さっちゃんの最近の記事

congressmenu.jpg

 さっちゃんから原稿が届きましたよ。それではさっちゃんお願いします

先日、ホテルニューオータニで行われた国際美容外科学会に参加させてもらいました。

 リッチな会場へ恐る恐る足を踏み入れてビックリ!!たくさんの美容外科関係のブースであふれていました。

 学会は3つの会場に分かれていて、各国の先生方の講演(スピーチ)は全て英語。内容は私にとっては難しかったけど、独特の雰囲気を味わうことが出来ました。

 夜7時からは高須クリニックの高須克弥会長主催のパーティーへ。

 学会とは一転し、ゴージャスなシャンデリアが灯り、特別ゲストにはあの人が・・・。そうです、郷ひろみさんです。若々しくテレビで見るよりもステキ!!

 バラードを聞くうちにファンになってしまいそうな自分がいました。

 今回の学会では世界各国で美容外科が行われていて、少しでもキレイになりたいという人が老若男女を問わずたくさんいることに改めて感心をさせられました。

Dr.美夏より 広島の美容外科学会はぎりぎりになってしまったら、宿泊も取れなくて出席できませんでした。東京に住んでいると、東京の学会が楽で便利です。今回は国際学会でAseanPacificからの参加が多かった。20年くらい前にお目にかかったブラジルの方がスピーチをしてらして、とても懐かしく思いました。活発な討論とともにずいぶん勉強になりました。学会に参加すると、もっともっと学ばなくては、そしてよりよい治療をしなくちゃと思います

Lumi.jpg

先日、ルミナスワンを美夏Dr.に照射してもらいました。

ルミナスは私の大好きな施術の一つです。

何故?かと言うと・・・

 まず第一に顔全体にハリが出てしみが薄くなるからです。

 そして一番気になっている ほうれい線が以前より目立たなくなりました。今までは口の下の方までほうれい線が伸びていて、腹話術のお人形のようだったのに・・・ルミナスをするとハリが出て、あまり気にならなくなりました。

 ルミナスの後のイオン導入も好きです。ちょっと横になっている間に、みるみる肌の下の下の方まで、イオンが浸透して肌に弾力とうるおいを届けてくれるからです。

 おすすめはWイオン(トラネキサム酸+ビタミン剤のイオン導入)にすることです。

 Wイオンをした後に鏡を見ると、ひと皮むけたように・・・美白になって、さらに肌にもちもち感を実感することができるのです。これからますます寒くなる冬がやってきます。冷たい風や乾燥に負けない肌作りをしていきたいと思います。自信が持てる肌になりたいです。

 さっちゃんはそうね、美夏Dr.の娘であっても良い年ごろ。若いのに、法令線が気になるの?ほくろの色がうすくなり、ソバカスや少し出てきたしみが目立たなくなると、さらに若々しくなります。若い頃から少しずつお手入れしていれば、その若々しさがきっとキープできますよ。

 美夏クリニックでは、ほくろの治療は3種類の方法でしています。1、ほくろを手術で切除する。2、炭酸ガスレーザーでほくろを削る。3、Qレーザーで色を薄くする。http://www.mika-clinic.com/kamoku/geka10.html

 ほくろを取るというときには、炭酸ガスレーザーを照射してほくろの細胞を蒸散させるという治療がよく行われます。

美夏Dr.もよく使う手技ですし、主なる治療にしていた時期もあります。

 炭酸ガスレーザーによるほくろ治療のメリットは、ほくろが沢山あっても短時間で治療できる、麻酔の注射をしなくても麻酔のテープやクリームでも治療できる(つまり麻酔の注射って結構痛いのでーーー)ことにあります。

反面デメリットとして1、傷の色の目立つ期間が長い。2、傷そのものも治ってくるのに時間がかかる。3、最終的な傷跡がでこぼこして目立つことがある。肥厚性瘢痕になることがある4、場合によって再発して何回も照射する必要があるがあげられます。

Qヤグレーザーによるほくろを薄くしてゆく治療のメリットは1、治療後の社会生活の不自由--色や傷の目立つ期間--があまり無い2、傷のでこぼこがミニマム

デメリットは1、回数がかかる2、再発してくることがある、3、色の薄いほくろは色が無くなったところで治療不能となる。4、多少へこみが見えるときがある
 つまり2-4週に1回照射して、回数はかかるけれど治療中の面倒くささは最低限で傷跡もミニマムよという治療です。

nzn.jpg

さっちゃんがトライして、経過を書いてくれました。

先日、初めてホクロのQレーザー治療を受けました。まずマスイのテープを貼り(顔に沢山ほくろがあるため、どのほくろにしようかな?と迷ってしまいました。)待つこと1時間---。いざ、レーザー室へ。

 瞳を保護するためにメガネ(?)をかけ、目の前が真っ暗になり、頼れるのは音をひろう耳だけ。美夏先生が話しかけてKれ、緊張を和らげようとしてくれましたが---なんせ初めてのことですから---レーザーのジリジリという音が私の恐怖感をあおり、手に汗を握り、心臓がバクバク。---

 あっという間の事でした。美夏先生の「はい、終わり!!」で我にかえりました。

 マスイのテープのおかげで痛みは全くなし。後は保護のテープを2-3日貼ってお仕舞いです。ほくろのQヤグレーザー治療は痛みもなく簡単に終わってしまいました。まだまだほくろはあるので、次はどれに挑戦しようかな。

 さっちゃんの治療後3日目の写真です。「まだほくろ残ってるじゃん」とお思いだと思います。そうなんです。こういうものなのです。全然気にならないでしょ?

 2-4週間に1回ずつこまめに照射していくと、色はどんどん薄くなってゆきます。何回かかるかはそのほくろの厚みによりけりーーー。

 周辺の赤い所が一時期茶色くみえる方もおいでですが、こんなお気楽であんまりでこぼこしないで薄くなるなら、やってみようかなというほくろにはぴったりです。何回か照射した後の写真もいずれお見せしますね。

美夏クリニック http://www.mika-clinic.comの新人スタッフが参加してきました。感想を書いてくれましたので、アップします。楽しかったようで良かった。ホッ

11月18日(日)第2回日本美容抗加齢医学会に行ってきました。まずびっくりしたことは、男の先生が多く参加していたこと!!
内容はパネラーの先生方が行っている治療内容をBefore、Afterの写真やグラフ等をもちいて説明してくれました。
話の内容はひよっこの私には所々難しい所もありましたが、とても興味深いものでした。朝9時から夕方4時40分まで、始まる前は正直「長いなあーー」と思っていましたが、先生方の講演やディスカッションを聞けて勉強になることが多くもっと美容の世界をのぞいてみたいなあと思いました。

美夏Dr.から
医学部時代から男ばかりの世界にいましたので、最近の学会や会議では女の人が増えたという印象が強かったのですが、他の世界からくると男性が多いと感じるのですね。このように興味をもってくれるスタッフが増えると、クリニックも楽しいですね。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちさっちゃんカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは亜矢ちゃんです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。