ディフェリンゲルの最近の記事

comedo4.jpg

 ディフェリンは、もともとトレチノイン(レチノイン酸、ビタミンA酸、レチノイド)の副反応である 赤くなる、乾燥する、剥ける という現象を抑えた薬です。

 矢印の黄色い部分が脂腺。脂腺で作られた皮脂は毛穴を通して赤い矢印から排出されます。その排出がうまくいかず、毛穴に脂と角化物がたまったのがcomedoです。ニキビのもとですね。

 トレチノインもディフェリンも、基底膜という皮膚の細胞が細胞分裂するところに働き、新しい皮膚の細胞をたくさん作ります。そうすると、たまった皮脂comedoは、8-12週かけて細胞分裂にともなって少しずつ上へ上へと押し上げられ、最終的には排出されます。

 これらの薬には、他の細胞に対しても新陳代謝を良くする作用があります。つまり、血管を新生するので赤くなる、繊維芽細胞を刺激してコラーゲンをたくさん作る。

それで、美夏クリニックでの経験則です。先ほどの副反応の 赤くなる、乾燥する という現象は、主作用のcomedoを排出する作用の強さとパラレルです。言い換えると赤くなり乾燥するほど、早く良くなるーー。

 でもね、乾燥しすぎてかぶれちゃう(刺激性の接触性皮膚炎)になっちゃうと、やりすぎなの。

 使用している方への現実的かつ実際的な注意

1、2-3月かけて改善する薬なので、すぐには良くならない。それどころか深いコメドcomedoが浮いてくるので、場合によっては3-5週くらいだと、悪くなったように見える

2、赤みや乾燥はある程度は仕方がない。とくに口の周りは渇きます。動くから、地震の時の地割れみたいになっちゃう。(口の周り塗っていないのにーーっておっしゃいます)

 口角や眼尻が切れてくるとか、痒くて夜搔いているなんて言うときには、外来受診をした方が良いと思います。美夏クリニックでは、赤みや乾燥がはっきりしてきたら、2週間は1日おき(隔日)に1回塗るようにしてねと、お話しています。それでも使えない人が、10%くらいはおいでです。どうぞ無理なさらないで、主治医とよく相談して使って下さいね。

3、もともとトレチノインやディフェリンは、肌荒れしやすい薬なの。間違ったスキンケアをしたままでは、うまく使えない。ファンデの選び方、洗顔の仕方、保湿剤の使い方をよーく主治医やスタッフにお聞きになってくださいね。(洗いすぎるな、こすりすぎるな、に尽きますけれど)

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちディフェリンゲルカテゴリに属しているものが含まれています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。