レディエッセの最近の記事

chin4.jpg
chin5.jpg

レディエッセは、ハイドロキシアパタイトといっていわば骨の粉です。シャープな鼻ときれいな形の顎に最適なFillerです。

ヒアルロン酸に比べると注入したときに周辺に流れる感じがなく硬いので、シャープな形を造るのによい素材です。

注入した後に溶かす薬はありません。必要があれば、吸収するのを待つか、手術して取り出します。

私の顎はレディエッセ!触った感じではFillerとは分からないと思います。

定価は0.8mlを63,000円ですが、1.5mlで63,000円、0.75mlで42,000円で治療します。11月15日まで

 

ついでと言っては何ですがQmedのパーレーンも季節限定の割引をします。

パーレーンはいつもは84,000円/1mlで治療しています。10月末で期限が切れる製剤があります。在庫限りで1ml42,000円でお出しします。10月末まで

ヒアルロン酸ヒアルロニダーゼという溶かす薬があります。安全性がひとつ高いの。色々心配な方はヒアルロン酸が良いと思います。

いずれも カニューラ、塗る麻酔、抗生物質は別にご請求しています。大体3,000円くらいです。

レディエッセを鼻に繰り返し注入した場合に、瘢痕が強くなって、鼻の手術がしにくくなるから嫌いとおっしゃる意見を聞いたことがあります。

sozai-sport1.jpg

そろそろ汗ばむ季節です。脇汗のボトックスの治療が始まります。日頃のご愛顧に感謝して、ゴールデンウィーク前後にfiller ボトックス注入をお割引致します。 

税込み6万3000円未満で10%割引、63,000円から12万6千円未満で15%割引 12万6千円以上で20%割引します。 5月8日まで

またそれとは別に単独で

レディエッセ0.8mlを42,000円

Regenoxを顔やせ(咬筋)または多汗症に80-100単位で52,500円

 他の手技と組み合わせる場合には、%割引か単独の割引かいずれかのみで、患者さまにとって有利な方とさせていただきます。リジェノックスは韓国産ボツリヌストキシンです

定価は下記です。

フィラー テオシアル 1.0ml 63,000円 、テオシアル ファースト 0.7ml 57,750円  
エセリスソフト 0.6ml 52,500円 、レディエッセ  0.8ml 105,000円  
Qmed パーレーン 1.0ml8万円 

ボトックス アラガンのボトックス
眉間のみ 42,000円 、目尻または額のみ 31,500円
顔のお皺あちこち 63,000円
多汗症(両脇)または顔やせ(えら) 63,000円/60単位) +10,500円/10単位
少量の場合 10500円/5単位
リジェノックスはアラガンのボトックスの30%引き

cannula4.jpg

Filler で一番怖い合併症は、塞栓です。

Fillerの注入用ヒアルロン酸やコラーゲン、レディエッセ、自家脂肪などが動脈の中に入ってしまうと、その先の皮膚が壊死してしまう。内頚動脈領域だと脳梗塞や失明の報告まである。

 手術で切っても、電気メスで焼灼しても、糸で結紮しても問題をおこさない動脈に、塞栓をおこすような物質を詰めてしまうと大事になってしまいます。

 

cannula2.jpg

 塞栓を避けるためのテクニックとしては、

1、血管の走行(解剖)を熟知する。(危ない所は避ける)

2、注入内圧を下げる(ゆっくり注入する、逆流しにくいように。。。)

3、線状に入れないでサイドから点状に少量ずつ注入する、(塞栓を起こしても、少量ならばダメージは小さい)。浅めに注入する。

4、ヒアルロニダーゼを使う:注入したときの状況で危ないと判断した時ヒアルロニダーゼを注射してヒアルロン酸を溶かしてしまう。cannula3.jpg

リスクを下げることは可能だけれど、それでも危険性がゼロではない。

   唯一塞栓を起こすリスクをほぼゼロにできる方法としては、カニューラを使用するというやり方があります。

 カニューラは、先端は丸くなっていて、側面に穴が開いています。

 鋭い針は柔らかい場所はどこにでも刺すことができます。血管を突き抜けたり血管内に留まったりが可能です。それに引き替え、丸い先端は血管に刺さることはなく、側面の孔から注入剤が入ってゆきます。余程の例外的な状況があれば別ですが、普通は血管内にFIllerが入ってゆくことはありません。

 カニューラの欠点は、扱いにくい、正確さに欠けることです。 普通のとがった針に比べ、注入したい場所に正確に先端を持ってゆきにくい。(ちょっとぐさぐさした感じになります) 調度入れたい深さってのがあるのに、膜状の組織があると通過しない。真皮内への注入は、可能って書いてあるけれど、硬いのでカニューラを使うのは難しいと思います。

 鼻は塞栓を起こしたときのダメージが大きく、カニューラの位置の調整がしやすいので、良い適応だと思います。

 下瞼が少々課題です。

 一番上が、ディスポーザブルのカニューラの先端、真ん中がレディエッセのシリンジを装着したカニューラ、下は滅菌するタイプのByronのカニューラ(よく使われるタイプ)です。ディスポのカニューラで新しく輸入したものが思ったよりこしがあり、使いやすかった。Byronのも悪くないんですが、カニューラ分に0.1ml必要なんです。ちょっと勿体無いなあって思うときがあります。

sozai-sport1.jpg

毎年ボーナス時期にボトックスとフィラー(ヒアルロン酸やレディエッセ)の注入キャンペーンをしてました。昨年末は忙しくてキャンペーンの記事を書く暇もなく、やらずじまい。
 それで、ちょっと季節はずれですが、お値引き+チャリティキャンペーンを短期間でさせて頂きます。

 4月18日から5月18日まで一ヶ月間

ボトックス、フィラーを定価の10%offで施術いたします。

また定価の10%を東日本大震災の義援金として日本赤十字社へ送ります。

 さらに4月27日から5月6日までレディエッセ0.8mlを63,000円、韓国製ボツリヌストキシンRegenoxを顔やせ(咬筋)または多汗症に80-100単位で52,500円 それぞれ5,250円を義援金にさせて頂きます。

定価は下記です。そこからお支払いは10%引き、義援金10%です.

フィラー テオシアル 1.0ml 63,000円 、テオシアル ファースト 0.7ml 57,750円  
エセリスソフト 0.6ml 52,500円 、レディエッセ  0.8ml 105,000円  

ボトックス アラガンのボトックス
眉間のみ 42,000円 、目尻または額のみ 31,500円
多汗症(両脇)または顔やせ(えら) 60単位 63,000円 80単位 84,000円
少量の場合 10500円/5単位

chin4.jpg
chin5.jpg

 レディエッセは、へこんでいる部分を持ち上げるFillerの一種。

 持続力が良く、ボリューム感を出すのにはもってこいです。頬のへこみや小さい顎には最適なFillerです。

 一番の欠点は、消す薬がないこと。

 ちょっと気になるから消したいと言う時に、ヒアルロン酸の注入であればヒアルロニダーゼを注射すればすぐ消えてしまう。

  レディエッセは吸収されるまで待たなくてはならない。 自分の顎に注入したら、とてもきれいな仕上がりで気に入ったので、多めに用意してしまい、消費期限が本年3月末までの在庫を抱えてしまいました。

 ご希望の方がおいででしたら、42,000円/1.3ml(税込み) 2本以上でしたら36,750円/1.3mlで注入いたします。在庫限りです。

 レディエッセについての記事は  http://mika-clinic-blog.com/cat65/filler/cat220/

chin4.jpgchin5.jpg 一年ぶりの注入です。

 ヴェリテクリニックの福田Dr.が施術してくれました。(自分で自分の顔に注入しているDr.は偉い!!)

 一番目の写真が今回の施術前2番目と3番目が注入後の6月7日です。

 頤(顎の尖端)に入れると、耳までの距離が長くなり、フェイスラインがきれいになります。フェイスリフトと同時に顎にインプラントを入れる手術って良いのよね。

 今回の頤は、レディエッセを1.3ml注入しました。触った時の感触が、丁度骨膜の上に入れるのでとても自然です。動きにも左右されない。

chin6.jpg

 こうして斜めの写真を拝見してみると、51才の中年女性にしては悪くないような気がする。優しそうに見える。自分が優しいなんて思ったことはないけれど。 

 年に1回注入をして、気になる所を修正するというのは、よいプラニングね。必要な注入量もだんだん減ってきます。

  レディエッセは溶かす薬がなく、動脈の塞栓を起こした場合のリカバリーの手段がありません。頤の正中部分に骨膜に針先を置いて注入すれば安全だろうと思いますが、隆鼻にFillerを用いる時には鈍針の方がより安全だと思います。鼻にヒアルロン酸を注入すると皮膚を透かして、何となく見えて気になる時があります。頤(顎の形成)や鼻では、レディエッセの方が良いかもーー。

 私は度胸がなくて、法令線やマリオネットラインにレディエッセを注入することは出来ません。ヒアルにしてね。

 ヒアルロン酸注入も深めに入れる時には、鈍針(先が丸くて側孔からFillerが出てくるカニューラを使用します。)が安全で良いなと思っています。少し腫れるのは安全を考えれば仕方がないと思いますよ。

 現在レディエッセ1本(1.3ml) 94,500円 キャンペーン中です 在庫限り 7月15日まで

 

mika200707.jpg

chin2.jpg 左が注入2年前、2007年7月の私の写真です。もともと嫌いだった2008年の写真に変わる側面の写真が見つかって良かった。少々髪の毛が見苦しいのは許して下さいね。ごめんなさい。

 

  右はレディエッセ注入直後ーー2009年6月

 エステティックラインがきれい!! 

 

 

 

chin3.jpg
chin4.jpg

 注入後3ヶ月と大体一年後の本日の写真です。

 レディエッセは、骨の基質であるカルシウムハイドロキシアパタイトの注入剤です。キャリアジェルにハイドロキシアパタイトの粒子が浮かんでいる。大体3ヶ月でキャリアジェルが吸収され、その頃から線維芽細胞がコラーゲンを形成し、大体1年半くらいで吸収されるという経過を取る。こちら と こちら 参照

 よく写真を見てみると、注入直後と3ヶ月でvolumeが減少しています。丁度キャリアジェルが吸収されていく期間ですね。

 それで3ヶ月後と1年で比べてみると、吸収の度合いは予測よりも少ない。

 レディエッセは、顎には骨膜のすぐ上に注入します。骨と一体化したような硬度で、表情の動きが不自然に見えることがありません。顎には本当によいFillerだと思います。

 レディエッセ利点欠点

1、骨膜の上に入れる鼻や顎には、極めて自然な形が作れる。触った感触も骨様

2、吸収がヒアルロン酸よりも遅いので、コストパーフォーマンスに優れている。

3、分子量が大きいので動脈の塞栓を万一起こせば、損失は大きくなりそう。(塞栓リスクの高いところは、鈍針がお勧め!!)

4、注入用ヒアルロン酸はヒアルロニダーゼという薬で溶かす事ができます。レディエッセは溶かす薬はありません。

 ところで、美夏Dr.はこの2番目の写真以降Fillerは注入していません。自分では入れられないし、ナースや筑田Dr.からは断られてしまった。それで、一年経った写真を比べてみるとFiller(ヒアルもレディエッセも)よく残っていると思いませんか?

 レディエッセ(1.3ml)注入キャンペーン 通常126,000円の所 94,500円(税込み) 

 7月15日まで 在庫限りです

 

 
profilemikapost.jpg
mika090919side.jpg

Filler (ヒアルロン酸とCaハイドロキシアパタイト、商品名ではジュビダームウルトラプラスとレディエッセ)注入後3ヶ月目の写真です。

左が6月30日 右の写真が一昨日9月17日。

 レディエッセは、最初キャリアジェルと言ってアパタイトの粒子が浮いている基材(matrix)が吸収され、それと共に線維芽細胞が入っていって、コラーゲンを生成して長期間真皮に留まります。

 

写真は少しの角度の違いで、随分表情が変わって見えます。

 

obagimika1.jpg
obagimika5.jpg

 "Every patient hates this program in the first 6 weeks." 

 オバジのnu-dermで一番つらい6週間がいつの間にか過ぎてしまいました。

 今週末と来週末に学会があるので、昨日からトレチノインとエクスフォダームを止めています。

 肝斑は薄くなっており、特に頬骨の上は随分目立たなくなっていると思っています。

 もう12週で消えるところまでゆくか、そしてその場合にメンテナンスをどうするか思案のしどころです。

 ヒアルロン酸とレディエッセも注入して1か月。触った感じは滑らかになり固まりとしては触れません。なじんでなくなっちゃったのかと思うくらいですが、この2枚の写真で比べると明らかに改善されています。

 薬類は大体60gなので、1日1gのクリアをのぞけば、使用量の標準は1日0.5gです。1本で120日3クール分はある計算になります。ふむ、コストパーフォーマンスを考えると随分よい治療です。

  それでは、Obagi nu-derm program が一番力を発揮するのは、どんな場合でしょうか

 それはやっぱり肝斑だと思います。肝斑は身体の中のホルモン状況が皮膚に映しだされているものでしょう。だから再発再燃が極めて多い。勿論フォトフェイシャルもレーザーも(一部の治療を除いて)、効果は認められない。トレチノイン療法は、理論的には結果がでるはずなのですが、統計はとっていないけれどどうやら半分の患者さんは悪化している。(物理的な刺激を受けたか紫外線を浴びてしまったのでしょう。) でもnu-dermなら取れるーーー。(これから証明していかなくてはならないけれど)

 Obagi nu-derm systemであっても、紫外線に当たりすぎたり、物理的な刺激が強い、プログラムの組み立て方に誤りがあるなどの場合は取れない。 nu-dermは、ハイドロキノンとトレチノインの量が多く、刺激によってメラノサイトが活発になってメラニンを生産するようになっても、それに勝る速度でメラニンを追い出してしまう。それがnu-dermの真髄だと思います。

 トレチノイン療法は、繊細な治療方法だと思います。わずかの因子で成績が左右され、結果に個人差があります。このトレチノイン療法で上手く行かなかった人がnu-dermにトライするというのも、お勧めのやり方だと思いました。

 

Radiesse.jpg

 レディエッセは、しわやくぼみを持ち上げる、鼻や顎を膨らます目的で使用する注射による治療です。

 ヒアルロン酸注入やコラーゲン注入と同じタイプの治療。つまりFillerの一種です。麻酔のクリームを塗って1時間ほどお待ちいただき、注射をします。施術に必要な時間は10分程度です。

 吸収されない製剤はトラブル(しこりを作る、形に不満がある、アレルギーを起こしたなど)があれば、場合によって切除する手術が必要です。リスクを避けるためには、吸収される製剤のほうがより安全

 ヒアルロン酸もコラーゲンもレディエッセも、吸収される製剤です。

 レディエッセはジェルの中にカルシウムハイドロキシアパタイトを含みます。このハイドロキシアパタイトって、歯磨きで入っているものがありますよね?形成外科医には、骨の基材としてなじみの深い物質です。特徴を述べます。

1、吸収されるまで1年から1年半と、長時間持続する。(まだ新しい製剤だから、本当の所は分からない)

2、注射するときに、ヒアルロン酸は周辺にすっと広がります。場合によってへこんでいる所に留まっていてくれない。それに比べると、注入した箇所にしっかり留まるので目的が達成されやすい。

3、鼻筋や顎のように骨膜の上に載せると、とても自然です。輪郭形成に向いている。(ヒアルロン酸だと皮膚に注入するので、時に表情で動くのが見える。ぼうっと影が見えるときもある。) 反対に唇では、硬く触るときがあって向かない。

4、注入後1年後の満足度が高い。(吸収が少なくて長持ち し、自然だからなんでしょうね。ヒアルなら1年後には消えているから)

5、ヒアルロニダーゼのように溶かす薬はない。

6、アレルギーを起こす可能性が低い。

 美夏Dr.が注入してみた感想

顎の形はすっきり自然でとてもよい感じ。注入されたレディエッセと実際の骨の間は区別がつかない。 (多分さわっても誰にも分からないーー)

 口角のすぐ横はヒアルロン酸だと横に広がってしまって、なかなかへこみそのものを浮かすのは難しい。レディエッセは注入した場所から移動しないし広がらない ので、形が造りやすい。

 思っていたより随分よい。形成外科医はいつも三次元的にものを見る訓練がされています。立体が作リやすいレディエッセは、とても魅力的です。

 今回法令線にはヒアルロン酸を注入しましたけれど、次回は自分の法令線に注入するときはレディエッセにしようかな。ご希望があれば、違いを知るために私の顔を触って見てね!!

レディエッセ1本1.3ml 105,000円で注入します。  10人限り

 

 

 

preradiessemika.jpg
postradiessemika.jpg
  なんだか忙しくて、記事を書く時間がありませんでした。Filler注入前後の正面写真を出しますね。

 法令線(鼻唇溝)と上口唇に、ジュビダームウルトラ (注入用ヒアルロン酸)があわせて2本、マリオネットライン(口角のすぐ下の小さい範囲)と顎の先にレディエッセ(注入用ハイドロキシアパタイト)を2本(2.6ml)、福田慶三Dr.は注入してくれました。結構多めの量です。

 丸い顔ってchildish って感じ。少し顎の先に入れると顔全体の上下が長くなるので、少し大人っぽい印象になります。(まあ50歳が大人っぽくなったと言って、喜ぶべきかどうかは不明ですが)

Filler注入後 です。顔面下1/3のもたつき感がかなり改善しました。

 だんだん露悪的になってゆくのが怖いーーー。

profilemikapre.jpg

 顔の下1/3が小さいと、子供っぽい印象になります。

 医学部の学生だった頃、つまり30年くらい前、「石井さんの顔って横からみるとまん丸なのね。」と言われたのを今でも覚えているくらい、コンプレックスでした。 三面鏡って大っ嫌い!

 レディエッセというキャリアジェルのなかにハイドロキシアパタイトの小さい粒子が浮いているというFillerがあります。レディエッセは骨膜の上に載せるように注入すると、輪郭形成がきれいに出来ます。

 ヒアルロン酸だと真皮に注入するのが基本。皮膚の動きとともに、注入部位が見えることがある。骨膜の上に注入すれば、もっと自然です。

  ヴェリテクリニック福田慶三先生は、20年くらい前からの知人です。(最近はお師匠さんかな) お願いして注入してもらいました。顎はレディエッセ、上の唇はジュビダーム(ヒアルロン酸)

 

profilemikapost.jpg

 もともと鼻の下が長いと気にしていたので、 「上の唇に入れたら良いと思うよ」って福田先生に言われた時には、唐突な感じがしました。でも前後の側貌でみると、鼻の先端から顎のラインがきれいになっていて、どうして上唇に注入を勧められたのか、よーく理解できます。

 本当は、福田先生が得意としておられる鼻柱延長をして、鼻の上下を長くして上向きの鼻をもう少し下向きにし、鼻筋もゴアテックスかシリコンでインプラントすれば良いのでしょう。なかなか顔の形を整える手術をしてもらうほどのガッツがありません。

 わたくしと同じく手術を受けるガッツはない。でもいずれ吸収されてしまうのは、より安全なのよって思える人は、レディエッセは良い選択肢の一つだと思いますよ。

 レディエッセ 1本1.3mlの注入で105,000円 10名限り 通常価格 126,000円の予定

レディエッセは、吸収性のFiller(皮膚を持ち上げる注射)です。メーカーのふれこみでは、1年半くらい長期で持続するそうです。詳しくは明日以降お話しますね。

 いや、何回見直しても上の写真が1年まえですが、とても疲れていてあまりにも老けている。宣伝材料としては良いけれど、私としてはもっとましなのを出したいと思って探したのですが、ない。 ちょっと無念だ!!

 

 

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちレディエッセカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはリデンシティです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。