気血水の最近の記事

さて、「気、血、水」のうち 最後の「水」について、ご存知Dr.筑田にインタビューしてみましょう。

なすび 「【水】って何ですか?」

 Dr.筑田 「体内の水分は二つに分かれる。つまり【血】は、血管の中を流れているものを指すし、【水】は血管以外に分布している水分を指すんだ。【水】は、身体に潤いをもたらし、身体の防御システムを司るリンパ系も含めて考えるんだ。【津液(しんえき)】ともいう。ただの「みず」ではない。栄養や滋養を含んだ水で、細胞活性を促し、身体を守る働きがあるんだ。  【水】の一部は汗や尿になって、体外に排出される。」

なすび 「【水】による異常を教えてください」

 DR.筑田 「身体のバランスが崩れていて、この【水】が体内に病的に貯留したり、返って不足することを【水毒】という。水分が過剰である【水毒】で見られる症状は、腎不全、心不全の患者さんの症状が良くあてはまるんだ。つまり、むくみ、息苦しい、尿が出にくい、咳や痰などもその【水毒】だ。不足の【水毒】では、喉がかわく、身体がほてる、皮膚が乾燥する、目が乾燥する、つばが出にくい、乾いた咳など。」

 DR.筑田 「興味深いことに、めまいも広い意味での【水毒】と理解されている。めまいの代表的疾患にメニエル氏病がある。メニエル氏病は西洋医学的には内耳(耳の奥にあるカタツムリのような形の器官、三半規管という)のリンパ液の異常である。昔の中国の人は、水を出すような薬(利尿薬タイプの薬)を使うとめまいが楽になることから、めまいは水毒だと考えたのだろう。 2千年前の古人の観察力に驚かされます。」

 なすび「気、血、水について教えていただいてありがとうございました。」

 DR.筑田 身体は【水】と【血】という液体で造られた小宇宙です。その宇宙に命を与えて、動的に動かすエネルギーが【気】です。

 そのバランスが崩れ始めたときを未病と捉えます。さらにそれが進んで症状が出たときが、病気や疾患なのです。出来れば未病の段階で、その身体のゆがみや偏りを矯正し、バランスの取れた健康な状態を維持できるようにしたいと、東洋医学の医師は努力しています。」| 漢方 | 14:03 | - | - | ↑TOP

それでは、本日のインタビュ-は「血」に行きましょう。

  Dr.美夏 「血」と漢字を見れば、出血する、血わき肉踊る、のように、身体を流れる血を思い浮かべますが。

♪手のひらを太陽に透かしてみれば、真っ赤に流れる僕の血潮♪

DR.筑田 「確かにね、血液の血でもある。でも、血液だけを指しているわけではない。この【血】は、栄養素と潤いを身体の隅々までめぐらすものとして昔の人は考えたんだ。現在の西洋医学的に考えれば、血液成分やホルモンなどだよね。」

DR.美夏 「その【血】は貧血や多血症のようなものを考えればいいの?」

DR.筑田 「【血】が身体のそれぞれの器官や臓器が調和して健康に働くようにしているんだ。 例えば【血虚】という言葉がある。血が足りないことを言う。西洋医学でいう貧血も含まれているんだが、そのほかに皮膚は乾燥し、目の動きが悪く、手足の動きも悪くなる。西洋医学的には、悪性貧血や萎黄病が典型的だ。」

DR.美夏 「萎黄病って何?」

DR.筑田 「貧血がひどくなって、皮膚がしわしわ、髪がぼそぼそして顔色が黄色くなる病気があるんだ。拒食や生理などで思春期前後の女性に昔は良くみられた。貧血のひどい状態だ。

美夏DR.の年齢だと診た事ないでしょ?萎黄病って言葉は、今は使われないし、そんなにひどくならないうちに、普通は治療されている。」 

 また【瘀血】って言葉がある。これは血がよどんでいる(いわば清流ではなくて、動きのないよどんだ)状態を指す。目の隈、肌色が暗く、唇の色が青い。痔も【瘀血】の症状だ。舌の裏側の静脈がどす黒くとぐろを巻いて澱んでいる。

 多すぎて、統制が取れず膨れ上がった状態を【血熱】と表現する。鼻血、歯ぐきからの出血、喀血、ニキビが出来るというような症状がでる。【血】は理解しやすいと思うんだけれど。」

 漢方の世界は、西洋医学になじんできた医者や看護婦には、ブラックボックス。このところ、Dr.筑田に教えてもらって少しずつはわかったような気がするけれど、それでも結局なにやら雲をつかむようなーーー。

 DR.美夏  「どうやら気、血、水とかが東洋医学で重要な概念らしいことは分かった。だけど、それってなんなんだかもう少し教えてくださいな?」

 DR.筑田  「東洋医学の世界で病気や健康の状態を把握するには、患者さんの【気、血、水】の状態で判断するんだ。この3つが体内をバランスよくめぐっている時には、人は健康な状態でいられる

 Dr.美夏  「わかんない。もう少し分かりやすく教えて」

 DR.筑田 「【気】は元気の気やる気の気。自然現象や物事を動かす原動力(エネルギー)を意味する。」 

 「中国の痩せ薬で、甲状腺ホルモンの入っていたのがあっただろ?どうして甲状腺ホルモンが痩せるのに効くかというと、このホルモンをのむとやたらに動きまわり、頭の回転も速くなり、活発になる。つまりエネルギーを消費しすぎるんだ。

 それが身体全体のレベルだけでなく、細胞のような小さい単位でもおこっている。だからこそ痩せる。 

それと同じように、気が高まっている状態は医者の言葉でいうと、代謝が高まり、エネルギーに満ちあふれている状態だと思えばいい。良い状態って訳ではないんだ。これは過剰な状態であって、健康な状態ではない。ここが重要なんだ。

  逆に甲状腺ホルモンの欠乏状態では肉体、精神活動も鈍くなり全体にむくみ、活動が低下するので、ひと目で診断がつく。これが気が不足または低下している状態と考えれば理解しやすい。」

「ふーん、じゃあ【気】が欠乏している時には、甲状腺ホルモンを処方すればいいんだ」と、突っこもうと思いましたが、真面目なDR.筑田にまた怒られると、言いそびれました。また続きをお楽しみにね。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち気血水カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは山の薬草です。

次のカテゴリは漢方薬です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。