アレルギー性鼻炎の最近の記事

ceder.jpg

 花粉症の症状を起こさないためには、感作されている花粉が飛ばないところに住むってのが、勿論最高ですよね!!ただアレルギーって外的な要素だけではない。感作されやすいっていう個体の方の事情もある。

 だから、私は杉の花粉症で辛いから、2-4月だけ北海道で働こうなんて思っても、多分2-3年で白樺の花粉症になってしまう。

 それでも、感作されている花粉となるべく接触を避けるっていうのは、とても重要なことです。 それで花粉症の方が少しでも楽に過ごすためのコツです。

 1、花粉と接触しない。洗濯物は外に干さない。窓や扉は開け放しにしない。花粉が落ちやすいつるつるした衣服を着る。ゴーグルやマスクを着用する。コートや帽子は玄関の外で花粉を払ってから、家に入る。

 2、2ー4週間前から薬を飲みましょう(抗アレルギー剤)。早めに飲み始めるのがポイント。

花粉症の治療は、鼻アレルギー診療ガイドラインがあります。 こちら

 ガイドラインは大事だけれど、美夏クリニック推奨の花粉症の薬の使い方をお話します。
1、抗アレルギー剤を内服する

 大体効果が出てくるのに、2-4週間くらいかかりますけれど、基本の薬です。1日1回の薬、1日2回の薬、眠気の出にくい薬など種類がありますので、ご相談くださいね。

2、漢方薬

 小青竜湯は、即効性があって眠くなりません。抗アレルギー剤を飲み始めるのが遅かった方、西洋薬で眠くなる方にはお勧め。頓服で使うのもokです。

 そうです、小青竜湯に含まれるマオウが昨年筑田Dr.の虚血性心疾患の引き金になったかどうかってお話しましたよね! アレルギーの全身反応が冠疾患の誘引になるのか、あるいはマオウのエフェドリン作用が冠疾患の発作誘引なのか。 その他、マオウが頭をしゃっきりさせる。だから寝る前に飲むと、今度は寝つけないかもーー

3、鼻には点鼻薬
 炎症を抑える薬と血管を収縮させるタイプの薬があります。炎症を抑える薬は、効果が出てくるのに1週間くらいかかります。飛散する予定の1週間くらい前から、吸入するのがお勧め。処方されてすぐ効かないからとすぐやめてしまってはいけません。 鼻閉の強い人には即効性のある血管を収縮する薬を併用して使います。

4、点眼薬
ステロイドは眼科での処方が必要ですが、抗アレルギー剤なら処方可能です。コンタクトレンズを使用している方にむいている薬もあります。痒みがひきますので、赤く腫れている人も楽になりますよ。

5、花粉が皮膚に付くとかぶれる方がいます。花粉は水溶性。やや油分の強い保湿剤がお勧めです。保湿剤だけでは湿疹がでてしまい、薬の必要な方は診察処方が必要です。

snow3.jpg
 美夏クリニックは申し訳なくも、本日10-12日とお休み。スキー狂の私は、ついスキー場に来てしまいました。北日本中心にずいぶん雪が降っているようですね。長野県も先週からは別世界。どこもここも雪化粧ーー。道路も雪と氷。

 雪道に慣れていないのに練習しなくちゃと運転してみたら、路肩でスリップし、側溝に左側のタイヤ2本を落としてしまいました。他の車の人まで降りてきてくれて、押して下さって、脱出できました。とても助かりました。 (私は信州大学卒なのに、貧乏学生で運転を長野県ではしたことがなかった。その後山形や岩手では運転していたのにね。)

 ところで、冬の後には春が来ます。花粉の時期がすぐです。環境省が12月22日に発表した今シーズンの春の花粉情報があります。こちら 

関東地方では2月20日前後から、昨シーズン並みかそれより少なめの飛散予測のよう ですよ。飛散開始マップは こちら 環境省の花粉情報サイトは こちら

 私も重度の花粉症です。飛散予測の2-3週前から抗アレルギー剤を内服すると、とても症状が楽なので、そろそろ開始する時期です。実際には、蕁麻疹が続いているため1年中抗アレルギー剤の内服を続けていて、そのためか昨シーズンはとても症状が軽かった。

 もし毎年花粉症に悩まされておられる方は、そろそろ主治医と相談なさって予防されたら良いかもしれませんね。


環境省の報道発表資料をコピーしておきますね。

平成21年春のスギ・ヒノキ科花粉総飛散量は、平成20年春(前シーズン)と比較して関東、東北地方では同じかやや少なく、東海及び北陸から九州地方は多くなると予測されます。また、例年※との比較では、関東、東北地方では例年並みかやや多く、東海から九州地方では一部を除いて多いかやや多くなると予測されます。
 スギ花粉の飛散開始は、前シーズンと比べて1~2週間程度早くなり、また例年と比べても例年並かやや早くなると予測されます。

 スギ花粉症で悩む時期が始まりました。

 すでに診断がついている方は、早めの対策が症状を軽くてすみます。 基本的には経口薬と局所療法つまり点眼液、点鼻薬をシーズン中使用する事になります。経口剤では抗アレルギー剤、または漢方薬の小青竜湯でうまくコントロール可能です。

 漢方薬は抗アレルギー剤で起こりがちなだるさ、眠気は無く、効果が早いので使い易い薬です。

 診断についてspices.jpg

 花粉症は、症状から診断はさほど困難ではありません。でも、鼻炎症状の患者さんには、感冒や慢性副鼻腔炎の方もいるため、両者の鑑別診断は治療上大切な事です。

 採取した血液を検査し、スギ花粉に対してのIgE特異抗体を測りますが、それと共に鼻汁の好酸球を顕微鏡で確認します。

 好酸球と呼ばれる白血球は花粉症などのアレルギー反応に特異的に見られる細胞で、顕微鏡で見ると小さなイクラをぎっしり詰め込んだように見えます。(このイクラが酸性色素に染まる顆粒です。)これがあれば、まず花粉症間違いなしです。

 この細胞が全く見られず、代わりに好中球(淡いピンクの芥子粒を蒔いたように見えます)が見られるなら、そこには細菌などが関係した炎症があると考え、細菌やウイルスによる感冒や副鼻腔炎を考えます。

これらの鑑別診断は、診察しながら鼻汁を染色し顕微鏡で検査しますが、10分ほどの時間で簡単です。 花粉症以外のアレルギー性鼻炎でも細菌性の鼻炎とはこの方法で鑑別できます。
アレルギー性鼻炎か、細菌感染性鼻炎か、原因が確定されていない方には是非やっておきたい検査です。

 画像は七味唐辛子。筑田Dr.がイメージ画像として選びました。

昨年の筑田Dr.の花粉症の記事はこちら

 2週間ほど前に杉花粉の飛散について、書きました。都の花粉情報が先週出ましたので、ご案内します。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kanho/kafun/

飛散開始は、来月初旬からで前回書いたとおりです。
飛散数は、昨春の2~3倍で、例年並みだそうです。ちょっと誤解を招くかとも思ったので、掲載しました。
美夏Dr.はこのところ蕁麻疹が出ることもあって、ずっと内服中です。先週からアレルギー性鼻炎(杉花粉症)の方には処方しています。どうせ内服するなら、もう開始した方が良いと思います。

 山の木々は,落葉樹は葉が落ち、針葉樹は雪を載せているかさもなくば緑です。今年は昨シーズンに比べると雪の多い年です。

snow2.jpg

  美夏Dr.は杉花粉症です。

 春めいてきて山が赤茶色になってくると、「山が燃えてきた。鼻がぐずぐず、頭痛はするし、くしゃみはでる」ととても辛くなります。杉の花粉が飛ぶ時期になると、燃えているような色あいになるんですね。

 花粉症の治療は、症状によって、患者さんのご希望や治療の反応の仕方で決めます。

 美夏Dr.の場合は、抗アレルギー剤を中心にして、状況で小青竜湯を頓服的に内服します。

 小青竜湯は眠気がでないのと、漢方というイメージと反対に即効性があるのが便利です。年末風邪を引いたときに内服して、返ってカラカラになってしまったとお話したのを覚えておいででしょうか?水っぽい鼻汁を抑え、麻黄が入っているせいか頭もしゃっきりしてかなり美夏Dr.にはお助けマンです。1日3回飲まなくてはならないのが少々辛いですけれど。

 点鼻薬や点眼薬もよく効きますが、美夏Dr.はあまり好みではありません。

  その心配な杉花粉の飛散予報ですが、東京付近では2月始め頃から、量は平均的だそうです。  一般的に飛散する2週間くらい前から、抗アレルギー剤の内服をすると症状が軽くてすむとされています。そろそろ内服を始めた方がよいかもしれませんね。 今回の予報を拝見したサイトはこちら

 前回銀杏皮膚炎の話を書きました。
そのときに、この場合は口腔アレルギー症候群の症状ではないけれど、銀杏も口腔アレルギー症候群を引き起こす可能性があると簡単に記述しました。今日はその口腔アレルギー症候群が何であるのか説明します。

 美夏Dr.はアレルギーの専門家ではありませんので、誤りがあったらごめんなさい。また、この時に拝見した患者さんについて昔の同僚(亀田総合病院の皮膚科医師)と議論していて、結局アレルギーって何でもあり、どんな形で何がおこっても不思議はないから油断できないねって話になりました。つまり、今回の患者さんの診断は銀杏皮膚炎のフレアアップですけれど、今後も同じ経過であるかどうかはわかりません。いずれにしても摂食しないに超したことはないけれど、少量摂取が危険であると断定することも出来ないと言うことになりました。(もちろんこの方は銀杏大量摂取は大きなリスクです。)

 それで口腔アレルギー症候群です。
「多くは花粉症のある方がその感作されている花粉と交差している(アレルゲンとして構造が似ている)果物や野菜を摂食し大体15分以内に口腔内の刺激感、かゆみ、ひりひり感が出現する」というのが、特徴的で共通の症状です。この15分以内というような短時間に症状が出ると言うのがじんましんなどと同じⅠ型アレルギーを示唆します。症状は口腔内にとどまらず、腹痛下痢などの消化器症状、蕁麻疹、喘息やアナフィラキシーショックなどの全身症状をも含む事があるというのが怖い。

melon.jpg

watermelon.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 アレルギー性鼻炎かどうかは別にしても、

例えば白樺などの花粉に感作されていれば、リンゴ、桃、イチゴなどのバラ科の果物にはリスクが高い。他に、ブタクサならばメロン、スイカ、セロリとか、イネ科ならばトマト、スイカ、メロンとか、杉、檜ならトマトとかーーー。  他にラテックスフルーツ症候群ってのもあって、ラテックス(ゴム)にアレルギーがあれば、アボガド、キーウィ、、モモ、クリ、バナナなどーーー。

ただ花粉症の診断がされていなくても、口腔アレルギー症候群である場合があります。 少なくとも果物野菜類を召し上がって口の中に違和感刺激感が出たならば、それ以上食べない方が良さそうです。普段も一度に多くを召し上がるとリスクは高くなりますので、好きなものでもほどほどになさって下さいね。

 9月になったと思ったら、すっかり朝夕涼しくなりました。
霧が峰のアキノキリンソウです。可憐で黄色の色がとても綺麗です。

akinokirinnsou.jpg

アキノキリンソウはアレルギーのRASTという検査の項目にもなる草花です。RASTは免疫グロブリンEを測る検査です。

 記事を書くにあたってネット検索をしていたら、アキノキリンソウそのものはあまりアレルギー疾患を引き起こすことはなさそうです。

 アキノキリンソウに良く似た植物で、アレルギー関連の話で良く出てくるのが、セイタカアワダチソウブタクサです。

 セイダカアワダチソウはキク科の植物で、低地にも一杯生えている。アキノキリンソウの別名がアワダチソウで、セイタカアワダチソウはその外来種ということらしい。セイタカアワダチソウの姿は美夏Dr.はあまり好きではありません。
 このセイタカアワダチソウがアレルギー性鼻炎を引き起こすとされてきたのですが、虫が花粉を運ぶので(虫媒花)、風で飛散する花粉量はそんなに多いわけではない。

 ブタクサはそれに引き換え風媒花(風で花粉が運ばれる)で、花粉は飛散し、秋のアレルギー性鼻炎の大きな原因。

 RASTの検査項目では、セイタカアワダチソウではなくて、アキノキリンソウが大抵項目のなかにあります。どうやら一緒になっているようです。もともと同じ種類の植物で花粉の構造が良く似ているのだろうと推測いたしました。(あちらこちら調べてみたのですが、良く分からない。)

三菱系の検査会社のHPによれば、提出された検体のなかでブタクサやオオアワガエリでは陽性率が10%台。アキノキリンソウは陽性の高いリストにはでていませんでした。(つまり陽性率は低いのでしょう。ごめんなさい、見つけられなくて。少なくとも一般的には診断的意味があまりなさそうですね。)

後で調べてみて更に分かったことがあれば、お話しますね。

 花粉症治療

 今年は暖冬のためスギ花粉症が例年より早く1月末頃から始まりました。 美夏クリニック ( http://www.mika-clinic.com ) にも風邪かなと診察においでになります。

 花粉症が疑われる場合には、その場で鼻汁を採取して白血球の好酸球を染色してみます。
 花粉症などのアレルギー性鼻炎では赤い顆粒を持った好酸球が綺麗に染まり、単なる風邪や細菌による鼻炎と鑑別が出来ます。 
この花粉症なのか上気道炎なのかの鑑別をするための染色は、適切な治療を行うためには必ずやっておく必要があります。
 さらにその場で結果が出る検査としては、スクラッチテストがあります。腕にわずかな引っかき傷をつくり、花粉エキスをたらして15分。その花粉とその方が反応しているかどうか、結果が出ます。

 検査センターに依頼する血液検査もあります。血清の特異IgE抗体でさらに何にアレルギーなのかが判りますので、予防対策が立てやすくなります。


 例年花粉症の症状が重い方は花粉が飛び始める少なくとも2週間前から点眼、点鼻薬と経口剤でしっかりと予防しておきますと症状はとても軽く抑えられます。 もちろん治療が遅れてしまった方でも花粉の飛んでいる期間は治療を早めに始めることは大切です。

 一般に薬局で買い求める抗アレルギー剤、特に抗ヒスタミン剤は服用で眠気がくる事が多いのですが、クリニックでは眠気の少ないものを処方します。
 漢方薬も大変よく効き、眠気は全く起こさず、むしろ頭が冴えて来ますので、就寝前には避けたほうが良いかもしれません。
 スギ花粉で悩まされるのもあと一月ぐらいですが、スギアレルギーの方はヒノキにも感作されている事があり、其の場合ですと5月に入ってももうしばらく悩まされる事になります。

 それにしても日本人の約20パーセント程度がスギ花粉症といわれ、国民病と呼んでよい異常な状態です。 根本的治療法として、スギ花粉を減らす対策を国家レベルで取り組むようにしてほしいものだと常々思います。(Dr.筑田 記)


「ちょっと話題としては遅いんじゃあない?」
と聞いたところ、まだ結構患者さんおいでになるからねえ、との事でした。

 美夏Dr.はスギの花粉症ですが、今年はあまり抗アレルギー剤を飲まなくても、症状が軽くてすみました。スギ花粉の飛散量が少なめだったのでしょうね。

 4月にはいって、美夏クリニックは少々暇です。こんな時期でないとなかなかブログは書けません。筑田先生からも、原稿がまとまって届いていますので、少しずつアップしますね。

posted at 2007/04/07 09:02 | kojitomika |

 昨年の夏は、気温はそこそこ高くなったものの、梅雨が長引いて、このシーズンのスギ花粉の飛散量は例年並かやや低めだろうという予報が出ています。  http://www.sugi-kafun.com/

 でも週末に鴨川に行ったところ、スギの林がそろそろ赤くなってきています。例年花粉がまっさかりのころですと、大げさに言うと「山が燃えている」ように赤くなります。
 美夏Dr.は花粉症がひどいので、山が赤くなると鴨川に行くのはなるべく控えます。まだ東京の方がまし。東京でも抗アレルギー剤で頭はふらふらするし、鼻水くしゃみなどなどもう辛くって憂鬱です。

 この花粉で花粉皮膚炎と呼ばれる痒み赤みなどの湿疹がでる方がおいでです。吸入してしまった花粉の影響ではなくて、花粉が皮膚について直接皮膚がかぶれる。

 ちょうど花粉の飛んでいる時期に、瞼や頬など衣服に覆われていない部分を中心に湿疹が出た場合、化粧品や点眼液など直接皮膚に塗っているものによる接触性皮膚炎(かぶれ)や、アトピー性皮膚炎のほかに、花粉皮膚炎も念頭にいれて皮膚科では患者さんを拝見しています。 花粉皮膚炎の診断は、スクラッチテスト、皮内テスト、パッチテストや採血によるRASTなどでなされます。

 普通のかぶれですと、かぶれている可能性のあるものを除去できれば症状は治まってきます。でも花粉によるかぶれですと、シーズン中は花粉を完全に除去することはむずかしい。 非ステロイド系の消炎鎮痛剤によるアレルギー性接触皮膚炎は場合によって症状が強い。そのため湿疹がでているときのお薬は、ステロイドが一般的です。
 このステロイドが特に顔では、週に2回くらいで使っている場合には問題にならないのですが、長期にだらだら使うと血管が拡張する、皮膚が薄くなる、ニキビのような毛包炎などの感染症など、とても厄介です。だからこそ、顔のステロイドは最低限にというお話になるわけです。

花粉皮膚炎の場合には
1、抗アレルギー剤内服
2、保湿
3、症状の強いときステロイド外用(美夏クリニック http://www.mika-clinic.com では、可能であればmildクラスを週に2回までとお話しています)
がお勧めだと思っています。ちゃんと皮膚科医師の処方でおつかいくださいね。

 その保湿剤なんですが、ワセリンが花粉をブロックするのでよいという話があります。亜鉛華軟膏も皮膚の表面に膜をつくるようにして皮膚を守りますので、それでもよさそうに思います。どの保湿剤がベストなのか、現時点では美夏Dr.には断言できません。とりあえず宿題です。
 美夏Dr.の皮膚が花粉皮膚炎になれば、ワセリンと亜鉛華軟膏のハーフサイドテストが出来て良いのですが、でも花粉皮膚炎まで発症したくはありませんねえ。花粉症やら蕁麻疹やら、アトピーやらアレルギーって増えるばかりでーーー。ほんと、ため息がでます。

posted at 2007/01/22 12:15 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちアレルギー性鼻炎カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはアナフィラキシーです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。