赤ら顔、血管拡張の最近の記事

 前回の続きです。

 脂漏性皮膚炎は皮膚の常在菌であるマラセチアが、発症因子なのか増悪因子なのか議論があります。言い換えると、マラセチアが原因であるのか、たまたまマラセチアの多い時に脂漏性皮膚炎が起こりやすいのか、結論が出ていません。

 でも抗真菌剤を治療に用いると症状が良くなる場合が結構あります。春になると脂の分泌がよくなるのか、生え際から額、眉の頭の部分、鼻と鼻の左右が赤みを帯びてざらざらし、場合によって小さめの赤みが強い小さいにきびが出来る方がおいでです。このような時に抗真菌剤が割りに結果がよい。

美夏Dr.が考えているポイントは、1日に2回塗ること、お顔であれば3週間、頭皮ならば4-6週間続けること、マラセチアの好む脂分を化粧品などで足さないことの3点です。

 

max.jpg

 ところで顔に脂漏性皮膚炎があるときに、美容皮膚科的治療をすることがあります。

 脂漏性皮膚炎があって毛穴が開き気味の患者さんに、ヤグレーザーによるカーボンピーリングをします。カーボンローションは毛穴にやや詰めるようにして塗布し、1064nmの波長のヤグレーザーを10Hzくらいで照射します。カーボンにレーザーがあたると熱が発生し、毛穴が収縮し、多分その熱でマラセチアも減るのでしょう、結構きれいな皮膚になります。

 カーボンピーリングでは音にびっくりなさる方がおいでですし、炭火焼き鳥のにおいだと言われることもあります。そんなに痛い治療ではありませんので、結果が良かった方は3-4週に1回くらいで続けてみることをお勧めします。

 赤みが強い場合には、IPL(光治療)もよい。IPLであっても、光のエネルギーは色に反応して熱が出ます。その熱が血管を収縮させ赤みを減らすのと同時にマラセチアも抑えているように見受けられます。美夏クリニックで使用している光治療器=IPLは、メディラックスとルミナスワンのフォトフェイシャルファーストの2台です。

 抗真菌剤で良い結果が出ますので、無理をして美容皮膚科的治療をする必要はありません。でも抗真菌剤でかぶれてしまう人や毛穴や赤みを減らしたい人には悪くない選択肢でしょう。

 ただ、赤ら顔の赤は血液の色です。血管は炎症が続けばすぐまた拡張して赤みが復活してしまいます。こすらないように、炎症を起こさないようにするケアが必要です。写真はMAXとよばれるヤグレーザーです。この機械を使用したレーザーピーリングをmaxピーリングとかスペクトラピーリングと呼ぶ場合があります。

以前書いたレーザーピーリングの記事はこちら 美夏クリニックブログにアップしなおしました。

ついでに毛穴の治療はこちら どちらも傷になってしまった毛穴の治療ではありませんよ。

idealskin2.jpg

 予告しておりましたのに、アップできていなかったケミカルピーリングとトランネキサム(トランサミン)とビタミンのイオン導入のお試しキャンペーンのご案内です。

 1回の価格やセットの価格をスタッフが頭を絞って考えてくれました。

でも、とりあえずお試しってのが良いのではと、コメド処置のない普通のケミカルピーリング+イオン導入(トランサミンとマルチビタミンのWイオン導入)で、1回限りですが、税込み8400円(通常11550円)ですって。4月11日まで。

 セットではケミカルピーリング+Wイオンを2回とWイオン3回(ピーリングなし)で、39900円です。

 このコースは2ヶ月これでやると良いよって感じですね。ケミカルピーリング+Wイオンはセットで5回で4回分の値段になるのかどうか聞いておくのを忘れました。確認しておきます。

価格表はこちら ちょっと下の方でごめんなさい

ついでに、ナースF嬢がケミピしてWイオン導入してもらった感想です。(性格が出ていて箇条書き!)


1、ケミカルピーリングの効果で肌のつるつる感が出る
2、ケミカルピーリングの後にトランサミンを入れるので、より導入効果が得られる
3、全体に色白になり、肌が2トーンは明るくなった。(直後から実感あり)
4、ビタミンACEのイオン導入(モイスチャージェル)もするので、肌が元気になり保湿されてもちもちしていた
5、化粧ののりが良い
6、くすみが取れるので、肌つやが良くなっていた
7、リスクがないので、続けてゆけばとても良い肌になりそうだと思う。(コースでやるとより実感出来そう)

だそうです。どおりで最近スタッフの数が足りないと思うと、イオン室でお互いにイオン導入のやりあいっこをしている訳ですね。

 ちなみにF嬢は、クリニックに来た当時はなんだか毛穴が目立つ赤ら顔---と思ったのですが、こすらないケアとトレチノインとイオン導入で、最近では患者さまからきれいな肌ですねって誉められている。人は誉められるとさらに努力するので、赤みがずいぶんと和らぎ、特に頬の毛穴が縮小し、何よりも肌理が細かくなりました。

イオン導入のブログページはこちら

 

 ちなみに筑田Dr.ですが、2個ステントを入れたそうです。合わせて右枝だけで4個になってしまいました。可哀想に。外科系の美夏Dr.はいざというときにCABGでつなぐ場所があるのか思わず心配しちゃいます。元気が無くて気の毒でした。明日か明後日退院予定です。患者さまの皆さま、ご心配かけてごめんなさい。

ルミナスワンのフォトフェイシャルファーストの写真を、ルミナス社からお借りしてお見せします。フォトフェイシャルファーストは光治療器のなかで、最初に開発されたルミナス社の機械の最上級モデルです。光治療は色々な色が混在している方に適応があります。今回は赤みの目立つ方にIPL(フォトフェイシャル)で治療した例です。

照射前

prephoto2.jpg
照射後

postphoto2.jpg

 

 

 

 

 

 

赤みは血液ー赤血球の色です。血管はくもの巣?ありの巣?のように身体の中をはりめぐらされています。その赤い色に吸収される波長の光を選んで照射すると、血管の赤いところで熱が発生します。それで血管が収縮して少しずつ赤みが取れてゆきます。

治療上最も大事なことは、赤くなるような疾患や生活習慣がないかどうか診断し、再発しないようにすることです。血管が拡張するから赤くなります。血管が拡張するのは、どうしてでしょうか?その場所に酸素を多く供給しなくてはならない何かがあれば、当然身体は血管を拡張して血液が多く流れるように働きます。

1、接触性皮膚炎や脂漏性皮膚炎などの湿疹や他の疾患が隠れていませんか?
2、スキンケアで皮膚を刺激していませんか?洗いすぎ保湿しすぎやメイクで赤くなってしまっている方をよく拝見します。
3、赤くなりやすい皮膚の性質をお持ちの方もおられます。

 レーザー治療も光治療も赤い色に反応する波長を選び、赤い色に照射されると熱が発生して、赤みを取ってゆく治療方法です。皮膚が酸素を一杯必要とする状況(つまり刺激か原疾患かで炎症が起こっていると)だと、身体は治療後も酸素を供給するために血管を拡張します。それが身体に必要なことだからーーー。身体からみれば治している訳です。(患者さんから見れば再発ですけれどーーー) 


 是非赤くならないスキンケア指導を受け、適切な治療をした上で、赤みを取る治療を受けてくださいね。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち赤ら顔、血管拡張カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは脱毛です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。