オペラの最近の記事

kyiv.jpg

 武蔵野市民文化会館キエフオペラ ウクライナ国立歌劇場オペラ カルメンを拝見いたしました。

 カルメンは、ビゼー作曲メリメ原作によるオペラです。とても親しみのあるメロディが一杯。オペラにのめり込む最初の一歩が、このカルメンだと言う人は多いのではないかしら。

  舞台は、色彩の統一が取れていて比較的簡素でオーソドックスで、美しい。オペラは、動く絵画のような側面があります。いつもとても楽しみです。思いこみかもしれませんが、レニングラードとかキエフとか、旧ソ連の色彩は透明感があるように感じます。

  カルメンラリッサ・アンドレーエワさん ちょっとアグネス・ヴァルツァを思い出させる風貌と歌です。タイトルロールのカルメンはとても配役が難しいと思います。純情なホセを狂わせ、自分も破滅させてしまうファムファタール(魔性の女)

 随分歌い手によって見えてくるお話が変わって来ます。舞台によって、このカルメンほど登場人物像が違って見えるものは無いと思います。ラリッサさんは、品が良くてファムファタールには見えなかったかもしれません。

 ミカエラリュドミラ・モナスティルカさん。声量と迫力のあるソプラノで、他の歌い手を圧倒していたように思いました。声や雰囲気では、ミカエラよりもトゥーランドットのほうがぴったりだろうと推察致しました。見事なアリアで、又聞きたいな。

 ホセは、エドゥアルド・マルティニュクさん。少々声がこもりがち。最後にホセが激情のあまりにカルメンを殺してしまう場面は、とても説得力がありました。

 指揮が、アッラ・クルババさん。2幕までテンポがきちんと刻まれており、返って堅苦しいように思ったのですが、3幕4幕になって、ドラマティックな盛り上がり方でコントラストを意識して振っておられたと感じました。女性指揮者。

 総じて女性上位のオペラで、何となく嬉しくなって帰宅いたしました。衛兵の交代(子供たちの合唱)や4幕の闘牛士たちが登場する場面などで省略があり、特にディテールにこだわりたい私はちょっと残念でした。

 キエフオペラは、日本各地を11月末まで巡業なさるようです。私は11月5日のボリスゴドノフも見に行く予定。手堅い舞台で、座席も余裕がありましたし、オペラとしては高額ではありません。オペラに興味はあるけれど、あまり観たことがないとおっしゃる方にお勧めです。 こちら

  今回は2階席の後ろの方中央で拝見していました。オーケストラピットがよく見え、音も全体が良く把握できます。オペラはどうしてもストーリーと歌に意識が向き、オケの音を楽しむ余裕がなくなりがちです。今回後ろの方の座席の魅力がよく分かりました。天井桟敷の人々は、きっとS席の人たちより余程シビアに観ていたのだろうって実感しました。

 

 

 

teatrodonizetti.jpg 昨日1月19日に武蔵野市民文化会館で、ベルガモ・ドニゼッティ劇場の引っ越し公演「愛の妙薬」を見てきました。

 「愛の妙薬」はドニゼッティが作曲したオペラです。

 地主の娘アディーナに、おひとよしのネモリーノは恋をしています。でもアディーナはすげない。それでネモリーノはいかさま師のドゥルカマーラから、「愛の妙薬」つまり媚薬を購入します。それでドタバタと色々な出来事が起こった末にめでたくアディーナとネモリーノが結ばれるという喜劇です。

 最初から最後まで楽しく見られて、憂さが晴れてしまうようなオペラです。

 指揮がモンタナーリさん。遠くから拝見すると黒い衣装にスキンヘッドに見えました。短髪だったのかもしれません。抑え気味のテンポで、バランスのよい演奏でした。何せ曲目が軽快なので、思わず指揮も走ってしまいそうなのに、そんな事はありません。 途中突然ピアノが聞こえてきてびっくりしました。もともとピアノの場面だったのかどうか知りませんが、モンタナーリさんが弾いておられました。管弦楽の音とピアノの音って、すこし質が違うんですよね。

 アディーナリンダ・カンパネッラさん。小柄でキュート。コケティッシュな地主の娘の役にぴったり。役と見た目や声がぴったりあっておられましたよ。ずっと歌いっぱなしで、最後はちょっと疲れ気味のように見受けられました。

 ネモリーノロベルト・イウリアーノさん。私はパバロッティのネモリーノがとても印象に強い。パバロッティは朗々とした高い美声で、ネモリーノ役もぴったりで素敵なんですけれど、アディーナに翻弄される素朴な田舎の青年には見えない。イウリアーノさんは、ちょっといじけ気味のネモリーノ、妙薬ならぬ安ワインで陽気になるネモリーノになりきっていました。2幕後半の「人知れぬ涙」は、感情をこめたとても素晴らしいアリアで、このイウリアーノさんのファンになりました。

 ドゥルカマーラマッテオ・ペイローネさん。登場の時から調子のよい曲です。彼は何にでも効くという薬を販売しています。私も欲しい!!ペイローネさんは身長が高い方で、ちいさなカンパネッラさんを見下ろすように歌います。このドゥルカマーラ の歌はいつ聞いても楽しくて大好きです。ペイローネさんをひと目見てドナルド・サザランドを想い出しました。舞台化粧で眉が大きな山を書いていて、そう思ったのかしら?

 舞台装置の色合いが、田園地帯の緑と土の色。幕が上がったときから、はっとするような美しさでした。(レニングラード歌劇場のオネーギンの舞台にあった透明感と緊張のある美しさとは別の美しさです。)

 イタリアは北の方はしっとりした色合いで、南は乾燥した色なんですよね。20年も前に旅行した時のことを想い出しました。

 とても素敵なオペラで、カーテンコールはキャストたちの惜しまぬサービスもあったにせよ、観客は皆立ち上がり拍手がやまず、後味がとても良かった。 北イタリアに行く機会があったら是非ベルガモに寄り、ドニゼッティ劇場に行こうと思いました。そして「愛の妙薬」は元気がないような時、笑いが必要な時に見るにはとても適したオペラだと思います。

 

 

leningradopera.jpg 武蔵野市民文化会館エフゲニー・オネーギンを見てきました。

 わたくしは、ヴェルディが大好き。イタリアオペラをどちらかというと好み、このオペラは多分初めて。

 チャイコフスキー作曲のこのオペラはプーシキンの同名の小説をもとに作られています。

 クラリネットを始め木管の音がとても印象的。チャイコフスキーのロシアの大地を思い起こさせる少々大ぶりな旋律が全編を通して、楽しく聴こえました。オペラではアリアが記憶として残る事が多いのに、今回はどちらかというとオーケストラのほうが耳に残っています。主人公の気持ちの移り変わりがチャイコフスキーらしい旋律で、分かりやすく伝わってきます。

 タチアナという田舎の文学少女が、オネーギン=タイトルロールに出会い、切々と恋心を歌い上げるアリア(手紙の場)が第一幕のクライマックスです。タチアナ役のタチアナ・リュブゾワさんは、声量がたっぷり、高音で少し耳障りになる部分もありましたけれど、ゆったり聞かせてくれました。恋が順調ならオペラにはならないので、タチアナはふられます。

 幕間で「きっとここにいるご婦人がたは年齢に関係なく、自分がタチアナだった時のことを思い浮かべながら聴いているのね」って言った途端隣の席にいた男性が噴き出して顰蹙ものでした。女性だったらたとえば○○歳になった今だって自分がタチアナだと思って聞いているのに なんて思っていました。

 第二幕は、生一本で真面目なレンスキーはオネーギンの幼馴染。レンスキーの婚約者のオリガに些細ですが悪ふざけが過ぎたオネーギンはレンスキーと決闘することになります。レンスキーが、自分の苦悩と願いを歌うアリア(どこへ去ったか、我が青春の黄金の日々よ)がしみじみと印象的でした。オネーギン自身決闘について懐疑的なのに、大事な幼馴染を殺してしまいます。ちなみに、プーシキンも38歳で妻に言い寄ってきた男と決闘して亡くなっているそうです。

 第三幕は、決闘後放浪の旅にでて帰ってきたオネーギンが、公爵夫人となって威厳のある洗練された美しいタチアナを見て、今度は言い寄って退けられます。途中タチアナの夫のグレーミン公爵が「恋は年齢にかかわりなく」を歌います。

 こういう時はたいてい若い女性と老人というのが私としては少々癪に障ります。どなたか美しい場面で「美しい老婆と若い美青年」ってのを作ってくれないかしらねえ?

 ロシアの舞台は、バレエでもオペラでも色彩がとても素敵です。光と影色の統一感、大道具小物の使い方ーー簡素で単純な装置なのに夢の世界です。多用されたレースのカーテンと揺れる光がとても美しく、隣席にたまたまいた男性は安上がりの演出だけど効果的ですねなんて、夢を砕く顰蹙ものの発言を繰り返していました。

 レニングラード国立歌劇場のオペラは、私が拝見したなかで、舞台装置の美しさを含め、とても洗練度の高いものだったと思います。その中で難点をいうならば、歌手の印象が薄かったように思います。レンスキー役のドミトリー・ゴロヴニンが私には、一番良かった。自分の好みなのかもしれませんがーー。 

hallopera.jpg

 4月5日 サントリーホールドンジョバンニを見に行きました。

 音楽は、たいてい武蔵野市民会館で聴いています。それが久しぶりに都心に出かけました。

 サントリーホールは美しいホールです。ウィーンのミュージックフェラインをいつも思い出しますが、明るい雰囲気で残響がよくて、もう何回音楽を聴きにいったか分かりません。ドレスアップして来られる方が多くて、おしゃれな雰囲気。私も少々ドレスアップしました。

 オペラは、普通舞台の手前の一段低い所のオーケストラピットで演奏します。それがこのホールオペラでは舞台の後方の高いところで演奏します。東京交響楽団。音が素直に響いてきてよく聴こえてくるように感じました。

 舞台装置はちょっと退廃的な雰囲気です。上から垂れ下がる大きな幕が赤からゴールドで、全体を引き締めています。衣装が現代的になっていて、クラシックかつモダンな舞台ーー。視覚的にもとても楽しめるオペラになっていました。演技が現代的で、少し恥ずかしい。

 

hallopera2.jpg

 ジョバンニのマルクス・ヴェルヴァさんは、スタイルがよくていかにもプレイボーイ風、ドン・ジョバンニぴったりのバリトンです。怪傑ゾロみたいな衣装も楽しかった。

 ドンナアンナのファルノッキアさんは、とても声が美しく、表現力たっぷりでした。いつもアンナは硬く感じるのですが、このアンナは声の質もあったのか、やわらかい雰囲気を感じました。

 オッターヴィオはブラゴイ・ナコスキさん。オッターヴィオはちょっと真面目な二枚目で、典型的な王子様役です。私にとっては印象が薄いことが多いのですが、今回はアリアをよく聞かせてくれて、素敵な騎士でした。 

 エルヴィラの増田朋子さんの高音が不安定だったのが、少々惜しまれます。

 いつ聞いても楽しいドン・ジョバンニ。超自我のようなアンナの父である石像に、ジョバンニは悔い改めよと迫られますが、それを断ってジョバンニは奈落に沈みます。なかなかに潔い

 皆さんはどのアリアがお好きですか?レポレッロのカタログの歌、ツェルリーナのコケティッシュな歌、アンナとオッターヴィオの恋歌、どの歌も私は好きです。 序曲の重い音から始まって最後まで楽しめます。

 ずいぶんたくさんのドンジョバンニを見聞きしましたが、秀逸だったと思います。

redprebotox1.jpg
redprebotox2.jpg

 ボトックスは筋肉の動きを止める注射による治療です。

 眉間のしわには、日本でも認可が取れました。

スタッフの額と眉間にボトックス注射を打つ前の画像です。上を見ると横皺が目立ちます。眉間も目立つ。 

 

redpostbotox1.jpg

 注射して2週間後。

 力を入れて上を見ても、眉をしかめても、皺は出来ない。なのに瞼は重くない。若いからね!!

 お気に入りのオペラのディスクに、「ラ トラビアータ(椿姫)」があります。メトでレヴァインが指揮、ドミンゴがアルフレード、テレサ・ストラータスがヴィオレッタ。

美しい映像で、とても説得力のあるオペラ映画です。こちら

 ヴェルディのオペラの中でも旋律が美しく、ストーリーも分かりやすく、とても素敵なオペラだと思います。今までオペラをご覧になったことのない方には、特にお勧めです。

 この写真のスタッフが、ヴィオレッタのテレサ・ストラータスに良く似ていると、顔を見るたびに思います。

operaprogram2.jpg

 ウクライナ国立歌劇場 キエフ・オペラによるマノン・レスコーを昨日見に行きました。

 華やかな舞台でした。

 タイトルロールのマノンレスコーは、カテリーナ・ストラシチェンコさん。 最近のオペラ歌手は、過去の太った歌手というイメージが払拭され、見た目も素敵な方が多い。今回のカテリーナさんは、これまた細身で美形。若い学生(騎士)のデ・グリューがひと目ぼれしてしまうのも、納得できる雰囲気でした。 ちょっと世俗的な贅沢に気持ちをひかれつつ、それでもデ・グリューを恋するマノン。

 騎士のデ・グリューはディミトロ・ポポフさん。 デ・グリューはずっとマノンを愛し続け、その結果アメリカの荒野をともにさすらい、マノンの死を迎えます。 うーん、女の子にとっては本当の騎士ですね。 ポポフさんのデ・グリューは、マノンを一途に愛する気持ちを、せつせつと力強く歌いあげます。

 もう第4幕は、感動の嵐 舞台装置の照明もとても効果的でした。幕がおりましたら、感動のあまり観客の1/3は立って拍手(スタンディングオベーション)。 とても素敵なひと時でした。

musicbook.jpg

 芸術の秋 コンサートが目白押しです。

 思わず買ってしまった武蔵野事業団のチケットがたーくさんあります。

  筑田Dr.はこの春チケットを購入すると(冠疾患の痛手で)、このコンサートが見られるまで、生きていられるかなあ など弱気な発言をしていました。でもね、何とか一緒に楽しむことができました。

 ウイーンの森バーデン市立劇場によるリゴレットです。  ヴェルディはわたくしの大好きな作曲家です。

 以前にご紹介した島田雅彦さんもヴェルディ好きです。ヴェルディって何て言うのか、救いようがない運命を説得力を持って表現するのにこれ以上の作曲家はないかもしれません。

 リゴレットはせむしの道化師。生きてゆくために道化師をしていますが、この道化としての口が禍し、宮廷に敵を作ってしまいます。生き甲斐の娘ジルダを自分自身がつかえているマントヴァ公爵に奪われ、その仇打ちをしようとして、返ってジルダを失ってしまいます。

 他のヴェルディの作品と同じように、じゃあリゴレットはどうしたら幸福になれたのかと考えると、少なくともオペラからうかがえる範囲では、不幸な結末は避けられそうにない。リゴレットは不幸な人生を送るように定められていた。その不合理で理不尽な不幸を、オペラを通じて人につきつけることで、ヴェルディは人に自分自身の置かれた立場を考えるチャンスを与えたというのが、島田雅彦さんの主張だと思います。

 今回の公演は、何と一番前の席でした。ジルダとリゴレットの幸福な歌は左の木管が響き、呪いや不吉な場面では右の金管が響く、最初のうちは少々切れ味が悪い音かなあと感じたのですが、だんだんオペラに引き込まれ音に酔っていました。

 リゴレットはティヒー。良く響くバリトンでリゴレットの悲しみを深く表現されていました。とてもドラマティックで、素晴らしい演技と歌だったと思います。

 マントヴァ公爵は、ヴァレリー・ゼルキン。能天気な役といえばそうなのですが、これまたくるくる変化するプレイボーイの純情??が伝わってくるようでした。

 ジルダはユリア・コーチ。初恋の歓びと父へ愛情を伸びやかに表現していて、わたくしもこんな時期があったっけ なんて思っていました。

cenerentola.jpg

 昨日武蔵野市民文化会館イタリア・スポレート歌劇場による「シンデレラ(ラ・チェネレントラ)」を拝見いたしました。

 ロッシーニです。例の島田雅彦さんが三角定規で譜面は書かれているようだと言っておられました。コロコロ、コロコロ上がったり下がったり、華やかに楽しく聞くことができます。ロッシーニ節ですね。

 ティスベとクロリンダというシンデレラの姉たちは、とてもコミカルな動きで、そうですねえ、いわば漫才かお笑いを見ているような雰囲気です。

 ダンディーニという王子に化ける従者も、王子にわずかの時間なっている可笑しさとちょっと残念な雰囲気がよくにじみ出ています。

 見ていて楽しかったのは、アリアはないのですが存在感があったアルレッキーノ、コロンビーナ(道化師 男と女)です。フェデリコ・フェリーニの「道」を思い出すーー。オペラの道化師もーー。

そしてシンデレラ。武蔵野では、フェデリーカ・カルネヴァーレさんです。メゾソプラノなのですが、灰かぶり役もお姫様スタイルもよく似あい、美人さんで声量もあって、とても良い声でした。なにか説得力があるんです、この人のシンデレラは。最初から最後まで出ずっぱりで歌いっぱなし。素敵でしたよ。

 そしてプリンス。いつも思うのですが、映画やオペラ、ひょっとしたら小説でも「プリンス」ってそんなに面白くないですね。演じてくれたコルテスさんは、気品があって王子様ぴったりでした。

 ロッシーニは、ただ楽しめばよいオペラです。深刻なストーリーも感情を揺すぶられるような音楽もない。楽しくて華やかで明るくて、ほっとするようなオペラです。

nhkbook1.jpg

 たった今島田雅彦さんの解説しておられたNHKのオペラ偏愛主義を見終わったところです。こういう趣味の領域の解説っていうのも、難しいですね。

 本当は破顔一笑してお話したかったでしょうに、ちょっと真面目なお顔でした。2065人口説き落としたドンジョバンニの解説は、たぶん男の人がなさるのと、女性がするのではちょっと違うでしょうね、っていうか女性は解説しにくいかもーーー。

 島田さんのおっしゃるには、モーツァルトの登場する女性像は、ドンナアンナ、ドンナエルヴィーラ、ツエルリーナの3人に分かれるそうです。まじめな鎧を着たアンナとちょっと可哀そうな正直なエルヴィーラとコケティッシュなツェルリーナ、さて女性で読んでくださっている方は、ご自分をどう分類なさるでしょうか?

 ドンジョバンニは、常識人のあこがれる非常識人だと、そして既成の価値観の破壊者であると、分析しておられました。フロイト的にいえば超自我が嫌いで、自我に殉じて地獄(奈落)に落ちたのかもーーー。アンナの父親は悔い改めさせられなくて、ちょっと残念だったかもしれませんね。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちオペラカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはDr.筑田のアートの小部屋です。

次のカテゴリはピアノです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。