アナフィラキシーの最近の記事

 このところアレルギーの話題が続いています。

 即時型のアレルギーは血管内にアレルゲンがはいると、血管周囲にある肥満細胞が脱顆粒してヒスタミンを放出し、種々の反応を引き起こすものです。いくつかに分類されています。

アナフィラキシーショックが、一番症状が強く血圧低下呼吸困難を引き起こしますので、迅速な救命処置が必要です。

そのほかには幼少児や成人の食物アレルギー

花粉症のある方で、その花粉と交差反応がある果物などで口腔胃腸症状が出る口腔アレルギー症候群などがあります。


 それで、Kナースのえびアレルギーを即時型のアレルギーといってよいのかどうか、筑田Dr.からコメントがあるようです。筑田Dr.は明日心カテだそうなので、検査が終了してからになるかも知れませんが、一度まとめてお話するそうです。お楽しみに。

 筑田Dr.お大事に。心カテ無事に、大したことが無くて終わるといいね!!

shrimp.jpg

アナフィラキシーショックにエピペンをという記事を昨年の4月に筑田Dr.が書いています。こちら 本日は第二弾です。

 Kナースは悲しい「えびアレルギー」があるって書いていましたね。

 食物アレルギーですけれど、どうやら即時型と言う場合によってはアナフィラキシーショックを引き起こす免疫グロブリンEを介するアレルギーです。

 ボトックス注射も、予防接種も、アレルギー検査のスクラッチテスト、皮内テストも、アナフィラキシーショックの可能性があります。(いわば誰にでも起こる) 皮膚科などではアナフィラキシーに対する準備をしながら、アレルギー検査をしている訳です。

 アナフィラキシーが起こってしまった場合にファーストチョイスになるのが、エピネフリンとかボスミンとかアドレナリンという注射薬です。

 しばらく前から、登録をした医師は、このエピネフリン製剤で患者さんがご自分でいざと言うときに使えるエピペンが処方できるようになっています。アレルギーの症状って抗原に暴露されてすぐに出るという訳ではありません。Kナースはえびを食べて3時間でお腹がしくしく痛むと言っていましたね。

 そういう意味ではハイリスクの患者さんやハイリスクの検査や注射をした場合には30分は医療機関の中にいるようになっていますけれど、それ以上時間が経ったから安全とは言い切れません。 この辺が怖い所です。(いやあ、本当に怖いです。あまり拝見したくありませんーーーけれどーーー)  気分が悪くなった、呼吸が苦しくなった、お腹の具合が悪い、蕁麻疹が出たなんて時には、遠慮しないですぐにおっしゃって下さいね。

 エピペンが処方された場合には
1、危ないと思ったら、ためらわずに打つ。
2、エピペンを使用した後必ず医療機関にかかる(症状が重ければ入院設備のあるところへ) 数時間後に再度強い症状が現れることがあります。エピペンで一度症状が治まったからと言って油断してはいけません。
3、エピペンは期限がありますので、有効期限のあるものを所持する。

エピペンについてのサイトはこちら
アナフィラキシーについてのサイトはこちら

 うーん、美容の話を書かなくちゃあと思いつつ、話があちらこちらと飛んでしまいます。

crabs.jpg

 食物アレルギーは、成人のおよそ2%、3歳以下で6%程度に認められ、アレルギー反応の出る場所やその程度は様々です。

 皮膚の場合には蕁麻疹となり、気道であれば喘息発作、腸管であれば腹痛、下痢、嘔吐などの症状がでます。

 程度の激しい時にはアナフィラキシーショックとなり、血圧低下、呼吸困難などを伴い最悪の時には死亡することもあります。

 食物アレルギーの起こりやすいものは、成人ではエビ、ロブスター、カニや貝類など

小児ではナッツ、卵、牛乳、魚類があります。

 小麦やソバでのショック例はお聞きになったことがあると思います。このアレルギー反応は食物の蛋白成分の一部への免疫グロブリンE(IgE)をかいしての過剰反応によるもので、たいていの場合調理によって反応を防ぐことは困難です。しかしKナースの場合、熱処理すると反応が出なくなるのはラッキーなことです。

小児の食物アレルギーは年齢と共に次第に弱くなってゆくものです。しかし原因物質に多く暴露されることで反応が著しく増強し、アナフィラキシーショックを引き起こす可能性がありますので、充分な注意が必要です。

 そうそう美夏クリニックは3連休になります。Dr.美夏はまたスキーに行くつもりです。よい写真が取れましたら、またアップしますね。それでは、12日にお目にかかりましょう。ごきげんよう。
shrimp.jpg

 私Kナースはえびが大好きです。しかし、とうとう?えびアレルギーであることが判明しました。

  ―昨年までは生えびを食べてもなんとも無かったのですが、昨年ぐらいから食べると3時間後からおなかがしくしくするようになりました。

 最初はスーパーで買ってくるえびが鮮度が悪いのかしらなどと思ったのですが、新鮮なものを買い求めてもどうも調子が悪い。きっとラベルに書いていない保存料などが入っていたり私は化学物質と合わないのではないかと自分をごまかしていました。つまり、えびが大好きなのでどうしても食べたいわけです。

  さて昨日魚屋さんが「このえびは北海道直送で鮮度抜群!」と声を掛けるので最近は自重していたもののとうとうえびに挑戦。結果はやはり3時間後よりしくしく・・・・とうとう朝の8時まで続きました。残念ながら、とうとう降参。

 どうも異種タンパクに対するアレルギー反応みたいです。干しえびは大丈夫。シチューみたいによーく煮込むと大丈夫なんです。これからは、お寿司も一貫ぐらいかな~(本当は食べないほうがもちろん一番良い。ひどいと皮膚症状やショックになることすらあるので侮れません)似たような症状の方はぜひ気をつけてくださいね。

 ちなみに皆さんご存知だとは思いますが、コンソメのスープにえびのから(焼いたものでもそのままでも)をいれるとこくが出ておいしいですよ。おかゆなどには干しえびと干し貝柱をいれるととってもおいしい。あー、青梗菜などの炒め物にも干しえびをちょっと入れるとまたおいしいと思うのですが・・・・・・。

 それからえびの赤いところにはアスタキサンチンといって抗老化作用があるといわれています。お肌にもいいですよ~

 Dr.美夏より  あらあら、これは大変!!Kナースは食物アレルギーですね。3時間後というのが遅めですけれど、Ⅰ型(即時型)で、危ないじゃあありませんか。うーん、どうしてもエビを食べたいときには、美夏Dr.にその言ってください。美夏Dr.がエピペンと同じボスミン持参でついています。そうでないと万一には備えられません。(というか、食べちゃあ駄目でしょう。怖いのが知らないうちに調味料などに入っているときーーー)

 筑田Dr.が食物アレルギーの話を書いてくれましたので、項目を変えてアップしますね。

 前回銀杏皮膚炎の話を書きました。
そのときに、この場合は口腔アレルギー症候群の症状ではないけれど、銀杏も口腔アレルギー症候群を引き起こす可能性があると簡単に記述しました。今日はその口腔アレルギー症候群が何であるのか説明します。

 美夏Dr.はアレルギーの専門家ではありませんので、誤りがあったらごめんなさい。また、この時に拝見した患者さんについて昔の同僚(亀田総合病院の皮膚科医師)と議論していて、結局アレルギーって何でもあり、どんな形で何がおこっても不思議はないから油断できないねって話になりました。つまり、今回の患者さんの診断は銀杏皮膚炎のフレアアップですけれど、今後も同じ経過であるかどうかはわかりません。いずれにしても摂食しないに超したことはないけれど、少量摂取が危険であると断定することも出来ないと言うことになりました。(もちろんこの方は銀杏大量摂取は大きなリスクです。)

 それで口腔アレルギー症候群です。
「多くは花粉症のある方がその感作されている花粉と交差している(アレルゲンとして構造が似ている)果物や野菜を摂食し大体15分以内に口腔内の刺激感、かゆみ、ひりひり感が出現する」というのが、特徴的で共通の症状です。この15分以内というような短時間に症状が出ると言うのがじんましんなどと同じⅠ型アレルギーを示唆します。症状は口腔内にとどまらず、腹痛下痢などの消化器症状、蕁麻疹、喘息やアナフィラキシーショックなどの全身症状をも含む事があるというのが怖い。

melon.jpg

watermelon.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 アレルギー性鼻炎かどうかは別にしても、

例えば白樺などの花粉に感作されていれば、リンゴ、桃、イチゴなどのバラ科の果物にはリスクが高い。他に、ブタクサならばメロン、スイカ、セロリとか、イネ科ならばトマト、スイカ、メロンとか、杉、檜ならトマトとかーーー。  他にラテックスフルーツ症候群ってのもあって、ラテックス(ゴム)にアレルギーがあれば、アボガド、キーウィ、、モモ、クリ、バナナなどーーー。

ただ花粉症の診断がされていなくても、口腔アレルギー症候群である場合があります。 少なくとも果物野菜類を召し上がって口の中に違和感刺激感が出たならば、それ以上食べない方が良さそうです。普段も一度に多くを召し上がるとリスクは高くなりますので、好きなものでもほどほどになさって下さいね。


アナフィラキシーショックという病態があります。

 特定の食品や薬品を摂取したり、蜂に刺されたり、その直後に喘息のような息苦しさ、口の中の痺れ、血圧低下など場合によっては数分という短い経過で、命を落としてしまう可能性がある重篤な病態です。

 アレルギー検査のスクラッチテストや皮内テスト、予防接種などでもアナフィラキシーショックは起こる可能性があります。

 クリニックなど医療機関の中では、エピネフリン製剤のボスミンがアナフィラキシーショックが起きた場合に備えて、緊急用の他の機材とともに準備されています。エピネフリンが万能なわけではありませんが、第一選択です。アナフィラキシーショックは頻度は低いものの、経過が早いので、医療スタッフにとっては怖い疾患です。 
  
 食物依存性のアナフィラキシーショックは、診察室の中で起こるものではありません。患者さんには該当の食品を摂取しないようにお話しますが、緊急時を考えるとそれだけでは充分であるとはいえません。
 また、スズメバチなど蜂に刺された後、アレルギー性ショックでなくなる方がおいでです。蜂に刺される事故は医療機関から遠いところで起こります。蜂と接触するような機会の多い方は、対策が必要です。

 美夏クリニック ( http://www.mika-clinic.com ) では、このエピネフリン製剤で、患者さんが御自分で携帯しご自分自身で非常時に使えるエピペンの処方を始めました。
http://www.epipen.jp/

 保険の適応が残念ながらありません。初診のときに、診察し使い方などを説明させていただいた上に、使用説明のビデオをお渡しします。そのときにエピペンを希望なさる方には注文していただき、または考慮していただき、その次の診察のときにお渡しできるように致します。薬剤の使用期限が14か月と短いので、キャンセルできないのが欠点です。
 ご希望の方は、エピペン処方希望として、内科筑田Dr.外来のご予約をお願いいたします。土曜日など筑田Dr.休診の日には、美夏Dr.も対応いたします。


http://www.anaphylaxis.jp/index_flash.html

上記ウェブサイトにアナフィラキシーについて詳しく載っています。ご覧くださいませ。

 また、アナフィラキシーかなと思う症状が出た場合は、一端症状が治まっても、またエピペンを注射したあとでも、必ず医療機関を受診なさってください。後で症状が再燃することがあります。

 また運動負荷で増悪します。身体を動かすことでより危険度が増します。これも是非覚えておいてくださいね。

posted at 2007/04/17 12:41 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

スズメバチもアシナガバチもアナフィラキシーショックという強烈なアレルギー反応を起こして、場合によって死に至るので、とても怖いですねえ。

http://mika-ns.jugem.jp/?day=20060817

 鴨川の自宅が草ぼうぼうで時々蜂が巣を作っています。なるべく見回りをして、早めに巣を見つけるようにしています。郵便受けのなかに、アシナガバチの巣があって、気がつかずに手を入れてしまったらと、ぞっとしました。

 アナフィラキシーショックというのは、アレルゲンが体内に入ると、急激にショック症状をきたす怖い疾患です。2回目が一番怖いなどという俗説もありますが、2回大丈夫ならずっと大丈夫というのは誤りです

 蛇足ですが、飼っていたハムスターに何回も噛まれて、ショックを起こしたという医療記事を読んだことがあります。ハムスターで起こるんだとびっくり致しましたが、私が拝見した記事以外でも報告があるそうです。
 ハムスターなどげっ歯類の動物は、野兎病や鼠咬病など媒介する病気がありますので、小さいお子さんがいる場合には注意しましょうね。

posted at 2006/08/23 13:32 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちアナフィラキシーカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはアレルギー性鼻炎です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。