蕁麻疹 じんましんの最近の記事

 前回銀杏皮膚炎の話を書きました。
そのときに、この場合は口腔アレルギー症候群の症状ではないけれど、銀杏も口腔アレルギー症候群を引き起こす可能性があると簡単に記述しました。今日はその口腔アレルギー症候群が何であるのか説明します。

 美夏Dr.はアレルギーの専門家ではありませんので、誤りがあったらごめんなさい。また、この時に拝見した患者さんについて昔の同僚(亀田総合病院の皮膚科医師)と議論していて、結局アレルギーって何でもあり、どんな形で何がおこっても不思議はないから油断できないねって話になりました。つまり、今回の患者さんの診断は銀杏皮膚炎のフレアアップですけれど、今後も同じ経過であるかどうかはわかりません。いずれにしても摂食しないに超したことはないけれど、少量摂取が危険であると断定することも出来ないと言うことになりました。(もちろんこの方は銀杏大量摂取は大きなリスクです。)

 それで口腔アレルギー症候群です。
「多くは花粉症のある方がその感作されている花粉と交差している(アレルゲンとして構造が似ている)果物や野菜を摂食し大体15分以内に口腔内の刺激感、かゆみ、ひりひり感が出現する」というのが、特徴的で共通の症状です。この15分以内というような短時間に症状が出ると言うのがじんましんなどと同じⅠ型アレルギーを示唆します。症状は口腔内にとどまらず、腹痛下痢などの消化器症状、蕁麻疹、喘息やアナフィラキシーショックなどの全身症状をも含む事があるというのが怖い。

melon.jpg

watermelon.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 アレルギー性鼻炎かどうかは別にしても、

例えば白樺などの花粉に感作されていれば、リンゴ、桃、イチゴなどのバラ科の果物にはリスクが高い。他に、ブタクサならばメロン、スイカ、セロリとか、イネ科ならばトマト、スイカ、メロンとか、杉、檜ならトマトとかーーー。  他にラテックスフルーツ症候群ってのもあって、ラテックス(ゴム)にアレルギーがあれば、アボガド、キーウィ、、モモ、クリ、バナナなどーーー。

ただ花粉症の診断がされていなくても、口腔アレルギー症候群である場合があります。 少なくとも果物野菜類を召し上がって口の中に違和感刺激感が出たならば、それ以上食べない方が良さそうです。普段も一度に多くを召し上がるとリスクは高くなりますので、好きなものでもほどほどになさって下さいね。

 美夏dr.は時々蕁麻疹が出ます。蕁麻疹って結構辛い。シャッターチャンスとばかりに画像を撮りました。(自分を症例写真に出来ることは、幸福なのか、不幸なのかーーー。最近自問自答しちゃいます!!)

 

mika-urticaria.jpg
 

大体皮膚がぞわぞわしてきて、痒いなあと思うとこんなになっています。色々抗アレルギー剤を試しましたが、とりあえずのお気に入りは住友製薬のジルテックです。美夏DR.は眠くなります。

 眠くなるのも、更年期のせいなのでしょうか?話は脱線しますけれど、以前は夜コーヒーを飲もうが、抹茶を頂こうが、紅茶でも何でも、眠れなくて困ることはなかったし、アレルギーの薬は反対に眠気を感じることもなかったーーー。結論は私にとって嫌なものになりそうなので、ここでやめますーーー。

 

 本題に戻り、ジルテック内服30分後は全く変化なし。
60分後の写真です。色の違いは微妙な条件の差だと思います

 

mika-urticaria2.jpg
 90分経ったら、何もなし 

 

 

 

今日は土曜日なのに休診にしてしまいました。珍しくのんびりした週末です。後で時間が取れたら南町カーニバルの写真をアップしますね。

 また蕁麻疹の記事をかきまーす。これは来週かな。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち蕁麻疹 じんましんカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは脂漏性皮膚炎です。

次のカテゴリは金属アレルギーです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。