obagi nu-dermの最近の記事

しっとりした皮膚が良いのか

ZO1.jpg ビタミンA化粧品(レチノール)塗る薬(レチノイン酸、トレチノイン)として使われるようになっておよそ15年から20年になります。ビバリーヒルズのオバジのクリニックに研修に行ったのが2001年9月(帰国してすぐNYの多発同時テロ!よく覚えています)でした。美夏クリニックを開設してまもなくです。

Cutera社のミーティングではDr.Obagiが講演をしておられました。この14年でプログラムは進み、よりきめ細かくより使いやすく(より複雑に)なってきています。特にハイドロキノンの長期使用をやめ(5か月使ったらハイドロキノンのない期間を設ける)、治療とメンテナンスの時期をきちんと切り替え、目的をはっきりさせたスキンケアを推奨しておられました。

治療の期間は、レチノイン酸(トレチノイン)とハイドロキノンとフルーツ酸でしっかり治す

メンテナンスの期間は、レチノールとビタミンCとフルーツ酸で穏やかに皮膚の改善を図る

デイリーケアの期間は、あまり刺激をしないプログラム

プロテクションは、紫外線から皮膚を守るプログラムです。

オバジ先生がいつも仰せになることがあります。やや乾燥して新陳代謝が亢進している皮膚が良いのだ。しっとりさせていれば、皮膚が垢となって脱落するときの天然保湿因子も働かない、基底層で皮膚の細胞が分裂するのも抑えてしまう。しっとりさせることで、皮膚はくすみ肌理は粗くなって、美しい皮膚は失われてしまうんだ。

美容外科をしているとオバジの意見に深く納得します。健康な皮膚ではなくて、皮膚の病気を拝見することが多い皮膚科とは、少し視点が違うようにいつも感じています

lasertoning.jpg

 レーザートーニングは、Qスイッチヤグレーザー(1064nm)を低出力でお顔全体に照射して、肝斑を治療するというものです。メリットは顔のはり がでる。毛穴がひきしまる

 1064nmのレーザーは、照射した部分でメラニンがパンパンとはじけてゆきます。刺青を消すためにも使います。 こちら 

皮膚の表皮で反応して痂皮(かさぶた)を作るのではない。ちょっと深い部分でメラニンがはじけ、白血球に食って貰う。肝斑の治療では、白く見せているという言い方も出来る(早晩メラノサイトを抑えるような治療をしなければ、再発します)

治療は、トラネキサム酸、ビタミンC、E内服、ビタミンC、ハイドロキノン外用を1-2月前から行っておき、その後トーニングを週に1回4-6回、以降は1-2月に一回のスケジュールです。

もともと山下理恵先生のレセピはトラネキサム酸を1日に6錠ビタミンC3g、ビタミンE600mg、内服+外用です。

トラネキサム酸などの内服しないと肝斑はあまり良くならない ですね。でもね、丁寧に丁寧に照射を続けると毛穴がしまってきて、皮膚全体のはりは出てきて、皮膚の色もきれいになり、とても素敵です。それでも肝斑治療が目的であればトラネキサム酸は必要です。

ちょうどオバジのクリームプログラム(トレチノインとハイドロキノンを塗る治療)と対照的ですね

オバジのnu-derm(クリームプログラム)は薬を飲まなくてよい。反面治療の期間中はお顔が真っ赤になって、皮膚もめくれてとても辛い。クリニックでの処置の前後の補助療法としてもとても良いのですが、プログラムそのものでは処置は不要です

レーザートーニング治療は、薬の内服外用が基本的には必要です。だけど赤くなったり剥けたりというダウンタイムはない。クリニックには来なくちゃならないけれど、日常生活には支障がない

レーザートーニング+イオン導入 5回の治療で 52,500円 (通常63,000円/5回)

お申し込みが3月15日までの方 薬剤(飲み薬、塗り薬は別になります)

写真はハイドロキノンの前処置をして左(向かって右)半分に1回照射した後のお顔です。美夏クリニックのQスイッチヤグレーザーは、Max社VRMです。

mika091007right3.jpg だんだん肝斑がきれいになってきたと喜んでいた10月7日の右頬の画像です。

 自分自身のprofile(横顔)は嫌いなのですが、右は特に嫌い なので普通は画像にしないのですが、比較しやすそうだったので やむを得ない

 ナース二人が、蓼科山登山で黒くなったよね。先生頑張っていたのにねって慰めてくれる。

 それで登山直後の写真は、撮影し忘れたのですけれど、本日撮って見ました

 

mika091019right.jpgmika091019right2.jpg 赤みで分かりにくいかしら?残存する肝斑を黒い線で囲んで見ました。

 黒くなったと思い1週間Obagi nu-dermで漂白を心がけました。本当はイオン導入をした方がよいのですが、落ち着きが無くじっとしていられません。それで頑張って、薬剤量を増やし、部分的にかなり赤くなっています。

 比較して見ると10月7日より今日の方が黒味は消えている。

 人の記憶ってあやふやですね。そして写真も大体同じ条件で撮っているつもりですが、光のわずかな当たり方で、色の見え方は違います。

 どのくらい登山で黒くなったのか、残念ながら証明できなかった。だけど、写真上ではあまり悪化していないようです。

obagimika1.jpgmika091007.jpg 相変わらず赤いし剥けるし、患者さんに 良い皮膚科を紹介しましょうか って言われるような顔貌ですごしております。

 やっと私は、Obagi Nu-derm ニューダームが大体2クール終了しました。左が開始前の6月9日 右が本日10月7日。(1クール終了したところで海水浴に行く予定で、1ヶ月はお休みしていました。)

 薬剤が少なくなってきたし、もうメンテに入ろうかなと思ったのですが、スタッフに「もったいない、もう少し頑張ったら」と言われ治療を継続することにしました。まだ消えるまで結果が出ていませんしね。

 眼窩下壁、外壁の部分(頬骨の高い所から上方部分)の肝斑が消えたら嬉しいと思って重点的に薬を塗っています。

 ぼろぼろ剥けてくると相当恥知らずなわたくしでも、外来診療をするのは嫌だなあって感じます。でもこうして写真を並べて見ると結果がはっきり分かって励みになりますね。

 

obagimika1.jpg
mika090917-syoumenn.jpg

 お久しぶりです。今年の夏は前半は雨が多く、あっという間に秋。

 美容外科医の端くれである(はずの)女医としては毎年海でボディボードをするべきか、紫外線を避けて白い皮膚を保つ努力をするべきかーー。当然後者であるべき。なのに、例年青い海の誘惑に負けてしまう。

 でも今年はお天気が私の味方でした。海水浴によい気候になった時にはもうお盆。クラゲがでる時期でした。それで「また紫外線で肝斑が黒くなってしまいました」という恥さらしなセリフは今年は言わなくてすみます。

 

 

mika090609side.jpg

mika090917side.jpg左がObagi nu-derm(オバジのクリームプログラム ニューダーム)開始前の2009年6月9日 右が本日9月17日。もう3ヶ月経ってしまいました。

 スケジュールは、1クール目は6週間0.1%レチンできちんとスタンダード(つまり0.5g/日)コースで塗りました。その後4週間ほど海に未練があったので3,6のみ。トレチノインとピーリング剤はお休み。そして8月下旬からスタンダードで再開しています。

 そろそろ薬剤が少なくなってきて、スケジュールをどうしようか考慮中です。

 顔全体が赤みを帯び、口周りは日によってかなり剥けます。正直レチンを再開した直後は反応がきつくて、もうやめようかって思ったくらい。でも写真のとおり随分薄くなりました。

 肝斑は、身体の中のホルモン状態を映す鏡。また濃くなってくるのは仕方がないと思います。どうメンテナンスするかが大事ですよね!!

 ようやく紫外線が弱くなって来ました。美夏クリニックもしみの治療で忙しくなってくると思います。

obagimika1.jpg
obagimika5.jpg

 "Every patient hates this program in the first 6 weeks." 

 オバジのnu-dermで一番つらい6週間がいつの間にか過ぎてしまいました。

 今週末と来週末に学会があるので、昨日からトレチノインとエクスフォダームを止めています。

 肝斑は薄くなっており、特に頬骨の上は随分目立たなくなっていると思っています。

 もう12週で消えるところまでゆくか、そしてその場合にメンテナンスをどうするか思案のしどころです。

 ヒアルロン酸とレディエッセも注入して1か月。触った感じは滑らかになり固まりとしては触れません。なじんでなくなっちゃったのかと思うくらいですが、この2枚の写真で比べると明らかに改善されています。

 薬類は大体60gなので、1日1gのクリアをのぞけば、使用量の標準は1日0.5gです。1本で120日3クール分はある計算になります。ふむ、コストパーフォーマンスを考えると随分よい治療です。

  それでは、Obagi nu-derm program が一番力を発揮するのは、どんな場合でしょうか

 それはやっぱり肝斑だと思います。肝斑は身体の中のホルモン状況が皮膚に映しだされているものでしょう。だから再発再燃が極めて多い。勿論フォトフェイシャルもレーザーも(一部の治療を除いて)、効果は認められない。トレチノイン療法は、理論的には結果がでるはずなのですが、統計はとっていないけれどどうやら半分の患者さんは悪化している。(物理的な刺激を受けたか紫外線を浴びてしまったのでしょう。) でもnu-dermなら取れるーーー。(これから証明していかなくてはならないけれど)

 Obagi nu-derm systemであっても、紫外線に当たりすぎたり、物理的な刺激が強い、プログラムの組み立て方に誤りがあるなどの場合は取れない。 nu-dermは、ハイドロキノンとトレチノインの量が多く、刺激によってメラノサイトが活発になってメラニンを生産するようになっても、それに勝る速度でメラニンを追い出してしまう。それがnu-dermの真髄だと思います。

 トレチノイン療法は、繊細な治療方法だと思います。わずかの因子で成績が左右され、結果に個人差があります。このトレチノイン療法で上手く行かなかった人がnu-dermにトライするというのも、お勧めのやり方だと思いました。

 

obagimika4.jpg

 オバジ開始30日-5週目の私です。

 古い話で恐縮です。7年前にロサンゼルスのオバジのクリニックのnu-dermの講習会に参加した時、ディナーにMrs.Obagiに皆で招待されました。Dr.Obagiがおられたかどうか忘れてしまいました。

 その席ですっぴんの美しいMrs.Obagi

「このシステムの一番良いところは、いつも素顔でいられるようになることなのよ。」 と言っておられました。Obagi nu-derm system のキャッチコピーは、 「赤ちゃんのような皮膚に」ですものね。


 面倒くさいとか、痛いとか文句を言いつつ、私も、"I hate this program"の時期が半分すぎ、なにやら肝斑も薄くなってきました。

 でもね「素顔でいるためのプログラム」って言われたって、化粧がほとんど載らない(皮膚が日焼け直後みたいに剥けているから)。素顔でいられるプログラムじゃあなくて、素顔でいるしか方法がないプログラムじゃあないかって思わず毒づいてしまいます。

 おかげさまで、クリーム類を塗った後の化粧は簡単。だって眉毛をちょいちょいって書いて、口紅を塗っておしまい。今までも3分化粧ですって公言していたが、ついに30秒化粧になってしまった。 眉だけは、ナースBナスにうるさく言われたので、なるべく整えるようにしている。すっぴんの顔を、皆様にさらしてしまうとはーー。

 また機会があればUV写真をお見せします。

 正直な話、ルミナスワンみたいな高機能で個人のニーズと状態に合わせて治療できる光治療器やQレーザーもあり、タイトニングもサーマクールではっきりとした結果がでる時代に、今さらこんな面倒で大変なプログラムをやる必要があるのかしらって思っていました。でも自分でやってみると、nu-dermの改善度はやっぱりいいの。

 多少のトラブルや誤差は新陳代謝を早めることで、無理にでも良い結果を出してしまう、ちょっとブルドーザーみたいな治療ねって思いました。赤みのコントロールを正しい時期に行う こと。炎症後色素沈着を起こしうる手技を予定しているときには、きちんとそれをスケジュールに入れておくことが大事です。

preobagi.jpg

  炎症後色素沈着は、光治療(フォトフェイシャルファースト)やレーザー照射による治療に反応しません。

 上の写真は、他の施設でフラクショナルレーザー(多分スタンプタイプの1440か1320nmの機械だったのではーー?)を照射後の患者さんです。照射後1ヶ月です。炎症後色素沈着が目立ちます。

 炎症後色素沈着は軽ければ、1年間紫外線に当たらない、皮膚を触らないようにしていると、色は取れてきます。

 積極的な治療をする場合には、

1、イオン導入をする (早期がお勧め)

2、赤い色が茶色くなってくるのを防ぐために、ハイドロキノンを使う 

3、トレチノイン療法またはObagi nu-derm systemによる トレチノイン+ハイドロキノンの治療を行う

 

postobagi.jpg

 Obagi nu-derm systemを始めて4週後。傷のへこみと赤さは残っていますが、色素沈着はすっかりなくなりました。

 炎症後色素沈着の治療では、1年経過を見て色が残るならば、治療するという選択肢もあります。でも早期にNu-dermやトレチノイン療法をして、大変だけれど短期間に色を取るという選択肢も良い選択肢だと感じました。

 この方からは、もし同じようなケースでObagi nu-derm systemで救われる方があるならば、写真を公開していただいて結構ですよ、と承諾を得ました。

 とても辛かったのですね。心が痛みました。

 下の写真はサンスクリーンを塗ったまま撮影しているようで、少々光の加減が上と異なっていてごめんなさい。

stuffm.jpg

 Nu-derm というオバジのクリームプログラムのお話を書きましたところ、いくつかコメントを頂戴しました。 わたくしの考え方 をお話します。他の医師やオバジ先生とは違うかもしれません。お含み置きくださいね。

1、肝斑にたいしての効果
 紫外線に当たらないように気を付けていれば、肝斑も取れます。
 ただ肝斑って皮膚に出る症状ですけれど、皮膚の疾患というよりも、身体のホルモンの状態が皮膚に映ったものだと思います。 再発しやすいので、メンテナンスが必要です。

 この写真は、美夏クリニックのナースです。彼女は以前アポロンさんと同じ場所に肝斑があった。オバジのnu-derm programを施行し、私のところへ9か月くらい前に来てくれた時には、すでに肝斑はなかった。 彼女は肝斑が再発してくると、そのときにnu-dermをトレチノイン量やハイドロキノン量を状況に応じて使用しています。

 トレチノイン療法の方が肝斑の悪化や治療目的の肝斑がとれない患者さんが多いと感じています。なぜか?多分 Nu-dermは、トレチノインもハイドロキノンも使用量が数倍です。だから皮膚は1日に2回剥ける感じ。トレチノイン療法では週に2回くらい剥ける。ちょうど、ブルドーザーみたいに皮膚の状態を改善するので、誤差や多少のトラブルに左右されないのでしょうね。

2、口の周りがなぜ剥けるのか

 口の周りが、薬剤の吸収がよいとか強く作用する訳ではありません。お話したり食べたりするのに、口の周りはとてもよく動きます。動くところは地震のときの地割れみたいにひびが入ります。それでが動きとともに下層との接着ゆるんで剥け易いのだと思います。

 同じ種類のしみであれば上口唇よりも、頬のしみのほうが、取れるのが早い。理由は頬の方が薬の吸収が良いからだと思います。

3、ロングパルスヤグレーザー照射の時期はいつが良いのか

 創傷治癒機転から考えれば、トレチノインで新陳代謝が更新し、ハイドロキノンでがっちり炎症後色素沈着が抑えられる2クール7週目からが良い。 でもね、赤ってヘモグロビンの赤でしょう?赤い場所の血管の太さ、深さ、血の流れる速度によって結構レーザー照射の結果が違いますよね。大体数回照射する必要があります。 もともと血管が表面から見えているならば、わたくしは2-3週目であっても照射を始めます。

 治療によって出現する赤みを消すために使うならば、2クールめの途中からがお勧めです。

4、もともとお顔の赤みが強い人にnu-dermをお勧めするかーーフォトフェイシャルファーストの結果が出にくい肝斑と炎症後色素沈着であればお勧めします。

5、トレチノインの感受性は人によってかなり違います

 「すべての薬剤の感受性は人によって異なります。」 でもトレチノインやディフェリンのようなビタミンAの薬剤では、特に感受性が人によって異なるように感じています。 

 だから少々のディフェリンでまっかっかな方から、トレチノイン療法0.4%のトレチノインやobaji nu-dermでも反応が弱くて白い人もいる。

 この赤みや乾燥、剥けなどの副反応は主作用の強さとパラレルです。だから、症状を見てプログラムの進み方を決めるのが正しいやり方で、グラム数で決めるのは補助的手段だろうと感じています。

 ツムラの小柴湖湯加桔梗石膏などを処方すると、とても副反応が楽になります。 109は消炎の処方。でも炎症を抑えることで、結果が良くなるという理由を私は思いつきません。起こり得る炎症はみな起こしてしまう方が結果がよいと思っています。

 つまり、サーマクールだろうがハッピーリフトだろうが、炎症をわざわざ起こしてタイトニングしてるでしょって事です。

 「さくらさく」様の皮膚は拝見していませんので、適当な事は言えません。でも Nu-dermの進行速度を決めているのは、トレチノイン量とエクスフォダームにはいっているピーリング剤の量だと思いますよ。

 ちょっといつもより理屈っぽかったですね。ごめんなさい。

obagimika2.jpg

 Dr.Obagiがロサンゼルスのクリニックでわたくしたちに言ったせりふでとても印象深かったものがあります。

1、最初の6週間 患者さんはこの治療プログラムをとても嫌う (hate)

2、次の6週間  だんだん治療によって新しい美しい皮膚が出来てくるのを、患者さんが知って、少しこの治療プログラムが好きになる (like)

 3、最後の6週間 とても若々しく色もでこぼこもなくなった自分の皮膚が嬉しくて、この治療プログラムをとても愛するようになる (love)

 表現は同じだったかどうか自信がありませんが、「Every patient loves this program!!」とおっしゃったときの「love」は ラーヴ とやや引き伸ばされた思い入れたっぷりの発音で印象にとても深かった。

 わたくしは先週から治療をしていますので、快適だとか素敵とかではなく、とても辛い。最初の6週間はいわば古い皮膚を捨てる期間。起こり得る事として高研のパンフレットには、「乾燥、皮膚の剥脱、赤み、肌の過敏性、ヒリヒリ、かゆみ、しわやにきびの悪化」って書いてあるけれど、起こり得るというより必発かもーー。

 本日午後のわたくしの口周りの写真です。随分剥けていますね。口の周りはお話したり、物を食べたりするので、良く動きます。地震の地割れと同じで動くことでひび割れ剥けやすくなる。

 Dr.Obagiが、 「反応が強いほどゴールが高いんだよ」と仰せでしたが、結構辛いものです。でも今回はきっちり肝斑を取ってしまおうって思っているので、我慢するしか無い。

 反対に、目標はある程度低くてもよいから、のんびりゆっくり治療するという方法も勿論あります。少しずつステップアップして皮膚を慣らすという選択もあります。でも、のんびりやるなら、普通のレチンとハイドロキノンのほうが安価で良さそうよね!!(本当にトレチノインって、使い方でいかようにも結果が出せる。わたくしの大好きな薬です。)

 

 

obagimika1.jpg

 患者さんにお勧めする治療は一通り自分でもやってみることにしています。

 Obagi Nu-Derm System オバジのクリームプログラムは、7年位前ロサンゼルスのオバジ(皮膚科医師の名前です)のクリニックに他の医師と一緒に出かけ、その直後自分でもやってみました。オバジDr.が「まず最初に自分でやってみるんだ」と言われるままにね。プログラムが終わってリセットされたわたくしの皮膚はとても素敵だったのですが、その後7年も経ってしまいました。

 その後自分にはトレチノイン療法はしてみたけれど、オバジのnu-dermクリームプログラムは、ご無沙汰。大体1クール6週間で3クールが基本。つまり4ヶ月半かかる。

 わたくしは50歳にもなって、肝斑はがっちり出現し、それなのにアウトドアが好きなので、紫外線にあたってしまう。美容外科医のはずなのに肝斑がめだつ。おまけに患者さんにする事は自分にもやって見るポリシーでフラクショナルレーザーのデモを自分にもしたら、さらに肝斑が悪化!!治療としては、トランサミン、ハイドロキノン、イオン導入というリスクを避けるやり方もあるけれど、イオン導入でベッドに寝ていることがせっかちなわたくしには出来ない。

 それである日帰宅しようとしたら、バッグのそばにオバジ一式が並んでいた。口先で わたくしもオバジやるからね と言ってちっとも始めないのを見て、スタッフがしびれを切らしたようです。先週6月11日よりobagi nu-dermを始めました。

 せっかくなので途中経過を実況中継します。写真は本日のわたくし。赤い皮膚で、口の周りが随分剥けています。 続きは明日ね!!

obagiのnu-dermはクリームプログラムとも呼ばれ、主として3種類の薬を塗る治療です。3種類とはトレチノインハイドロキノンピーリング剤。朝と夜決められた量を顔全体に塗るだけ。外来通院は2週間に1回です。

 目標---生まれたての赤ちゃんの皮膚---

 メリット:皮膚表面外科手技のリスクを減らします。レーザーや深いピーリングなど起こり得る炎症後色素沈着、肝斑や傷跡のリスクが極めて小さくなる。nu-dermだけでも、良い結果なのに他の治療の補助療法としてもとても素敵です。

 デメリット:辛い時期がある。赤みが残りやすいので赤用のレーザー照射(ロングパルスヤグレーザー)は必須。治療の一連の流れの中で重要です。

 スタッフと相談したら

1クールの費用(オバジの1-6番までの薬剤+0.1%トレチノイン30g+再診料+保湿剤、さらにレーザー照射など割引、追加薬剤は費用がかかります)が、

通常84,000円のところ71,400円(15%割引)

ついでに2、3クール目もセットならば15%割引ですって。ナースによると、他のクリニックはトレチノインが別の値段なの!それだけお得なのよって書いてねですって!!

 obagi のnu-dermの事なら結構筆が進みます。また明日をお楽しみにね!!

 

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちobagi nu-dermカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはしみの治療です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。