2010年7月アーカイブ

machiwire.jpg 立っているとき歩いているとき、爪は地面からの力を支えています。

 その爪が両側で食い込むと、陥入爪と言います。丸く巻いている爪は、巻き爪です。どちらも赤く腫れたり、歩くときに痛んだり、時に膿んだり、不自由です。

治療としては、

1、薬を使う  抗生物質や消炎鎮痛剤など。そのときの症状がある程度抑えられれば良いなという治療ですね。

2、手術

 a)爪の両側が食い込まないように、爪の製造工場の爪母を含めて、爪の根元から先まで両側を一塊にして摘出する手術。

 b)爪の両側の根元の部分だけを、フェノールという薬(蛋白を凝固させる)や、炭酸ガスレーザーで焼灼する手術。このほうが早く普通に歩けます。

VHO-mika1.jpg

3)ワイヤーなどで両側の爪を持ち上げる

a)マチワイヤー 上の写真です。超弾性ワイヤーを爪の先端に装着し、まっすぐに戻ろうとする力で、食い込んでいる両側の爪を広げるようにします。 

b)VHO(3TO)法 爪の根元に近い所に装着できるワイヤーです。上にジェルを塗って滑らかにし、アクセサリも付ける事ができます。お洒落ね。リンクはこちら

 需要があって必要も分かっていましたが、1日講習会に行かないとワイヤーが手に入らない。時間がなくてとても行けませんでした。「先生行ってきて頂戴」とリクエストがあり、ついに行って来ました。 ワイヤーが高価で、吃驚。 ご希望の方はご予約くださいね。

 

mom.jpg 恒例のBotoxとFillerのお値引きのキャンペーンです。注射による治療で、お気軽な割りにリスクが少なく、結果が良いの。針は刺しますので、時に内出血したり赤くなるのは、申し訳ないなと思いますけれど、ある程度仕方がありません。

 ボトックスは、注射してだいたい4日目くらいから、筋肉の動きがブロックされ、表情筋によるしわ が改善されます。 そのほかにわきの汗を減らす顎のエラ(咬筋のボリュームダウン)を少なくして顔をほっそりさせるなどの治療があります。アラガンのボトックスを、少し高くなりますが、安全なので使っています。

 filler はコラーゲン、ヒアルロン酸、カルシウムハイドロキシアパタイト(レディエッセ)などの種類があります。どれも吸収性の製剤で、その分安全です。へこんでいるところ、膨らませたい所に注入します。眉間や法令線、マリオネットラインなどのへこみ、鼻やアゴを出したい時など。

 ヒアルロン酸などの注入では麻酔のクリームを1時間前に塗って、お待ちいただきその後注射をします。ご希望の方には局所麻酔やブロック麻酔も可能ですよ。 

 私も美夏クリニックのスタッフもボトックスやFillerは大好き。 注射の好きな人はいませんが、短時間できちんとした結果がでるので、多少は我慢できてしまいます。

 恒例のお値引き です。お待ちになっていた方がおいでだと思います。遅くなってごめんなさい。

今回は、合わせて31,500円以上で7%、84,000円以上で15%のお値引き です。 9月15日まで

Sea.jpg梅雨も明けて夏が来た!! 暑いですね。

海の日、鴨川の前原海岸に海水浴に行きました。足を水に浸してみると、結構冷たい。最初は寒く感じたけれど、平気だよとの声におそるおそる波に分け入ると、本当だ、涼しいくらいーー。

 昨年は天気の悪い日が続いて、海には結局行かなかった。今年は、この調子だと楽しめそうですね。

 もっとも、浴びる紫外線量は多い。日焼け止めを塗ったって焼け石に水。肝斑は増悪し、ナースにトレチノイン療法をやろうかなって言ったら、また行くんでしょ。止めておいたほうがいいと思いますよって忠告されました。

 

lasertoning.jpg レーザートーニングを左半分にした直後の写真です。

 これはQスイッチヤグレーザーを1秒間に10発という速度で肝斑に照射すると、メラニンがはじけて白く見える という治療です。レーザートーニングという名前で、湘南鎌倉病院の山下理絵先生の論文があります。

 本来はトラネキサム酸、ビタミンC、E内服、ハイドロキノン外用などで1か月まえから準備しておき、週に1回を数回照射する という治療です。

 それで早速照射してみました。ハイドロキノンは塗っておられましたがビタミンなどの内服はしていません。

 助っ人の体感実習で顔面右半分にはカーボンピーリング左半分にはレーザートーニングをしてみました。明らかに左のほうが白い。

 あらあらと思って、私にも照射。私も照射した方が白い。ちょっと続けてみることにします。

 照射は、洗顔していただき、そのままカーボンを塗らずに照射します。ぱちぱち熱い感じです。両頬の上の部分でしたら、5分くらいかしら。あっという間に終わってしまいます。

 週に1回が推奨されている頻度で、色が白くなったらメンテは月に1-2回。 ヤグレーザー(spectra VRM2)を使用していて、美夏クリニックでは9月末まで1回5250円です。 白い状態を維持するにはメンテが必要なので、美夏DR.的金銭感覚だとこのくらいの価格で丁度良いように思います。 最低ハイドロキノンによるpreparationは必要です。

最近多忙でくたびれ気味の美夏DR.に強力な助っ人が登場いたしました。

月曜日の午前10時から午後2時まで皮膚科専門医です。予約はなくても大丈夫ですが、休診日があります。昼休みにかかりたいという方にはもってこいかもしれません。

よろしくお願い致します。

谷島綾子Dr.

 平成8年東邦大学医学部卒業

同年東邦大学大森病院皮膚科入局

平成11年都立荏原病院皮膚科医員

平成16年財団法人鎌倉病院皮膚科部長

 我が子に食物アレルギーがあったこともあり、特にアトピー性皮膚炎の方にはきめ細やかな指導をモットーとしております。また皮膚科一般の診療をしてきましたので、足白癬(水虫)、痤瘡(ニキビ)、蕁麻疹(じんましん)など、広く皆様にお力添えが出来ればと考えております。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.2

このアーカイブについて

このページには、2010年7月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年6月です。

次のアーカイブは2010年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。