水痘帯状疱疹の最近の記事

帯状疱疹予防に水痘ワクチンを

HVZ1.jpg 帯状疱疹は、こどもの水ぼうそうのウイルス(水痘帯状疱疹ウイルス)が再活性化して、身体に帯状の水疱をつくる病気です。症状は強い人から軽い人までいますが、その時だけでなく後々まで痛みが強く続く場合があり、辛い病気です。帯状疱疹は、水痘ワクチンの接種で、発生率、慢性化する疼痛の発生率、重症度も50-67%減少します。 こちら 基礎疾患のある方や高齢の方は検討されると良いと思います

 水ぼうそうにかかると、身体中の神経節に水ぼうそう(水痘)のウイルスが住み込みます。普段はその人の免疫がウイルスを神経節のなかに押し込めて活動させないようにしていますが、たまたま疲れが溜まったり、癌や高齢化などで免疫が下がった時に再活性化して、症状を出します。全身に皮膚の症状が出る水ぼうそうと異なり、一つの神経節からその神経に沿って帯状に皮膚症状が出ることが多いので帯状疱疹と言います。

 最初に痛みなど神経の症状が出ます。赤い発疹が出た後で水疱がでてきて、それがただれてかさぶたとなって直ってゆきます。痛みに対して、温めたりお薬をつかったりブロック注射をしたりします。後々まで残る痛みは、帯状疱疹後神経痛と言います。現在ではリリカなどの薬剤がありますが、辛い痛みで苦しまれる患者さんもいらっしゃいます。

 水ぼうそう(水痘)の予防に水痘ワクチンが定期接種となったのは2014年のことです。

 そして同じワクチンが帯状疱疹の予防に2016年に認可が取れました。(定期接種というのは、自治体の負担で受けられるワクチンのことです。帯状疱疹の予防には現在のところ任意接種という自費の診療になります。) 2008年に筑田Dr.が書いた記事は  こちら 

 先日80歳を過ぎた方が帯状疱疹でいらっしゃいました。元々いらしていた方で、最初からお薦めしていればよかったと、とても申し訳なく思っています。もし記事がお役にたって、痛みで辛くなる人が減るようにと願って書きました。

jap-flowers.jpg

 幼少時に罹患した水痘の原因ウイルス(ヒトヘルペスウイルス3型)は、身体から排除されないまま知覚神経の神経節細胞に生涯潜んでいます。

  そのため、体の抵抗力が弱り、液性及び細胞性免疫が低下した時に活性化して帯状疱疹として発症します。

  症状体表の痛みあるいは痒みで始まり、次いで発疹を認めます。 発疹は知覚神経の分布に沿って認め、小水疱を形成します。

  痛み の程度は様々で、時に神経ブロック治療を考慮する事が必要です。

 発症部位によって痛み以外重篤な合併症を生ずる事懸念があります。 目の領域ですと、視力障害、耳では聴力障害めまい、また顔面ですと顔面神経麻痺瘢痕による美容上の問題が生じます。 更に重篤なものですと、ヘルペス脳症で、死亡することもあるため、おろそかに出来ないのが帯状疱疹です。

 多くは中年以降発症しますが、若い方でも何らかの免疫不全状態で発症します。

 早期の診断治療で経過症状を軽く早期の終息を目指す事が可能ですが、何よりも発症を抑える事が大切です。 年齢と共に発症率が上がり、一生のうち三人に一人は罹るといわれています。 米国では60歳以上のヒトに積極的に予防ワクチンがなされ、約50%の人で発症が抑えられ、60%の人で疼痛が抑制されています。 日本でももっと予防接種を広める必要があると感じています。 予防接種は予約で行いますので、ご相談ください。

 

美夏Dr.より

 身体のどこかに強い痛みを感じたときに、まだ皮膚に発疹がなくても、帯状疱疹を疑った方が良い時があります。皮膚の病変がないと、まだ血液学的な診断はつきませんし、確定診断には難渋します。でも体の半側で、ふつうと違う痛みを伴う感覚障害があって、なおかつとても体調の悪いときには、可能性があります。 もし、そんなことがあったら相談してみてくださいね。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち水痘帯状疱疹カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは新型インフルエンザです。

次のカテゴリは百日咳です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。