2013年8月アーカイブ

vitalinjecter.jpg

 美夏クリニックのスタッフの右頬(写真では左)に水光注射、左頬は手打ちで注射した画像です。  水光注射ではこの右頬のように内出血のあとがほとんど出ない

水光注射の機械の先端は5本の針がついていて、面で正確な量を正確な深さに、スピーディに打てるの痛がりの私もokよ。(スタッフは私に出来ることは、ほとんどの患者さんに苦痛なく出来ると認識してます!! 恥ずかしい話であるが) 

水光注射は 

1、薄毛脱毛症の治療(Harg療法)

2、ヒアルロン酸をお肌深くに浸透させる お顔だけでなく、首や手の甲、デコルテも

3、ビタミンアミノ酸、成長因子やサイトカインなど(カクテルは自由自在よね!)を浸透させる。若返りや美白や瘢痕などにも良いです

4、脂肪溶解注射もokよ

皮膚のバリアを超えて、ビタミンや微量元素、アミノ酸やヒアルロン酸を、無数に皮膚の浅いところに注射してゆくテクニックをメソセラピーといいます。 今まではナパージュ法かパピュール法といって手で注入するか、単針のメソガンを使っていました。ヴィタールインジェクターやダーマシャイン、ダーモクィーンなど針が沢山ついている良い水光注射の機械が一杯出てきました。

針が沢山あるから、刺激も回数少なくて(つまり1本の針で感じる感覚と5本の針で感じる感覚は一緒なの)、内出血あとが出にくいのよ!当クリニックでは、ヴィタールインジェクター(バイタルインジェクターとかヴァイタルインジェクターとか色々カタカナ表記しているらしい)を使っています

0802postvlift.jpg

 ウルトラVリフトは3-5cmという短い吸収糸によるスレッドリフトです。 施術1か月後です。

 KFDA(韓国食品医薬品安全庁)認可済み。USAのFDAや日本の厚生労働省の認可なし。最近は韓国発の治療が増えてきました。患者さんのニーズはとても先鋭的です。アメリカのFDAやヨーロッパのCEの認可を待つ時間の余裕がありません。

 新しい治療を美夏クリニックで取り入れる時には、日本へ導入されある程度の時間が経過し、その治療が良質大きなトラブルがなさそう、美容外科学会形成外科学会などで一般化してきた治療であるなど確認してから、導入するようにしています。

そのウルトラVリフトをさせて頂いた方からメッセージを頂きました。

「先生 ありがとう! こんなにプルプルよ。頬が高くなったでしょ?フェイスラインが綺麗になったでしょ!お化粧のりが全然違うの。すっごく気に入った!」

 「経過はね、24時間は腫れてて痛かった。チクチク、ひりひりするの。お化粧できない。2-3日は、笑ったり食べたりすると時々痛みがあった。1か月経った今は違和感もないし、何も感じない。コンシーラを上手く使える人だと、翌日から問題なく仕事ができると思うよ。それなりに内出血した場所は色がついていた。」

「口角の横に下がってくる弛みが気にならなくなったの。センセ お薦めですよ」

ですって。

メリット スレッドリフト(糸)は、ここをこういう形にしたい、頬の弛みを特にリフトアップしたい、と言う時の強力なツールです。ウルトラVリフトは他のスレッドリフトに比べ、麻酔がクリームで済むこと、切開が不要なこと、処置の時間が15-25分という短時間であることが取り柄です。

デメリット スレッド(糸)リフトは、糸が高価なので治療費が高い。内出血はやむを得ない。(いずれ吸収されるにしても)異物を入れる治療であることが欠点と思います。

perspirex.jpg

蒸し暑いですね、、私はじんましんが酷い時にはほとんど汗をかくことがなかった。でも最近は汗まみれ、、、

5月に一度ご案内したパースピレックスの効果が良かったと、患者さんから報告を受けています。

週に2-3回塗れば、昼間に塗りたしたり、汗を拭いたりする必要がないので、とても快適ですって。ご希望の方は受付におっしゃってください

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.2

このアーカイブについて

このページには、2013年8月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年7月です。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。