抗肥満薬の最近の記事

drops1.jpg

 真面目にプールに行っています。 「いつまで続くの?飽きっぽいでしょ?」なんて言わないでーー。今朝も泳いで、今クリニックに来たところです。

 身体が軽くなって調子がよい。ぐっすり眠れて、しかも目覚めもよい。週休2日にした相乗効果かもしれません。

 いつも行くスポーツジムは、地下です。泳ぎながら光が床に模様を描いているのを見たり、他の人が立てた波を見たりして、ちょっと視覚的にもリラックス気分です。セミプロのような、すごく上手な人たちがいます。あんな風に泳げたらなーー。(逆三角形のたくましいマッチョウーマンになってしまうかしら?)

 500mから600mが平気になりました。これでクロールを少しずつ加えてゆきたいと思っています。

  この冬のスキーは、かなりタフに滑れると思います。

  難点は、スポーツをするとお腹がすくこと。いままでも運動するといつも体重は増加していた。しかも、スポーツをしない日まで、つい食べ過ぎてしまう。  さぼって運動しない方が、食欲が抑えられる。

 これかなり拙いーー。仕事が終了し帰宅すると8-9時になってしまいます。その後遅くに摂食するのも、相当脂質を貯留させるのに、その上量まで増えてしまうと返って問題を増やしてしまいます。

 ということで、本日よりリダクティル内服します。患者さまに処方する前に自分で飲んでみなくてはね!!

 抗肥満薬のゼニカルとリダクティルの処方を、まもなく開始します。アコンプリアは少々お待ち下さいね。

 漢方で防風通聖散という薬があります。

 面倒くさがりナ-スが飲んで、何キロか減量したと言う話を聞いていました。

数ヶ月前のはなしになります。4月くらい前、生活のリズムが変わり、私は順調だったお通じがどうも不調です。それで筑田先生を受診したら、防己黄耆湯を処方されました。

 ところが、ナ-スや事務スタッフが集まって、防風通聖散で体重が減ったとか、食欲がなくなったとか、さんざん話していたので、この防風通聖散が飲んでみたくて仕方がありません。これが口コミの怖さですっかり洗脳されていました。

  自分だって医者なんだから、専門医の処方を素直に聞けば良いのに、「防風通聖散」では駄目かと食い下がりました。わがままが通り防風通聖散漢方を試すことになりました。(自分のところですから、勿論自費でやっています、念のため) 内服を開始して数日で、腹部膨満感がひどくなり、ガスが貯留し、下痢と便秘が交互にやってきて、気分が悪い。つわりみたい、と思って気がついた。

 私は開腹手術を数回受けていて、腹腔内(おなかの中、腸管を収めているスペ-ス)は癒着だらけ(私の主治医いわく)です。 2人目の子供の妊娠中も、おなかはごろごろするし、下痢と便秘の繰り返しで、とても辛くて、そのつわりの時と一緒です。 それで防風通聖散はあえなく中止となりました。

昨夜筑田先生とディスカッション

 美夏 「私は、癒着のために防風通聖散は腸管の動きを高める薬で、手術歴があって、その癒、あわなかったと思っているがどうだろうか?」

 筑田「いや、東洋医学の世界では、過去の手術歴を考慮に入れることはしない。美夏dr.はもともとは実証なんだけれど、内服していたときは過労で、証が虚に傾いていたんだろう

 美夏 「手術歴を考慮しないという点は納得できない

 筑田「もう一度防己黄耆湯を飲んでみたら?今は疲れが連休明けでひどくないから、証も中間証に傾いていると思うし、硬い便でなくなっているなら、この方がよいでしょう」ですって。本日薬を注文いたしました。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち抗肥満薬カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはスポーツです。

次のカテゴリは食事です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。