サーマクールの最近の記事

histologyofthermage.jpg

 美夏クリニックのサーマクールは初代サーマクールです。痛みがありますがしっかり熱が入って、根強いファンがおられます。熱が入れば痛いのよね、、、(色々議論がある。二重盲検を見たことはありません)

 遠方から来られる患者さんがいらして、どうして私のところに遠くから来て下さるの?とお尋ねしたところ、デザインして照射している。引き締めを図るデザインが良い、と言われました。有難い話です。

 STCチップという浅い部分に熱がはいるチップを600ショット照射していた時期があります。最近では我慢強い人ならばTCチップで300発を2個(つまり600発)、そこまではちょっと我慢できないと言う人には300発照射するのが、わたくしのお気にいり。

 小顔化した感触が良くて、直後の引き締まり感もありますし、それ以降も少しずつ小顔化してゆきます。

サーマクールはRF(高周波のモノポーラタイプ--アースをつける)という治療です。立体的で深い層に効かせられる。三次元的に顔をデザインできる。利点は人の顔を固くする瘢痕を造らないという事だと思います。

満足度が人によって違うのが欠点です。 もう業者さんの保守は昨年末で終了だと思い込んでいました。そうしたらあと一年は大丈夫ですって。俄然やる気になって、記事を書いています。

機械での引き締めは、真皮にこめる熱量によって結果が出ます。トーニングスマスアップサーマクールも同じような引き締めタイプの治療です。エラの張っている人でボトックス治療をする人には、スマスアップよりサーマがお薦め。トーニングは浅い層、特に毛穴の引き締めや色に効果があるところがメリット。

お顔の左右差をきちんと診断して立体的にどう照射するか、それが腕の見せ所ですね。

画像は右が照射後です。真皮のピンク色が濃くなってコラーゲンが増えて引き締まり、表皮の紫色も濃く厚くなっているのがわかるでしょ?

 皆さまのご希望の強いSMASを、季節限定お薦め治療としてやります!! スマスはRF(高周波)の皮膚の引き締め、リフトアップの施術です。RFは、モノポーラのサーマクールや古くはインディバと同じ熱源です。RFの治療器は現在では、本当に無数と言って良いほどたくさんの種類が出ています。

 スマスは、痛くない(例外があるようです)、結果が見えやすいのが、取り柄です。お顔全体にくるくる回るローラーで高周波と局所電流を流し、1時間ゆっくりお休みいただきます。頬の電流を流しているときには、筋肉がピクピク動くのが分かります。

 最初、2週間に1回を3-4回続けて頂いて、その後は1-2月に1回のメンテナンスがお薦めです。ぽかぽか気持ちが良いの。

初回のお試しが、21,000円 季節限定価格は3回105,000円、5回157,500円 8月末まで

スマスアップのお話しは こちら

  サーマクールは、旧来の初代サーマクールを使っています。痛いんですけれど、300TCチップx2個で照射するとは、終了した時の患者さんがすごく嬉しそうなお顔になります。こちらは1年に1回くらいで十分だと思います。 (結局痛みの分だけ効くという話のようですよ、、、) 

違いは、スマスアップでエラのところに電流を入れると少々筋トレになって、咬筋がタフになるかもしれない。スマスはリフトアップ感が一番、サーマは引き締め小顔化です。

書かなくちゃならないの一杯抱えているんだけれど、なかなか時間が取れないの、、、

prethermamika.jpg

postthermamika1.jpg

 引き締めと若返りの治療なら、サーマクールです!!

 真皮の深い層や脂肪を貫いてくる線維組織をしっかり引き締めるサーマクールは、発売されて10年近く経つというのに、機械を使うタイトニング治療の定番です。

  一回照射すると半年くらいかけて少しずつ皮膚の引き締めが図られ、希望があれば半年間をあけて、繰り返して照射しても良い。私の場合は、照射して半年くらいで皮膚の引き締まった感じがし、一年半か二年すると緩みが気になってくるみたい。治療されるのは苦手なはずなのに、やはり気になってやりたくなるのだから不思議だ。。

左が、サーマ施術前のDr.美夏 右は術後

先着10名さま限り、サーマクールのチャリティキャンペーンをします。

600ショットで、税込み24万円 内チャリティ2万円 通常31.5万円

300ショットで 税込み16万円 内チャリティ1.5万円 通常21万円

化粧品のチャリティ  もやります。どの品でも化粧品1個につき100円ずつ。HQクリーム(ジェイメックのハイドロキノン)は、ジェイメックさんでも1個につき100円のチャリティをされておられましたので、200円分の寄付になりますね!!紫外線の強い時期になっています。サンスクリーンはとても大事です。この機会にいかがでしょうか?

チャリティ先は被災自治体に直接振り込ませて頂くか、日赤に送るかまだ決めかねております。ウェブできちんと報告します。

この二つのチャリティキャンペーンは、8月18日までです。

 

prethermamika.jpg

昨年の私の写真です。上がSTCチップ600発照射前 。(この写真でもわかる肝斑が嫌で、現在Obagi のNu-derm プログラム実施中です。)

下が照射2週間後です。随分変化していますよね!!サーマクールの公式サイトにも下の写真が掲載されているはずーー。

300発TCチップと600発STCチップの違いは何か

  RFや赤外線による治療のメカニズムは、いかに真皮と筋膜から貫いてくる膠原繊維に熱をためて収縮させるか。熱したフライパンに載せた肉が縮むのと同じ原理です。

 (高温で短時間で焼くやり方が、発数少なく照射するやり方で、痛みが強い。やや低めの温度で繰り返し繰り返し照射する事で、熱をじっくりためて行くやり方が発数が多く、熱をためやすいSTCチップのコンセプト)

 

postthermamika1.jpg

それで夏の若返りキャンペーンの第一弾           

サーマクール+ ヒアルロン酸注入で、一段上の美しさを  8月21日まで 


  サーマクール
300発+ヒアルロン酸注入(1本まで) 241,500円 (通常294,000円)
  サーマクール
STC600発+ヒアルロン酸注入(1本まで) 357,000円 (通常430,500円)

ちょっと良い組み合わせって思いました。

300発チップは在庫があまり多くありません。ご予約はお早めに。

300発で照射するときには広い面積で欲張るよりも、頬に集中して照射してきっちりタイトニングするほうが、お得だと思っています。また、300発に限り鎮静下での照射をお引き受けしています。

pretherma.jpg

美容外科的な若返り治療って、大きく分ければ引き締め(タイトニング)膨らませる(オーギュメンテイション)に分けられます。

 ふうせんがシワシワしてきた時に、ゴムを絞れば風船はつるつるとします。これがタイトニング。皮膚の面積を小さくするの。

 もう一つは空気を吹き込めば、風船の体積は大きくなり表面はつるつるする。こちらが膨らませる治療 (augmentation)。

 フェイスリフトもタイトニングの治療です。頬から頸にかけて、SMASという脂肪中間層にある筋膜を重力に逆らって、いかに上方向に固定し、皮膚を切除して面積を小さくするか。

そのタイトニングの治療の中で、マシンを使って、1、腫れる期間がほとんどない。仕事をおやすみする必要がない 2、少しずつ自然にタイトニングされる。 3、メスを使わず、リスクが低い。4、傷を作らない という治療群があります。

 皮膚の深い部分、真皮にいかに熱を加えるかがコンセプトです。フライパンの上にお肉を入れると縮みます。同じように皮膚表面を冷却して保護しながら、真皮などに熱を加えて引き締めるのがこれらの機械です。

posttherma6m.jpg

1、サーマクール 深い部分、つまり筋膜から皮膚へ垂直方向に貫いてくるファイバーと、真皮の深い部分にまで熱を加えようと作られています。 サーマクールの記事は こちら ちょっと私の写真もでてくるので恥ずかしいけれど。

1シリーズが1回のみの治療で、少々痛みがあるのに、やはりしっかりとした効果が出る治療で、ほかのRFや赤外線治療とは治療する深さが違う。上の写真が照射前、下が6月後、3.0cmチップ300発による施術の結果です。 

 2、アルマ  はbipolar型といって、皮膚の上に電極を二つ置くタイプの機械の一つ。他にはシネロンのST(E-laser)やタイタン(赤外線タイプ)など、真皮の浅い部分がターゲットになっていて、1-2週間に1回数回の治療で少しずつタイトニングする機械群です。

美夏クリニックにあるアルマは、ルミナスワンに搭載されていて長所は、1、痛みがない。 2、サーマクールの苦手な瞼周囲や頸(頸のサーマクールは痛い)、手の甲などが得意 3、コストもお気軽 なことだと思います。アルマの記事は こちら

 それで、二つの機械を少しお手軽に試していただく期間を設けました。4月10日まで

サーマクール 3.00cm or 1.5cm 200発は どちらも189,000円(通常231,000円)

         3.00cm 300発は 231,000円 (通常262,500円) 

     また  STC600発も315,000円 (通常367,500円) サーマクールの割引は月水曜日、在庫限り。

アルマ 眼瞼周辺 6回で 105,000円、頸 (6回)210,000円 のところ 10%割引をさせていただきます。

prethermamika.jpg

 美夏Dr.がサーマクールの照射をしてもらってから、1月ほど経ちます。(上が照射前、下が後)

 サーマクールの痛みなどはすっかり忘れ(ブロックしてもらったことも、ほとんど忘れ)、フェイスラインが整ったと何となく嬉しい。

 何が良いかって、やっぱり自然な若返りとタイトニングです!!

患者さんに「フェイスラインが引き締まって、ずいぶん若返り効果がありましたね。」って言われます。誉められるのはうれしい。

 私自身の中でサーマクールにたいする評価がずいぶん良くなりました。自分に試してみるのは、とても重要な事です。サーメージ社のサイトにも照射後の写真を載せて頂きました。(認定医って言うのは、2年くらい前に頂いていたのですが、原稿をさぼって載っていませんでした。)

 照射系治療にたいする評価が低い私の恩師のS先生(毎日が手術という方)が、本当に珍しく手術ではないのに、「ちゃんと引き締まって、効果が出ている」と良い評価を頂戴しました。 

postthermamika1.jpg

 それでSTCチップ(600発)を注文しました。600発あると、額も口の周りもしっかり照射出来ます。時間が少々かかりますけれどーー。

10月末まで月・水曜日に限り、STCチップ600発照射サーマクール照射の定価35万+taxを キャンペーン30万+taxで提供します。

 10月末まで従来のTCチップの照射についても、月・水曜日に限り10%引きですよ。

ところで、このチップの特徴は?

表皮への冷却を少なくし、加熱する体積が大きくなりました。

今までの加熱領域に加え、真皮上層まで加熱します

1.しわを滑らかに!
TCチップ(普通のチップ)は皮下を強力に加熱するために、十分に冷却を行っています。
STCチップは、表皮の安全性を保ち保護できるレベルまで冷却をおさえ、加熱する体積を増やしました。真皮上層まで加熱することで、しわや毛穴への効果がさらに期待できます。

2.「引き締め」の効果UP!
熱の到達深さは今までのTCチップと同じです。
加熱範囲が真皮上層まで広がったので、より多くのコラーゲンに熱変性を与えることができます。そのため引き締め効果もさらに期待できます。

3.皮膚の厚みにかかわらず適切な加熱
今までのTCチップは強力な冷却
で、薄い皮膚の場合、真皮上層まで冷却していた可能性がありました。新しいSTCチップは安全を十分考慮した上で、冷却を少なくし、加熱体積が大きくなりました。そのため真皮全体に十分な熱が入り、より治療効果が期待できます。
加熱体積が増えたことで、どのような厚みの皮膚でも最適な加熱ができるようになりました。


従来のチップより痛みは強いですか?
治療を受けた患者さんの反応は、「変わらない」 「少し痛みが強い」 「STCの方が痛くない」と様々ですが、共通したご感想は、「許容範囲」 「思っていたより痛くない」 などです。でもね、600発ありますので、弱めの出力で良いと思います。無理しないでーー、痛ければエネルギー量を下げて頑張って600発照射しましょ!!

真皮上層まで加熱されるというのは、どのような感覚ですか?
「たき火に当たっているみたい」 「光治療(オーロラなど)後のような顔のほてり感があった」 といった感想が寄せられています。  

STCとは; Smoothing(滑らかに), Tightening(引き締め), Contouring(輪郭を整える)
つまり、「TC(Tightening+Contouring)チップの効果 + Smoothing効果」 という意味です。

 わたくし的には、皮膚表面への加熱が効率的なので2週間ではっきりとした結果が得られたのだと納得しました。表皮の冷却を抑えているので、STC600発で麻酔下(ブロック麻酔や局所麻酔)をかけた上での照射は、今のところリスクが高いので難しいと思っています。従来のTCチップは充分な臨床経験があると思っていますので、ご希望があればご説明した上でさせて頂きます。

prethermamika.jpg

 新しいチップで600発照射前です。このチップは、痛みが軽くなり深く広く熱が入るようになったというのがウリです。

ウーン、スッピンの顔は出すのが嫌ですね。ましてや修正なしーーー。修正したかったけれどーー。

だいたい均等に600発の照射をして貰いました。

2秒クーリング、2秒加熱、2秒クーリング 合わせて1ショット6秒です。額や頚の上の方まで照射。

熱したフライパンの上に載せられたお肉のように、この皮膚の下の真皮が引き締まって、タイトニングの効果が出てくる。

大体6か月に渡ってリモデリング つまり加熱で壊れたコラーゲンが吸収され、線維芽細胞が新しいコラーゲンを作って、引き締められた皮膚と皮下組織が再構築される

 

postthermamika1.jpg

 何とか600発照射した2週間後。7月22日です。

 小顔になったと言われます

 フェイスラインがシャープになり、頬の脂肪が上方向に持ち上がり、頬骨体部から口角へのラインの引き締めがお分かりいただけると思います。また輪郭線で頬の一番左右に目立つ部位の高さが上へ移動しています。

 このまま3か月すると、もっと良くなる予定!!

  ちょっと自分でもうれしい。神経ブロック+局所麻酔してやって貰ったという部分はさておき、痛がりのわたくしでもサーマクールは受けられるというちょっと楽しい結果でした。

照射エネルギーはそれほど高くはありません。それでも600発ですからね!!

 なすびNs.は結果がでたかな??

 

nasolabial-hyalu.jpg

 本年より心を入れかえて、心身の手入れをしようと、美夏DR.なりに頑張っています。

 それで、本日は休診日。1昨年残念ながら、痛みが嫌で20発で脱落してしまったサーマクールの照射を600発してもらいました。新しい熱の伝導のよいチップですって。

 麻酔ゼロではとても無理と思ったので、頤神経ブロックと下眼窩神経ブロック+耳の前から顎の下に浸潤麻酔をして貰いました。何とかご迷惑をおかけしながらも終了。

 あら、麻酔の効きがしっかりしている、と思って法令線(鼻唇溝)にヒアルロン酸の中で持続のよいピュラジェンを注入しました。 (友達の所で注入して貰うつもりだったのですが、麻酔してあるならチャンスですものね)

 画像は右のみ(向かって左)注入したところです。サーマの直後なので、皮膚全体が赤くてしかもスッピンで恥ずかしいですけれどーー。

 これでピュラジェンが半分0.5mlです。(筑田作) 大部印象が違うでしょ?SubQの古いのがあったので、そちらも顎に入れてと頼んだのですが、鈍的剥離で骨膜の上にポケットを作っていれてよ、というのは内科医には難しかったようです。

 サーマクールの結果と 両側のヒアルロン酸注入の結果はまた改めてお見せしますね!!

 

 ところで サーマクールの麻酔についての話を少々します

照射するタイプの治療は、光やRFを熱のエネルギーに変えて作用させています。言い換えると、やけどが一つのリスクです。脂肪がやけどしますと、脂肪溶解をおこして凹みますし皮膚がやけどをすれば傷や炎症後色素沈着をおこすばあいがあります。

 照射エネルギーは高いほど、効果は高いと推定されていますが、やけどのリスクも高くなります。 麻酔してしまうと痛みという重要なリスク回避の機構が働かなくなってしまいます。そのため、サーマクールの生産会社サーメージ社は「決してサーマクールの時に麻酔をするな」と警告を発しています。

 わたくしは、ちょっとサーマクールの600発はとても難しかったので(センセに出来れば、他の誰でもOKよねって照射してくれた人に言われました)、注射による麻酔をして貰いました。今の所トラブルはありません。

 患者さんの中で、どうしても麻酔をとおっしゃる方は、リスクをお引き受け下されば、ブロックと局所麻酔の併用はさせていただきます。全身麻酔と静脈麻酔は、行っておりません。

 日を改めてまた書かせて頂きますが、なすびNs.がずいぶんブログ記事を書いてくれました。いつも楽しそうにやりに来てくれます。良い感じです。 ブログは こちら

 サーマクールの一番のメリットってなんだろうと考えると、注意深く照射すれば頬の位置を上方に持ち上げる事ができると言うことだと思います。 フェイスリフトの手術は結果は最善、もっとも効果的ですが、それでもリフトアップの方向としては上外方で真上ではない。 以前のブログ「美夏先生と楽しい仲間たち」でおなじみのキリコさんの写真が出てきました。(今頃アップしていてすみません)

 

pretherma.jpg

キリコさんの体験記はこちら

http://mika-clinic-blog.com/2006/06/post_102.php

この写真が照射前のキリコさん。ちょっとしわしわしています。 頬の一番高い位置にご注目を!!頬がちょっとたるんでいるのが分かりますか?

 照射は45分くらい。イメージとしては頬の脂肪(buccal fat)をとにかく上へ持ち上げるように照射していきます。フェイスリフトでも一番ダイレクトにアップできるのはあごの頂点から耳の前のラインです。東洋人は頬骨があるから、法令線から耳の上のラインに力点をおいても、頬骨がストッパーになってしまって、法令線がすっきりするのは結構難しい。

 サーマクールが上手に照射できるのは、やっぱりリフトの手術をし、顔の解剖学的な特徴を理解している形成外科医だなあとこういう写真を見ると自画自賛してしまいます。(時にはブログでも、得意がってみたい美夏Dr.でした。ちょっとビールを頂いてハイなのかもしれません。) 

 

posttherma6m.jpg

こちらは照射後6か月後のキリコさんです。あごから頬のラインがシャープでしょ?頬の高さが違っているのが分かりますか?実は3月後の写真はまだ結果が分かりにくかった!!  もちろんダウンタイムがほとんど無い。お化粧して帰れる。照射後の痛みがないというのもメリットです。

 サーマは確かに照射中少々痛いけれど、照射後の痛みはない。

 もう一つがリスクが少ない。傷の心配をしたり、血腫で洗浄再縫合したり、というフェイスリフトの手術のリスクはほぼ無い。サーマクールの照射は、フェイスリフト手術より結果はでないけれど自然な仕上がりになるんですよね、キリコさん!!

追加 写真の質感の違いは照射前はデジカメで照射後はポラロイドフィルムからスキャナで取り入れたためです。 そうそう少々お値下げしています。200と300発の値段が近いのは、やはり300発丁寧に照射する方が結果がでるからです。 クリニックのウェブサイトはこちら

 サーメージthermage社が昨年(多分)から、瞼にも使えるサーマクールのチップを出しています。上の瞼なら手術する方がコストパーフォーマンスがよいと思っていたので、あまりサーマクールを瞼に照射する意欲がありませんでした。
 でも、ジェイメックの方が昨日デモンストレーションをと、スタッフに照射してくれました。サーマクールアイです。


therma2.jpg

照射中の風景です。額と頬の上の方に、3.0cmの普通に頬にもつかうチップで丁寧に150発ほど照射し、睫毛のすぐ上の薄い皮膚に小さいチップで100発照射します。(睫毛のすぐ上に小さい格子のマークがありますね。ここの部分です)

角膜を保護するために、半透明のアイプロテクターのコンタクトレンズを入れています。このコンタクトレンズは、ベノキシールという麻酔液を点眼した後に、やさしく入れます。痛くないから心配ありません。このコンタクトレンズがサーマクールのようなモノポーラの高周波から角膜を守ります。

 

 

 左の下が照射前、右が翌日つまり今朝です。

 もともと奥二重のスタッフは照射直後から、「瞼が軽いってこういうことなのね」とうきうきしています。「目ぢからが上がるんだってジェイメックの人が言っていたけれど、本当だね」などと、ほかのスタッフも誉めています。

 奥二重のラインが外のほうで見えるようになり、特に外側のぼてっとしていた部分がすっきりしています。眉毛の位置が少し高くなっているのが分かります。これが前頭筋によるというよりも、位置が上がったのだろうと推測されます。根拠は額のしわの深さが変わっていない。 

therma1.jpg

therma3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 今回は痛みがあまりない範囲で照射していました。「サーマクールは痛くなるほど照射する必要がないんですよ」とジェイメック社の人は言っています。まあはっきり言って、エネルギーが入った方が引き締め効果は高いと形成外科医は感じていると思いますけれどーーー。

このような瞼のタイプであれば、小さい瞼用チップは必要がないかもしれません。角膜からの厚みが2mmあれば、大きい方のチップで充分だそうですし、今回の結果はどちらかと言うと大チップの効き目のように見受けられます。

本来サーマクールは半年かけて少しずつ引き締められていく機械です。この後6か月でさらに引き締められてくると、楽しみですねえ

 

 サーマクールは頬の緩みが気になる方へ。
 痛がりの方にはなかなか結果を出すのが難しいと思っています。40分くらいなら頑張れるという方には、良いと思います。手術ほどの結果は当然難しいのですが、腫れることでのダウンタイムはほとんどありません。また、リスクが低いのも特徴です。顔の小さな方でしたら、200発でも良いと思いますが、普通の方でしたら、300発丁寧にお受けになった方が結果が出ます。
 サーマクールは、ただ照射すればよいというのでは結果は出せません。フェイスリフトと同じように、お顔を立体的に作ってゆくものです。顔の解剖を良く知っている術者にしてもらってくださいね。http://www.mika-clinic.com/kamoku/geka02_b.html

 ボトックスとヒアルロン酸注入は、どちらも注射による治療です。
ボトックスは表情によって出る皺を、筋肉の収縮を止めることで、治療します。今からの時期の多汗症に良いかもしれません。
ヒアルロン酸は凹んでいるところを浮かせる、輪郭形成をするものです。どちらも場合によっては内出血や腫れが軽度出る場合がありますので、お休みのときの治療の方が、お気持ちが楽かもしれません。
http://www.mika-clinic.com/kamoku/geka02.html


posted at 2007/04/16 17:54 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

鍼灸師でもあるKナースに先日サーマクールを照射してみました。
直後の感想を送ってくれましたので、本人の了解を頂戴したので、アップします。以下原文そのままです。

そうそう、ゴールデンウィーク中は美夏クリニックは開院しています。その期間には、サーマクール照射の10%offキャンペーンをさせていただきますね。(チップがなくなっちゃったので、入ってくる日を確認してHPにアップします)  美夏クリニック  http://www.mika-clinic.com 

では体験記お願いします。


 先生、わたくし的発見です!

先生くすみが違います!!!  勿論イオン導入した後のくすみが軽減するのは知っていますし、違いもわかります。

しかし、私の目には明らかに違います。

この事態を考えるにサーマクールには二次的な副産物があると考えました。

つまり、鍼の理論と同じことが生じています。軸索反射です。 照射のときに痛みが走るでしょう。あれで、微細な末梢血管レベルで収縮とちょっぴりの生体の正常範囲内の過拡張がおき、血流改善とともに老廃物が代謝されたのではないかと思いました。顔の広範囲に 2回の照射で満遍なくといった感じでしょう。施術後に発赤などの外観的なトラブルが全く無いうえ、くすみが取れていてとても驚きました。このチャンスを逃すまいとしっかり水分をとり、ビタミン補給にと果物を取りました・・・ちょっと興奮しています。

一番の問題は照射時の痛みでしょうか。

でも、顔はもともと敏感なところで人に触られてもいやなところで、顔を守るためにも痛点は他の場所より多いでしょうし。そんな理解と覚悟・十分な説明があれば、個人差はあるでしょうが、求めたい結果・治療方法などの対比の中でがんばれるでしょう。


照射は面なので、人生で一番嫌な記憶の歯医者の麻酔よりもつらさはなく、痛いのは照射する瞬間のみ。表皮は痛み、中のほうは少し温かい感じですね。照射が終わればその部分がジンジンとあとを引いて痛いということも無いですから当然顔全体が痛くてということも無いので良いですね。

後半になると照射とともに体がぴくッと反応していたと思いますが、我慢してじっとしているよりも反応のままに動かしたほうが、屈筋と伸筋の酸素化やエネルギー効率が良く、きっと乳酸もたまらないだろうと判断していました。 

途中から笑っていましたが、先生の深く気遣いくださる言動に先生のほうがエネルギー消費が高そうで申し訳なく・・・・なにぶん顔の照射なのでご説明するチャンスが無かったものですから、だんだんとおかしくなってしまいました。

 万人向けで無いかもしれないコメントはさておき、言い方を変えれば顔の処置で瞬間瞬間の痛みはありますが引きずる痛みではないことです。治療後通常より皮膚温が高い感じのほてった感じはありますが効果の一つとしてこれくらいの感覚はあったほうが安心でしょう。治療後、発赤や水疱などのトラブルは全く無くいつもの状態です。誰にもわかりません。私はウインドーショッピングをして帰りましたが、もしチャンスがあったとしたらデートも全然OKです。
 手術もしたいけれど、時間が無いという方、注射は苦手etc・・・・とか家族、彼氏、会社の人など 誰にもばれないように美しくなりたい!という方にはとてもとてもお勧めですね。結婚が決まってお顔に自身の無い方は結婚式の半年前にサーマクール、これをしたらいいですね"^_^" (またこの話。美しさと愛はセットなので・・・・・・


毎日顔を見て悩み、化粧品を選び、テクニックを考えるその時間とエネルギーを考えれば、これは一考の価値が十分にあります。

美しさとは、叡智とチャンスと決断ですね。


くすみやたるみの経過がどのようになってくのかはとても楽しみです。

 

 

 頬の脂肪が下がってしまって、マリオネットラインの外側にたるみ出たら、フェイスリフトをするか、サーマクールをするか、いずれかの選択になります。正面から見て、フェイスラインに緩みが見られるようになると、頬の皮膚をタイトニングする必要があります。
 コラーゲンやヒアルロン酸などの注入では、皮膚のはりは望めない。

http://mika-clinic-drs.bblog.jp/entry/354161/

 熱したフライパンの上に肉を載せると、ジュッという音と共に、肉は縮みます。サーマクールはそれと基本的には同じ。皮膚そのものがやけどしてはまずいので、熱が加わるのは真皮層と脂肪層のなかを走る線維組織です。
 当然痛い!! 痛みを避けるために、ブロックなどの麻酔をすることは、やけどのリスクを高くするからしてはいけないことになっています。リスクを負えば可能です。

 サーマクールの治療で満足度が高い方は、美意識が高く、痛みを何とかクリアした、フェイスラインがある程度保たれている方。照射させていただいた患者さんのフォトを拝見すると、なすびNs.タイプの方が、本当にきれいになっています。

posted at 2007/04/14 17:27 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

 美夏Dr.はやっと手に入れたスキャナで、余分な部分をトリミングして、画像を取り入れることがなかなかできず、朝から悪戦苦闘していました。ようやく何とかアップできそうなので、まず筑田先生の写真をトライしてみます。

 筑田先生は、美夏クリニック http://www.mika-clinic.com にサーマクールを導入するにあたり、御自分にまず照射してもらって効果を確認することにしました。それが、全然効果がないだの、どこが変わったのかなど、まあやりがいのない!!それが2-3月した頃から少し良いのではないかなど肯定的な評価に変わっていく過程は、ブログに書かれています。

http://www.mika-clinic.com/invitation/blog2.html

kojipretherma.jpg

まずこちらは、サーマクール照射前です。

 

 

 

 

 

 

 

kojiposttherma.jpg
 結局2回照射しています。こちらの画像は2回目照射直後です

 アンチエイジングの治療で、手術やFiller、ボトックスなど以外では効果が少しずつ現れます。この写真はかなり変化があるように思いますけれど、それでも筑田先生も不満たらたらでした。毎日少しずつ変わってゆき、半年たってきちんとした効果が出る治療で、患者さんが満足なさるのは結構難しいものだと思いました。

 斜め方向の写真も、次回どこがどう変化したのかの解説も含めてさせていただきますね。


posted at 2006/10/16 18:55 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

  3ヶ月前(もうそんなに経ちますか)にサーマクールとメソリフトを受けてくださったキリコさんから、経過報告のレポートを頂戴しました。顎から頬にかけての皮膚の緩みが解消し、滑らかになっていて、良い結果がでたと思っています。

ちなみに、No1はこちら
     No.2は こちら
     No.3は こちら

では、キリコさんお願いいたします。


 サーマクールを受けたのは3ヶ月前。4ヶ月前に撮った子どもの入学式の写真を見て「あっ!」とびっくり。
 頬のたるみのせいで陰が出ていた部分が、今ではほとんど目立たなくなっています。自分ではなかなか気づけませんでしたが、きっと人から見た印象もちがうのでしょう。

 そういえば、久しぶりに会った人から「あら、太ったんじゃない?」と言われました。この場合、体全体を見回して言われたのならショックですが、顔だけ見てそういわれたので、嬉しかったですね。私の顔はカラカラ派なので少しやせると、頬にかげりが出て陰険な感じになるんです。冬も乾燥肌なので、乾いて小じわがでやすくなります。頬がふっくらしていると、若返って見えて、気持ちまでイキイキしてきます。 ただメソリフトの効果は、長く続かない気がします。やはり美夏先生がブログに書かれているように日々のたゆまぬ努力と、半年ごとのメンテナンスは必要のようです。とにかく注入後はふわふわするんですよ!

 例えば入学式等のセレモニー。同窓会、旅行などの前にタイムラグを取りながら、リフトすると言うのが楽しみどころかなと思います。
 ヒアルロン酸やコラーゲン入りの化粧水も増えていますが、タダ塗るのでは浸透力が薄くて、夜枕でこすればる取れる程度ではないかと思うのです。しっかりと皮膚に入れて持ち上げる・・・メソガンで注入する意味があると思いました。
 お手入れを楽しむ・・・と言う気分は、女性ならではの感覚ですね。ずっと女を忘れるような仕事一本やりできたので今更ながら女性を楽しむ事を感じています。

キリコ

 あのキリコさん、ヒアルロン酸やらコラーゲンやらは、皮膚の上に塗っても吸収はされません。分子量が大きいからね。皮膚の保湿には役に立ちます。
 皮膚のバリアは重要なものです。皮膚の言い分としては、簡単に外界の異物が身体のなかに入っては困ります。それでは皮膚という防御壁の役割がはたせていません。

 勿論分子量の小さいもので吸収されるものはあります。だからこそかぶれる。

 薬をバリアを通過させて、皮膚に何かを与えようとする工夫が色々あります。例えば、外用剤のドラッグデリバリーシステムとよばれる基材や薬剤の(マイクロではなくて)ナノ単位の形であったり、イオン化して電荷で吸収させるイオン導入であったり、メソセラピーなどのように直接注射で入れるものであったりするわけです。

posted at 2006/10/02 17:54 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

 サーマクール照射後2週間間隔で3回ヒアルロン酸の注入(顔へヒアルロン酸を細かく注射してゆくというメソセラピー)をお願いしたキリコさんのレポート第3弾です。それではキリコさんお願いします


 2回の効果があったのか、最近洗顔しているときに、なんだか頬がふわふわした感じがします。タイムラグがなく効果がすぐに出るのが、ヒアルロン酸なんですね。

 ところでヒアルロン酸って、硬いんです。

施術が終わって、プルンと1回洗顔すると、なかなか落ちません。しっかり張り付いている感じ。すぐには洗顔しないほうが良いらしいのですが、メイクする前に軽く洗うと、皮膚の表面にしっかり入っている感じがしました。

 施術中は小さな穴から軽く出血して、頬が薄いピンク色になっているらしいです。終わると確かに小さな赤い穴がぽつぽつと見えていますが、翌日にはなかったので、ちいさなかさぶたなったか、それ以前にアナがふさがったのか、とにかく皮膚のすぐ下に直接注入するので、効果が早いです。

 まじまじと自分の顔を見ていると、ある角度から見ると、とてもやつれて見える。ぼこぼこになった頬が気になるんです。でも最近メソの効果なのか、あまり気になりません。

たるみはたるんでいるのですが、頬が弾力が出たので、気にならなくなっているのかもしれません。

 サーマクールの効果は何度やってもそれなりにきくのか、美夏先生に聞いて見ましたが、日本でははっきりしたことはまだわかっていないそう。ただ、切開やおおげさになる手術のわずらわしさがないので、私としては今後広まってゆくのではないかと思いました。

 美容外科の良いところは、とにかく自分に自信が持てて、気持ちが明るく前向きになるところだと思います。自分のために、体全体の健康のために、今後も加齢に(華麗!)に続けてゆきたいと思いました。  byキリコ                


posted at 2006/07/19 09:33 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

 本日は、美夏クリニックの患者さまで、サーマクール+メソセラピー(メソリフト)3回をお願いした方からの、体験記です。直してアップしてねと言われていましたが、原文そのままです。

 そのうちウェブサイトのほうに、写真付きでアップしますが、とりあえず文章をご案内します。ではキリコさん、どうぞお願いいたします。


 様々なネットで、サーマクールの事を知っていたので、痛みのことも分かっていたつもりだった。でもやっぱり恐いもの見たさというか、自分が今よりさらに美しくなる魅力には抵抗できませんでした。私の肌はカラカラ派。どうも人にはカラカラ派とポトポト派の2種類があるらしい。それも中年期以降になると。まず目の下がたるんできた。あれれ、あごの下にも若干たるみが・・・・トホホ。

 今度はほうれいせんの横に脂肪が溜まり、70になった顔が想像できるようになった。
 ブルドックの顔は地球の重力により忠実なんだなー、やだなーと思ってると、子どもが「私も中年になるとそんなに小じわが増えるの?やだなお母さんの目じりのしわ」と憎まれ口をきくようになった。「ふん、あんたはいいわよね、ぷるぷるどころかパツン、パツンだもん!」
 閉経後、やたらポテチが食べたくなった。セルソースが・・・・」と心配しつつ代謝が悪いのか、おなかの脂肪がどこからか出張してきて、離れなくなった。以後親しみを感じるらしく、どうしても離れてくれない。あ~ちょっとおお何とかしたい、顔、首、お腹!!という感じのところでサーマクールは、なんだか希望の光よね。引き締め効果がいいらしい。

 聞くところによると30代の人も施術するし、中には60代、70代もいらっしゃるらしい、それはそうよね、切る恐怖よりは少しでも痛みの少ない方法が恐くないもの。会社勤めだって、ご近所の目だってあるし、腫れあがった顔で昼間から、ちょっとおつかいに何げに気軽に行きにくい・・・・・

 と言うわけで、丁寧に洗顔し、金属をはずし、リラックスした格好でイスに横たわりました。「いくよ~」の掛け声に身構え、1回目は(痛いのは痛いけど、なんてことないわさ、麻酔もなくて平気!)ところがあれれ!やっぱり痛いの・・・。骨のある堅いあごとか頬骨の上とか、出手のひらに薄く汗がじわっ!強さは、加減してくれて、あまり萎縮しすぎないように部分的にも調節していただいてるようす。
 美夏センセがすぐソバで「ごめんね!」とか「ここは痛かった!」とか「あー、痛いね」と言うのを聞くのは、なんだか代理出産の掛け声のよう。で、所どころは笑いながら、また体験済みのなすび看護士に冷やしてもらいながら、体験談も聞く。

 「ジーンと染み渡る痛さなのよね」「でも出産のあの痛さに比べたら、何てことないわよね、程度が違う」

 不思議なのは同じ頬でも、やわらかな部分は痛くない。痛いと聞いていた先入観が、自分をますます痛くさせるような気がする。100発目あたりからは、その痛い部分も慣れたのか、あまり痛くない。こうやって皮膚が強靭になるのだろうかと思う。何より、綺麗になったら、いつもたるんだ二の腕をつまんでくる嫌味なつれあいの前で、颯爽とノースリーブを着てやるんだ!と心の中で決心する。自分だってお腹たぷたぷのくせに。

 なんだカンダいいながら40分の施術を終えると、別室でなすび看護士がアイスノンで冷やすようにと、労わってくれる。そこで20分ほど休憩すると、あらー、もうほとんど赤くない、腫れてもいない、それはまるで(こんなんで効果あるのー?)と言うくらいあっけない不思議体験。

 6ヶ月くらいでじわじわと引き締まり、その間3回のメソリフをしてリフトアップの効果がさらにアップするらしい。コラーゲンを増やしてぷるぷるのお肌になるそうな。ああ、聞いてるだけでも懐かしい。(やはり助かるわ~~、人目を気にせず、短時間で効果があるなら)出来るなら人が知らない間に変身したい。冷やしたあとは、信じられないくらいメイクもノリがいい。さっきまでうっすら涙目になっていたことが嘘のよう。買い物をすませて家に帰っても鏡をためすすがめつ・・・・種を撒いたあとの土の観察のよう。

 きっと綺麗になるんだ!そうそう、その意気込みと勇気があれば、きっと私は若返ってみせる!鼻息荒く眠りについたのでした。  (キリコ記)

2006.06.26 jugemでのブログに掲載させていただいた記事です。

posted at 2006/07/03 08:35 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

美しさを表現するって大切だよね      ―Dr.筑田のサーマクール体験記  以下、Dr.筑田の談話をなすび収録

 「先生はどーしてサーマクールをうけようと思ったの?」 

 美夏クリニックにこの器械を導入するかどうかを検討するにあたって、1)効果 2)痛みの程度  を確認しようと思ってねー。

 1回目2005年8月 額~首まで小さいチップで 痛みは思ったほどではないなー。(痛い痛いと聞いていたからね)

 おわった直後は 暖かい感じと張った感じ 施術してくれたジェイメックの人は「効果があった、上がりましたねえ」なんて言っていたけれど、大体ふだんから自分の顔をよく見ていないから、変わったかどうか分からないというのがホンネだね。

  →→この時点では導入はどうかなあ---と思ったよ。

 ところが10月 つい3ヶ月前までいた職場に行ったら、  あっれー 先生東京に行ったら若くなったんじゃあないの??と言われ、そうかなー(でへでへ)と思っているうちに

 12月 ふと、なんとなく首周りや頬が締まった感じがするかも   おや、これはひょっとして効果があったんじゃあないか??と初めての自覚

 2回目2006年1月 大きい3.0チップ チップが変わったと聞き、1回目の効果の自覚もあったから「やってみよう」  

 小さいチップより全然ラク(注:現在使用のものが大きいチップ)   早く終わってくれ――と言う痛い感じはしなかったね。 

  →→ 今までの経過や見た目の効果で痛みの程度がこれくらいなら、美夏クリニックにも導入してみよう!!と結論をだしたよ。

さらに2006年3月パリでの国際アンチエイジング学会に参加してみたら、各国の評価は確実なものだったからね、積極的に導入を進めることにしたんだよ次回はサーマクールの率直な効果と美容医療へのDR.筑田の気持ちです。お楽しみに

美しさを表現するって大切だよね      ―Dr.筑田のサーマクール体験記以下Dr.筑田の談話をなすびNs収録 先生はサーマクールの効果を実感している?

 効果はね もともと自分のカオ良く見ていないから具体的にどこがどんなふうに---ってのは よくわかんないんだよね。でも首や頬がすっきりしたな!!とは感じるね。 美夏さんが僕のカオよく見てると思うから、彼女からの見た目の評価をききたいね。それが効果なんだと思うね。

 アンチエイジングについて一言 どうぞ

 年とっていいことってあんまりないんだよね--(ポツリ) 花が枯れるのとおなじように----。 

  さりとて しおれてゆくものに わびさびの美を感じる時代ではないよね。気持ちや内面は経験とかで豊かでいいけれどね。 外見的に輝ける時代に帰れるならそれもいいのかもな--。

 なんか最近加齢(しみ しわ)で悲しむ女の人の気持ちがわかるようになったよ。年取ると、外見が色あせしぼんでいくでしょう? 今からの希望!とか可能性、自分の価値もちいさくなって、ほら輝いていた人ほどその反動は大きいからね。

  10年前にロンドンでCATS観て泣いたんだよね。それ 思い出したよ。 外見的なアンチエイジングが 内側の気持ちもあわせて、totalに美しくなる努力の手助けになることは いいことだよね。

 人は内も外も美しいほうがいい。そして人は美にひかれるもんだよ.

美しさを表現するって大切だよね 聞き役はなすびNs.です

   サーマクール またする?

 うん またやってみるつもりだよ 

 美容の努力する人に共感がもてるようになったよね。

 ほら ず--っと血液や臓器の病気ばっかり診てきたでしょう?生きるか 死ぬか---みたいなさそれがね やっと外側からも 全体的に見えるようになったよ。

 も--昔っから着るものとかこだわらないし、アタマも床屋まかせで---。

 でも見ためは大切だよね---。服装で手っ取り早くきれいになるのもいいけどさ、ヒトそのものが美しいほうがいいよね 美しさの表現はそれぞれで

 ピカソやマチスもね 構図のバランスや色の調和がすばらしい。

 人も 全体として 個性をもって 美しくあるって素敵なことだよね

Dr.美夏より コメント フェイスラインのタポタポしていた皮膚が、緩みはありますが、締まってきました。法令線も浅くなっている。 でも耳の前で、あと3cmは皮膚の切除が出来ます。フェイスリフトの手術いつでもさせていただきますよ--。  サーマクールによる変化の具合を、スキャナーを購入し、上手く画像が扱えるようになったら、HPにアップします。お楽しみに

 リフトは、顔の輪郭とくにフェイスラインが気になってきた時の若返りの手術です。法令線とか鼻唇溝とか呼ぶ口の横のラインも浅くなります。

  そのフェイスラインの改善を望むときに、一番大きな選択が、手術を受けるのか、マシンを使うのかにあります。

 サーマクールやポラリスなどのマシンはまさに、リフトはしたいけれど、手術はしたくないという患者さまのニーズが生み出した器械だと思います。 どちらが良いかは患者さまによります。でも2,3考慮すべき事柄があります。

 効果が高いのは、やはり手術だと思います。比較的年齢の低い40歳前後の患者さまでも、フェイスリフトの手術をすれば、耳の前で最低15-20mmくらいの幅で、皮膚は切除されます

 (もちろんSMASという筋膜様組織で引き上げて、皮膚はゆったりと縫合します。)場合によっては、35mmくらいの切除幅になります。これを、マシンで引き上げるというのは、並大抵のことではありません。

 手術における一番の問題は、私はやはりダウンタイムだと思います。皮膚の剥離範囲によって、人前に出られない期間は異なります。でも剥離を最低にしても、リフトの効果を出すには最低10日間の期間は必要です。

 場合によって、血腫や傷の治りが悪いなどその期間が延びることがあります。

 また、年齢の高い方では、皮膚の剥離範囲が効果を出すためには、それなりに広くなります。その時には3週間くらい、お外に出たくなくなります。

 フェイスリフト博士という方のブログを最近大変楽しく読ませていただきました。そこで、マシン系の治療よりも手術による治療のほうが、結局は安上がりである旨書いておられました。 私も賛成です。

  でもそのダウンタイムの期間の重みや重要性、その期間の金銭的損失が大きい人には、ひょっとするとマシン系の治療の方が良い人がいると思います。 

 マシン系の治療をなさるときには、他のコンビネーション治療を一緒になさる方が、満足度は高いと思います。

 フェイスリフトの手術を終了され、若返ったお顔をご覧になると、本当にうれしそうなお顔をなさいます。そのお顔を見るのが、形成外科医美容外科医にとって至福のときだなあといつも感じています。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちサーマクールカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはアンチエイジングです。

次のカテゴリはスレッドリフト 糸によるリフトです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。