女性の病気の最近の記事

kidshand2.jpg 子宮頸がんは日本で年間1万2千人発症し、約3千五百人が死亡しています。

 子宮頸ガンの発生は、発ガン性のあるヒトパピローマウイルス(HPV)の持続的な感染が主な原因とされています。 HPV感染は性交渉によりヒトからヒトに移ります。

 HPVには約15種の型が子宮頸癌に関連し、その中の16型、18型が特に注目されています。 腺癌の人ではHPV16/18の陽性率は90%と高頻度です。 という事は、子宮頸癌予防にはHPV感染の予防が最も重要です。

 ようやくヒトパピローマウイルスワクチンが認可されました。それを接種すればHPV感染は予防できます。

  欧米先進国ではすでに学校で接種し、11歳―26歳の女性には無料、あるいは公費負担で接種するなど、癌の予防に積極的に取り組んでいます。

 日本でもようやく昨年11月より抗HPVワクチンが使用できるようになり、当クリニックでも接種開始しております。 現在世界で使用されている抗HPVワクチンにはCervarix, Gardasilの2種類がありますが、今日本で認可され接種できるのはCervarixのみで、臨床試験ではまだHPVに感染していない人での癌発生予防は98-100%とのことです。そして特別な注意すべき副作用も無かったといわれています。 

日本人の全死亡率の1/3は癌で、これが予防されることを期待しますが、現在のところ癌に有効な予防接種はこの抗HPVワクチンのみです。 子宮ガン撲滅を目指し、国を挙げて取り組んでいただきたいと望んで止みません。

 美夏Dr.から ヒトパピローマウイルスは沢山の型があります。今回のサーバリックスというワクチンは頸ガンの原因となるHPV16,18に対するワクチンです。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち女性の病気カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはです。

次のカテゴリは患者さまのコーナーです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。