2014年3月アーカイブ

histologyofthermage.jpg

 美夏クリニックのサーマクールは初代サーマクールです。痛みがありますがしっかり熱が入って、根強いファンがおられます。熱が入れば痛いのよね、、、(色々議論がある。二重盲検を見たことはありません)

 遠方から来られる患者さんがいらして、どうして私のところに遠くから来て下さるの?とお尋ねしたところ、デザインして照射している。引き締めを図るデザインが良い、と言われました。有難い話です。

 STCチップという浅い部分に熱がはいるチップを600ショット照射していた時期があります。最近では我慢強い人ならばTCチップで300発を2個(つまり600発)、そこまではちょっと我慢できないと言う人には300発照射するのが、わたくしのお気にいり。

 小顔化した感触が良くて、直後の引き締まり感もありますし、それ以降も少しずつ小顔化してゆきます。

サーマクールはRF(高周波のモノポーラタイプ--アースをつける)という治療です。立体的で深い層に効かせられる。三次元的に顔をデザインできる。利点は人の顔を固くする瘢痕を造らないという事だと思います。

満足度が人によって違うのが欠点です。 もう業者さんの保守は昨年末で終了だと思い込んでいました。そうしたらあと一年は大丈夫ですって。俄然やる気になって、記事を書いています。

機械での引き締めは、真皮にこめる熱量によって結果が出ます。トーニングスマスアップサーマクールも同じような引き締めタイプの治療です。エラの張っている人でボトックス治療をする人には、スマスアップよりサーマがお薦め。トーニングは浅い層、特に毛穴の引き締めや色に効果があるところがメリット。

お顔の左右差をきちんと診断して立体的にどう照射するか、それが腕の見せ所ですね。

画像は右が照射後です。真皮のピンク色が濃くなってコラーゲンが増えて引き締まり、表皮の紫色も濃く厚くなっているのがわかるでしょ?

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.5

このアーカイブについて

このページには、2014年3月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年2月です。

次のアーカイブは2014年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。