ゼオスキンヘルス トレチノインの治療はこの時期が良いのよ!

ZO1.jpg Dr.OBAGIのビバリーヒルズのクリニックに講習に出かけたのは、15年前になります。とても結果が良いので、自分の顔も患者さんの顔も、ずっと治療してきました。数年前Dr.Obagiは元のOMP(製品を製造する会社)を売却し袂を分かち、ZO skin health ゼオスキンヘルスとして治療を拡げています。画像がそのイメージ画像です。

 基本は元々のObagiのnu-derm クリームプログラムと同じ、トレチノインとハイドロキノンとフルーツ酸をメインにした治療のプログラムです。 「生まれたての赤ちゃんの皮膚を取り戻す」 Obagi先生の口癖です。

治療モードでは、炎症後色素沈着や肝斑の悪化をトレチノインとハイドロキノンを強力に使って、ハイスピードで皮膚を新陳代謝させます。いわばブルドーザーで田畑を耕すようです。

過去の記事はこちらです 私の顔の変化をお見せしています!辛い期間や辛い中身も書いたので読んでね。1月15日まで5%割引

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.5

この記事について

このページは、美夏クリニック Dr.美夏が2016年10月11日 19:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「炭酸ガスフラクショナルとは?マドンナリフトの特徴とは?」です。

次の記事は「ZO ゼオスキンヘルス コンセプトは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。