変形性膝関節症の最近の記事


 鍼治療をしている臨床医は、変形性膝関節症に鍼治療が効く事を実感しています。残念ながら、日本からの報告は少ないのですが、欧米から大規模臨床試験がいくつか報告されてきています。

 Annals of Internal Medicineに2006年にHanns-Peter Scharfらによる「Acupuncture and Knee Osteoarthritis; A Three-Armed Randomized Trial」 という報告が在ります。
 この研究では1007人の変形性膝関節症の患者さんを対象に行っています。比較の対象は次の3群です。
(1)理学療法に、必要に応じ鎮痛消炎剤を投与し、さらに鍼治療を施した群、
(2)標準的な鍼治療とは異なるコントロール鍼施術群、
(3)鍼をしないで単なるドクターの訪問群
 結果は、鍼治療群で53%、コントロール鍼治療群で51%、そしてドクター訪問では29%でWOMACの治療効果判定スケールでの改善を得ています。

acuneedle.jpg

 もう一つは、Eric Manheimer らがまとめた「Meta-analysis: Acupuncture for Osteoarthritis of the Knee」です。この論文は、2007年1月まで報告された信頼に足る厳選された九つの論文を検証したものです。

 結果は以下の通り。
 鍼治療を加えた群とコントロール鍼治療を加えた群では、治療待機群と鍼を行わない通常治療群と比較して痛みと機能改善については優位に改善効果を認めた。 しかし、鍼治療群とコントロール鍼治療との間での疼痛と機能改善度には有意な差が認められなかった。

 

 問題点として、コントロール鍼治療のとり方が一様ではなかったようです。

 でも、二つの論文に共通して、鍼を置く場所、鍼の穿刺深度に関係なく治療効果が認めらた点は興味深く思いました。
 事実、鍼の穿刺深度は中国鍼、日本鍼そして米国の鍼治療では異なり、操作法にも違いがあります。 また電流流す鍼治療もあります。それぞれ治療効果は充分得られており、治療法による差は大きなものでは無いようです。 この事実は、これらの論文のコントロール鍼の効果を考える上で重要な参考となるように感じます。

 結論は、鍼治療の作用機序は現在まだ明らかではないが、鍼治療は変形性膝関節炎患者さんの関節の痛みを軽減し、機能改善に貢献し、QOL改善することから、第一次選択ではないとしても、理学療法と組み合わせて行うことで有効な治療法と考えられます。

 補足です。(ここから美夏Dr.)
 鍼治療群とは、その患者さんの証や状態に応じて、いわゆる経絡にのっとったツボに経験ある鍼治療師が鍼治療を行ったグループです。コントロール鍼治療群とは、鍼を刺すのですが、その鍼はいわゆるツボからはずしたり、浅くうったりしていて、経絡やツボを無視したグループです。

 面白いですね。筑田Dr.がNo.2で主張していたような的確な鍼治療でなくても、針刺し行為そのもので、疼痛や機能改善度が向上するという結果ですよね。経絡やツボそのものが一体何なのか良く分からない部分が多い。今後証や経絡、ツボが西洋医学的な立場から説明できるようになると、この結果も分かりやすくなるのでしょう。反対論者からは、偽薬効果ではないかと反論されそうですけれど、医療は結局患者さんにとって楽になり、助けになることが重要なので、偽薬(プラセーボ)効果もまた効果であると思います。または、針を刺すということそのものの効果も検証する必要があるでしょう。

 

 変形性膝関節症に対する鍼治療のひとつに大腿四頭筋に対する通電療法があります。

 変形性膝関節症の場合、痛みや炎症などで活動制限を徐々にきたしてくると膝の周囲の筋肉の衰えが生じやすく、特に太ももの筋肉が廃用性萎縮をおこしてきます。この結果、さらに膝に負担をかけ血流の悪化や炎症さらには、関節の変形をもたらすことがあります。


鍼治療では痛みだけではなく、膝を支える筋肉も治療します。

 大腿直筋や内側広筋などに鍼を行い通電(パルス療法)します。この結果、 血行改善や筋力強化を図ります。鍼治療は、罹患初期の方から、進行してしまい痛みが強く活動制限を強いられている方、又すでに廃用性萎縮をきたしており運動療法が非常に困難である方まで幅広い適応があります。内臓に負担をかけないので治療対象の年齢を問わないのも魅力です。鍼治療中は筋の収縮する感覚はありますが痛みは伴いません。
治療はこんな感じです    

IMG_1207.jpg

 

 

 

 

以上、鍼灸師のKナースからのレポートでした。

 

鍼治療って、結局痛みを軽くするだけでしょって皆さま思っていませんでしたか?自分で筋トレしない、または出来ない人でも、鍼治療で筋肉強化ができるんですねえ。そういえば普通の鍼治療そのものもどちらかというと、「果報は寝て待て」的なところがありますけれど、この筋肉強化メニューは痛みの強いひとや歩くのが負担な方にはとてもよいプログラムだと思います。

 

それに、これって時々眼にするヒップアップやおなかの引き締めの通電装置ですよね。

そういえば、スタッフのなかでこっそり試してはヒップアップを試みている人がいましたねえ。アクシダームも同じ原理かな?

希望の人は、今ならスペシャル価格ですってよ。

お問い合わせは火木金曜日Kナースにして下さいね。

関節は機械でも関節=蝶番です。
筑田Dr.の選んだイメージ画像です。joint.jpg

 

 

 

 

 

 膝の変形性膝関節症の治療には、膝関節の使いすぎ(過剰な負荷)を減らすことが重要であるというお話をいたしました。その膝の負担を減らす方法として、1、体重を減らすこと。2、筋力強化ーーつまり運動療法3、使いすぎないが重要なわけです。

 

 その上で、痛みを取る方法の一つに鍼治療をお勧めしています。

 鍼治療について、8月15日にBMJから論文が発表されました。
タイトルはAcupuncture as an adjunct to exercise based physiotherapy for osteoarthritis of knee:Randomized controlled trial; Nadine E Foster 等によるものです。

 要旨は以下のようなものです: 352名の変形性膝関節所と診断された患者さんを3群に分け、経過での疼痛減弱効果を比較しました。 3群の内訳は 1)疼痛軽減のためのアドバイスと運動療法、2)アドバイスと運動療法に鍼治療を加えた群と、 3)皮下に針を挿入しないコントロール群です。

 結論は、6ヶ月の経過で全ての群で治療前と比較し疼痛軽減効果がみられた。 しかし、3群での疼痛軽減効果の差は軽度であり、鍼治療を運動療法に加える相乗効果は極く軽度に過ぎなかった。 

 この研究にはいくつかの問題点があります。
 その一つは、この研究で鍼治療のための特定の使用ツボが決められていますが、鍼治療は個々の診断に基づいての治療が肝要で、ツボの組み合わせは個々で異なってきます。
 その二として、施術の技量も大切な事があまり考慮されていない点があります。

 
誰が投与しても同じよな投薬治療のようなわけには行かないのです。 手術結果が術者によって異なるのと同じ事です。 また、治療コントロール群をどのように設定するのかも難しい点です。

 

いくつかの問題点はあるものの、この研究結果では、運動療法などの理学療法が慢性進行性変性疾患である関節症には大変有効である事、鍼治療が有効としても、運動療法を上回る効果は少ないと解釈されるのです。 鍼治療の有効性を無視する結果とは解釈できません。

その結果解釈には注意が必要と思われます。鍼治療がどうして効くのか、どんなメリットがあるのか、続きをお楽しみに

 変形性膝関節症の痛みは辛いものです。痛みを軽くする治療はいくつかあります。その中で鍼の治療効果がどうなのか、シリーズで筑田Dr.がレポートします。

 

 関節は身体の形を変え、動きを作る大事な部分です。関節の周囲には、いくつもの筋肉がついていて、どの筋肉が収縮するかで動く方向が決まります。ヒトが直立して歩くようになったために、腕や肩で支えていた部分の体重をも、背骨や下半身で支えるようになりました。

haihai.jpg
tyokuritu.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 関節は機械で言えば、蝶番です。蝶番は、使ってゆくうちに磨耗してゆきます。もともとの四足歩行よりも直立歩行になって体重が下半身にかかる分負担が増え、長期間使用してだんだん膝の関節のガタが来た状態が変形性膝関節症です。医学用語では、変形性膝関節症は、関節軟骨の変性破壊と炎症によって起こる膝関節の慢性疾患であるといいます。

 膝関節症になると、とにかく痛いので日常の生活が大変制限されます。 結局は使いすぎと重みによる変化で、年齢と共に発生頻度は増加し、とくに中年以降の女性に多く認められます。

 使いすぎてガタが来ている疾患なので、いっそ関節を新しくしてしまおうという治療があります。これが人工関節置換術です。

 でも種々の理由で、手術をしない治療を選ぶ場合があります。
そうすると治療は、痛みを軽くして、いかに関節機能をなだめながらうまく使ってゆくかです。
 今ある機能を上手く使うためには、まず体重をへらして関節の負担を減らす。周囲の筋力を増やして関節の負担を減らす事が重要です。(理学療法での運動機能保改善、関節支持組織の運動強化療法で、この中で病気の性格上運動療法がとても重要です。 )

 いかに疼痛を軽減して日常生活に支障ないように出来るか
これが今回の主題です。疼痛軽減には鍼治療が有効であると多く報告されております。 特に鎮痛剤の長期服用で消化器系に副作用を認める人には鍼治療はひとつの救いです。 膝関節症治療法では運動療法が第一選択ですが、さらに鍼治療を組み合わせて効果はどう変わるか?

この項続く

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち変形性膝関節症カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは美容鍼です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。