ルミナスワンの最近の記事

luminashead.jpg

 ご要望が多いフォトフェイシャルファースト+レーザー照射の治療のセットのお割引を再開します。 4回で10万+消費税です。

 スキンケアセットの割引も延長します。5回で52,000円+tax 

4回で10万+taxの方は、私か江原先生による照射で、Qヤグや炭酸ガスレーザー、ロングパルスヤグレーザー、フォトのスポット照射との複合治療です。照射後にイオン導入をさせて頂いています
5回で52,000円+taxは、お顔全体をフォトフェイシャルファーストまたはレーザートーニングをして、イオン導入をしています 光治療かレーザートーニング のいずれかを毎回選択可能です

 スタッフや患者さんからは、イオン導入も割り引いて下さいと希望が出ています。大盤振る舞いですね、、、 イオン導入はまとめて4回分のお支払い頂くと5回できます。そのセットを10%割り引いて と、事務長から依頼がありました。

いずれも4月末までです。

画像はルミナスワン(ルミナス社のレーザー複合機)のフォトフェイシャルファーストのヘッドです。

美容の治療は、機械や薬が厚生労働省の認可が下りるのを待たずに行われています。でもルミナスのフォトフェイシャルはやっと認可が下りた。一般的によく使われて10年以上経ってやっと認可されるのね。感慨深いし、象徴的ですね。
lily.jpg

季節限定でルミナスワンの割引をします。4回セットで105,000円です。1月15日まで

美夏Dr江原先生が、ルミナス社のフォトフェイシャルファーストとレーザー照射を組み合わせて しっかり照射するルミナスワン治療。ルミナスワンに同時に搭載されているロングパルスヤグレーザー、MAX社のQスイッチのヤグレーザー、場合によって炭酸ガスレーザー(数に限度があります)を同時に、照射します。照射の後は、穏やかに冷やしながらイオン導入をして、照射でひりひりしている皮膚を休めます。

 肝斑のある患者さんは、トラネキサム酸やビタミンCの内服、ハイドロキノンの外用で併用療法を1か月前から使った上で、照射する方が綺麗になります。

 フォトフェイシャルベイシックでは、原則細かい光やレーザーの重ねうち照射(スポット照射)は致しません。お顔全体を一巡するふつうの光治療になります。照射するショット数がベイシックとルミナスワンでは2倍以上なの。(ネーミングは院内命名法よ)

10月17日から開催されていた美容外科学会は、会場が少し閑散とし活気に欠けていた感じがしました。機械による美容外科治療も如何に基本的な治療をきちんと行うか、成熟期に入ったという印象がありました。丁寧に丁寧に治療するのが大事です。

ルミナスの照射をして、一年のメンテナンスはオーソドックスですが、素敵な治療方法だと思います。
補助療法として飲み薬や外用薬を併用なさると肝斑が悪化したり、炎症後色素沈着を起こしたりするリスクは分散されます。

内服のトラネキサム酸や外用のハイドロキノンなどリスクをどう取るか、とても微妙だと思います。私は、筑田Dr.が心筋梗塞で治療している過程を見ております。だからトラネキサム酸を長期で処方することは、あまりお薦めしていません。でも内服していらっしゃる患者さんの方が、治療成績が良いのは確かです。
一方ハイドロキノンはかぶれることもあるし、刺激もあるし、白く抜けることもある。比較的安価です。
ルミキシルは刺激感が少なく、メラノサイトに対しての細胞毒性もありません。

luminashead.jpg

 ルミナス社のルミナスワンはとても素敵!フォトフェイシャルファーストという数ある光治療器の中で最も自由に設定ができます。ちょっと高額な機械で治療費も高くなりがち。なかなか手が届かなかった方もいらっしゃると思います。

 今回2通りの照射でもっと身近なフォトフェイシャルをめざしました。

 1、美夏Dr.よってしっかり照射する。31,500円/回 イオン導入こみ 赤ら顔から血管拡張、しみにしっかり照射

 今までと同じように医師が、ルミナスワンのもう一つのハンドピースロングパルスヤグレーザーフォトのスポット照射MAX社のQスイッチのヤグレーザーを同時に、ルミナスワンとして照射します。

 肝斑のある患者さんには、トラネキサム酸やビタミンCの内服、ハイドロキノンの外用でちゃんと下準備した上で、照射する方が綺麗になります。

2、お顔全体一周照射  10,500円から15,750円/回 フォトフェイシャルファーストを  美夏DR.の指示に基づいて、お顔全体を一巡します。 (イオン導入は別となります)。

 フォトフェイシャルベイシックでは、原則細かい光やレーザーの重ねうち照射(スポット照射)は致しません。お顔全体を一巡するふつうの光治療になります。ちょっとエステティック! でも、この部位は赤ら顔を抑えたいのとか、この部位は脱毛モードの光で照射してね、とか美夏クリニックならではの柔軟性は保ててます。

隣でナースが、「センセ、イオン導入絶対やった方が良いのにね。。。今回別なんですって」とぶつぶつ言っております。「患者さんにもご予算があるからね。。。選択肢が多い方がよいでしょ?」と説得しました。分かった、それでは12月末までのキャンペーン期間中、フォトフェイシャルと同時にするイオン導入3,150円でやりましょう!

 いやいや美夏Dr.に思う存分レーザーや強いスポット照射も一緒にやって欲しいわという、ダウンタイム覚悟の方々へもキャンペーンが待っております。 4回で105,000円(通常126,000円)ですからかなりお得ですよね。。。 しっかり照射しますので、下準備の内服外用治療はしておいていただいた方が良いと思います。

秋のスキンケアのシーズン第一弾です。 

美夏クリニックには、もう一台パロマー社のメディラックスというオートマティックタイプの光治療器がありました。そうなんです!!ついに4台のハンドピースを使いつくし、このたびその役割を終えました。それでもう一台光治療器を購入するよりも、素敵なフォトフェイシャルファーストを更に使いこなすことにしたの。。。

 レーザーも光も機械なので、場合によってご機嫌が悪くなることがある。メンテが必要な場合のバックアップ機械がないのは、少々不安ですが。。。

キャンペーン期間は、12月末まで

内容は、1、お顔を一巡するフォトフェイシャルベイシックは、追加3,150円でイオン導入が同時に受けられます

2、美夏Dr.照射のルミナスワンは、4回105,000円でさせていただきます

Lumenis1machine.jpg

  震災からおよそ3週間経ちました。

 福島原子力発電所の事故はおさまってゆく見通しがないし、復興は長期戦でしょう。

 現地からの中継を拝見すると、復興にはお金が必要だなあって思います。

 井の頭公園のお花見は中止ですし、まだ電車も間引きだったり、築地の市場も魚が売れず困っていたりしています。普通の生活に戻して、経済力をつけないと、復興への道は更に遠くなってしまいます。

 少しでも笑って明るく生活し、頑張った分を被災地に送ることが良いと思います。

ルミナスワンのチャリティキャンペーンをします。

 雀卵斑(そばかす)や紫外線によるしみ、ひふの透明感や張りを出すための治療として、定評があります。

 1回 26,250円(定価31,500円) でその内5,250円を義援金とさせて頂きます。日本赤十字社に東日本大震災の義援金として送らせて頂きます

 

 

luminashead.jpg

 ルミナスワンのメリットは、

1、日常生活への影響が最低限である。お化粧や洗顔などはもちろん可能ですし、テープやガーゼも必要がない。

2、はっきりとした結果が出る。

3、赤い色、茶色や黒い色の両方治療できる。赤い色が治療できるのは素敵!!

4、お顔全体の治療が可能

デメリットは

1、確実性はレーザーより劣る。2、痂皮がつくことがある。3、炎症後色素沈着が起こることはある(レーザーに比べれば少ない)4、複数回の治療が必要

 お顔のなかに、さまざまな色がある方にはとても良い治療だと思います。

 肝斑の方の治療としては、1か月前よりトラネキサム酸、ビタミンCの内服とハイドロキノンの外用(塗る)が必要です。
 紫外線量が多い時期になっています。日焼け止めや帽子、日傘など紫外線対策をした上での治療がお勧めです。
 

postphoto1.jpg

prephoto1.jpg

 「フォトフェイシャルファーストのお試しキャンペーンをしてね」というリクエストにお応えします。

 ルミナスワンは、三位一体型のレーザー複合機です。フォトフェイシャルファーストという光治療器の最上位機種と、ロングパルスヤグレーザーとアルマ(RF)の3つのハンドピースが搭載されています。

 お顔の色の治療ーーしみの治療、顔の赤みの治療ーーとして活躍します。

 特徴は、テープやガーゼを貼る必要がなく、治療が比較的日常生活に支障がない のに結果が出やすいこと。大体3週間から1ヶ月に1回繰り返し照射して、少しずつ赤や茶色の色を薄くしようという治療です。 

 今回は、初めてお受けになる患者さま限定ですが、美夏Dr.が丁寧にフォトフェイシャルファースト+ロングパルスヤグレーザーを照射し、イオン導入をして、21,000円(通常31,500円)です。(クリニック初診の方は、初診料4,200円が加わります。ごめんなさい)

キャンペーン期間は、11月末で終了しました。次回を待っていてね。

ちなみに重ね打ちやロングヤグレーザーなしでの照射は、いつでも21,000円です。設定を美夏Dr.がして、看護師照射になります。

 

Lumenis1machine.jpg

 ハイドロキノンイオン導入トランサミン内服などは、よい結果の出にくい肝斑ではメインの治療ですが、一般的にはこれらは補助的に用いられます。積極的で効果的なしみ治療とは
1、フォトフェイシャルファーストをはじめとするIPL 光治療
2、レーザー照射
3、トレチノイン+ハイドロキノン トレチノイン療法やオバジのクリームプログラム

の3つがあります。どの治療を選ぶか の詳細は こちら

ルミナスワン(フォトフェイシャルファーストとロングパルスヤグレーザーの両方)を上手く使うと、効率的にお顔の皮膚の色を整えることができます。

 メリットは、

1、日常生活への影響が最低限である。お化粧や洗顔などはもちろん、テープやガーゼも必要がない。

2、はっきりとした結果が出る。

3、赤い色、黒い色の両方治療できる。赤い色が治療できるのは素敵!!

4、お顔全体の治療が可能

デメリット

1、確実性はレーザーより劣る。2、痂皮がつくことがある。3、炎症後色素沈着が起こることはある(レーザーに比べれば少ない)4、複数回の治療が必要なことが多い

 お顔のなかに、さまざまな色がある方にはとても良い治療だと思います。

  ルミナスワンに搭載されている双極吸引型RFのアルマは若返り(タイトニング)の機械です。

 Facesとも呼ばれ、吸引して二つの電極の間でラジオ波が流れます。真皮を加熱することで若返りやタイトニングを図るのはサーマクールやポラリス、タイタンと同じです。でも、RFで起こりがちな痛みなしで効果が出るのがうれしい機械です。

若返りの機械は加熱したフライパンにお肉を入れるとジュッと縮むでしょ。あれと同じなの。だから痛いほど効く。という説明がアルマでは加熱している部分と痛点の間が離れているために、痛くなくても効くってことになる。)

 日本では2年ほど前に治療が開始され、現在50台ほど稼働しています。

  だいたい2年も経つと照射方法の見直しがなされます。今回のパラメーター(照射方法のガイドライン)は、アジア人に対しての経験を元に「パワーを上げるよりも、複数回パスによる施術を」がメインテーマです。

 少し前までルミナス社の方は、3回以上のパスは熱が溜まりすぎて危ないかもとおっしゃっていたのですが、これで安心して複数回パスができます。痛くないのが一番の取り柄のアルマです。丁寧に照射しなくてはね!! こちらはルミナス社の写真です。美夏クリニックの患者様のは出せないからーーー。でもね、私の左手はやっぱり右手より余程しわが無いんですよ。肉眼の方がはっきりしますので、ご希望の方はおっしゃって下さいね。美夏Dr.の手の写真はこちら

periocularprealuma2.jpg

アルマの前の写真

 

 

 

 

 

 

 

 

periocularpostaluma2.jpg

アルマの後の写真

 アルマはその構造から、痛点から遠い真皮が一番加熱されます。そのため痛くなくても効果がでる。

だいたい4回目くらいから張りがでてきたと実感なさっているようです。あんまりコストも高くないので、割によい治療かもと思いました。  

元陸上部の自転車通勤ママさん、美夏クリニックのスタッフがフォトフェイシャルファーストを2回半照射した写真をお見せします。

oyaoya3.jpg

これは照射前です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1回照射後1週間。前にお見せした画像です。特に鼻の横、顔の中心部分が効いていますね。

 

 

 

 

 

 

oyaoya11.jpg

それで3週間後に顔全体に結構細かく照射し、ちょっと残りがあった下瞼の狭い範囲にその1週間後ビシバシ照射しました。(それで2回半という表現になりました)

頬全体のくすみがとれ、ちいさな色素斑はこの2.5回で大方取れています。耳の前の小さな色はほくろです。

本人もよほど嬉しかったのか、カメラを向けると笑ってしまって表情が前二つと全く異なります。

フォトフェイシャルは、ダウンタイムがないのが取り得です。でもね、テープは貼らなくても良いのですが、小さい細かいかさぶたはついた位のほうがやはり結果は早い。ロングパルスヤグレーザーは周辺が少し赤く腫れるくらいのほうがやはり、シャープに効きます。

しっかり照射するためには、プレパレーションが重要です。かぶれない人はハイドロキノンは4週間くらい前から塗りましょう。

「痂皮がついたり、紅くなったりする。それじゃあ、フォトフェイシャルのいいところないじゃん」という方には優しく優しく照射することも可能です。でもね、怖がりで痂皮や腫れは絶対嫌っておっしゃっていた方が、一回シャープな照射をなさって結果を実感なさると、しっかり当ててというリクエストに変わります。

肝斑の方には、優しく照射します。肝斑の人は優しい照射でもプレパレーションが必要です。

また、良い発見をしました。皮膚につやと弾力が出てきています。さわるとぷるるんとした感じです。あざの治療でレーザーを照射した部分の皮膚はテキスチャーも色も良くなるというのは、良く知られていることです。フォトフェイシャルファーストも同じように色に対しての治療ですし、エネルギーが皮膚に入りますので当然のことかもしれません。

美夏Dr.が最初に予測していたよりもよい若返り効果で、嬉しく思いました。

Lumenis1machine.jpg
 フォトフェイシャルファーストは、光治療器の中では結果が出しやすい機械だと思います。それは
1、波長の選択が7種類と多い (カットオフフィルターで選択)
2、パルス幅が自由自在なこと3msから30msくらいまで選択できる。
3、パルス数がシングルパルスからトリプルパルスまで選択できる
4、フルエンス(照射エネルギー量)も高い。(最大限35Jくらいまで)

と状態によって自由に設定できることによります。

 

 ルミナスワンは左です。

その中で、右がフォトフェイシャルファースト、真ん中が美夏クリニックではアルマ(FACES)、左がロングパルスヤグレーザーです。

 

 

 

luminashead.jpg
 
 

 IPL(フォトフェイシャルファースト)のハンドピースはこれです。
 フォトフェイシャルファーストは、いわばハンドピースを7つもつ光治療器です。ハンドピースの反対側にはカットオフフィルターがついていて簡単に交換できます。

ルミナス社の写真なのできれいですね。

 

 

 

lumi-2.JPG

ハンドピースの反対側です。今640nm以下の波長をカットするフィルターが装着されています。

lumi-3.JPG

7種類のこのフィルターを手元で交換することによって、簡単に波長を変えられます。例えば頬の高い部分は、薄い肝斑があるから、640nm以下の波長をカットしようとか、もともと地色が濃いから695nmのほうが更に安全だとか、ストレスなくフィルターが変えられる

 

lumi-1.JPG

比べて、元祖フォトフェイシャルは?

左の写真がルミナス社のナチュライトです。本体の上にハンドピースがついていますね。ナチュライトのハンドピースは3つ。波長を変えたいときには本体からこのハンドピースをガチャンガチャンと取り替えます。

 

 ストレスがかかって、面倒くさいなと思いながら、ハンドピースを変えることになりますね。

 このストレスなく波長が変えられ、その選択肢も広く、簡単にパルス幅、パルス数、フルエンスが設定できることが、ルミナスワンのフォトフェイシャルファーストが一番優れているところだと思います。

  現在美夏DR.は同じ方に1回照射させていただく時でも、平均して波長は3-4種類変えています。それに加えてパルス幅出力も調整します。


 

 しみ治療に良い季節になりましたね。

  美夏Dr.は昨日品川でルミナス社のユーザーズミーティングに参加してきました。雨の中でしたけれど、かなりの数の医師が参加しておられました。  ルミナスはフォトフェイシャルを開発した会社です。ルミナスの主力製品は、何度もご紹介しているルミナスワンだと思います。

Lumenis1machine.jpg

 

 しみの治療をしていますと避けて通れないのが「肝斑」です。中年過ぎの女性で全く肝斑がない(潜在性肝斑も含めて)患者さんって、一体どの位おいでだろうと思っています。

 潜在性肝斑も含め肝斑が多い現状を考えると、いわゆるプリセット型の光治療器(オートマテック型の光治療器)は使用出来る方は限られてしまいます。

 しみが気になる年齢の方に安全に光治療をするためには、やはりカットオフフィルターがついている機械でなければ充分ではないと考えて、美夏クリニック      http://www.mika-clinic.com  ではルミナスワンを導入しました。

 

それで今回のユーザーズミーティングの討論です。

ハイドロキノンやトランサミンなどのプレパレーションをして、上手く波長とパルス幅、出力(フルエンス)を選択すれば、肝斑そのものも光治療で薄くすることが出来る。

 

プレパレーションをしなくても、肝斑上の日光黒子(老人性色素斑ーーそばかす様のもの、くるっとした盛り上がりのない色素斑)は、薄くすることが出来る。(勿論プレパレーションをしたほうが安全性は高まりますが)

  患者さんにとって、うれしい情報ですね!!

 先日「フォトフェイシャルファーストで頬のそばかすを取る」と、スタッフの写真を出しました。同じ人が2年前に、トレチノイン療法をしています。元陸上部、紫外線にあたってばかりいるママです。

色調は撮った場所が違うので、トレチノインの為にピンクっぽくなったわけではありません。

oyaoya1.jpg

2年前です。全体に小さなそばかすがたくさんあります。

 

 

 

 

 

 

oyaoya2.jpg

0.2%トレチノインと乳酸のハイドロキノンを用いたトレチノイン療法およそ7週後です。画像サイズを小さくしたため、分かりにくいのですが、コメドがへり全体の皮膚の肌理が整い、毛穴も縮小しています。耳の前の小さなほくろは、Qヤグレーザーで色を薄くする照射をしています。

 

頬の高い部分を中心にぱらぱらと落ちているそばかすが薄くなっています。頬の部分は、ほとんど残りがありません。

 

 


トレチノイン療法とフォトフェイシャルファーストを比較してみましょう。

oyaoya9.jpgこの赤い枠の中が一番効果が高いですね。(この写真は治療前)

同じ顔の中でも、薬の吸収する量は場所によってずいぶん異なります。額やフェイスライン、鼻の周囲は吸収が悪いんですね。すると鼻や鼻の横の部分がどうしても色が残りやすい。

 めがねのノーズパッド(鼻でめがねを支えるところ)のあたるところは、どうしてもこすれてしまうのでしみになりやすい。でも結構トレチノイン療法では取りにくい時がある。

 

 

oyaoya10.jpg

フォトフェイシャルファーストだとこちらの赤い枠の中の効き目が高い。(こちらは治療後、上から2番目の写真と比較してくださいね。) 頬の高い部分は、肝斑がなければ、シャープに照射できるのですが、この部分はかなりリスキーです。そうすると比較的鼻に近い場所の方が、しみ抜きされていて、頬の高い部分は回数がかかる。

 

この比較ではトレチノイン療法は7週くらい経過したあとで、フォトフェイシャルファーストのほうは、照射後2週間。普通、フォトフェイシャルファーストでは7週のうちに2回または3回照射します。この画像では1回のみの照射です。言い換えると、期間あたりの結果ではありません。

引き続きジェイメック社S氏の腕の治療を見ていただきましょう。

 治療前

preyag2.jpg

拡大率が次からのものと違っていて比較が難しいのですが(ごめんなさい)、この写真における左上のほくろが下の写真の一番左のほくろと同じだろうと思っています。たくさん小さいのがあると、どれがどれだか分からなくなります。

 

 

 

 

 

 

postyag2-1.5.jpg

この写真は治療後1週間。ここで治療前と比較してみたのですが、腕であることは確かなのですが、消失してしまったチェリースポットが多い。

 多分この角度で他の写真と一緒だと思うのですが、結局照射まえの写真とどこが一緒か今ひとつ自信がありません。ここから後の写真の場所については、同じ腕の部分で間違いないと思います。

 

真ん中の二つが照射した刺激で赤く腫れていますね。

 

 

 

postyag2-2.jpg

さらに1週間が経ちました。

前回腫れていた二つは、1週間たって腫れがおさまり、ほぼ血管の色が消失しています。右下のほくろが2つ目の写真の一番下に写っているほくろでしょう。

 

 

 

 

 ロングパルスヤグレーザーは赤い色、つまり血管に反応させるレーザーです。


 ヤグレーザーはパルス幅と言ってレーザーの光が出ている時間を短くすると(Qスイッチ)、532nmの半波長であれば表皮のしみに、1064nmであれば深い部分のしみ(刺青や太田母斑、真皮メラノサイトーシス)の治療器です。パルス幅をロング(長くすると)にすると、じわっと血管に作用します。

 同じ機械で波長を自由に変えられるといいのですけれど、どうもQとロングパルスは同じ機械には搭載できないのだそうで、医師泣かせです。


それで、ルミナス社のルミナスワン、ハンドピースがロングパルスヤグレーザーチェリースポットを治療しました。

 

 チェリースポットとは、毛細血管の拡張と増殖によるもので、特に悪さをするものではありません。でもなんでもないのですが目立ちます。エイジングで増えます。

preyag1.jpg

照射して2週間後の昨日です。postyag1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完全にはなくなっていませんけれど、かなり退縮しています。もう少し経過をみて、残るようであれば再度照射します。

ルミナスワンのフォトフェイシャルファーストの写真を、ルミナス社からお借りしてお見せします。フォトフェイシャルファーストは光治療器のなかで、最初に開発されたルミナス社の機械の最上級モデルです。光治療は色々な色が混在している方に適応があります。今回は赤みの目立つ方にIPL(フォトフェイシャル)で治療した例です。

照射前

prephoto2.jpg
照射後

postphoto2.jpg

 

 

 

 

 

 

赤みは血液ー赤血球の色です。血管はくもの巣?ありの巣?のように身体の中をはりめぐらされています。その赤い色に吸収される波長の光を選んで照射すると、血管の赤いところで熱が発生します。それで血管が収縮して少しずつ赤みが取れてゆきます。

治療上最も大事なことは、赤くなるような疾患や生活習慣がないかどうか診断し、再発しないようにすることです。血管が拡張するから赤くなります。血管が拡張するのは、どうしてでしょうか?その場所に酸素を多く供給しなくてはならない何かがあれば、当然身体は血管を拡張して血液が多く流れるように働きます。

1、接触性皮膚炎や脂漏性皮膚炎などの湿疹や他の疾患が隠れていませんか?
2、スキンケアで皮膚を刺激していませんか?洗いすぎ保湿しすぎやメイクで赤くなってしまっている方をよく拝見します。
3、赤くなりやすい皮膚の性質をお持ちの方もおられます。

 レーザー治療も光治療も赤い色に反応する波長を選び、赤い色に照射されると熱が発生して、赤みを取ってゆく治療方法です。皮膚が酸素を一杯必要とする状況(つまり刺激か原疾患かで炎症が起こっていると)だと、身体は治療後も酸素を供給するために血管を拡張します。それが身体に必要なことだからーーー。身体からみれば治している訳です。(患者さんから見れば再発ですけれどーーー) 


 是非赤くならないスキンケア指導を受け、適切な治療をした上で、赤みを取る治療を受けてくださいね。

お待たせしていましたルミナスワンが来週クリニックに届きます。美夏クリニックのように、他の資本が入っていない個人の診療所では、導入までが大変でした。

 今度美夏クリニック ( http://www.mika-clinic.com )に入るルミナスワンは、
1、フォトフェイシャルファーストというフォトフェイシャルの進化した光治療器
2、アルマという吸引式双極のRF(高周波)
3、ロングパルスヤグレーザー
の3種類が搭載されてきます。

 光治療器は、場合によって肝斑を悪くします。
 肝斑の患者さんって数が多く、もともと肉眼的には気がついていなかった隠れ肝斑の方はさらに多く、なかなか更年期などの方に自由自在に皮膚の色の治療に照射できません。美夏DR.は女子医の光治療のオーソリティと名高い先生が、とてもきれいな結果を発表なさっていらっしゃって感嘆していました。

 オールマイティ型の光治療器は、どうしても限界があります。皮膚のこと、レーザーのことをあまり知らない方にも照射できるような機械は、いくら工夫しても、やはり照射できる限界があって、とても悲しかった。

 マニュアルタイプ(細かく波長、パルス幅、出力を設定できるタイプ)の光治療器がないのを、ずっと残念に思っていました。12月に各メーカーの光治療器のデモンストレーションをお願いし、ルミナスはハンドピースの寿命の1/3を照射しました。確かめた結果、この進化したフォトフェイシャルファーストがどうしても美夏クリニックには必要であると理解し、手続きを進めてきました。やっと登場します。

 本日は話題の多い日です。
久しぶりに美夏DR.はVライン脱毛をしました。照射すると、脱毛されていない部分に限局して痛みが走り、ポップアップといい、毛が浮き上がります。
いや久しぶりだと、痛みが結構辛く感じますねえ。録に冷やさずに照射したのもまずかった。

 でも、もうすぐ海水浴シーズンですものね。
早めにしておかないと、また時期を失ってしまいます。

 痛いのは嫌だなんて言わないで、本年は美しくなるように頑張らなくっちゃ。

posted at | kojitomika |

長いこと待っていたルミナスワンが、やっと到着しました。

Lumenis.jpg
この3本のハンドピースの右側がフォトフェイシャルファーストです。
肝斑のある方の治療の選択肢が増えました。他で可能で、美夏クリニックでは出来ないしみ治療はなくなった(と思います)。

 導入開始キャンペーンのご案内をウェブサイトに載せました。ご覧くださいませ。本日は少々疲れましたので、これで終わりです。

http://www.mika-clinic.com

キャンペーンについてはこちら
http://www.mika-clinic.com/news/n013.html

posted at 2007/06/04 20:59 | kojitomika |

 お待たせしていましたルミナスワンが来週クリニックに届きます。美夏クリニックのように、他の資本が入っていない個人の診療所では、導入までが大変でした。

 今度美夏クリニック ( http://www.mika-clinic.com )に入るルミナスワンは、
1、フォトフェイシャルファーストというフォトフェイシャルの進化した光治療器
2、アルマという吸引式双極のRF(高周波)
3、ロングパルスヤグレーザー
の3種類が搭載されてきます。

 光治療器は、場合によって肝斑を悪くします。
 肝斑の患者さんって数が多く、もともと肉眼的には気がついていなかった隠れ肝斑の方はさらに多く、なかなか更年期などの方に自由自在に皮膚の色の治療に照射できません。美夏DR.は女子医の光治療のオーソリティと名高い先生が、とてもきれいな結果を発表なさっていらっしゃって感嘆していました。

 オールマイティ型の光治療器は、どうしても限界があります。皮膚のこと、レーザーのことをあまり知らない方にも照射できる機械は、いくら工夫しても、やはり照射できる限界があって、とても悲しかった。

 マニュアルタイプ(細かく波長、パルス幅、出力を設定できるタイプ)の光治療器がないのを、ずっと残念に思っていました。12月に各メーカーの光治療器のデモンストレーションをお願いし、ルミナスはハンドピースの寿命の1/3を照射しました。確かめた結果、この進化したフォトフェイシャルファーストがどうしても美夏クリニックには必要であると理解し、手続きを進めてきました。やっと登場します。

 本日は話題の多い日です。
久しぶりに美夏DR.はVライン脱毛をしました。照射すると、脱毛されていない部分に限局して痛みが走り、ポップアップといい、毛が浮き上がります。
いや久しぶりだと、痛みが結構辛く感じますねえ。録に冷やさずに照射したのもまずかった。

 でも、もうすぐ海水浴シーズンですものね。
早めにしておかないと、また時期を失ってしまいます。

 痛いのは嫌だなんて言わないで、本年は美しくなるように頑張らなくっちゃ。

 つまりこの間からメソの注射をどうしようか、美夏DR.は迷っているんですね。

posted at 2007/05/28 20:09 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.2

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちルミナスワンカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはメディラックスの光治療です。

次のカテゴリはレチノールとトレチノインです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。