マドンナリフトの最近の記事


madonna3.jpg炭酸ガスフラクショナルレーザーは、削る(ablative)波長の炭酸ガスレーザーをお花の剣山のように照射する治療です。写真の白い水玉が分かりますか?照射直後はこのように白い。翌日になると黒いかさぶたになっています。ドット状に照射するレーザーをフラクショナルレーザーと言い、炭酸ガスの他にエルビウムグラスやエルビウムYSGGなど波長の違う機種もあります

madonna2.jpg

 炭酸ガスレーザーも、メーカーにより少しずつ特徴があります。当院で導入したデカ社のマドンナは、下の図のように熱がこもりやすく、その分引き締め効果があります。サーマルエフェクトゾーンという部分がそれにあたります

レーザー光の出ている時間や出力、また深さなど、マニュアルタイプのレーザーなので設定が自由に変えられる(患者さんのニーズに合わせやすい)のも特徴です。

madonnalift1.jpg
1年ほど前にデカ社のフラクショナル炭酸ガスレーザーを導入しました。お花を生ける剣山のように点々と炭酸ガスレーザーを打ち込みます。マドンナリフトとも呼ばれます。
フラクショナル炭酸ガスレーザーは、エコツーはじめいくつかの機種があります。

マドンナの特徴は、熱がじわりと入る、比較的浅い層で削っている(深くも可能)、設定がかなり自由なので使い方に巾がある。の三点です。
熱が入るのは、皮膚の引き締めに効果的ですし、反面入れすぎれば(パルス幅を長くすれば)ダウンタイムが長くなります。
ニキビ跡と毛穴には、他の機械では出せない結果がでるので、魅力的です。

大体3-5日かさぶたが付き、2か月毎に数回が標準的な治療ですが、当院では半年に一回の人もいます!ニキビ跡には、瘢痕の角をTCAピーリングか普通の炭酸ガスレーザーでなだらかにする治療と併用する方が良いと思います。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.2

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちマドンナリフトカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはobagi nu-dermです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。