2012年5月アーカイブ

art3.jpg

日曜日に新東京美術館で開催されているエルミタージュ美術館展に行って参りました。

 サンクトペテルブルグにロマノフ王朝の遺した美術の粋が集められています。その一部分が巡回してロシアに行かなくても、東京で拝見できました。16世紀から20世紀の絵画が89点展示されていました。

 画像はチケットをスキャナで取り入れたもので、ルーベンス「虹のある風景」

 高校生の頃から、しばしば美術館には足を運んでおりました。その頃は印象派が大好きでした。その後フォービズムキュビズム、特にピカソに傾倒いたしました。

 ところが今回は16-17世紀の絵画に気持ちが惹かれました。

例えばレンブラントの こちら

redcrossishinomaki.jpg

患者さんから、頂戴いたしました。ありがとうございます。

 宮城県沿岸部で宮城県沖地震を想定して、「石巻地域災害医療実務担当者ネットワーク協議会」が出来たのが、2010年1月。石巻赤十字病院の石井正dr.が宮城県災害医療コーディネーターを県知事から委嘱されたのが、2011年2月。 その一月後に東日本大震災が起こったのだそうです。

 「石巻災害医療の全記録」石井正DR.著と画像の「石巻赤十字病院の100日間」は、今後首都圏直下型地震が起こったときに、自分に何ができるだろうか、今出来ることは何だろうか、とても具体的に考えさせられました。

 医療に従事して自分も少しずつ年齢を重ねてくると、生きて死んで、次の世代へ命をつないでゆくのがヒトなんだと納得してゆきます。その自分の一生の中で自分には何が出来るでしょうか。

 震災のような究極の場面があろうと、または幸運なことに大きな地震などに遭わずにすんだとしても、何を出来るのか考えてしまいます

 

wasurenagusa1.jpg

 こんにちは 石井美夏です

 開院時間を一時間繰り上げます。

 お仕事帰りの方にもお寄り頂けるようにと、頑張って午後7時までの診療をしておりました。でも諸般の理由で出来なくなってしまいました。本当に申し訳ありません。

 月に3回なるべく土曜日も開院させていただきますので、どうぞご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。

 受付時間午前10時から午後12時45分、午後2時半から午後5時45分までとなります。

 皮膚科専門医の谷島先生岡本先生は、火、木、金曜日の午前中に出ておられます。原則予約のない方も拝見しております。

 予約のお電話は、6月より9時45分から午後6時45分まで、お受けできます。


母の日

120512_203228.jpg

お昼の時間に、スタッフに取り囲まれた。

そうっと差し出された袋には、母の日のカーネーション。

私は、スタッフの母なんだ!! 思わずしどろもどろに、孫は誰が作ってくれるの??などと口走ってしまった。

 ありがたくて涙が出てしまいました。

mamma.jpg

 自分のおっぱいが陥没していると心配しておられる方がいます。大半の人は、刺激で外へ出てくるおっぱいです。普通のおっぱい。

 時々指でもつまみ出せず、引っ込んだままの乳頭の方がいます。陥没乳頭と言います。

 おっぱいは、乳腺で作られて、乳管を通って、赤ちゃんの口に入ります。乳頭のお乳の出口は沢山あります。例えて言えばシャワーみたい。。。

 左の図で青い色は乳頭から乳腺を付近につながっている乳管。雨水は集まって川になって、河口へ集まります。その河口にあたる矢印部分、太い乳管の周囲にある繊維が固くなって、乳頭を後ろに引っ張っていると陥没乳頭になります。 赤い色の部分の線維が乳首を奥へへこませている

 触ってみて、引っ張り上げてみて、大丈夫な人はそれでok
 なかなか出てこない人は、搾乳器 (例えばこれ)を使ってみるという手もあります。
 何をしても出てこない場合には手術をすることが出来ます。乳輪や乳頭の形や大きさは人様々なので、デザインは色々で一概には言えませんが、傷跡が目立たないようにきれいに作る事ができます。

 傷は縮む傾向にあります。ケアをしなければ手術をしても、この赤い部分が縮んできて、また陥没してしまいます。長期間搾乳器を使うか、ご自分の指で毎日乳頭を持ち上げる必要があります。

 授乳障害のある陥没乳頭に対して形成外科をする場合には、保険の適応があります。

 今後授乳することがない人には、赤い部分の硬い線維と乳管を切ってしまえば、再発の可能性はとても低くなります。

kichijojiwelcome.jpg

 ゴールデンウィークなのにお天気が悪い。今週は月曜日から本日4日まで開院していますが、さすがに昨日から暇。ちょっと有り難い。ちょっと嬉しい。

 しみ取りはそろそろシーズンオフです。日差しの強い時期にお肌を白くする治療をしても、効率が悪い。。。治療中はお肌も敏感になっていますので、日焼けによるトラブルが出やすいの。積極的なしみの治療は、普通に生活紫外線を浴びてらっしゃる方は秋のお彼岸過ぎまではお休みして、今からの時期は日焼け対策です。

 それでもしみを何とかしてねとおっしゃる患者さんにはフォトフェイシャルファースト(ルミナスワン、カットオフフィルターが大事なの)かレーザートーニングが良いかも。。。

今年は、レーザーをしっかり強めで照射させていただいたので、炎症後色素沈着でお困りの方はいらっしゃらないかしら?心配な方は受診してくださいね。

吉祥寺は明日までウエルカムキャンペーンをしています。
美夏クリニックも協賛で、大吉祥抽選会の幸運賞を提供させていただきました。当たって来てくださった方がおいでですよ。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.2

このアーカイブについて

このページには、2012年5月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年4月です。

次のアーカイブは2012年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。