こすってはいけないの最近の記事

cosmetics.jpg

 北里大学のグループによると80%の日本人女性のお顔の皮膚は乾燥して傷んでいるのだそうです。

 沢山塗って、ダブルで洗顔し、さらに保湿剤を一杯塗るというたし算のケアが好ましくない。できれば、純石けん(添加物や香料などの入っていない素地のみの石けん)を用いて、丁寧に1回洗顔し、その後最小限度の保湿をしましょう。と、繰り返しお話なさっています。(皮膚の恒常性を大事にしましょってお話と一緒ですね。) この話をすると大抵、「それでメイクは落ちるんですか?」という問いが返ってきます。美容系の医師は純石けんで丁寧に1回洗顔、それで落ちるメイクをして下さいと、お話することになります。

 この数年ランカムのフォトジェニックというパウダリーファンデが薄く皮膚に乗り、くすまないので気に入っていました。いつも化粧品のカウンターに行くと2つ、3つと買っていました。それがついに全部なくなり、仕方がないので試供品でもらっていたのをつけたら、やけに毛穴が目立つーーー。色々工夫してみたが、それでも駄目。ファンデって製品によってずいぶん違うのね。

 そうこうしているうちに、武蔵野皮膚科合同カンファランスという杏林大学皮膚科主催の催しがあって、やっと化粧品を買う時間が出来ました。(やっと買い物をする時間が出来た。)そうしたら、フォトジェニックは販売中止ですって。見かけよりシャイな(誰も信じてくれないでしょうけれどーー)美夏Dr.は他のカウンターでファンデーションを試すなどという度胸はなくて(ついでに時間も迫っていて)、パーフェクトフォーエバーを買ってきました。ランカムのカウンターのお姉さん曰く、薄いのがお好きならパフにとってからパフ全体を折り曲げて粉を全体に揉み込んでから、皮膚に乗せなさいですって。

  

powder.jpg

昨日Ns.なすびが来たので、「ファンデが上手く乗らない。大体今まで毛穴が気になることはなかったのに。これじゃあ毛穴にファンデを詰めるメークになっちゃって、さらに毛穴が開く。どうしたらよい?」と駄々をこねました。
 なすびNs.曰く「パフはぽんぽん乗せるもので、延ばすように(皮膚面と平行に動かす)使っては駄目なのよ。毛羽の後が残っちゃうでしょう?スポンジは反対に皮膚面に延ばすように使うの。大体お粉はね、乱反射で陰を作らないために使う。トランスルーセントのがいいの。」だそうです。

 ついでにベースメイクの工夫についてのなすびのコメントはこちら と こちら

 パーフェクトフォーエバーについてなすびのコメントはこちら

 鮫肌ナースもやりすぎないでと言う記事を以前に書いています こちら

 で、本日の美夏Dr.が昼休みの後化粧直しをする前(左)と後(右)です。ブログ記事だと写真の解像率が悪くて分かりにくいかしら?それでも右の皮膚の方が明るく均一に見えます。右下方の色のむらは、肝斑です。

 毛穴やら小じわが気になる肌でも、塗り込めない化粧でカバー出来れば、メイクで皮膚にダメージを与えるのが最小限ですむというお話でした。

 そろそろ日焼けしないように気をつけないと、あっという間に肝斑は悪くなりそうな陽射しですね。皆さまもお気をつけて。

 最近私自身の公開アドレス mika@mika-clinic.com から輸入医薬品の宣伝メールが私の受診ボックスに入ります。「 なりすまし」のようで、私自身が送っている物ではありません。ご迷惑をおかけしていましたら、本当に申し訳ありません。

 

 

 皮膚ってバリアです。外の環境から内なる自分を守る防御壁が本質です。
そうすると理想の皮膚って、これかなあとスタッフと選びました。

 

idealskin.jpg

水はしっかりはじき、外からの侵入物を弾き返す。

ナースWは、「若い頃は水が玉になってころころ落ちたのよね」と、隣でぶつぶつ。楊貴妃の皮膚ですよね。


 このところ急に寒くなって、皮膚が乾燥して痒くて仕方がないという患者さま(皮脂欠乏性湿疹)がたーくさんおいでになります。
バリアは皮脂と細胞としては生きていない角質細胞から出来ています。このバリアを破綻しないためには、どうしたら良いのか?昨年の記事を再掲します。

 

1、お風呂はぬるめのお湯で短い時間にしましょう
2、身体を洗うには、香りのない余分な成分の入っていない石鹸を手のひらで泡立てて
3、ナイロンタオル、ボディブラシは避けて、手のひらで優しくなでるように洗ってください。
4、背中も手のひらで洗うと、肩関節も柔らかくなって、一石二鳥です。
5、お風呂からあがったら、タオルで押し当てるように軽く拭きましょう。
6、乾きやすい人は、ここで保湿剤を。かぶれないお好みの乳液やクリームを。価格の高いものよりも、返って値段の安い余分なものが入っていないものをお勧めしています。

写真の理想の鋼鉄の肌も、金属のブラシでこすれば、表面のワックスははげちゃうし、塗装面も傷がつきます。もともとの皮膚の仕組みを大事にして、必要ならば保湿する、必要ならば薬を使いましょう。

新車を金属のタワシでこすると傷になります。あなたの皮膚も優しくこすらないように洗ってね。

http://mika-clinic-blog.com/2006/10/post_86.php

 皮膚を摩擦する、こするのはやめましょうということを、何度かお話しています。

 皮膚は、紫外線や摩擦の力がかかると、皮膚とその中の身体を守るために、メラニンを産生し、色が黒くなります。また炎症が起きますので、真皮と呼ばれる層に水分が増え、毛穴が目立ち、血管が拡張し赤くなります。これは、美しい皮膚のためにはとても有害なことです。

 では、なぜマッサージをするのでしょうか?一般的には血流を改善し、水を引き寄せ、皮膚の張り感を持たせると説明されます。だからマッサージによる皮膚の張った感じは2-3日しか保たれないわけですね。

 また、皮膚を骨格からずらすように動かしますと、当然のことながら、皮膚と骨の間の距離は長くなります。言い換えると緩みがでる。重力には勝てませんので、たるんできます。

 ゴッドハンドのマッサージは、皮膚表面に摩擦をかけず、なおかつ皮膚と骨格の間の距離を最小限にするマッサージということになりますね。確かにゴッドハンドが必要です。

 ゴッドハンドをお持ちでない方は、皮膚をたるませないために、しみを作らないために、ぜひマッサージはおやめくださいね。
 美容外科をしている女医さんで、スキンケアとしてマッサージを御自分にしているという人を私は知りません。

 たまたまサーマクール照射後、皮膚がコンパクトになって、美容外科的にはよくなっていたのに、その硬くなった感じが気になって、マッサージを続けていたという方がおいでになりました。せっかく皮膚表面積を縮めるために、高周波というエネルギーで結合組織を熱したのにと、びっくり致しました。

 マッサージの効果について、一般の人と医師の間では理解が全く異なるのに毎度驚きます。

 ぜひマッサージをお受けになるときには、「皮膚表面に摩擦をかけず、皮膚と骨格の間の距離を伸ばさないマッサージ」をお願いいたします。

posted at 2007/04/03 19:16 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

 2006/6/19にブロックブログの美夏先生と楽しい仲間たちにアップした記事です。過去のアーカイブに入るかしら?

  
  しみを取るための方法は、すでにほとんど確立されています。治療方法には、レーザーや光照射、ハイドロキノンやトレチノインなど外用療法など、こういうしみにはこういう治療をすると決まってきています。言い換えると、どこの施設でも、治療機器と医師の技量があれば、あまり差がありません。診断能力と治療方針、および適切な機器があるかどうかが、治療の良否を決めると言えると思います。

 しみ治療を円滑に進める最低条件は、私はスキンケアだと思います。いくらきちんとした治療をしても、スキンケアがきちんと出来ていないと、良くなるどころか反って悪化します。 日々のスキンケアで重要なことは
   1、紫外線をさける    
   2、摩擦の力をかけない

 本日の話題は「摩擦の力をかけないで、こすらないで」

 私たち有色人種の皮膚はもともとメラニンを産生しやすい。こすってしまえば、メラノサイトはすぐに元気になって、皮膚を防御するためにメラニンを作ってしまいます。メラニンは皮膚の中を守るための防御装置です。

 摩擦しないでと、お話しますと皆さん異口同音にこすってませんとおっしゃいます。でも本当にそうですか?
1)洗顔は、ダブル洗顔はやめましょう。ふき取りタイプのクレンジングでティッシュでごしごしやっていませんか?
2)洗顔のときに、指や手のひらが特に頬骨の上を往復してませんか?
3)余分なものが入っていない石鹸(純石鹸)で汚れを浮かすように、丁寧に、皮膚をこすらないように優しく洗ってくださいね
4)お水で流すときには、パッティングするように洗っていますか?
5)タオルは押し当てて使っていますか?やわらかいタオルをそうっと押し当てるようにして、水気を取りましょう。
6)たくさんの種類の化粧品を塗るたびに、お顔の皮膚はこすられていませんか?化粧品の種類はなるべく減らしてくださいね。
7)マッサージしていませんか?
8)横を向いてお休みになる方、枕でこすっていませんか?
9)頬杖をつく癖はありませんか?

  優しく洗っているつもりでも、皮膚の上をあなたの手は1日に何回往復していることでしょう?お顔の皮膚は触らない方が、色はつきません。 1回こすれば、1回分色がつきます。
 手のひらを頬骨の上にのせると、骨が触りますね。その頬骨の上に色が強い人(肝斑も慢性の炎症後色素沈着であるとおっしゃる方がいます)、目の周辺のみ色が白く肌理が細かい人、法令線または鼻唇溝と言う口の横のラインは色が白い人、えらの上内側の色が濃い人は、是非洗顔方法を見直してみてください。

 こするのをやめる、化粧品の数をへらすだけで、半年経てば皮膚の状態はかなり改善します。 

でも先生は痒くて時々掻いているよね? だから痒いところは、色がついているでしょ?すみません。

 しみを作らないためのスキンケアについての続きです。

 赤ら顔の原因はいくつかあります。その中で、こすって赤くしてしまったお顔の特徴をお話します。

 さかさパンダのように、目の周辺や法令線、フェイスラインなどお顔の周辺は、肌理が細かくて白い。それなのに眉の上、頬骨の上など出っ張っている部分は、毛穴が目立ち皮膚そのものも厚く赤みがかっている。医者の用語を使えばやや浮腫っぽく、血管が拡張している。

 毎日物理的にこすられるのは皮膚にとっては大きなダメージ。その摩擦の力に対抗して、精一杯の防御をしている姿が赤ら顔。 つまり、皮膚の浅いところまで血管は拡張し、酸素を運ぶ赤血球や外敵と戦う白血球を増やす。(赤み=血管拡張) 臨戦状態になって、炎症惹起物質という免疫系の物質がたくさん出てくる。その結果、血管の外へ水分が流れ出て皮膚そのものも厚くなります。まさに、炎症そのものです。

 この赤みや厚みは、接触性皮膚炎というかぶれやアトピーなどの湿疹、ニキビなどでも起こってきます。かぶれると赤くなって腫れるでしょ? 一般的に、血管の拡張や皮膚が厚くなる現象は、その原因が取り除かれれば消失します。
 でも長い期間炎症が続くと元へ戻る力がなくなり、湿疹や摩擦など炎症の原因をとりのぞいても、赤く肌理の粗い皮膚がそのまま残ります。

 赤ら顔が気になる場合には、まずかぶれ(接触性皮膚炎)やアトピー、脂漏性皮膚炎、にきび、こすっているなど赤くなる原因があるかどうか診断が必要です。診断の結果、病的な状態ならば皮膚を健康にするために治療や皮膚にあったスキンケアが最初のステップ。

 その上で残ってしまった赤み(血管の拡張)や厚み、毛穴については美容外科的な治療が必要です。 美容外科的な(美容皮膚科的な)治療の中で赤みに対して直接働くものは、光治療(フォトセラピー)や赤用のレーザー(Vビームやダイレーザーなど)があります。
 それらの治療は、もともとの病的な状態や不健康なスキンケアを改善した上でなされなければ、良い結果を出すことは難しいと思っています。

 せんせ!!痒いんでしょ?掻いているよ。駄目だったらあ。掻いたら、皮膚は余計痒くなるし、色がつくって自分で言ってるじゃあない。
 でもね、痒いのを我慢するのはとっても大変なこと!なすびは痒くない人だからーーー。シャワーを浴びて、締めている下着をはずすと楽になるんだけどね。部屋も冷やさなくちゃ。 おかしいなあ?なすびよりひと回りは年上のはず。どうしていつも怒られているのかな?

美夏クリニック http://www.mika-clinic.com

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちこすってはいけないカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは紫外線を避けようです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。