レチノールとトレチノインの最近の記事

RTcream.jpg

お肌の若返りと言えば塗るビタミンAと私は考えています。
最近成長因子を入れた化粧品がかなり出回ってきました。私は、新しいものに飛びつくのは苦手。サーモン由来の成長因子とか言われても、アレルギーが大丈夫かな、他にトラブルないかしらと心配になります。ちゃんと効いていること、トラブルがないことが医療の世界で確認されてから、導入しようと思います。そう思っているので、相変わらずビタミンA。
ビタミンAのお薬としては、トレチノイン(レチノイン酸、レチン、ビタミンA酸)とアダパレン(ディフェリン)があります。化粧品ではレチノール

クリニックでは、エンビロンのAブーストを長い間採用していましたが、消費期限が三か月なので在庫がおけず注文で取り扱っていました。

今回ジェイメックのRTクリームというレチノール含有化粧品を使ってみました。常温保管で期限が長く結構便利です。皮膚のハリが良くなって、患者さんからつやつやですねと誉められます。トレチノインを用いた治療前後のメンテナンスに良いと感じました。レーザーやフォトフェイシャル前後も良いと思います。使い勝手をご存じない方は紫外線の弱い期間の方が使いやすいと思います。0.5%と1.0%とありますので、試してみたい方は診察時におっしゃってください。キュテラさんのスキンブライトネックスという美白剤との組み合わせがお薦め出来そうと、試している最中です!

mika627!.jpg

 レチノイド反応がおさまって来ました。 6/26の写真です

 今週の前半はぼろぼろ皮膚は剥け、赤みが出たかとおもうと、黒くなっていました。一体どうなるのかと思いながら週末を迎えました。
 トリプルAジェルは本当にレチノールなのか、本当はトレチノインが入っているのではないか、またはレチノールでもトレチノインなみに力価を求めることが出来るのかーーー。

 右の頬の赤みが分かりますでしょうか?笑うと頬はシワシワ。皮膚科でおいでになった患者さんにスキンケアの話をしていて、恥ずかしくなりました。 

triA0630.jpg

左がおとといの28日、黒いうろこみたいに皮膚が剥けて、まだらです。

この日と昨日の夜は、入浴すると一皮剥けたように手に垢のようなものが残りました。
 右が本日30日。カサつきと乾燥、剥けは治まってきました。


3週ぶりの患者さんに、先生頬が締まったみたい。何かやったでしょうと追求されました。あと4週くらい塗ったらどうなるのでしょうか?楽しみですねえ??

 今のところの感触は、 オバジのnu-dermは1日に1-2回くらい剥けて真っ赤になってしまうのよりは、かなり弱い。
 トレチノイン療法で、やや反応を出すくらいのトレチノイン量にして、頑張っているのと同じくらいかな

という所です。ひょっとすると世の中で一番安価なトレチノイン療法かもしれないーーー。結果をお楽しみに!!

 一昨日ダイエットの話をしていて、顰蹙ものですが、
サーティーワンアイスクリームがダブルの金額でトリプルというセールをしています。吉祥寺ではヨドバシカメラが新装開店。ウインドゥショッピングの後、思わず暑くてサーティーワンに行きました。カップはテイクアウトが可能。自宅で半分頂戴してしまいました。ダイエット中のアイスクリームはこれまた禁断の味でとても美味しかった。

情けない!!

posted at 2007/06/30 18:27 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

HQ+triA!.jpg

 エンビロン社に、トリプルAジェルに入っているレチノールとトレチノインの力価などの比較を質問を致しました。残念ながら、はっきりしたデータや論文はお示しになれませんでした。

 ただ、トレチノインを処方している場合、レチノイド反応が強く出ている方ほど、治療効果が高いと臨床的に感じていますので、レチノールであってもレチノイド反応が出ていれば、効果が期待できる可能性が高いと思います。

 ここが重要なのですが、効果があるということは、副反応副作用の可能性があると言うことです。 効くということは、作用していると言うことですから。

つまりトリプルAジェルを使用するには
1、紫外線対策が必要です。
2、ハイドロキノンを併用したほうが安全性が高い
3、痒みや湿疹が出現したら、皮膚科の治療が必要です。

 左がトリプルAジェル、右が1.9%ハイドロキノン(ジェイメック)です。

 今から夏、紫外線は強く、汗でサンスクリーンの流れてしまうときのケアとして、この組み合わせはお勧めできるかもしれません。

 美夏クリニック http://www.mika-clinic.com では、トリプルAジェルを化粧品としてカウンターで販売することは難しいと思っています。ご希望の方は診察を受けてくださいね。

 心ならずも肝斑持ちとなってしまった美夏Dr. 何とか薬を使わないで、肝斑をコントロールする方法がないかと、トライしています。
 ハイドロキノンやトランサミンは、メラノサイトの働きを抑えることで、しみ治療になっています。結局使っているうちは良いけれど、中止すれば再発再燃してしまう。

 仕方がないので、トレチノインやハイドロキノンの量を化粧品並に減らそうと言うのが、この組み合わせです。確かに両方とも分類上化粧品です。

posted at 2007/06/22 14:44 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

mika-local0625!.jpg

 トリプルAジェルを塗り始めて大体2週間、週末から更に剥けて来ました。

 見苦しい顔で申し訳ありませんが、アップの写真を出します。本日1時間前の写真です。

 顔は全体的に赤みを帯び、お湯や保湿剤を塗るだけでヒリヒリします。痛かゆいのは、オバジのクリームプログラム(ニューダーム nu-derm)のときと同じ。

 細かい皺が目立ちます。口角は皮膚が日焼けのときのように剥けてきて、その外側の皮膚は色(肝斑)が抜け始めています。

 写真には出ていませんが、フェイスラインの下は一皮剥けて、痒いものだからつい触ってしまうらしく、1列大体1.5cm幅で赤く傷ではないものの、やや生々しい皮膚になっています。

uvblock!.jpg

 いやあ、洗顔後や入浴後は結構痛い。

  レチノイド反応がこのように出ているときに、紫外線にあたると1時間で肝斑は真っ黒になります。注意しなくちゃね。

  私の場合、ドーランタイプのこのノブのUVスティック  

 

 

 

 

hat3.jpg
その上にこちらの帽子  できれば、こんなになっちゃった時には、アウトドアはあきらめて、プールで泳いでいるのが、正解ですけれど。 posted at 2007/06/25 19:05 | kojitomika | permalink/全文表示 | 2007/06/22

 トレチノインというビタミンA酸の薬を、ニキビや若返り、漂白に処方しています。この薬は同じ量、同じ濃度でも、効き方に個人差があります。
 データがないのですが、レチノイド反応が強い人ほど、主作用であるニキビや漂白にも早く効くと臨床的に考えています。

レチノイド反応とは何か
「肌に赤み、ほてり、痒み、乾燥、ヒリヒリ感、ニキビの一時的な悪化」
をさします。

 昨日の美夏Dr.の口の周りがかさかさ剥けていましたね。トリプルAジェル(レチノール)によるレチノイド反応です。

Scan10014.JPG

 こちらは、美夏DR.の右目の横です。薄いかさぶたのように皮膚がぼそぼそしています。皮膚全体がやや赤く、ヒリヒリし、かさついています。場合によって赤黒くみえる。写真に良く映し出されているでしょうか?

  レチノールという化粧品配合のビタミンAでも、トレチノインでも、同じようにレチノイド反応が出現しています。
ということは、トリプルAジェルはレチノール入りの化粧品なのに、力価としては薬なみでしょうか?

  nu-derm は、Dr.オバジのニューダームまたはクリームプログラムと言います。トレチノインとハイドロキノンを強力に使用し、皮膚をリセットする私の知る範囲では最強のプログラムです。このnu-dermなみにトリプルAジェルでもレチノイド反応が出ています。

 美夏Dr.の顔に丁度昨日レチノイド反応が出現し、ブログネタがあってよかったです。分かりやすいようにアップで出してみました。結構なものですよね。今日も写真を撮っておこう!!

 posted at 2007/06/14 08:41 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

 トレチノインとレチノールは、同じビタミンAの製剤ですが、薬と化粧品の違いがあるとされています。つまり、レチノールでは眼に見える効果は期待できないのでは、というのが医師の間のコンセンサスです。

 レチノールってどうなんですか?という問いには、「化粧品として、私はお勧めです。」って言うのが私の公式見解 

Scan10013.JPG

美夏クリニック http://www.mika-clinic.com では、開院以来エンビロンの化粧品を取り扱っています。その中で、今回トリプルAジェルというのを試して見ました。

 

Scan10012.JPG

ところが使ってみたら、レチノイド反応が出る。かさつきや赤み、ヒリヒリ感などーーー。

ちょっと恥ずかしいが、私の口の周りです。

 副反応がでるということは、本来の反応も出るのでは?
       明日に続きます。


posted at 2007/06/13 18:50 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.2.1

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちレチノールとトレチノインカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはルミナスワンです。

次のカテゴリは女性の薄毛治療です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。