メタボリック症候群の最近の記事

 メタボリックシンドロームが死の四重奏であると話題になって久しく、今ではその意味を知らない人はいないほどです。


 統計上ではメタボリックシンドロームの基準に当てはまる人はそうでない人に比べ、心疾患で死亡する人は高率です。 この統計結果は、メタボリックシンドロームが健康上いかに恐ろしい状態か皆さんに示す事になりました。


 診断基準では欧米諸国と日本で腹囲の設定値で違いがあり、また体格などを無視しているなど問題点はありますが、心疾患はいくつかの要因が重なって起こる事を明確に示した点では評価されるものです。
 しかし基準のため、逆に一般の人には誤解も生じやすい事も確かです。
すなわち、この基準に当てはまらないと健康上心配は要らないと感じさせやすいことです。 人の体の状態は数値だけでわかるわけではないのです。 

piano.jpg

 私自身、血圧は正常、BMI正常範囲、血糖正常、ステロールは正常範囲内(LDLはやや高めでしたが)でしたが、心疾患を体験しました。 考えられる要因は座っての仕事が多く、運動不足と、ストレス解消不足?

医師としては大変よい勉強させてもらいました。 胸痛中であっても、血液、生化学検査、心電図には全く異常が出ませんでした。 カテーテル検査で診断がつき、無事治療が出来ました。 とかく、西洋医学では検査データを中心に診断しがちですが、今回改めて身体が内から訴えている事をより重要視しなければと思い知らされました。 医師は自身の死の体験は避け、それ以外の病気を出来るだけ多く体験したほうが良いのです。 

心カテーテル検査ステント挿入のために入院し、その後11月からは診療日を週三回に少なく致しました。患者の皆様には大変ご不便をおかけし、申し訳なく思っております。

 三途の河を渡りきることなく戻ってきたからには、この体験を生かし、今以上の内容の充実した医療を目指していきたいと思っております。


 今年の診療は昨日で終わりましたが、患者の皆様には本当に有難うございました。 2008年もどうぞよろしくお願申し上げます。

 美夏クリニックの一年の診療は終了いたしました。美夏Dr.は何かに追われるように過ごした一年間でした。

 質の良い医療元気になれる時間と快適な空間が提供できたか、多くの反省と改善点を残した1年でした。

 特に後半は可能な限りご予約もお受けし、患者さまにとって快適な医療をお受け頂けるような施設を作るという明確な目標がありました。その中で具体的に変化出来た部分もありますけれど、いくつも大きな問題点を積み残し、解決を図るためにはまだ時間がかかりそうです。まだまだ試行錯誤中ですが、来年もう少し頑張ってステップアップするべく覚悟を決めています。 


metabolic.jpg

左は筑田画伯のイラストです。

医療企画さまのリーフレットに「メタボリックシンドロームはビール腹の事?」という原稿依頼を受けたときに、筑田先生がメタボリックシンドロームの典型的な姿を書いてというリクエストに応えてお書きになったものです。イラストそのものは没になってしまいましたが、結構今の時期にぴったりなのでアップ致します。

皆さまの年末年始のご予定はいかがでしょうか?美夏Dr.は例年のごとくスキー三昧になりそうです。スキーで身体を動かしてはビールとワインーーー左のイラストそのままですね。つまりメタボ街道まっしぐらーーー。

ちなみにビール腹とメタボの関係は

1,お酒はカロリーが高い

2,脂質は夜蓄積する

3,おつまみはカロリー、塩分、脂質と3拍子で多い  

の3つで関係が深そう。晩酌の代わりにジムでエクササイズしましょうという結語でした。

皆さま楽しいヘルシーな年末年始をお過ごし下さいませ。新しい年にお目にかかりましょう。

中年女性の肥満が脳卒中を招く


 最近米国の医学ニュースで45―54歳のいわゆる中年層の脳卒中に関しての注目すべき記事がありました。 この研究結果では女性が男性に比較して、危険度が2倍あるとされています。

 脳卒中の原因のひとつには、ホルモン補充療法、避妊薬の影響があります。でも肥満、高脂血症が中年期に増加心血管系のリスク因子が増加している点が大きいようです。肥満や高脂血症の危険因子の管理が不十分なのではないかと見られています。

 最近メタボリックシンドロームが注目されていますが、中年期には美容面だけではなく、健康の面でも肥満、高脂血症には注意する必要があります。

 美夏Dr.のダイエットの動機は、美容ときゅうくつになった洋服を着るため!!鍼治療による耳ツボ減量、運動療法、食事制限を行っています。その成果てきめんで、1月間で4Kgの減量を得ています。腰痛も無くなり、体調良好との事です。
 脳梗塞の危険も確実に減ったものと推測しています。何事も、三日坊主にならないように、無理のない治療計画が成功の秘訣のようです。

美夏クリニック http://www.mika-clinic.com
 

千葉県鴨川市に、川に沿って長狭と呼ばれる地区があります。その地区で採れる長狭米は、皇室への献上米だそうで、新米の美味しさは格別です。
 白米そのものの香りと程よい甘みがあり、お菜無しで2,3杯は食べてしまいそうになります。

 しかし、玄米で頂戴すると、玄米としての歯ごたえ、味わいはありますが、長狭米の特徴は分かりません。
 現在は米飯といえば白米です。食感、炊飯の事を考えると玄米の旗色が悪いのは止むを得ません。

gennmai.jpg

 しかし、健康面を考えますと白米より玄米を食べるのを是非薦めたいと思います。 ビタミンB,ミネラル、植物繊維は玄米では豊富で、白米はせっかくの栄養分を捨てているようなものです。

 便秘の方、肥満解消を考えている方は、食事の改善を考えるとき、まず初めに玄米をゆっくりと噛みしめる事からはじめてください。
大抵の方で便通は改善されるとおもいます。 玄米の繊維は腸管を掃除し、有害物質を取り除くように働きます。 便通が改善されますと、皮膚の状態も改善され、美容面でも有効です。
 ゆっくり咬む事は、脳の満腹中枢も刺激し、多食を改善させる効果があり、肥満解消の一助となります。

 私も玄米党ですが、白米とは違う味と野性的食感を楽しんでいます。

 美夏クリニック http://www.mika-clinic.com 
筑田Dr.からのメッセージでした

 ネットサーフィンで調べてみたら
お茶碗軽く1杯(150g)あたり
  食物繊維 5.30g(玄米) 0.60g(白米)
  たんぱく質 5.0g    3.90g
  ビタミンB1 0.24mg   0.05mg
  ビタミンB2 0.03mg   0.02mg
  ビタミンE  1.10mg  0.30mg
  亜鉛    1140mg   810mg
  カルシウム 6mg   3mg
ですって。

 最初は白米に混ぜてみるとか、胚芽米から試してみるとかしてみてくださいね。だんだん白米にはない美味しさも発見できると思います。
 雑穀もとてもよい栄養源です。こちらもお勧めです。


 資料は NAOZANE さまの表を拝借いたしました。  

posted at 2007/07/04 18:31 | kojitomika |

筑田先生によるダイエット法についてです。前回のブログはこちら
http://mika-clinic-drs.bblog.jp/entry/325478/
それでは筑田先生よろしくお願いいたします。

 体重コントロールで私が考えていることは前回も述べました。美しさの基準は時代により地域により変わってくるものです。女性誌で、病的な目の焦点が定まらないようなモデルさんをおみかけします。その病的な美しさをめざすより、私は健康美をめざしていただきたいと思っています。
治療をするにあたっては、その人の体形、皮下脂肪、内臓脂肪の状態を把握することが必要です。 肥満があるとすると脂質代謝はどのようか、肝臓はどうか、糖尿病はないか、甲状腺機能はどうかをチェックします。

 また、運動療法を考えるにあたっては心臓の機能、呼吸機能はどうか、四肢関節の異常はないかを調べ、楽しく治療を成功するためには趣味は何かも知っておく必要があります。
 さらに食生活、生活のリズムはどうかなど聞いておく必要があります。 ただ単に食事を減らすだけでは痩せた病人を作ることになりとんでもないことです。

皮下脂肪は健康上あまり問題になりませんが、内臓脂肪が多いいわゆるリンゴ型肥満は直ちに是正する必要があります。 これはメタボリックシンドロームの中心に位置する生命を脅かす危険因子だからです。  内臓脂肪は運動とカロリー制限で容易にコントロールすることが出来ます。
女性の皮下脂肪の減量はそんなに簡単ではありませんが、やはり運動とカロリー制限が中心になります。 運動なしでカロリーだけの制限ですと骨粗鬆、筋肉萎縮が起こり、基礎代謝も低下して身体には好ましくありません。

 プロポーションを中心に考え、余分な皮下脂肪を除こうと思うなら危険度の少ないメソセラピーを考えるのも一つの選択肢かもしれません。 腹部周囲、腰周り、臀部の余分な脂肪を確実に減少させます。 ただし、運動とカロリー制限で健康な身体を作る努力はしていただきます。 健康美が大切なことを忘れてはなりません。


おやおや遅筆の筑田先生がブログ原稿を送ってくれました。

この調子でゆくと、このところ体重増加に悩み、リエッタ失敗、防風通聖散失敗、マイクロダイエット失敗、ナースBナスによるベルト作戦失敗で落ち込む美夏Dr.のダイエットの実況中継がアップできる日は、あまり遠くないかもしれませんね。

 そういえば、吉祥寺に来てしばらく体重増加に悩まされていたようでしたが、このところ昼食抜きで減量していた様子。その結果についても報告してもらいましょうね。

posted at 2006/09/30 19:41 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

陽子さんがBMIが正常なので、ミロのビーナスと比べて遜色がなくなった。だから、ダイエットをする必要がないと言われて、憤慨していましたね。医師から見た健康美とは何か、筑田先生に尋ねてみました。
 では、先生よろしくお願いします。(以下筑田文)

多くの痩せたいという患者さんはもちろん美しくなるのが目的です。でも医師がまず第一に考えることは、健康美です。

 優れた運動能力を備えた身体の形と、充実した精神の輝きが調和して、美を形成すると、私は思います。
 
若いときには、身体の基礎代謝が高く運動量も多いため、プロポーションをギリシャ彫刻のように保つのは不可能ではありません。年齢を重ねると次第に基礎代謝が落ち、仕事などの時間的制限から運動する機会も減り、よほどの努力なしには均整の取れた体形を保つのは困難になります。

 私は、学生時代陸上競技をやっていました。そのときに見たグラウンドで走り、跳躍する女性の姿は美しいと思ったものです。でも、そのときに一緒に走っていた人々が現在も同じような体形を保っているとは想像できません。

 女性では年齢と共に皮下脂肪がつきやすくなります。特に腹部、腰の周囲は一度脂肪がたまりますと、それを取ることは難しい。
 男性ではお腹の周囲が太くなりますが、これは皮下脂肪と共に内臓脂肪の蓄積によって太鼓腹が作られ皮下脂肪は女性よりつきにくいようです。


 私は時々田舎に帰って温泉を楽しみます。このとき温泉で出会う現役の漁師さんたちは中年以降でも筋骨たくましくて、太鼓腹の中年太りの漁師さんはまずみかけません。ご存知のように漁師の生活は厳しく、板子の下は地獄への道。肥満状態では厳しい作業をすることは出来ません。漁師として生きていけないからです。船に乗らない奥方さまがたはたいていの場合肥満しておられます。つまり運動量によっては、肥満を解消することはさほど困難ではありません。

 女性の方が肥満しやすいのは、確かです。でも例えばダンサーのプロポーションが保たれているのを考察すれば、一般の女性の参考にもなりそうです。ダンサーは、一日に必要なカロリーや食材の吟味、栄養バランスをプロとして考えているものと思いますし、運動量も並大抵ではないと思います。
 
 適正体重を考える時、一般的にBMI(Body mass index)を計算し、22を標準値とし、このグループは統計的に最長寿であるため適切としていますが、個人個人でその人に最適な値は当然異なってきます。
  先ほどのダンサーですとBMIは20ですと身体は重くダンスにならないので当然20は切っているでしょう。
 自分の例で考えますとBMIの22は確かに脂肪のつきすぎです。学生時代の6年間は毎日のように走り、BMIは常に63kg/1.75x1.75=20.6 でした。夏休みの帰郷でご馳走を食べ過ぎていると5Kgは増加し、BMIは22.2ですが身体は重くとても競技は出来ず、元に戻るのに2ヶ月はかかった記憶があります。
 
 この様に体重減少を考え美を考えるときはBMIだけにこだわらず、個人の生活全体を詳しく見直す必要がありそうです。


posted at 2006/09/21 13:39 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

患者さんから「ドロドロ血液」について聞かれることがあります。
 多くの患者さんはその意味をよく理解していないようで、誤解しないように説明してみようと思います。
よくテレビで見られるドロドロ血液といわれているのは7ミクロンほどの細い管が配列された装置を赤血球(6-9ミクロン)がスムーズ通過できるかどうかを見ています。 
視覚的には血管内で同じことが起きているように錯覚が起こりやすく、一般の方にはショッキングな映像です。 これはあくまでも人工的な測定機内の出来事ですので、血管の中も同じようなことが起きているとは考える必要はありません。
 自分自身の健康状態をはんだんする上で重要なのは、「どろどろ」「さらさら」という感覚的な言葉ではありません。

血液と血管と、血液の流れ方に分けて考えると理解しやすいと思います。
血液成分は血球成分と血漿という液体成分に分けられます。血球には赤血球、白血球、血小板があります。それらの数が増したり、性状の変化(特殊な貧血や白血病)が起こったりすると、血液は粘調になり、血栓が作られやすくなります。 
血漿成分には、電解質、グルコース、種々の血漿タンパクがあります。脱水による浸透圧の増加、糖尿病、異常蛋白増加などでは高率に血栓が出来ます。

次に血管の話をします。 動脈硬化で血管内膜が傷つくと、血液の流れが悪くなり血栓が作られやすくなります。事故があると渋滞するようなものです。 血栓が心臓を栄養している血管で起きますと心筋梗塞になりますし、脳で起きますと脳梗塞となります。
 眼底動脈を見ると、血管の状態を直接診断することが出来ます。頚動脈エコーという検査でも、痛みなく血管の状態と流れ具合を測ることが出来ます。

東洋医学的診察では舌の性状で血液の流れを把握します。舌の色が暗く、舌下静脈が黒く怒張している状態は血液の滞りを示し、瘀血として治療の対象になります。 瘀血の状態は生活習慣病を含め、肩こり、腰痛、痔、冷え性、月経困難症、静脈炎や血栓症と密接に関係しています。

 心臓のリズムの不調で、心房細動という病気があります。これは心房という場所で、血液が停滞したために固まってしまい、その塊つまり血栓が脳に飛ぶと脳梗塞をおこします。この病態は、血液の性状や血管の状態ではなくて、血液が滞る危険性を示す良い例です。

 ドロドロ、サラサラを直ちに短絡的に病気または治療に結びつけサプリメントを服用して全て解決と誤解することなく、医療機関で正しい診断をしてもらうことが大切です。 

posted at 2006/09/15 20:12 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちメタボリック症候群カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはインフルエンザです。

次のカテゴリは予防接種です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。