武蔵野市立吉祥寺美術館の最近の記事

昨日美夏ドクターからの情報を聞いて、内藤正敏さんの写真展を見てきました。

 これらの写真は、光の効果を充分に使い、彼の感じた状況を見るものに力強く訴えていました。厳しい状況にも耐える、素朴な力強い東北の人々が感じられました。

 一見恐ろしげ、あるいは不気味に感じられるものも、東北生まれ、東北育ちの私には極ありふれた、普通の情景で、懐かしく感じられました。

 子どもの頃を懐かしく思うときは、電線を切る風の音であったり、海のうねりの音であったり、枯れ草の香りであったり、私の中をそのような漠然とした感覚がよぎります。

 内藤氏の作品を見たとき、彼は東北以外の都会人なのだと直感しました。 同じ物を見ても、見る人の生い立ちで感じ方はとても違うものです。 

美夏DR.より 迫力がありすぎて画像としてお見せするのに躊躇したポスターを載せるようにとのことで、アップしました。この上の方の写真は「婆バクハツ」と題されているシリーズです。

naitomasatoshi.jpg武蔵野市立吉祥寺美術館より、特別展の案内状が届きます。

10月3日からの企画展は「写真と民俗学 内藤正敏のめくるめく東北」です。 こちら

ポスターの表全体をいつものようにそのまま画像にしたら、ちょっとインパクトが強すぎる。ちょっとおとなしい写真を選択して載せさせていただきました。

ポスターなどに書かれていることによると  内藤正敏さん(1938~)は、写真家で民族学者という二つの異なる領域で東北地方を中心に活躍されておられる方だそうです。東北と江戸・東京、自然と都市、王権と民衆、科学と宗教というような異質のテーマを交差させて民族学の論考を発表されてます。

 次の内藤さんの言葉がこの方の世界を端的に表現しているように思います。曰く、「私にとって、写真が「視えない世界を視るための呪具」であるとすれば、民俗学は、さらにその奥を凝視するための「もう一つのカメラ」だ。」  

何かちょっとおどろおどろしいような、それでいて魂をゆすぶられるような、そんな予感がします。

閑話休題 ポスターからの連想

 この火の色はなんだろうか、これは原始の昔に焚き火を囲んでいた記憶の火と同じだろうか。

 学生の頃フロイトやユングを読んだ時期があります。ユングによれば心の構造は、自我、個人的無意識、集合的無意識、ペルソナ(社会規範)に分かれます。 人類の心に共通にある普遍的な心の構造が集合的無意識です。個人の経験だとか、人種民族を超えたヒトに共通な心の形、記憶。夢や神話のパターンからあるとされた心のひとつの構造。

 ちょっと不思議な火の色を見ていたら、この火はまだヒトが文明というものを持たない時代に、夜に焚いた火の象徴だろうかーーそんな事を考えました。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち武蔵野市立吉祥寺美術館カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは映画です。

次のカテゴリは美術です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。