学会研究会の報告の最近の記事

秋は勉強会が多い

10月19日は、キュテラさんのトータルスキンセラピーミーティングという勉強会に参加してきました。キュテラ社は信頼のおけるレーザーを多種類製造販売しておられ、オバジのプログラムを取り扱っておられる会社です。結構面白かったので3回くらいの連続で報告します
「オバサン」という言葉は、嫌な言葉です。それにあてはまる人種は「茶髪&体重過多&すっぴん+smoker」が典型であるとおっしゃっておられたドクターがおられました。聴いているだけでひやひやしました。日本人は肥満が少ないので「オバサン」も少ないのですって。
閉経して3年して最近体重を落とすのがとても難しい。プールに行くとお腹がすくし、アルコールも悪い。

IPLトーニングという言葉も出てきましたよ。レーザートーニングは、Qスイッチヤグレーザーを低出力空中照射で全体に照射して、皮膚のハリと毛穴の引き締めと色調(トーン)を改善してゆく治療ですが、IPLトーニングとは知らなかった。フォトフェイシャルを週に1回少しずつ照射して、やはりトーンを改善する治療を指すそうです。

業界用語(jargon)が増えてきますね、、

prs-basic.jpg 形成外科学会基礎学術集会という学会に出かけてきました。10月9、10日と松本であったの。 信州大学は私の母校です。卒業してからほとんどご縁がありませんが、それでも懐かしく行ってまいりました。お天気がよくて、晴れた空をバックにした北アルプスが美しかった。

「手術室における医療安全」という特別講義が、信大の川真田先生よりありました。患者さんの5%の人に、医療費の半分がかかっている。一人の患者さんに、複数の専門科や職種が治療に参加しており、その共同作業の中で安全に治療を進めるためには、WHOが作成したGawandeらのチェックリストを使うことが薦められる。また、手術を画像で取って、リアルタイムでスタッフ皆が見られるようにしたり、後で検証するのに役立てたりすることを薦める。という内容でした。大雑把ですみません。

後の報告はまたね

東南アジア形成外科学会

aseanipras.jpg形成外科学会の国際学会の一つ 東南アジア形成外科学会に参加してきました。真面目に学会は聞いていましたが、カメラはあまり使わなかったので、画像が悪くてすみません。

上は企業展示です。右側のブースはObagiのNu-dermです。CuteraさんがZOskin healthとしてラインアップを修正して出されてから半年。使い勝手がどうかな、自分でも使ってみなくちゃ、と思っていたところだったのでびっくりしました。帰国したらジェイメックさんがNu-dermをまたリリースするというニュースを聞いてさらに驚きました。 aseanipras2.jpg

 帰国前夜に食事に行ったら、シンガポール風のカニがお薦めよってウェイターさんに薦められて出てきたチリクラブです。こんなに立派なカニが出てくるとは想像していなかったので、大ニコニコの私です。甲羅が固くて奮闘して二人で完食しました。

ダヴィンチというロボット手術や遊離皮弁がどんどん洗練されてきているのを拝見し、面白かったですよ、、、

0sface.jpg学ぶということは、本当に楽しいことです。

抗加齢医学会は会員数が8000人に達したそうです。会員の多くは医療者ですが、ほかの畑の人もおいでのようです。

昨日まで3日間パシフィコ横浜で会合がありました。会長が順天堂大学泌尿器外科の堀江重郎先生でした。昨年に比べると男のアンチエイジングの話が多かったように思います。

私は、更年期障害におけるホルモン補充療法とか骨粗鬆症の話とか、睡眠とアンチエイジングの話とかがとても興味深かった。ご参加の皆様はどうだったでしょうね、、、

1900年のゼロ歳平均余命が40歳で、地球人口が5億だったなんて聞くと、この120年の変化に驚きます。教育講演で、黒川清先生の話が私にはものすごく面白かった。(寒気がしましたが) こちら

1993mika.jpg
postsurg1-mika.jpg

 先週末1月15日に美容外科学会が竹橋でありました。早めに到着したのに、受付前はすでに列が出来ていました。

 上眼瞼がメインテーマで内容が濃そうだったので、喜んで参加しました。参加医師数はかなり多かったように思います。ちょっと専門的な話になります。

 眼瞼下垂は、目の開きが悪い。まぶたをあけても見える範囲が狭くて、特に上の方が瞼で遮られ、顎を上に向けないと見えにくい状態を指します。(保険適応の下垂症であるという事と手術で目の開き方が改善する事は、必ずしも一致しません。)

 眼瞼下垂の原因には、コンタクトレンズによるものエイジングで挙筋腱膜や挙筋そのものがゆるんだもの先天的に引き上げる事ができない ものなどがあります。

 今回の学会では、「綺麗な瞼のラインを作る」「左右差を作らない」など、いかにして美しい形を作る繊細な手技を駆使するかに議論は集中していました。左の写真は、恥ずかしいですが17年前のパスポート写真の私です。コンタクトレンズ性の腱膜性眼瞼下垂が右にあります。右の写真は一昨年のもの。もともと下垂があった右内側の挙上が、少々不足気味です。

 面白いことに、下垂の合った方の眉毛が濃い。(左の写真では右外側の眉をかなり抜いています) いつも眉を引き上げて見ていたから、眉毛の辺りの血流が良かったんでしょうか?眉毛の高さがほぼ一致しているのは、ボトックスのおかげかもしれません。こちらの写真では右の眉の方が高い位置にありますもんね。

 信州大学の松尾先生は、いつものように下垂の手術と不定愁訴の改善についてお話しておられましたし、ヴェリテの福田先生はぱっちり目にしたいという患者さんの御希望と下垂の手術の満足度をお話なさっていました。

 下垂の手術で、ミュラー筋のタッキング(縫い縮める)という手術があります。それは腱膜の深層を縫い縮める腱膜再建手術に他ならないと、百人町アルファクリニックの余座先生が仰せでした。説得力がありますね。

 会場をざっと眺めると、典型的な一重で下垂を伴っている人、きっと腱膜再建術をしたかなという人、手術をする側の医師たちの瞼も様々です。瞼の手術は、機能と見た目の改善が得られるので、とても満足度の高い手術です。

 まぶたの手術についての記事は こちら

20sface.jpg
30sface.jpg

 左のモデルさんの目の下に影があるのが分かりますか?わずかですけれど、へこみでいます。

 下瞼から頬にかけて、注入による治療で右のモデルさんの様にふっくらした頬にしよう というのが、今回の話題です。(もっとも鼻の横はもう少し注入しても良さそうですが)

 今年のASAPS(アメリカの形成美容外科学会)の話題が注入一色だったと、ヴェリテの福田DR.から聞いていました。

  今回の韓国で行われたMIPSでも同じように、下の瞼から頬にかけての話題では、注入の話が盛んに行われていました。 

 しぼんでしわしわした風船を、張りのあるすべすべした風船に戻すための方法は、一部分を絞って表面積を小さくする(タイトニング)か、空気を入れて膨らます(エキスパンション)か。このなかで膨らますタイプの治療になりますね。

  膨らます空気にあたるものは何か。自家脂肪かFillerかになります。
脂肪の利害得失
1)脂肪吸引をして注入する脂肪を採取します。
2)生着したものは、吸収されない(減らない)
3)腫れ、内出血など落ち着くまでの期間がFillerより長い

Filler(ヒアルロン酸やレディエッセなど)の注入の利害得失
1)採取する必要がない
2)時間がかからない(麻酔のクリームを塗布して1時間待って注入する)
3)腫れや内出血は起こりうるけれど、程度と期間が自家脂肪よりも少ない
4)修正(追加)が容易
5)だんだん吸収される(だんだん吸収されにくくなる)

mips1.jpg 韓国ソウルで2010年9月11-12日と MIPS Minimal Invasive plastic surgery and dermatologyという学会が開催され、出席してきました。

  最小限の治療で最大限の効果を と言うのがサブタイトルです

 学会って何をしているんだろう と、お思いの方もおいでだと思いますので紹介しますね。

 今回は、大きな講演会場は4つ。写真の奥の方に広い部屋があります。沢山のテーブルと椅子がならび、聴衆が聞いています。普通の発表では数分から15分、シンポジウムや招待講演などでは1時間くらいの時間で講演、その後質疑応答と続きます。朝の8時から夕方6時まで、途中コーヒーブレイクを除いて座りっぱなしです。

 国際学会では大抵の場合公用語official lunguageは、英語のみまたは英語と開催地の母国語です。今回の場合英語と韓国語が公用語でしたので、たとえば発表が韓国語の時には、イヤホンで聞けるレシーバーを通して英語の同時通訳が聞けます。

 講演会場のまえには大きな展示場が作られます。写真は展示場の正面から撮影したものです。手術やレーザー器械、薬品などを業者さんが展示しています。一回りめぐると、こんな新しいものが出てきたんだなとか、使いやすそうな器械だなとか、結構面白い。いくつか購入してきましたよ。 

 自分に興味がある演題を聞きに行きます。

 今回印象的だったのは、下瞼から頬の若返り治療です。目クマと言っても良い。 余分な脂肪と皮膚を切除して皮膚をタイトニングしようというのが、今までの戦略でした。いわば取ってしまいましょうという治療。この2-3年の流れは、取るのではなくて膨らませる。Filler(ヒアルロン酸やレディエッセ)や自分の脂肪を注入して、へこんでいる場所を膨らませ、ふっくら若がえるという治療です。

 顔のエイジングは、しわしわしてきた風船に例えられます。だんだんシワシワしてきた風船を丸い張りのある風船に戻すには、空気の出入り口を絞る(タイトニング)するか、さもなければ空気をいれる(膨らますexpansion) 2種類です。

 二つ目にメソセラピーです。メソセラピーというのは、薬剤を一番必要とされている所に針で注入して行くという治療です。ヒアルロン酸やビタミン、アミノ酸、成長因子などーー。美夏クリニックでも、積極的に治療しています。 薄毛治療には成長因子は不要なのではないか という議論もあったようです。

 個別の話は、項目を改めますね。

verite1.jpg

学会に参加すると、手際よく新しい知識が手に入ります。とても楽しい。聞いているだけでワクワクしてしまいます。

その他のメリットとしては

1、書籍が自分の目で見て購入できる。特に洋書ですと、普通はなかなかどれが良いのか分からないのに、パラパラめくって確かめながら購入できる。

2、手術用機械、レーザー機器、化粧品や薬剤などで必要があって選択するものが見られる

3、知り合い と話ができる

それで写真右はverite clinicの福田Dr.

学会終了後のプライベートな会合で、30人も集まっていた。人徳ですね。最近ヴェリテに時々お邪魔して、福田先生の手術を見学させてもらっています。

congressmenu.jpg

 さっちゃんから原稿が届きましたよ。それではさっちゃんお願いします

先日、ホテルニューオータニで行われた国際美容外科学会に参加させてもらいました。

 リッチな会場へ恐る恐る足を踏み入れてビックリ!!たくさんの美容外科関係のブースであふれていました。

 学会は3つの会場に分かれていて、各国の先生方の講演(スピーチ)は全て英語。内容は私にとっては難しかったけど、独特の雰囲気を味わうことが出来ました。

 夜7時からは高須クリニックの高須克弥会長主催のパーティーへ。

 学会とは一転し、ゴージャスなシャンデリアが灯り、特別ゲストにはあの人が・・・。そうです、郷ひろみさんです。若々しくテレビで見るよりもステキ!!

 バラードを聞くうちにファンになってしまいそうな自分がいました。

 今回の学会では世界各国で美容外科が行われていて、少しでもキレイになりたいという人が老若男女を問わずたくさんいることに改めて感心をさせられました。

Dr.美夏より 広島の美容外科学会はぎりぎりになってしまったら、宿泊も取れなくて出席できませんでした。東京に住んでいると、東京の学会が楽で便利です。今回は国際学会でAseanPacificからの参加が多かった。20年くらい前にお目にかかったブラジルの方がスピーチをしてらして、とても懐かしく思いました。活発な討論とともにずいぶん勉強になりました。学会に参加すると、もっともっと学ばなくては、そしてよりよい治療をしなくちゃと思います

Medical Beauty Forumという外科手術を除外した抗加齢をテーマにした学術集会に行って来ました。今回のメインテーマは、「再生医療」と「脂肪」

「再生医療」以下に書きました。「脂肪」は、脂肪吸引とメソなどの話でした。
 脂肪は、現在筑田先生に私のウエストを5cm引き締め、体重を10kg落とすプログラムをお願いしています。始まったらレポート致しますので、お楽しみに。

 MBFの講演の中で、美容開業医の先生お2人が対照的なスタンスをお取りでした。
 痛い治療か、痛くない治療か

 お一人は、「少しずつでも向上の望める痛くない治療を回数を重ねて繰り返す。それでご満足いただけない場合は、手術をします」とおっしゃっていました。またお一人は「手術以外の治療でも、ご希望があれば結果が出るよう、痛い治療でも積極的に行う」と実践されています。両極端でしょ?
 前にフェイスリフトの話で、手術の術式とは、ミニマムで最大限の効果を出そうとする治療と、できる限りの事は尽くして手術するという治療を、歴史的に行ったりきたりしながら変化していきますとお話したことがあります。ちょっと似た感じですね。
 痛くない治療をお勧めの先生は、いわば「良い食事をしっかり食べましょう」、痛い治療を積極的に取り入れている先生は、「薬は効かなきゃ薬でない」と言い換えることが出来るかもしれません。どちらも重要ですね。

 美夏Dr. ( http://www.mika-clinic.com ) は「良い食事」のほうは、スキンケア指導や筑田先生の漢方や鍼治療(美容鍼も含めて)にお願いして、患者さんの希望があればちゃんと「目に見える治療」がどちらかというと好みです。結局形成外科医なんですね。
 自分自身にたいしてはどうか
 私が自分に対して治療するときには、ついボトックスや手術になってしまいます。トレチノインはとても面白い薬で好きなので使用しますが、穏やかで微妙な治療はどうも苦手。
 例えば頬の若返りならば、レーザーピーリングもサーマクールも可能なのに、手術の方が良いなあと思っています。

 これこれ「痛いのは結局逃げたくせに。ウエストを痛みなしにどうやって短縮するなんていうのよ」なんて、悪口を言っているのは誰ですか??
 うーん、痛い治療を安全に痛みを和らげて治療しなくちゃいけませんね。
「痛み」は安全弁なので、その安全弁を解除するのには、他の安全弁を工夫しなくてはなりません。

 美容外科における再生医療は、すべての細胞は原始的な幹細胞から出発する、という事から始まっているようです。幹細胞を集めることはなかなか大変なので、コラーゲン線維を作る繊維芽細胞や血小板の多い部分を取り出して注射するという方法でvolumeを出そうとするものです。簡単に言えば、現状ではFillerの代わり。自分自身の細胞を使うので、安全である。培養という細胞などを増やす技術で、少量で多量をまかなえる。
 私は不勉強でそのように理解いたしました。
 一般診療に少しずつ実践され始めているところですが、まだはっきりとした成績が出ていない、というところだと思います

posted at 2007/03/14 19:45 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

もともとは脱毛を手広くなさっていた医師たちが立ち上げた学会だと思います。MBF medical beauty forum とも言います。昨日秋から冬のセミナーがありまして、参加してまいりました。

 日本美容外科学会が、やや手術治療にシフトしているのに比べ、この学会は非侵襲的な治療 つまり手術ではなくて、レーザーなどの照射する治療や薬による治療にシフトしています。

 研究会や学会は乱立しており、全部に参加していると、返って勉強する時間がなくなりそうです。でもこのセミナーはなるべく参加するようにしています。何回かに分けてご紹介したいと思います。

 「歴史は繰り返す」というお話を会長講演として、大宮スキンクリニックの石井先生(私と縁戚関係はありません。)がなさっていました。とくにFILLERについてのお話です。

 長時間持続するタイプのFILLERの危険性について、何回か触れさせていただいています。

 ずいぶん昔にシリコンジェルを直接注入するという手技が行われた時期があります。いわば注射するだけなので、お手軽です。注射されたシリコンは周辺に少しずつ広がって行きます。その注射された物質の周りに身体がその異物である物質を囲い込もうとしてカプセルが出来ます。異物肉芽腫といいます。
 私が形成外科医になりたての頃にも、乳房の広い範囲にシリコンジェルを注射され、その後しこりが多数でき、また皮膚が損傷し、乳房の形が変形した方の、そのシリコンジェルを周囲の線維組織と共に摘出する手術を時に拝見いたしました。美しい乳房を望んで変形がきているわけですから、その悲しみは察するに余りあります。

 現在長期間残存するFILLERとして種々の製剤が出回っています。
長時間残存した結果、場合によっては手術的に摘出する(取り出す)以外、方法がなくなる場合があります。そういった製剤によるしこりや色のトラブルは最近良く耳にします。
 どうぞFILLERは、コラーゲンやヒアルロン酸など吸収される製剤を選択なさるよう、お勧めいたします。吸収されれば、嫌な結果もなくなります。

 過去のシリコン注射による合併症を考えれば、FILLERも注意して使わなければ、大きな問題が起こりうる。過去の歴史に学びなさいという講演の一部分をご紹介いたしました。

 美夏クリニックはこちらです http://www.mika-clinic.com

 Fillerとは、シワやくぼみを持ち上げたり、顎を出す、鼻を高くするなど、膨らます目的で使われる、液状の注射製剤を言います。
 現在(人由来)コラーゲンやヒアルロン酸が一番一般的です。製剤は多種類使われています。

 その中で、長時間作用するとされている製剤がいくつかあります。長時間作用性の製剤について、トラブルの報告が増えていること。20年前にシリコン製剤で悪い結果があったけれど、それをご覧になったことがない若い医師が増えていることから、講演で警告がなされたと思っています。

posted at 2006/10/30 09:55 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

 今月始めの美容外科学会では、皮膚表面のレーザー治療や高周波治療から、フェイスリフトをはじめ手術治療まで、それぞれの手技の詳細や成績について、たくさんの討論や発表がありました。

 抗加齢治療はアンチエイジング治療と呼ばれ、話題の中でかなり大きな部分をしめます。
 そしてその内容はターゲットの深さや手技により、さまざまです。このブログでもお話いたしました。

 この学会で感じたことのひとつに、患者さまのニーズが、比較的短期間にはっきり改善が見える治療と日々の生活の中で負担なく少しずつ改善するタイプの治療に分けられているという事があります。

 例えば、美夏クリニック( http://www.mika-clinic.com/ ) でもさせていただいている治療のひとつに、ヤグレーザーによるレーザーピーリングがあります。北里大学の先生によるご発表では、母集団30人のうち、平均4年2月の間に平均26.5回このレーザーピーリングをなさった結果、20人の方で非常に効果があり、6人の方で効果あり、不変が一人だったそうです。
 治療回数の多い方を選択した上で、結果がどうであったかという御発表でした。でも、この施設でのもともとの治療回数も平均12.77回とかなりの数です。

 レーザーピーリングは、一回一回の効果がそんなに眼に見えるものではありません。多少の赤みは出ることがありますが、いわゆるローリスク、ローリターンの治療です。それを回数を重ね時を経れば、その時が経つ前よりも皮膚の状態が良くなる。
 日々の生活の中で負担なく少しずつ改善するタイプの治療は、はっきりと結果が見えるタイプの治療ではありません。それでも患者さんに喜んでいただける治療であり、それなりに価値のある治療なんだと認識しました。

 

posted at 2006/10/26 18:57 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

一昨日昨日と美容外科学会でした。
 美容外科学会は10年位前にはあまり活発だった印象がないのですが、最近は参加者の数も500人を超したと言っておられたかしら、真剣な討議がすすんで、大変盛況で熱気にあふれていました。

 美容外科学会で必ずシンポジウムのテーマになるのが、フェイスリフト美容外科医はフェイスリフトでよい結果を出すために、日々精進しているのかもしれません。

 このところ北里の美容医療研究所の宇津木先生を頭にして、美容医療の新しい基準が作られつつあるように思います。

 そのひとつが、アンチエイジング治療はなるべく早い時期からというのがあります。
 これは一体何を根拠にしているのか?

 お顔の深い部分と皮膚をつなぐ線維組織があります。この線維組織はretaining ligamentといいます。骨格と皮膚を皮膚に対して垂直に走っている線維組織です。例えてお話しするならば、ヨットで帆をマストに結び付けているロープがこのretaining ligamentです。皮膚が重力で下方に引っ張られてくると、この線維組織が当然引き伸ばされてきます。ロープが緩むと帆が広がってはためき始める訳です。
 年齢が高くなって例えフェイスリフトで皮膚とその下の薄い筋膜組織SMASで引き上げを図っても、重力の力は術後もかかっておりますので、どうしても緩みがでてくるまでの時間が早い。ロープが緩んで長くなる前にしっかり結びなおしておきましょうと言うのが、早い時期からフェイスリフトの手術はしておいたほうがよいという根拠だと思います。

  手術はどんどん拡大して大きくなってゆく流れと、ミニマムでなるべく大きな効果を出そうとする流れとがあります。手術の術式というのはこの二つの流れの中を歴史的には行ったり来たりしています。 ここしばらく海外の学会には参加できておりませんが、4年前だったかフロリダでBakerGordonシンポジウムというのに、参加した時に同じ流れを感じました。retaining regamentの概念を提唱されたDr.Stuzinは前者で広範剥離しっかり再建の手術をされていましたし、Dr.Bakerだったか(フロリダの方ではない)lateral smasectomyというミニマム手術でよい結果を出されていました。(場所を取る書籍類を涙をのんで処分してしまって、確認できません。もしかしたら正しいお名前ではないかもしれません)
 自分が手術をうけるならば、きっと選ぶのはミニマム手術かなあ。その場にならないと分かりません。

 フェイスリフトでは、年齢が高くなり緩みが顕著になり線維組織(皮膚を支える前述のretaining ligament)が緩むと、その緩みを改善するまで手術では剥離し、線維組織を再建しなければならない。
 宇津木先生の所ではそのSMASの下の線維組織を結び変えてやり、上へ引き上げてやるという手術をなさっています。
 8時間超かけて手術をなさるそうです。朝手術室にはいると、患者さんが出てこられるのはもう夜ですね。とても診療所で安全に手術できる時間ではありません。
 

 だからこそ、「早め早めにリフトしなさい」 「早いうちからケアをしなさい」ということになるのでしょう。早い時期であれば小さい手術ですみ、ロープが伸びきっていなければ良い結果もまた、持続しますものね。

 宇津木先生の「40台になったら、フェイスリフトをしなさい」というご発言が心に残ったフェイスリフトのセッションでした。

 お洋服をかけるハンガーがありますよね。人の顔ではハンガーは額からこめかみ部分。このハンガーの本体をきっちり早めに作り直しておくことが、美しさを保つためには大事だそうです。
 個人的に少々宇津木先生とお話していましたら、是非早々に額のフェイスリフト(前額リフト)をするように、勧められました。
 うーん、気になるところ一杯あるけれど、きりがないなあ、時間がないなあなどと思いながら、帰宅いたしました。

 しばらく、美容外科学会のお話を続けます。

posted at 2006/10/10 13:26 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち学会研究会の報告カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは多汗症です。

次のカテゴリは皮膚のタイトニングです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。