舞台の最近の記事

omlett2.jpg
teamオムレット第四回本公演
『COMBAT 』

今回は
『マクロス7』をはじめ、『金田一少年の事件簿』『ワンピース』などの様々な人気アニメで活躍の声優:中川亜紀子さんを特別ゲストに迎えておおくりいたします。


■日程
10/31(木) 19:00
11/1(金) 19:00
11/2(土) 14:00 / 18:00☆
11/3(日) 13:00☆ / 17:00

※開場は開演の30分前です
☆アフタートークあり


■ストーリー
とある中小企業の親会社が、大手会社との市場争いに敗れ倒産に追い込まれた。
再び集まり決起した若者たちは、新たに起業し、最大手おもちゃ企業『モンキートーイ』に復讐を企てる!
作戦名『さるかに大合戦』!!
果たして彼らは復讐をすることが出来るのか?
...そして復讐には本当に意味があるのか?
現代の光と影をテーマとなった、ヒューマンコメディーの決定版!

ーーー自分を犠牲に出来るのは、どんなときですか?ーーー


■会場
ザムザ阿佐ヶ谷
(JR阿佐ヶ谷駅より徒歩5分)
(杉並区阿佐ヶ谷北2-12-21 ラピュタビルB1)


■チケット
前売2,800円/当日3,000円


■出演者
萩藤久典 /井上智恵 /立原ありさ/黒田歩 /小越那津実/小川千歳/山下雷舞/宮崎 緑/ニシイアキラ/玉永賢吾/長内和幸 /伊藤麻衣 /新濱 卓/
桜 笑之助/中川亜紀子

予約 midorinpeace@gmail.com

omlet1.jpg美夏クリニックの受付スタッフ、宮崎緑です。本日から公演しています。お待ちしています!!

■劇団オムレット第二回講演 『BLUE~龍宮ものがたり~』
■STORY: 昔々、浦島は助けた亀に連れられて...
誰もが知ってる童謡・民話である「浦島太郎」。その裏に描かれたメタファー。昭和に生きる一人の青年の心の動きに添えて海と地に、そして現代において大切なもののために何ができるのか。
誰もが知ってるおとぎ話を、オムレット流にアレンジしたヒューマンコメディー。
...忘れかけてるものが、実は一番大事なのかもしれないー
■日程:
12月14日(金)19:00~ 15日(土)13:00~、18:00~ 16日(日)13:00~、18:00~

■会場:
「ザムザ阿佐ヶ谷」杉並区阿佐ヶ谷北2-12-21ラピュタビルB1F
JR中央線・総武線阿佐ヶ谷駅北口徒歩2分
■出演:
小栗諒 釣船大夢 井上智恵 萩藤久典 立原ありさ 小越那津実 宮崎緑 綾垣静 長内和幸 伊藤麻衣 井上実菜美 田中孝典 新濱卓 寿々翠
「時事的要素を絡めたメッセージ性のある感動コメディ」という感じの作品で、絶対楽しいものになると思います☆師走の忙しい時期かと思いますが、泣きに、笑いに、ぜひ会場へ遊びにいらしてください。

omlet1.jpgブログをご覧のあなた、はじめましてこんにちは!美夏クリニックの受付スタッフ、宮崎緑です。美夏先生のブログへの突然の乱入失礼いたします♪


最近急に寒くなってまいりましたが、みなさん風邪などひいていないですか?
おでんや鍋料理で体を暖めて、元気に冬を乗りきりたいですね♪

そこで、更にこの冬あなたのことを心の中から暖かくするあるものを、私からご紹介させていただきます!


舞台『BLUE~龍宮ものがたり~』  (現代版コメディ浦島太郎!)

実は私、舞台女優をやらせていただいておりまして、
今回こちらの舞台に出演することになりました!


■劇団オムレット第二回講演 『BLUE~龍宮ものがたり~』


■STORY: 昔々、浦島は助けた亀に連れられて...
誰もが知ってる童謡・民話である「浦島太郎」。その裏に描かれたメタファー。昭和に生きる一人の青年の心の動きに添えて海と地に、そして現代において大切なもののために何ができるのか。
誰もが知ってるおとぎ話を、オムレット流にアレンジしたヒューマンコメディー。
...忘れかけてるものが、実は一番大事なのかもしれないー


■日程:
12月14日(金)19:00~  15日(土)13:00~、18:00~  16日(日)13:00~、18:00~

■チケット:
前売り2800円  当日3000円


■会場:
「ザムザ阿佐ヶ谷」
杉並区阿佐ヶ谷北2-12-21ラピュタビルB1F
JR中央線・総武線阿佐ヶ谷駅北口徒歩2分


■出演:
小栗諒 釣船大夢 井上智恵 萩藤久典 立原ありさ 小越那津実 宮崎緑 綾垣静 長内和幸 伊藤麻衣 井上実菜美 田中孝典 新濱卓 寿々翠

「時事的要素を絡めたメッセージ性のある感動コメディ」という感じの作品で、絶対楽しいものになると思います☆師走の忙しい時期かと思いますが、泣きに、笑いに、ぜひ会場へ遊びにいらしてください。ご興味ありましたら下記メールアドレスに「お名前、観劇希望日時、希望チケット枚数」をご連絡ください☆


midorinpeace@gmail.com


私、宮崎緑が責任をもってチケットを手配し、直接メールを返信いたします☆
わからないことがあれば質問などもお気軽にどうぞ!

一緒に竜宮城に行きましょう~♪
お待ちしております

tokyofrancaise1.jpgtokyofrancaise21.jpgお待ちかね 東京フランセーズの公演が今年もあります。別役実「星の王子さま」より、おなじみ久保山真衣さん演出です。

日時:2012年9月27~30日

場所:大塚 萬劇場

予約お問い合わせは  tokyo.francaise@gmail.com

公演サイト  http://ameblo.jp/tokyo-francaise2/

真衣ちゃん 説明してね。。。

砂漠の真ん中に墜落した飛行士は、星の王子さまと出会う。飛行士はマリアンヌの手紙をピエールに届けることができるのか、王子さまはこの星で花嫁を見つけることができるのか・・。別役実のおかしくも美しい幻想舞台、「星の王子さまより夜と星と風の物語」。東京フランセーズが沢山の楽しいダンスに乗せてお届けします。

それは、心温まる愛と幻想の物語。ぜひお越しください。

blackswan.jpg

 オペラファンの音楽愛好家からみると、バレエは崇高で浮世離れした芸術に見えます。余分などろどろとした感情をそぎ取って、純化しているよう。

 三面記事が題材のオペラに比べたら、の世界。抽象的な題材も多いようですが、それでも人の感情や愛を描いていることには変わりがない。

 魅力的なポスターに魅かれてナタリー・ポートマン主演のブラックスワンを観てきました。チャイコフスキー白鳥の湖の曲は多分どなたでも聞いたことがあると思います。白鳥になって最後は死んでしまうオデットの悲恋の物語です。その恋を邪魔するのが黒鳥です。

 その白鳥の湖を下敷きにしながら、無垢の白鳥の心の中にも存在する暗い部分の象徴としての黒鳥をテーマにした映画と言えるでしょうか?

 白い部分も黒い部分も合わせ持って、人は大人になってゆきます。

 映画を拝見したのは5月末。原稿を書き始めてから随分時間が経ってしまってボツにしようかと思ったのですが、ポートマンがとても魅力的で、予想したほどに怖くなかったのでアップします。(ホラー映画は苦手なの) 

tkfrancaise1.jpg

花の都パリ!

エッフェル塔を舞台に繰り広げられる変てこな人々の結婚式は、最初から最後まで正に支離滅裂。

そんないかれた結婚式に、皆様を蓄音機がご案内いたします。

  溢れるカラフルな色彩、足取りも軽くユーモアのある身振り手ぶりをする合いすべき人物たち、解放的なパリの空の下で軽やかに踊る披露宴の人々、そして颯爽と飛び回る動物たち

 シュールでおしゃれで華やかな、心踊るジャン・コクトーの傑作です。

 おなじみ久保山真衣ちゃんの演出で、東京フランセーズ第4回公演が行われます。

日時は2011年6月17-19日 中野ウエストエンドスタジオ

 

 

tkfrancaise2.jpg

 自動予約フォームは https://ticket.corich.jp/apply/26480/

 メール予約&お問い合わせは Tokyo.francaise@gmail.com

 久保山さんからのメッセージです。

劇団東京フランセーズ代表の久保山真衣と申します。とても楽しく華やかな舞台です。私はダチョウ役です。

皆さん是非中のウエストエンドスタジオにお越し下さい

こちらも見てね。活動日記ですよhttp://ameblo.jp/tokyo-francaise/

 私も行きたいなと思っています。スタジオでお目にかかりましょう

 

kuboyama2.jpg久保山麻衣ちゃんから、原稿を頂戴しました。再掲しますね。

東京フランセーズ第三回公演不条理的ダンスと新劇的喜劇『シャンブル・マンダリン~巴里のホテルとおかしなお客たち~』

ロベール・トマ作  (トマ代表作:8人の女、殺人同盟、罠など)

ABOUT
映画化され大ヒットした「8人の女たち」でも知られる"フランスのヒッチコック"、ロベール・トマ作によるサスペンスタッチのクラシカルコメディ!

 舞台はパリ。サンラザール駅のとある〝駅前のホテル〟

訪れるのは訳ありのおかしなお客たち。
おかしなボーイ、おかしなメイド、意地悪支配人も加わって、繰り広げられるのは陽気なラブコメディ?それともサスペンス?
そして待ち受ける不思議な結末とは!?

ユーモア溢れるドタバタブールバール劇に、ナンセンスでシァンタジックな味付けをしてお届け致します。
近年、黒柳徹子が銀座セゾン劇場で一人六役をこなし話題になり、劇団NLTはホテルZOOというタイトルで上演。

老若男女が楽しめる粋でお洒落なクラシカルコメディを、メイドたちのミュージカル風ダンスで綴った、華やかでエンターテイメント感たっぷりの舞台!

皆様どうぞどうぞお越しくださいませ!

タイムスケジュール
2010年

2月26日(金)14:00 19:30

2月27日(土)14:00 19:30

2月28日(日)13:00 17:30

劇場
中野ウエストエンドスタジオ(中野駅より徒歩15分)
■チケット料金
前売2700円
当日2900円
60歳以上割2000円←要予約&身分証明書

出演
松本寛子、宮原恵太、宇貫貴雄、杉田一成、山口恵美、市川祐子、大石郁実、
白川道子、奥村円佳(テアトル・エコー)、久保山真衣
ダンサー
久保山亞佐子、久保山紗枝、富田しほ美、関美咲、高橋美帆

スタッフ
衣装、本村渚、舞台美術、早稲田大学舞台美術研究会、照明、有岡幸子、絵画作成、植松希実子、音響、松木佳子、舞台監督、大石郁実

お問合わせ先、ご予約をいただける際は、こちらまでお願い致します
09083128917
tokyo.francaise@gmail.com

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
東京フランセーズ活動ブログ
http://ameblo.jp/tokyo-francaise/
・・・・・・・・・・
↑こちらのブログトップページから予約もできるようになっています。

kuboyama2.jpg 東京フランセーズ第3回公演の案内が来ましたよ。

 「シャンブル・マンダリン」~巴里のホテルとおかしなお客たち~  ロベール・トマ作

サスペンスの香り漂うお洒落クラシカル・コメディですって。 久保山真衣ちゃん演出 チラシの裏面からご案内しますね

フランスのサスペンス劇作家ロベール・トマの、とある巴里の「駅前ホテル」を舞台にした心躍るエンタテイメント。このホテルに次々と訪れるのは、「訳あり」のおかしなお客たち。新米メイドのルルにボーイのアドリアン、ずる賢い支配人も加わって、繰り広げられるのは陽気なラブロマンス?それともサスペンス?そして待ち受ける不思議な結末とは!?ミュージカル風ダンスで綴る粋でお洒落なクラシカルコメディです!

期日 2010年2月26日(金)~28日(日)

場所 中野ウエストエンドスタジオ 場所が分かりにくいそうです。確認してね

チケット取り扱い 090-8312-8917

           tokyo.francaise@gmail.com

面白そう!!私も見に行くつもりです。それでは会場で!!

alice1.jpg

 東京フランセーズの第二回公演を見てきました。

 プログラムは一番上に書いてあるように、ナンセンスコメディ。上質な言葉遊びが繰り返され、あることとないことの間とか、話し手と聞き手の間とか、が面白いコメディでした。

 観客席が、たぶん100くらい。舞台と客席の間がとても近くて、息遣いが聴こえてきそう。バレリーナが床に下りるときのトンという感触を感じる。音が音声だけではなくて、振動で聴こえてくる。そんな劇場の中で、品の良い楽しい夢みたいな劇を拝見いたしました。

 お芝居を拝見するとつい最近まで、役者さんたちが自分の世代のような気がしたのに、今回はあら!私の子供の世代だなって感じます。確かに久保山真衣ちゃんだって、娘であって不思議は無いーー。

 無断で自分の娘の一人にしちゃおうかなーー。叱られちゃうかなーー。

 わたくしも、いつの間にか、そんな年齢になったんですねーー。

 久保山真衣ちゃんの写真を撮ったのに、ピンボケで残念、載せられませんでした。真衣ちゃん見ていたら、写真送ってくださいね!!

alice1.jpg

東京フランセーズ2回目の公演

 久保山真衣ちゃんが演出、出演します。 昨年の記事は こちら

さっそく、久保山真衣ちゃんからメッセージをいただきました。

 2月6-8日に大塚よろず劇場にてミュージカル風ファンタジーコメディ

別役実 作 「不思議の国のアリスの帽子屋さんのお茶の会」を上演いたします。

不思議でお洒落なナンセンス喜劇です。

フランスの不条理作家 イヨネスコ の前座ショー 「ごあいさつ」 との2本立て。

大人も子供も楽しめるクラシカルエンターテイメント!!

 

 

 

 

alice2.jpg

日時 2009年2月6日ー8日

    6日 19時半から 

    7日 13時半 および 19時半

    8日 12時半 および 17時半

劇場 萬劇場 豊島区北大塚2-32-22 JR山手線大塚駅北口下車

プログラム 別役実 「帽子屋さんのお茶の会 不思議の国のアリス」

       イヨネスコ 「ごあいさつ」

ミュージカル風ダンスで綴る、陽気なエンターテイメント!!

東京フランセーズのウェブサイトは こちら

ご予約お問い合わせ bousiya_info@yahoo.co.jp 

何か楽しそう!! わたくしも2月8日の午後の部に見に行けたらなと思っています。お勧めです!!
fiddlersbid.jpg

 フィドルとはWikipediaによれば、バイオリンの別称で、特にフォークミュージックや民俗音楽に使用されるものを指すのだそうだ。そういえば映画の「屋根の上のバイオリン弾き」は、Fiddler on the Roof でしたね。

 スコットランドの北の方、犬のシェットランドシープドッグの名前の由来のシェットランド島の民族音楽を、4人のフィドラーとエレキギター、ベースと紅1点のピアノ&ハープの7人によるグループです。シェットランドの人は、バイキングとケルト人の末裔なんですって。 

 そうですね、インドのガムランをわたくしは思い出しましたが、あるパターンの旋律とリズムが通奏低音のように響くなか、ピアノやハープ、ギターなどが変奏によって変化をもたらし、ひとつの歌を作ってゆきます。本来は演奏会場で座って聞くものではなくて、ちょっとアルコールでも頂きながら、ダンスを踊って楽しむ音楽だと思います。

 Dr.筑田は、「北欧の民族音楽ってみんなこういう感じだよね。日本でいえば盆踊りー。フェスティバルの音楽だね」なんて表現していました。北欧が第二の故郷の方ですから。

 紅一点のカトリオーナ・マッケイさんが、Museなんです。ハープは普通のクラシックのハープとはちょっと形が違うような気がしました。はっきりと弾く音を響かせながら(ピチカート的に)、メロディアスに場を盛り上げておいででした。 ブラヴィー!!

 

nhkbook1.jpg

 たった今島田雅彦さんの解説しておられたNHKのオペラ偏愛主義を見終わったところです。こういう趣味の領域の解説っていうのも、難しいですね。

 本当は破顔一笑してお話したかったでしょうに、ちょっと真面目なお顔でした。2065人口説き落としたドンジョバンニの解説は、たぶん男の人がなさるのと、女性がするのではちょっと違うでしょうね、っていうか女性は解説しにくいかもーーー。

 島田さんのおっしゃるには、モーツァルトの登場する女性像は、ドンナアンナ、ドンナエルヴィーラ、ツエルリーナの3人に分かれるそうです。まじめな鎧を着たアンナとちょっと可哀そうな正直なエルヴィーラとコケティッシュなツェルリーナ、さて女性で読んでくださっている方は、ご自分をどう分類なさるでしょうか?

 ドンジョバンニは、常識人のあこがれる非常識人だと、そして既成の価値観の破壊者であると、分析しておられました。フロイト的にいえば超自我が嫌いで、自我に殉じて地獄(奈落)に落ちたのかもーーー。アンナの父親は悔い改めさせられなくて、ちょっと残念だったかもしれませんね。

nhkbook1.jpg

  昼休みに本屋さんでウインドーショッピング。 「オペラ偏愛主義」という題名が目にとびこんで来ました。島田雅彦さんが解説を書いておられます。NHKの教育テレビで6月から月曜日午後10:25から放映するらしい。

 オペラって、歌舞伎の西洋版って感じがします。ゆっくりストーリーは流れてゆきますが、その中で詩が歌われ、ダンス(バレエ)が踊られ、どちらも贅沢な時間です。島田さんによれば「そんなオペラの世界にひとたび誘惑されたら、もう帰ってこられない。」ですって。美夏Dr.も賛成です。

 オペラは鴨川にいたときにレーザーディスクで(いまならDVDですね)、ずいぶんたくさん見ました。やっと少々時間が作れそうなので、今年から武蔵野事業団のプログラムで拝見しようと思っています。武蔵野事業団はお勧めです。こちら また拝見したらご報告しますね。

 それで、このNHKの本に最初に紹介されているのは、モーツァルトの「ドン・ジョバンニ」です。筑田Dr.のお気に入りです。どのくらいお気に入りかというと、飼っていたレトリーバーにジョバンニって名前をつけるくらい

 ドン・ジョバンニ騎士女たらしです

 カタログの歌というのがあって、これでは2065人口説き落としたとなっています。なかなか性根のすわったドンファンで、最期には悔い改めよと言われたのを拒否して奈落に沈んでしまいます。

 この画像で出したNHKの本では、そのドンジョバンニの話の分析がされています。あんまり種明かしをすると、おもしろさが減ってしまうかも知れませんね。もし良かったらご覧ください。

 美夏クリニック (http://www.mika-clinic.com )の医師やスタッフはとても音楽や美術が好きです。以前より、成蹊大学の演奏会のプログラムにはささやかなんですが、広告を出させて頂いて応援していました。

 その定期演奏会のご案内をいたします。合唱団の方が書いて下さったのをアップします。

 

musicbook.jpg

日時:2007年12月15日(土)

    

開場:17:30 開演:18:00

    

場所:国立オリンピック記念青少年総合センター

       (最寄り駅:小田急線参宮橋駅 下車 徒歩約7分)

 

    

曲目:1 st.混声合唱とピアノのための「花に寄せて」

   2 st.パレストリーナ(c.1525~94)の作品

   3 st.混声合唱組曲「五つの願い」

指揮:西川竜太 西矢華子 

伴奏:中村和枝 尾関早菜

お問い合わせ:080-5031-6016 (四家)

..............................美夏先生にお世話になっています、久保山真衣と申します。
今週、阿佐ヶ谷駅南口から徒歩三分の劇場、『アルシェ』にて、お芝居をやります!

作品は、フランスのナンセンスコメディ、イヨネスコの『禿の女歌手』です。

時は1920年代、舞台はロンドンの郊外のスミス夫妻の家。
英国の衣装に身を包んだ紳士淑女がお迎えします!
『大人も子供も楽しめる作品』をコンセプトにし、わくわくするようなナンセンスコメディに仕上げました!

皆さん是非お越しください。

詳細はこちら


《日程》
11月8日(木)~11日(日)
※土日のみマチネあり
《開演時間》
8(木)19:30
9(金)19:30
10(土)14:00、19:30
11(日)13:00、18:00
《チケット》
前売り2000円
当日2300円

〔60歳以上&高校生以下1500円※要身分証明書学生証〕

《劇場》
阿佐ヶ谷アルシェ

JR阿佐ヶ谷駅南口より徒歩三分
南口より、商店街パールセンターに入ります。まっすぐ進むと左手にメガネスーパーが見えます。その角を左に入ったところにあります。
ご予約はこちら。 TEL09083128917

anne-shirly@ezweb.ne.jp ホームページ http://www.geocities.jp/hagediva
シアターガイドのHPからでもご覧頂けます。

 美夏クリニックには、とても魅力的な久保山真衣ちゃんという患者さんがおいでです。
その彼女が今度阿佐ヶ谷で公演をします。東京フランセーズ公演です。

maityan2.jpg

maityan1.jpg

久保山さんから後でご紹介の文面を頂戴する予定です。楽しそうでしょ?美夏Dr.も何とか時間のやりくりができたら見に行きたいと思っています。ホームページもアドレスを貼っておきますね。 http://www.geocities.jp/hagediva

 筑田先生が、ロンドンのキャッツと印象が異なると言うので、DVDを購入して拝見致しました。アンドリュー・ロイド・ウェーバーによる映像です。下記から購入いたしました。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0009PRCHU/ref=pd_sim_b_2/250-5074002-5462642?ie=UTF8

 キャストはジョン・ミルズ、エレイン・ペイジ 

 確かにロンドンの映像と劇団四季では、雰囲気が少々異なります。

 ただ、生のステージはそれこそ生きているものなので、私は四季のキャッツを大変楽しく拝見しました。惜しむらくは、ややキャストにむらがあったことでしょうけれど、これは多分ロンドンの生のステージだってキャストやその場の雰囲気でむらが出るのは同じだろうと思います。筑田先生は、よほどロンドンのステージの印象が強烈で、その思い出が頭を支配していたのでしょうね。

Dr.美夏 「どうも劇団四季のキャッツは、お気に召さないようねえ。」
Dr.筑田 「歌と音楽が、どうしても自分の感覚の中で合わないんだ。日本語と西洋の音楽は、元々調和しないものなのかもしれない。言葉を聴いていると苦しく感じる。」

Dr.美夏 「それでウェーバーのキャッツは」
Dr.筑田 「これは、しっくりする。ダンスも歌もとても楽しめる。大体上手い。全体の流れの中に詩情を感じるんだ。劇団四季のキャッツは、こどもを楽しませるようにしたために、優美さに欠けてしまったような気がする。」

Dr.美夏 「私は、戦後60年経ったこの日本東京で、毎日西洋由来であるミュージカルを公演し、採算があっていると言うことの方がよっぽど驚異的だと思うけれど。私は本当にすごいと思っている。
 それに決して質は悪くない。楽しかった。2倍の値段をだして引越し公演をみるよりは、私は劇団四季のキャッツを2回見るほうがいいかな。
 生のステージと収録されたステージではもともと違うものですしね。

 ある意味で日本でミュージカルをやるっていうのは、ロンドンでイギリス人が歌舞伎をやるようなもの。もともとハンディがある。例えば、日本の子供たちのなかで、ダンスや声楽を習うお子さんの割合がヨーロッパに比べたら少ないのじゃあないかしら。つまり裾野がまだ広がっていない。」

Dr.筑田「個々のダンサーを見れば、とても上手な人がいたよね。」

Dr.美夏「西洋音楽でタイトルを取る若い人たち増えてきてるでしょ?どんどん良い作品が一杯出てくると思う。それに私はとても劇団四季のキャッツを見て楽しかった。」
Dr.美夏「あと驚いたのは、ダンサーの体形。美容外科には、もともと美しい人たちがたくさんおいでになる。けれど、本当に一昔前の日本だったら絶対ありえないような、背が高くてヒップアップされ、見事な体形のダンサーがたくさんいて、びっくりした。生活そのものも変わっているせいかな。これは本当に驚いた!!」

posted at 2006/08/17 09:22 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

 オペラや室内楽も大好きなのですが、夏のイベントとして、キャッツを観にいきました。

 五反田から歩いて5分ほど、キャッツシアターという劇場が劇団四季のキャッツ専用にあります。
 客席に入りますと、周辺の壁や舞台にまず眼がゆきます。ごみためのよう。ネコたちのお気に入りの場所なのでしょうか?子供さんたちのすきな、「たまごっち」やら、お菓子の袋やら、古くなった楽器やら。大道具小道具と言うのかしら?製作なさった方たちは、きっと楽しく作られたでしょう。身近なごみが一杯ならんでいます。臭いは幸いありませんけれど。
 

 最近のオペラなど、シンプルな舞台もそれはそれで味があって、楽しいものです。キャッツはキャッツ専用の劇場ですので、さすがに完成度は高い。興味のある方は是非ご覧下さい。

 ミュージカルを生で見るのは、実ははじめて。たくさんのネコたちが、その猫生を誇り高く謳歌している舞台は、感動ものでした。メモリーの歌も胸にしみいるようで、また歌う猫によって表現しているものが違っていて、楽しかったです。

 キャッツのもとは、TSエリオットという詩人の詩から来ています。アマゾンでこちらも注文し、しばらくはキャッツの余韻に浸ることになりそうです。

 美夏Dr. 「筑田先生は、ロンドンでキャッツを観て泣いちゃったって、サーマクールの体験記で書いていたでしょ?
http://www.mika-clinic.com/invitation/blog2.html
今回の劇団四季のキャッツはどうだった?」

Dr.筑田 「僕はね、ロンドンのはTSエリオットの原詩がね、韻をふんだり、微妙な面白い言い回しが、すっごく楽しかった。日本語の歌になったときに、その詩の面白さが減ってしまっていたのが残念だった。」

Dr.美夏 「英語が聞き取れなきゃ、英語の歌は楽しみにくいかなあ。オペラでも字幕がないと、(例えばドイツ語だったり、イタリア語だったりしたら、お手上げでしょ?) やっぱり難しいじゃない?子供たちに原語で楽しめと言うのは大変だなあと思うんだけれど。たくさん小さい子供たち来てたよね。どの子供たちも、食い入るように見ていた。それに日本語でも、結構難しい言葉や聞き取りにくい言葉があったけれどーーー。小さい子供は、字幕って訳にはいかないしねえ。」

Dr.筑田 「あと音響がね、時々音が割れていたりして気になった。生の演奏って訳には行かないのかなあ?」

DR.美夏 「たしかにね、小さくてもオケが入っていたらさらにいいのでしょうけれど、それじゃあチケット高くなりすぎて、観る事できなくなっちゃうよ。」

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4480031375/250-5074002-5462642?v=glance&n=465392

エリオットの詩集をご紹介しておきます。筑田先生には、原詩のキャッツのペーパーバックをプレゼントしましょうね。

posted at 2006/08/16 09:34 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち舞台カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは自然の美です。

次のカテゴリは音楽です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。