2014年6月アーカイブ

スキンケアセットの選び方

mom.jpg

美夏クリニックのスキンケアセットはだんだん進化しています。

その時の状態に応じて、サリチル酸ピーリングまたはレーザートーニングまたはフォトフェイシャル +イオン導入を選択できるようにさせて頂いております。


人員と時間に余裕があるときは、鼻はトーニング、頬はフォトなんて皮膚の細かい状態にもなるべく合わせて頂いて治療することもしています。毛穴のつまりが気になったら、サリチル酸のピーリング、毛穴の開きと肝斑にはレーザートーニング、赤ら顔やしみがきになったらフォトフェイシャルがお薦めです。

月に1回のダウンタイムのない治療も、少しずつやってゆくと少しずつ綺麗になるのよね、、、

サリチル酸ピーリングは、ケミカルピーリングの一種で皮脂を抜くのが得意です。開いてしまった毛穴に、黒っぽかったり黄色だったりする皮脂が詰まっているときには、施術させていただくと、1-2日で抜けて綺麗になります。つんつん立っているような皮脂にも良い感じです。


レーザートーニングは、開いてしまっている毛穴に熱がかかって皮膚や毛穴が少しずつ締まってきます。肝斑の治療には、トラネキサム酸とビタミンCの内服が必要ですし、頑張って色を抜くには一般的なレセピでは毎週の施術をします。でも月に1回のんびりとやっていても、相応に綺麗になってゆくのよね、、、肝斑は時期が過ぎるとみなおさまってゆきます。毎週頑張っても良いけれど、10年付き合うつもりで、無理しすぎないのがお薦めです。


フォトフェイシャルは定番。紫外線の強い時期は、無理をしないで640または695のカットオフフィルターで光の出ている時間も長くして、でもしっかりエネルギー量を入れて照射しています。レーザーと併用するのは、紫外線の弱い時期が良いと思います

スキンケアセットは毎回のイオン導入を同時に施術して、5回で60,000円+消費税です

夏に備えて

summer1.jpg 先日の休みに自宅の窓によしずをかけました。暑い夏が少しでも楽なように、エネルギー消費も少なくなるようにと、、、
風ははいり、ぎらぎらする光は和らぎ、お部屋の熱の上がり方が少し違うみたい。

 普通のよしずはもちろん、紫外線カットしてくれるロールスクリーンも販売していました。

 良い雰囲気になったので、かなり気に入りました。

 こういう時期になると、水虫の患者さん 汗疹(あせも)の患者さんが増えてきます。皮膚科って季節を感じる科です!

形成外科の手術ーー腫瘍を取る

sebborrheickeratosis.jpg

bowen.jpg 形成外科や美容外科は、二重ばかり作っているわけではありません。普通の保険診療もしています!(今更何言ってんの?と言われちゃいますが)
黒い色のついている腫瘍は、色素性母斑という「ほくろ」、脂漏性角化症というしみもありますが、時にほくろの癌や他の皮膚がん が混ざっています。

左の画像が、ありふれた脂漏性角化症です。液体窒素で凍結したり、炭酸ガスレーザーで焼灼します。しばらく痂皮(かさぶた)ができたり、炎症後色素沈着(治療後の一過性のしみ)が患者さんに取っては辛い。

右の画像は「先生、これ何かなあ?」と言われ、一瞬凍結しようと思ったのですが、表面が固く気になったので、麻酔の注射をして切除しました。 ボーエン病という皮膚がんの初期状態でした。脂漏性角化症のなかに、がん細胞があった。

切除すると傷は1直線で残りますが、何であるか病理診断がつき、心配なものがなくなり、治療も小さなものであれば1週間で終了してしまうので、早くて簡単で治療後の見た目もよくて良いと思います。

脂漏性角化症のなかに皮膚がんがあった画像はこちらにもあります こちら

汗が気になる季節ですね

sozai-sport1.jpg恒例のワキ汗対策のお割引です7月末まで
韓国産ボツリヌストキシン(リジェノックス)は、100単位で50,000円+Tax ボトックスは72,000円+Taxです。注射を直接脇の皮膚にして、汗をかかないようにするという治療です。

パースピレックスという汗で流れない塗る薬もあります。こちらも通常は5000円なのですが、4000円です。手足の多汗症にも良いですよ。


注射の前に麻酔のクリームを塗ってサランラップをして30分、痛みに弱くて心配な方には、さらにご希望で冷却しながら注射していきます。涙を流している患者さんを拝見してから、麻酔なしで注射したことはありません。

薬の効いている期間は大体注射後1週間後から3-4か月です。しっかり入れて半年は大丈夫と言っておられる患者さんもいます。今から秋まで効いていると良いと思っています。ボトックスはとても良いお薬です。ボトックスに対するアレルギーを個人が獲得して効かなくなってしまうと、以降ボトックスが効かなくなってとても悲しいので、大事に使いたいと思っています。麻酔のクリームは800円+Taxです。


ボトックスについての注意事項を再度書いておきますね
 1、血清アルブミンが入っています。加熱はされていますので、肝炎やエイズなどの血液を介してうつるウイルス性疾患については安全です。クロイツフェルトヤコブや今は分かっていなくても他に加熱によっても死滅せず血液を介してうつる疾患があれば、安全であるとは言いきれません。

 2、多めの量を頻回に注入していると、ボトックスを効かなくする抗体を自分自身が作ってしまう場合があります。そうなるとボトックスの恩恵が受けられなくなります。抗体を作らないためには、途中でボトックスを追加したり、必要以上に注射するのは避けた方が良いと思っています。アレルゲンーこの場合ボトックスーの量が多かったり、注入の機会が多いほど、そして本人がアレルギーを起こしやすい体質であるほど、抗体を作りやすい。

3、代償性発汗 他の部分の汗が増える場合があります。交感神経節ブロックなどにくらべ、汗を抑える面積は脇だけで小範囲なので、お困りになる患者さんは滅多におられません。いずれにしてもボトックスの効果が切れてしまえば、代償性発汗もおさまります。(こういう一時的な治療って、良い結果も悪い結果もなくなってしまう。その分安心とも言えます)

やっと肩の調子が良くなりました

更年期が過ぎて少し心身の調子が整い始めたのに、肩や手の調子が悪くて、がっかりしていました。飲みすぎ食べ過ぎもあって体も重くなっちゃったからなあ。ストレッチと消炎鎮痛剤のおかげで、おおむね復活しました。pain killerはアレルギーを起こすからなあと心配でしたが、良く効くものです。ありがたや、、、、
昨日はプールにもピアノのレッスンにも出かけ、ようやく日常生活に戻ってきました。嬉しいな
またブログを書こう!

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.5

このアーカイブについて

このページには、2014年6月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年5月です。

次のアーカイブは2014年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。