの細胞修復能力と美白感、皮膚の沈静化、保湿が期待できるのでお勧めです。でもお小遣いが足りない、光治療だけでもしてみたいとおっしゃる方にはいいかしらって思いました。何を目標にどういうスケジュールでするのか、丁寧に診察してお話させていただきます。

 今回はキャンペーンではありません。期限の制限がありませんので、お気軽にどうぞ。

musicbook.jpg

 武蔵野市民文化会館で、「フレッシュ名曲コンサート」という催しがあり、拝聴してまいりました。

 東京フィルハーモニーと、指揮者ファーガス・マクラウドピアニスト 山本貴志の演奏です。 フレッシュというのが何なのかと思ったら、新人若手の音楽家を発掘、育成することを目標に東京歴史文化財団が共催したものだそうです。

 それで、本日のプログラムです。

 ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲、ショパン:ピアノ協奏曲1番、ティベット典礼舞曲、ストラヴィンスキー:バレエ組曲「火の鳥」1919年版

 ショパンのピアノ協奏曲1番って、マウリッツィオ・ポリーニが18歳でショパンコンクールに優勝した直後の録音があります。手元のレコードによれば1960年。このポリーニの若々しい演奏が耳に焼き付いている音楽愛好家は多いと思います。ジャケットのポリーニもとても若い。

 そして思い違いでなければ1982-3年ごろ、まだわたくしが学生で長野市で、マルタ・アルゲリッチが小沢征爾の指揮で演奏したのも、このショパンの1番でした。アルゲリッチのたくましい前腕から奏でられたショパンは、ポリーニの演奏とはまた異なった美しさでそのダイナミックな演奏が、やはり強い印象をうけました。(ちなみにこの日のもう一つの演目は、ショスタコービッチの5番

 それでこの山本貴志さん、1983年の長野県生まれで、演目はショパンのピアノコンチェルト1番ですって。(この方が生まれたとき、私は医学部の5年生です。)2005年にショパンコンクールで4位をお取りです。少々うるさ型の聞き手を相手にするには、リスキーな曲目かな??って感じますーーよね。

 それで、拝聴した結果です。まず楽しかった。ショパンもモーツァルトも私共日本人にとっては、ある意味異邦人の音楽です。少なくとも遺伝子上に乗っかった音楽ではない。それで数十年前までは日本人演奏家による西洋音楽って、少々無理がある。言い換えると鈍くさい印象があった。

 でも この山本貴志さん、鈍くさくない。とても上手でしたし、若々しさが素直に表現され、そして彼の内なる感情がピアノを通して率直に表現されている。 くせのない伸びやかな演奏で、とても楽しく若々しい演奏でした。強いていえば、とても繊細に表現したいときに、お背中と頸が縮んで見た目が小さくなってしまう印象を与えるのが気になりましたが、でも音は縮んでいない。視覚的な要素と現実の音が少々離れていた。

 ひょっとすると、わたくしの子供であってもおかしくない世代のピアニストで、ずっと応援していきたいなと思いました

hair1.jpg

 頭髪が抜けるのには、様々な原因があります。

 殆どは、頭髪そのものの問題ではなく、遺伝的要因、環境要因に起因する事が多いのです。

  環境要因では、薬剤、染色剤、あるいは細菌感染症が関与している事があり、状況を詳しく調べる事が必要です。 貧血、甲状腺疾患などでも薄毛の原因となります。

 脱毛の根本原因を知らず、発毛剤、育毛剤をただひたすら頭に塗っても効果は望めません。 

上の写真は治療前、下は治療後です。 


hair2.jpg

 原因をつきとめる事が先決です。 遺伝的要因と、環境要因の複合ではアトピー性皮膚炎があります。ひどい時には脱毛も伴います。

 遺伝要因が主なのにはAGA(男性型脱毛症)が有ります。


このように、脱毛、薄毛の治療には、原因疾患に応じた複合的治療が必要です。
 当クリニックでは、必要な検査診断に基づいて、個別のプロトコールで治療を行って、良好な治療結果を得ています。

 最近の研究では、男性型脱毛症において、アンドロゲン受容体CAGリピート遺伝子の解析でプロペシアの効果予測可能と報告されています。AGAの懸念のある方は、脱毛が進行する前に、検査してみる事も良いかもしれません。
さらに治療に関連し、育毛に関係する様々な細胞成長因子が明らかにされ、治療への応用が試みられつつあります。

 血小板由来成長因子、繊維芽細胞由来成長因子、角質細胞成長因子,血管内皮細胞由来成長因子等々、多種な成長因子の発毛、育毛への影響が研究されています。 これ等はヒトの細胞を培養して取り出すたんぱく質のため、さらなる慎重な検討が必要ですが、治療効果を高める手段となる可能性があります

費用 (現在成長因子の取り扱いはしておりません。)

メソセラピー 総合アミノ酸、ビタミン群、ミノキシジル混合カクテル使用(1回1または2カクテル使用)
   1カクテル 15,750円  1カクテルは2.5ml 
   8カクテル 105,000円  1カクテルずつなら8回コースです 
   16カクテル 189,000円  1カクテルずつなら16回コースです

大体頭皮全体にメソセラピーで注入するには、2カクテル(5ml)必要です。

頭頂部とか生え際とか部分的な施術の時には、1カクテルでも充分かもしれません。医師とご相談くださいね。

初回1カクテルのお試しは、12,600円です。

nanohana.jpg

  年が明けると少しずつ陽射しは強くなり、日照時間が長くなってきます。

 しみの治療結果は、同じしみでもかなり人によって差があります。もともとの皮膚の性質(炎症後色素沈着がおきやすいかどうか、スキンタイプ)、生活習慣、今までに浴びた紫外線量、治療の約束事が守られたかどうか(痂皮を大事に、ハイドロキノンの使い方) などなど。

 特に治療中に大事なことは、

1、紫外線にあたらない。

2、物理的な刺激を可及的に避ける(乾燥、摩擦を避け、化粧品や洗浄料などもなるべく穏やかなものに変える)。

3、痂皮がついたら、なるべく大事に長く皮膚の上に載せておく。

の3点だと思います。 だいたい美夏クリニックでは、積極的なしみの治療は4月一杯で終了。できれば3月までにお済ませになっておくことをお勧めしています。秋のお彼岸から春のお彼岸の間が安全です。 菜の花の咲いている時期までがよい時期ですよ!!

 

museum-kichijoji.jpg

ちょっと大きめにポスターをスキャンしました。

 武蔵野市立吉祥寺美術館は、2002年に開館した美術館です。伊勢丹新館の7階にあります。

 浜口陽三記念室、萩原英雄記念室という常設展のほかに、企画展がときどき開かれます。

 それでこの「原研哉デザイン展」は1月24日から3月1日まで。今は「ベトナム☆民間版画展」

 私はまだ足を運んでいません。

開館時間は午前10時から午後7時半

結構遅くまで開いているのですね。時間を見て拝見し、ご報告いたします。

snow3.jpg
 美夏クリニックは申し訳なくも、本日10-12日とお休み。スキー狂の私は、ついスキー場に来てしまいました。北日本中心にずいぶん雪が降っているようですね。長野県も先週からは別世界。どこもここも雪化粧ーー。道路も雪と氷。

 雪道に慣れていないのに練習しなくちゃと運転してみたら、路肩でスリップし、側溝に左側のタイヤ2本を落としてしまいました。他の車の人まで降りてきてくれて、押して下さって、脱出できました。とても助かりました。 (私は信州大学卒なのに、貧乏学生で運転を長野県ではしたことがなかった。その後山形や岩手では運転していたのにね。)

 ところで、冬の後には春が来ます。花粉の時期がすぐです。環境省が12月22日に発表した今シーズンの春の花粉情報があります。こちら 

関東地方では2月20日前後から、昨シーズン並みかそれより少なめの飛散予測のよう ですよ。飛散開始マップは こちら 環境省の花粉情報サイトは こちら

 私も重度の花粉症です。飛散予測の2-3週前から抗アレルギー剤を内服すると、とても症状が楽なので、そろそろ開始する時期です。実際には、蕁麻疹が続いているため1年中抗アレルギー剤の内服を続けていて、そのためか昨シーズンはとても症状が軽かった。

 もし毎年花粉症に悩まされておられる方は、そろそろ主治医と相談なさって予防されたら良いかもしれませんね。


環境省の報道発表資料をコピーしておきますね。

平成21年春のスギ・ヒノキ科花粉総飛散量は、平成20年春(前シーズン)と比較して関東、東北地方では同じかやや少なく、東海及び北陸から九州地方は多くなると予測されます。また、例年※との比較では、関東、東北地方では例年並みかやや多く、東海から九州地方では一部を除いて多いかやや多くなると予測されます。
 スギ花粉の飛散開始は、前シーズンと比べて1~2週間程度早くなり、また例年と比べても例年並かやや早くなると予測されます。

hotoke2.jpg

 筑田Dr.は、お正月は毎日毎日デッサンに明け暮れていたそうです。

唐代の石像で 聖観音像が随分気に入って、上が元旦の作品、下が1月2日の作品ですって。

 同じ像であっても随分形も雰囲気も違いますね。

 それでは、筑田先生よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

hotoke1.jpg

久々に絵を描いてみる事にし、聖観音像を対象にしました。

 一日の間隔を置いて 同じものを描いているのですが、まるっきり表情が違って見えます。

 表現力の不足は否めませんが、描いているときの感情の違い、その時の美への意識の違いなどによるものと思います。

 同じ目で見ているつもりなのですが、カメラの目とは異なり、物を感情で見ていることが気づかされます。

 描いている時は、空間の中で自分の線を模索しているのがわかり、迷い無く単純な線を一気に引くピカソ、感情を線に託すジャンセンなどのすごさを改めて思い知らされました。

Lumenis1machine.jpg

 ハイドロキノンイオン導入トランサミン内服などは、よい結果の出にくい肝斑ではメインの治療ですが、一般的にはこれらは補助的に用いられます。積極的で効果的なしみ治療とは
1、フォトフェイシャルファーストをはじめとするIPL 光治療
2、レーザー照射
3、トレチノイン+ハイドロキノン トレチノイン療法やオバジのクリームプログラム

の3つがあります。どの治療を選ぶか の詳細は こちら

ルミナスワン(フォトフェイシャルファーストとロングパルスヤグレーザーの両方)を上手く使うと、効率的にお顔の皮膚の色を整えることができます。

 メリットは、

1、日常生活への影響が最低限である。お化粧や洗顔などはもちろん、テープやガーゼも必要がない。

2、はっきりとした結果が出る。

3、赤い色、黒い色の両方治療できる。赤い色が治療できるのは素敵!!

4、お顔全体の治療が可能

デメリット

1、確実性はレーザーより劣る。2、痂皮がつくことがある。3、炎症後色素沈着が起こることはある(レーザーに比べれば少ない)4、複数回の治療が必要なことが多い

 お顔のなかに、さまざまな色がある方にはとても良い治療だと思います。

northalps.jpg

本日は快晴。

 ブランシュたかやま の頂上から、北アルプスを眺めました。大学で松本にいたときにはすぐ傍にあった北アルプスです。遠くから眺めても厳しい印象です。

 下の八ヶ岳と同じように、上下をトリミングしようかとおもったのですが、暖かい冬が分かるようなので写真で撮ったまま。

 遠くの雲の下は雪が降っているのでしょうか?

 

yatsugatake3.jpg

 今日は八ヶ岳もきれい。右の端に富士山が見えるのですが、写真でははっきりしませんね。

 2枚の写真のバランスが悪くてすみません。ちょっと修正する元気がないので、このまま載せます。

 スキーは学生の時に頑張ってやっていました。なかなか上達しないのですが、今回はちょっとスピードのコントロールがよくなって、すこし嬉しく思いました。

tateshinasan.JPG

あけましておめでとうございます

 新しい年を麗しくお迎えのことと、お喜び申し上げます。2009年がみな様にとって幸福で明るい1年となりますことを心から祈念しています。

 わたくしは、ブランシュたかやま というスキー専門のゲレンデに行きました。左が蓼科山。右に八ヶ岳が見えるはずですが、雲がかかっています。手前に白樺湖かしら?スキー場が見えます。

 昨年は随分雪の多い年でしたが、今年は山に雪がありません。スキーが本当に出来るのだろうかと思いましたが、人工雪でちゃんと滑ることができます。

 お正月は、ちょっと長いお休み。自然の中で英気を養い、また皆様と元気にお話できますよう、もう少しお休みさせてくださいませ。

 1月は5日から診療を致します。本年も美夏クリニックをどうぞよろしくお願い申し上げます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.2

このアーカイブについて

このページには、2009年1月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年12月です。

次のアーカイブは2009年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。