貧血の最近の記事


 貧血は血色素ヘモグロビンが低い疾患で、立ちくらみやめまいの症状とは別のものですと、お話いたしました。
それならヘモグロビン値が12以下(女性)で、血液学的に貧血のときはどうするのでしょうか?

anemia3.jpg

 

 

 

 

これが貧血のイメージです。(花びらの画像です。ぴったりですね。さすが美に敏い筑田先生の選んだ画像です。)


anemia4.jpg

 

 

 

 

貧血のない赤血球のイメージはこちらです。


 貧血かなと疑われたらまず血液検査をします。

白血病など悪性疾患の無いのを確認し、フェリチン値を見てみます。 
フェリチンは身体に貯蔵されている鉄分を測っています。このフェリチン値が高いときは鉄剤などの増血剤は無効です。 体質的にヘモグロビン値の低い方もいるため、再生不良性貧血、骨髄異型性症候群などが隠れていないか注意しながら経過を見ていく必要があります。 
 フェリチン値が低い時には慢性の出血による貧血が考えられ、出血の場所を探す必要があります。

 女性ですと、生理の出血量、痔、消化管出血が無いか検索します。
 男性ですと、痔、消化管出血の検索が必要です。 いづれも癌などの無い事を確認し、出血原因の治療と平行して鉄剤を服用していただく事で貧血は改善します。
 一月でヘモグロビン値は1-2上昇しますが、ある一定レベルでプラトーになります。 治療は貧血が改善したとして服薬中止してはいけません。 血中のフェリチン値が充分量であることを確認するまで服薬は続ける必要があります。 女性では、ヘモグロビン値は12以上有るのですが、フェリチン値の低い貧血準備状態の人は以外に多いものです。 この様な方では、冷え、疲れや易いなどの症状がある方もあり、貧血として治療する事で症状は改善できます。
 血液専門医へのコンサルトがお勧めです。

美夏クリニック http://www.mika-clinic.com

 貧血は女性に多い。でも貧血を心配して受診なさる多くの方は、貧血とたちくらみ(気が遠くなったり、目の前が暗くなる)の症状を混同しておられます。

 では貧血とは何か?
血液学的貧血は、酸素を運ぶ赤血球の中のヘモグロビン(血色素)が減少している状態です。女性ではヘモグロビン値が12g/dl以下ならば、貧血と呼びます。
へモグロビン値が正常の半分であっても、それが急激な出血によるものでもない限り、立ちくらみはまず起こりません。 むしろ、疲れやすい、運動時の息切れ、だるさなどが貧血の主な症状です。

 では、気がとおくなったり、目の前が暗くなったりする、たちくらみや失神の症状は、なぜ起こるのでしょうか? それは、脳を循環している血流が一過性に障害され、脳細胞に必要な酸素が不足することによります。機序には多数の原因がかかわっています。

 若い女性に多い原因を説明します。それは、''起立性低血圧''、''血管迷走神経反射''です。 
 私たちの体では、血液の3/4は静脈血として巡り、またプールされています。残り1/4が心臓というポンプで圧力が加えられ、動脈血として身体のすみずみへ酸素を運搬しています。 脳、肝臓、腎臓などへの循環血液量は、自律神経反射によって微妙に調整されています。
 疲れが重なったり、睡眠不足、ストレスが多くなったりしますと、この自律神経の調節機構がうまく働くなり、脳の循環が一過性に障害され低酸素状態となり失神症状が出やすくなります。 若い人の失神やたちくらみは寝ているときには起こらず、座わっている時、立っている時に起こる事が多いのです。 多くの場合、大きな病気につながることはありませんし、後遺症が残ることもありません。

 高齢者では、動脈硬化、心疾患などによる循環不全が原因として考えられます。心疾患、糖尿病、脳梗塞などの重篤な病気の前触れであることも有ります。詳しい検査をして、治療が必要になることがあります'。 

筑田DR.からの「貧血について」のメッセージです。

 貧血は女性に多い。
 でも「貧血です。」とおいでになる方の多くは、「貧血」ではなくて、起立性低血圧です。

 例えば、急に立ち上がった時や起きあがった時、あるいはエレベーターに乗っていた時に、くらくらしてめまいがしたとか、ふうっと気を失った。そんな症状が貧血かもしれないと勘違いしています。しかしこれは、貧血ではありません。起立性低血圧です。

 頭は高い位置にあります。急に頭が上になると、身体は重力に逆らって血液を脳へ送らなくてはなりません。血管は身体の下のほうでは縮まり、頸から上では広がって、血液を充分なだけ脳へ送り出します。これが自律神経の働きです。
 この脳へいく血流が上手く保たれず、一時的な脳の循環不全(血流が足りない)になると、くらくらしたり、めまいが起こったりします。

 その起立性低血圧の患者さんの中には血圧の高い方もおられますが、多くは血圧が低めです。また、普段運動をしない、精神的ストレスをお持ちの方が多いように思います。普段の生活習慣を見直し、漢方薬などで治療いたします。

 筑田DR.に、起立性低血圧のイメージを画像で選んでもらいました

od1.jpg

 

 女性のスタッフや美夏Dr.のイメージは

od2.jpg
 


 

 

 

 

 そういえば、美夏Dr.も学生の頃は起立性低血圧でした。最近では、くらくらもしなければ、気を失うこともない。自律神経は順調というか鈍磨しているかもしれないーーー。なんか図太くなってしまったみたいで、本当にいいのか悪いのかーーー。

 筑田先生は先週また風邪を引き、今週は気管支炎症状を持ってスタート。やっぱり男の人のほうが、デリケートなんでしょうか?週に3回Kナースに鍼治療をしてもらって、免疫力を高めないと少々情けないのではーーー。

 東北の男は頑固ですね?皆にクーラーの風を浴び続けているようでは、健康に悪いと忠告されても、東京の湿度が嫌だといって、24時間身体を冷やしています。
冷やすべきなのは、身体ではなくて頭のほうではないかと、最近美夏DR.はあきれ気味です。

posted at 2007/07/09 19:59 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち貧血カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは花粉症です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。