トランミンの導入の最近の記事

 idealskin2.jpgお久しぶりです。暑い夏になりそうですね。

 皆さま、お変わりなくお元気でお過ごしですか?  私は元気です。プライベートやスタッフの休暇等で忙しく記事がなかなか書けませんでした。チェックしていて下さった方、ご心配下さった方、ありがとうございます

 夏の紫外線対策、肝斑対策は、ビタミンCとトラネキサム酸が基本です。照射の治療もトレチノインも、メラノサイトを刺激して肝斑が目立ってしまう事があります。穏やかで炎症を抑えるタイプの治療の方が良い。

 今でもお日さまが顔をだすと、じりじりとお肌が焼けるようです。お肌の色がみな一様に夏のお色になってきました。 皮膚は紫外線対策でメラニンを作って黒くなります。

 日焼けしたお肌の回復に、健やかな皮膚を保つために、夏の肝斑対策にイオン導入でビタミンC、Aとトラネキサム酸の導入をお薦めします。トラネキサム酸は炎症を鎮めてくれます。トラネキサム酸を内服出来ない人も安心安全です。いつものイオン導入に+2000円で追加していただいてもOKです。

Wイオン(モイジェルとトラネキサム酸のWのイオン)、WCイオン(Cクエルとトラネキサム酸のWイオン)をお値打ち価格で提供します。5回のセットで税込価格でそれぞれ25,500円、29,000円、(15%超割引) 8月末まで

イオン導入の説明 http://mika-clinic-blog.com/2007/06/post-80.php

トラネキサム酸イオン導入の説明は 続きで

hanamizuki.jpg3月末からくるくる寒い日暑い日、落ち着かない天気でした。日本は温帯の気候ではないし春や秋はなくなって、冬と夏しかなくなっちゃったのかと思っていました。

 でもようやくお天気も良く、春らしい日が続きましたね。

 飼い主であるはずの家族に構ってもらえないヨークシャーテリアと散歩していると、モクレンやこぶしやハナミズキなど花がいっぱい。色もさまざまでとても綺麗です。花粉の量も減ったのか症状が少し和らぎ、本当に美しい春と、嬉しくなります。

写真は井の頭公園自然園分園の前です。

私は54歳となり、そろそろ肝斑が薄くならないかなって期待しているのですが、まだ残念ながら残っています。色調は2-4月にレチンとハイドロキノンを使っていたので、薄くなって、皮膚のハリはあります(多分)。

ビタミンC 紫外線を浴びる時期には、化粧品やイオン導入や食品でビタミンCをしっかりとりましょう

紫外線を浴びると皮膚は活性酸素が作られて、光老化するの。しみばかりでなく、も作ってしまう。ビタミンCは細胞修復能力があるだけではなくて、強力な抗酸化物質だから、紫外線の強い時期にはしっかりめにビタミンCを摂取するとよいのね。化粧品では脂溶性ビタミンC誘導体(Cブースト)が肌からの吸収は良いの。

皮膚に塗るより4-10倍吸収が良いというのがイオン導入です。イオン化して皮膚のバリアを越してビタミンや水やトラネキサム酸を皮膚の奥へ導入する治療です。そのビタミンCと 肝斑や赤みを抑え鎮静作用があるトランサミンをイオン導入する治療は、とても健康的で穏やかな治療です。

季節限定のお値引中です。イオン導入 【5月末まで】
セットは4回分の一括支払で、5回のセットです。5月末まで10%お割引します
またご希望の方には、モイスチャージェルのイオンに代わり、Cクエルのイオンにさせていただきます 

 

idealskin2.jpg

 ご無沙汰しておりました。

先月7月、リニューアルされて戻ってきました面倒くさがり屋ナースです。

一部の患者様から「出戻りナース」と呼ばれているとかいないとか。

 今回、先生の大切なブログをお借りしてまでみなさんにお知らせしたいことがあります。私がお休みをいただいていた間、美夏クリニックはとんでもないモノを3つも導入しておりました!3回シリーズでご紹介していきます。

 今回の記事は、最近お手入れさせていただいている中で、その効果にとても感動しているものからご紹介を!巷をにぎわせているあの・・・

「トラネキサム酸」のイオン導入です。

特に最近では「トランシーノ」という肝斑対策の飲み薬や資生堂のHAKUのCMで認知度が高くなってきている「トラネキサム酸」。情報通の方にはかなり浸透しているようです。

(こちらのブログのハウツーが飲み込めず、ちょっと読みにくいかもしれません。久々のブログでして、広い心で読んでいただければありがたいです。では続きからどうぞ)

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.2.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちトランミンの導入カテゴリに属しているものが含まれています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。