毛穴の治療に レーザーピーリング(マックスピーリング)

max2.jpg

 毛穴が気になる方はたくさんおいでです。

 治療方針としては、

1、毛穴に詰まっているものを お掃除する。

2、皮膚の張りを持たせる。 (皮膚を引っ張ると目立たないでしょ?) 

3、皮膚の構造を作り変える の3つです。

 毛穴のお掃除をする治療としては、ピーリングとビタミンA(トレチノインやディフェリン)があります。本日はその中でも、レーザーピーリングのお話です。

 

max.jpg

 ヤグレーザーで、カーボンローションを塗布した皮膚に照射することで、皮膚を浅くピーリングする手技を、レーザーピーリングとか、カーボンピーリングと言います。MAX社のヤグラーザーは0.3msというパルス幅(光の出ている時間)が設定できます。この設定でカーボンピーリングをするとき、マックスピーリングとかスペクトラピーリングという言葉を使います。

 3-4週に1回 お肌の毛穴の開きや黒ずみ、くすみ、ザラつきの改善を目的に治療します。大体目安は3-5回

1、まず、カーボンローションを皮膚に塗ります。

2、まず、スペクトラモード。0.3msecというQスイッチより少し長い時間で光を照射します。カーボンに1064nmという光が当たると、毛穴が発熱し熱で収縮する。(上の写真:ハンドピースはもう少し離して照射する)

3、次に、Qスイッチ 5nsという短い時間で照射していきます。 カーボンが皮膚表面の汚れや角層、毛穴の黒ずみとともに蒸散(吸引器で吸い取ります)しています。下の写真で黒いカーボンが丸く飛んでいるのが分かりますね?この熱で、マラセチアが飛んでしまうのか、脂漏性皮膚炎の治療としてはかなり成績がよい。

 それで3月末まで、このレーザーピーリング+イオン導入(フルフェイス)の3回セットを、通常税込み価格63,000円のところ、診察料を含めて48,300円でさせていただきます。月に1回くらいの割合の施術ですので、あまりご負担がないと思います。

 皮膚の引き締めとタイトニングにも効果が認められています。ヤグレーザーによるピーリングで真皮の浅い部分に熱が入って、若返り効果が得られるの。

 トランサミンやハイドロキノンとこのレーザーピーリングを併用して、肝斑の色を薄く維持することも可能です。

 

 

 

カテゴリ

,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 毛穴の治療に レーザーピーリング(マックスピーリング)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mika-clinic-blog.com/mt/mt-tb.cgi/568

コメントする

このブログ記事について

このページは、美夏クリニック Dr.美夏が2009年1月27日 21:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「美夏クリニック推奨の花粉症予防スケジュール」です。

次のブログ記事は「久保山真衣ちゃん演出 「帽子屋さんのお茶の会」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.0.3