スポーツの最近の記事

fittness2.jpg

 2007年6月にフィットネスクラブに入会し、最初2-3年はプールのみ行っていました。

 3年前から、筋力トレーニングと有酸素運動と、元気があればプールというメニューに変更し、本日めでたくトレーニングブックが4冊目となりました。1冊は54回で、3冊目が2011年10月末から。おおよそ月に4-5回はお世話になっています。

 4冊目となったのがすごく嬉しい。トレーナーにも褒められて、鼻高々。(単純だから。でも褒められると誰だって嬉しいですよね。

 多忙で3月近く行けなくなったり、少し余裕が出来て週に2-3回出かけているときもあります。

 残念ながら体重はあまり変わらない。結局食べるかどうかなのよね。。。

 でも気持ちは、フィットネスに行けるときはかなり調子が良く、行けないような時期はあまり優れない。頑張って行こうと思っています。

 そうそう節酒しています。頭痛がまたひどくなって、帰宅するとつい糖質フリーの発泡酒に手が伸びて困っていました。知人に説教され自宅では飲まないように、外でもなるべく少量にするようにしています。まだ2週間、続くかな? お酒飲まないと楽しみがないのだけど、フィットネスでエンドルフィンを出して、ランナーズハイで頑張らなくちゃ

fittness2.jpg

 事情があって身体を動かす時間が取れなかった。 と言っても大した理由ではありません。たまたま連弾でピアノの発表会に出ることになり、3週間柄にもなくピアノ(クラビノーバですが)を練習していました。そうしたら、フィットネスクラブに行く時間がなくなっちゃった。

 だんだん頭痛は再発してくるし、腰回りと肩周りに座布団のようにがつき始めてきた。体調も気分も悪くなってきて、これは拙い、やはり運動しなくちゃと、昨日からまた筋力トレーニングと有酸素運動に復帰しました。

 音楽はとても心身にとってプラスなはずなんだけれど、更年期真っ盛りの私にはどうやら運動の方が合っているようです。

 気分は左の画像のようになって、再度頑張ります。運動能力を高めておかないと、肝腎な時に役に立たないしね。。。

drops1.jpg

 真面目にプールに行っています。 「いつまで続くの?飽きっぽいでしょ?」なんて言わないでーー。今朝も泳いで、今クリニックに来たところです。

 身体が軽くなって調子がよい。ぐっすり眠れて、しかも目覚めもよい。週休2日にした相乗効果かもしれません。

 いつも行くスポーツジムは、地下です。泳ぎながら光が床に模様を描いているのを見たり、他の人が立てた波を見たりして、ちょっと視覚的にもリラックス気分です。セミプロのような、すごく上手な人たちがいます。あんな風に泳げたらなーー。(逆三角形のたくましいマッチョウーマンになってしまうかしら?)

 500mから600mが平気になりました。これでクロールを少しずつ加えてゆきたいと思っています。

  この冬のスキーは、かなりタフに滑れると思います。

  難点は、スポーツをするとお腹がすくこと。いままでも運動するといつも体重は増加していた。しかも、スポーツをしない日まで、つい食べ過ぎてしまう。  さぼって運動しない方が、食欲が抑えられる。

 これかなり拙いーー。仕事が終了し帰宅すると8-9時になってしまいます。その後遅くに摂食するのも、相当脂質を貯留させるのに、その上量まで増えてしまうと返って問題を増やしてしまいます。

 ということで、本日よりリダクティル内服します。患者さまに処方する前に自分で飲んでみなくてはね!!

 抗肥満薬のゼニカルとリダクティルの処方を、まもなく開始します。アコンプリアは少々お待ち下さいね。

diving.jpg

 1年くらい前にスポーツクラブに入会し、少しずつでもプールに行くようにしています。 筑田Dr.の具合が悪くなったり、忙しくなったりして、一時期中断しました。でも、この2か月くらい前から再び積極的に通っています。

 美しくならなくちゃあね!!

 昨年久しぶりに泳ぎ始めたら、最初は200mくらいで息が続かない。1月くらい通ってやっと300mくらいーー。でもね、一昨日500mでも平気な事に気がつきました。

 心肺機能が高まってきたのでしょうか?疲れが貯まっているときには、少々きつく感じます。でも普通の時には、ゆっくり平泳ぎで泳いでいると、泳ぎでの疲労感がない。当然腰痛や身体の重い感じもない。

これは素敵ですね。

たまたま本日通っているスポーツクラブのスタッフが患者さんとして来てくれました。

美夏Dr.「ジムにくる方たち、お元気ですねえ?」

スポーツスタッフ 「いやあ、本当に。お肌もつやつや、足腰も軽く、みんなお元気でとにかく若い。」

美夏Dr.「元気な方がおいでになるのかしら?」

スポーツスタッフ 「ジムに来て、元気になるのかもしれませんよ。」

 勿論プールで、ひょっとしたら内科でメタボリックシンドロームの治療として、プールを勧められたかな、とひと目で推察される方もおいでです。でも、スタイリッシュで素敵な年配の方が一杯おいでになります。30歳前後のスポーツクラブのスタッフが、心から感嘆するような元気な人でありたいですよね!!

 

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちスポーツカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは抗肥満薬です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。