スレッドリフト ウルトラVリフトの最近の記事

0802postvlift.jpg  ウルトラVリフトは、吸収される短い糸を皮膚の下に入れて、弛みを持ち上げる治療です。韓国製のショートスレッドです。

普通の手術で皮膚の下の縫合に使うポリディオキサシンという素材で、3cmたは5cmという短い糸(V型になっているので実際の長さは15または25mm)を入れてゆきます。麻酔のクリームを塗って30分くらいして打ってゆくと、痛みはほとんどありません。麻酔なしで治療をお受けになる人もいます。鍼治療みたいな感覚です。治療後は30分くらい冷やしてからお帰りいただきます。 ハンモックでお顔の弛んだ部分を持ち上げるイメージなの。
 細い針を刺してゆくだけなので局所麻酔が不要、多数の糸で支えて合わせて効果を出すスレッドリフト。形を造ってゆくスレッドリフトです。

 特に頬を支える、顎まわりの弛んだ感じを引き締めるのには良い選択だと思います

 9月4-5日の美容外科学会では、スレッドリフトと他の治療の併用療法が話題でした。サーマクールやスマスアップなのRF治療で引き上げて、重みをスレッドでハンモックのように支える。ヒアルロン酸注入やボトックスとの併用では、ヒアルを支え、ボトックスで動きを止めて、効果を強める。切らない治療で、いかに効果を出して、仕上がりを洗練させるか話題になっていました。

 スレッドリフトは内出血や腫れが出ることがあります。お食事会やデートのお約束は何日か後の方が良いとおもいます。でも 患者さんにとても喜ばれる治療です。1回に100本とか120本より、3回くらいに分けて入れる方が痛みや腫れも軽くて良いかもしれません。

 ショートスレッドでも、毛羽のあるものや鎖の形のものなど多種類出てきています。ショートスレッドは数多くいれて形を造るものです。沢山入れて万一トラブルがあったら抜きにくいだろうと予想すると、まだ私には診療メニューに取り入れることが出来ません。今のところストレートの外科用縫合糸のPDSと同じ素材で作られたウルトラVリフトのみ取り扱っています。11月末まで 10%割り引きます

ウルトラVリフトの説明は こちら

ultravlift.jpg

 ウルトラVリフトは韓国式ショートスレッドです。ショッピングスレッドとも呼ばれます。

写真のように、手術で昔から使われている吸収性の糸を細かく皮膚にさしてゆきます。針を抜くと糸が皮膚の下に残るの。やっている感じは鍼治療みたい。

沢山の糸で全体を支える。ハンモックのようなイメージです。形を造ってゆく感じです。どういう形にしたいのかがとても大事です。頬の高さを引き上げるフェイスラインの引き締め がはかれ、なおかつ皮膚が明るくつややかになるから、患者さんにとても喜ばれます。

100-120本で入れますと、翌日まではマスクが必要かもしれません。コンシーラーで色を隠せば翌々日からだいたい普通の生活が出来ます。

0802postvlift.jpg

 ウルトラVリフトは3-5cmという短い吸収糸によるスレッドリフトです。 施術1か月後です。

 KFDA(韓国食品医薬品安全庁)認可済み。USAのFDAや日本の厚生労働省の認可なし。最近は韓国発の治療が増えてきました。患者さんのニーズはとても先鋭的です。アメリカのFDAやヨーロッパのCEの認可を待つ時間の余裕がありません。

 新しい治療を美夏クリニックで取り入れる時には、日本へ導入されある程度の時間が経過し、その治療が良質大きなトラブルがなさそう、美容外科学会形成外科学会などで一般化してきた治療であるなど確認してから、導入するようにしています。

そのウルトラVリフトをさせて頂いた方からメッセージを頂きました。

「先生 ありがとう! こんなにプルプルよ。頬が高くなったでしょ?フェイスラインが綺麗になったでしょ!お化粧のりが全然違うの。すっごく気に入った!」

 「経過はね、24時間は腫れてて痛かった。チクチク、ひりひりするの。お化粧できない。2-3日は、笑ったり食べたりすると時々痛みがあった。1か月経った今は違和感もないし、何も感じない。コンシーラを上手く使える人だと、翌日から問題なく仕事ができると思うよ。それなりに内出血した場所は色がついていた。」

「口角の横に下がってくる弛みが気にならなくなったの。センセ お薦めですよ」

ですって。

メリット スレッドリフト(糸)は、ここをこういう形にしたい、頬の弛みを特にリフトアップしたい、と言う時の強力なツールです。ウルトラVリフトは他のスレッドリフトに比べ、麻酔がクリームで済むこと、切開が不要なこと、処置の時間が15-25分という短時間であることが取り柄です。

デメリット スレッド(糸)リフトは、糸が高価なので治療費が高い。内出血はやむを得ない。(いずれ吸収されるにしても)異物を入れる治療であることが欠点と思います。

post7dvlift.jpg

 ウルトラVリフトを施術後1週間の結果を見せに来てくださいました。

大体24時間は、冷やしながら生活していました。冷やしていないとチクチクして、大笑いしたり食事をすると痛いの
翌日からはお化粧できて、日常生活は全然平気。頬の高さが上にひきあがって、目の下のくぼみが軽くなって大満足よ
 もし翌日お休みの日の施術がお薦めよ。翌々日はデートだって大丈夫。でもコンシーラーは用意した方がいいわ。皮膚の感触もよくなったと思うよ。2-3か月すると、さらに状態が良くなるって聞いて、とても楽しみです。

 ショッピングリフトと言う名前は、お買い物に行くくらいの手軽さでスレッドリフトが出来ますよとつけられたそうです。

 アイスノンとコンシーラは準備しておいてくださいね

 

prevlift1.jpgpostvlift1.jpg

p>ウルトラVリフトは、吸収される3-5cmという短い糸を、お顔の皮膚の下に80-120本と多数いれるスレッドリフトの一種です。ショートスレッドとかショッピングリフト(買い物に行くような感覚でできるからですって)とも呼ばれます。多数の糸を立体的にデザインして入れてゆくことで、頬の脂肪の位置を高くし、法令線やマリオネットラインを浮かせ、顎のラインをすっきりさせるのが狙い です。

使用する糸は、ポリディオキサシンといい、普通の外科手術の時に皮膚の下の縫合に使うPDSと同じ素材です。鍼治療の置き鍼のような形の針に装着されていて、細い針を刺して抜くだけで綺麗に埋め込めるの。ウルトラVリフトは韓国で製造され、韓国国内および日本輸出用としてKFDA(韓国の厚生労働省にあたる機関)の認可が下りています。日本では未認可です。
日本で認可されているPDSの添付文書には、PDSや金属にアレルギーのある人、糖尿病など免疫が抑制されているひとは使わないでと書いてあります。

手順は、頬全体に麻酔のクリームを厚く塗って30-45分待ちます
両側に、合わせて100本前後を素早く鍼を打つように打っていきます。15-20分くらい。
3か月後に、30-40本追加がお薦めです。

導入直後期間限定でお値引します。先着7名様または当院でSmas-up治療をなさった方には、157,500円で全顔のウルトラVリフト治療をさせて頂きます。3か月後の追加は20本21,000円です。8月末まで

画像は、リフト直前、当日1時間後です。

経過を書いて送ってくれましたので、ご紹介します。
帰ってから1時間くらい保冷剤で冷やしました。だいぶ、赤みは引いて針あとがポチポチ吹き出物みたいなかんじ。肌の表面がピリピリで顔を洗うのがしんどい。

口を動かすと痛くて、食事はヨーグルト。歯磨きは、口が開かないから辛かった。当日は化粧は無理な感じですね。

次の日の朝、全体に腫れてます。が、思ったほどではなかった。肌の痛みも収まり、化粧はそっと出来ました。 午後あたりからほうれいせんの内出血が目立ち始め、でもそのころには普通に化粧が出来ました。

夜は友達と食事に行きました。大笑いは、ほほが痛かったけど普通に過ごせます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちスレッドリフト ウルトラVリフトカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはスレッドリフト ハッピーリフトです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。