脂漏性角化症の最近の記事

 しみには色々種類があります。脂漏性角化症は、少し皮膚平面より出っ張っている、だけどほくろではないしみです。色がほとんど肌色で目立たない人から、黒っぽい場合までいます。
 40歳過ぎるとみんなどこかに持っています。でも多い人と少ない人がいます。どうやら遺伝性があるのか、このしみが多い家系があります。

 白ゴマ(または黒ゴマ)が皮膚に乗っているような、皮膚と接着している面積が小さいのは、スキンタグとかアクロコルドンと言います。商品の値札などをタグといいますね。皮膚についているタグ。そんな感じ。
 この場合は、はさみでちょんちょん切除するのが一番きれいに仕上がります。(おうちのはさみでやらないでくださいね。)

 皮膚にくっついている部分の面積があるものは、炭酸ガスレーザーが一番簡単。
 エムラクリームまたはペンレステープという局所麻酔薬を塗るか貼って1時間待ちます。この1時間でレーザー照射の痛みが本当に軽くなります。全く感じない人もいる。痛みに強い人は面倒くさがり屋ナースのように、麻酔なしでもok。

面倒くさがり屋ナースが炭酸ガスレーザー体験談を書いてくれました。読んでね。照射後の写真付きです。
http://mika-ns.jugem.jp/?eid=305


 照射後の痂皮が目立つのが嫌な場合には、照射直後に痂皮部分を除去して、創傷被覆剤(ハイドロコロイド)で覆うやり方もあります。広い面積にたくさんの時には、痂皮そのものを被覆剤にしておくほうが、いいかなと思っています。
 また反対にひとつのしみの面積が大きい場合(5mmを越すようなもの)には、ハイドロコロイドで覆ってお帰りいただきます。面積が大きいときには、やはり炎症後色素沈着が起きるので、実際にきれいになるには時間がかかります。

 黒ゴマくらいの大きさでしたら、お顔や首の脂漏性角化症で炎症後色素沈着が起こる人は10%くらいで、痂皮がとれた直後からきれいになる人のほうが多いですよ。

posted at 2007/02/23 18:56 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち脂漏性角化症カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは肝斑です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。