こどもの皮膚科の最近の記事

headlice.jpg

 統計ではアタマジラミの流行は少しずつ増えてきているようです。美夏クリニックでも、時々拝見しています。ほぼ常在菌化してしまっている施設もあります。

 

 アタマジラミは、現在のところ回帰熱、チフスを媒介する可能性が指摘されています。でも回帰熱もチフスもスピロヘータやリケッチアによる病気で、現状そんなに患者さんが多い訳ではありません。そのためアタマジラミは固有の疾患を起こすことはないという記載をあちらこちらで散見します。

 ただ医師が、「アタマジラミで引き起こす病気はありません」という文面を読むときには、「いまのところアタマジラミで直接引き起こされる病気は分かっていません。また媒介する病気もまだはっきりしていません。」と読みます。医療医学では分かっていないことが多いのです。

 マダニによるスピロヘータで引き起こされるライム病が、病原体とともに疾患としてはっきりしたのが、1982年です。日本紅斑熱が、同じくマダニによるリケッチアで起こることがはっきりしたのが、1992年です。

  一般開業医として見聞した限り、アタマジラミの流行り方を拝見していますと、アタマジラミを単なる不快害虫である、一端発生してもそのうち害もなく終息するから穏便に取り扱おう、という範囲を超えてしまっているように思っています。

 できれば、小さいお子さんをお持ちの家庭では、時々子供さんの髪の中をチェックしてくださいね。

 

アタマジラミは不潔だから発生する病気ではありません。でも感染力伝播力が強いので、もし万が一媒介する病気が出てきてそれが重篤なものであった場合、大きな問題になる可能性があります。しつこいですけれど、不潔だから発症するものではありませんが、アタマジラミを放置することはあまり清潔な状態ではないと思います。人から人へと噛んだりさしたりする昆虫は、病気を媒介する可能性があることを、理解していただきたいと願います。

http://www.headlice.org/index.html

 「高等霊長類はもともと水が嫌いである」という話を以前お聞きしました。水を怖がるのですって。

 冬になると大人でも皮脂欠乏性湿疹の方が増えます。膝から下や肩などがかさついて痒くなり、湿疹病変ができる。美夏Dr.もすぐ乾く。

 冬になると普通の屋外の空気も乾いているうえに、エアコンでさらに湿度を下げ、寒いからお風呂の温度を高くし、長めの入浴をしてしまいがちです。小さいお子さんには、肩までお湯にちゃんと浸かって10数えてなんてしていませんか?
 かわいいお子さんなので、さらに毎日のようにタオルやガーゼに石鹸やボディシャンプーを使って、磨きたてていませんか?

 皮膚は垢となって落ちる前の角層と皮脂で覆われて、本来身体を守るバリアをさらに補強しています。このバリアを壊さないように、身体にもともと備わっている外の環境から身を守る仕組みを大事にするように、していただけたらなと、いつも感じています。
 最初の文に戻りますと、生物として身体を考えた場合に、毎日高い温度のお風呂に入り、身体を洗いすぎるのはナンセンスだということです。

 私たちは(成人であれば化粧も含め)、生活習慣でわざわざ身体本来に備わっている恒常性を壊しています。
 特に小さなお子さんは、それを避けるすべを持ち合わせていません。どうぞ子供さんが、「熱いよ、早くお風呂出たいよ」と言っているのに、あと10数えてねとか、むやみに磨くように洗いたてるのは止めてくださいね。

 以前の記事を再掲しておきます。
1、お風呂はぬるめのお湯で短い時間にしましょう
2、身体を洗うには、香りのない余分な成分の入っていない石鹸を手のひらで泡立てて
3、ナイロンタオル、ボディブラシは避けて、手のひらで優しくなでるように洗ってください。
4、背中も手のひらで洗うと、肩関節も柔らかくなって、一石二鳥です。
5、お風呂からあがったら、タオルで押し当てるように軽く拭きましょう。
6、乾きやすい人は、ここで保湿剤を。かぶれないお好みの乳液やクリームを。価格の高いものよりも、返って値段の安い余分なものが入っていないものをお勧めしています。

posted at 2007/02/14 10:44 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

 昨日ひまわりママさんと契約いたしました。

美夏クリニック http://www.mika-clinic.com はどちらかと言うと、地元の患者さんの多いクリニックです。そのために、御家族でおいでになる方がたくさんおられます。

 筑田先生の鍼治療も私の美容外科形成外科の治療も、ときに時間がかかります。たまたま先日赤ちゃんをお連れになった若いママさんがおいでになりました。お子様たちには、スタッフが絵本を読んだり、あやしたりして診察が順調に普通は終わります。でもたまたま時間がかかる治療で赤ちゃんが泣きだして、スタッフはママでないことがわかるのか、治療が続けられませんでした。それで、保育のできる体制を作ろうと言うことになりました。

 武蔵野市のNPOでひまわりママさんという組織があります。保育サービスでは実績があります。地元のベテランママたちが保育してくださいます。私のところに来てくださる患者さまのなかにも、このひまわりママの協力会員の方がおいでになります。以前にもお願いしていたときがあり、安心してお願いできるので、今回新たに団体会員として契約致しました。そうですね、ひまわりさんって、顔のみえる保育ママという感じでしょうか?

 もし、時間がかかる治療をお受けになりたいのだけれど、お子さまが心配でという方は、ご相談くださいね。保育の内容などをご理解いただく必要がありますので、ご足労ですが、一度クリニックにおいでくださいますようお願いいたします。

ひまわりママのウェブサイトです。
http://www.himawarimama.org/

 ひまわりママさんってどんな人たちがやっているの?
子供さんたちが手を離れた時期のベテランママが多いですよ

 プロなのかなあ?
ひまわりママは、相互会員制といって、ある意味互助組織なの。協力会員は子育て支援をする人で、(財)女性労働協会の「保育サービス講習会」の修了者、有資格者、保育および育児経験者でなりたっているんですって。

 非営利なんだ?
特定非営利活動法人 保育サービス ひまわりママ というんですって。
だから保育料も1時間945円からと、良心的。ただ、変更や延長や緊急などでは事務手数料などに細かい決まりがたくさんあって、なかなか分かりにくいけれど。

 保険は?
(財)女性労働協会が三井海上火災(株)と締結している保険にはいっていて、その保険内で補償されるんですって。

 安全かなあ?
保育してくれるベテランママは、地元の人たちでその点では安心。でも世の中何が起こるかわからないでしょう。ママさんたち、ずいぶん気をつけて見てくれています。でも心配ならパパにお願いするのがいいかしら?医療も保育などのサービスも、納得して受けなくちゃ。

posted at 2006/08/08 20:40 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

そろそろプールの季節。美夏クリニックは水いぼをとる子供たちが増えてきます。

 水いぼは「伝染性軟属腫」といい、ウイルス(pox virus)によりうつるものです。プール保育園幼稚園などで感染します。以前は、水いぼがあるとプールに入ってはいけないとされ、この夏前の時期になると、プールに入れないからとおいでになる子供さんが多かった。でも、水いぼのウイルスはどこにでもたくさんいます。そのためか現在では水いぼがあれば、プールに入っては駄目よという施設は減りました。

 水いぼのウイルスは常在菌ではありません。もともと健康な皮膚であれば、あまりたくさん水いぼが出来ることはない。それなのに増えてしまうのは、バリアが破綻している皮膚を、爪などで引っかいて傷から侵入するのでしょう。

 水いぼの出来始めってとても痒いんですよね。掻いてしまうのは仕方がないことだと思います。

 大人の皮膚は、子供の皮膚に比べて、強くなっていて、たいていの場合感染してもいぼにはならない。たまーに大人でも出来ている人はいますが。

 皮膚そのものは、本来きちんと整列した角層という垢となって落ちる前の生きていない細胞と皮膚表面の皮脂や天然保湿因子などで守られています。その身体の防御壁「皮膚」というバリアが、洗いすぎこすりすぎ、または湿疹などで壊されていると、水いぼなどのウイルスは身体の中に侵入しやすくなります。バリアを破ってはいりこんだウイルスは水いぼを作ります。

 だから、乾燥肌(小児湿疹やアトピー性皮膚炎など)や掻いてしまう肌には、当然水いぼが出来やすい。とびひが出来やすい理由も同じです。

 水いぼを取らなくてはならないかどうかは、議論があります。

 数個おとなしくあるだけならば、私は経過観察でよいと思っています。 ただ、バリアの破綻したざらついた肌のばあいには、急速に広がることがあります。身体中に数百個水いぼをお持ちのお子さんを治療したことがあります。増え始めたときには、私は治療なさった方が良いように感じています。

 治療のステップとしては、まず保湿剤などでバリアの破綻を修復します。水いぼを取る時に、ウイルスをばら撒いてしまいます。周辺の皮膚がウイルスの侵入を受け入れやすい状態であれば、広がってしまう。また、湿疹のある皮膚では、水いぼなのか湿疹なのか分かりにくい場合があります。

 そのために、耕された畑に種まきをする(=バリアの破綻した荒れた皮膚で水いぼをとる)のではなくて、まず舗装(=保湿してバリアを強化)しましょう。 つぎに、水いぼ摘出。 私はペンレステープという麻酔の貼り薬を摘出前1-1.5時間まえに貼ってもらって、痛みなく処置できるようにしています。このテープは優れもので小さい水いぼでしたら、ほとんど痛みを感じません。

 水いぼが多いお子さんではなかなか1回では処置できません。1度で取っても見えなかったものが再度大きくなってきたり、新しいのが出来たり、普通2-3回通院していただくことになります。 お近くの小児科か皮膚科の先生に相談してみてくださいね

 蒸し暑くなってくると、寒くて乾燥しているときの、スキンケアとはまた別の注意が必要です。

 亜鉛華軟膏って知っていますか?白い粘土のような軟膏です。この薬は、皮膚の表面でベールのように皮膚を保護します。どちらかというと、乾かすタイプの薬です。

 これからの時期に、汗のたまりやすい肘やひざの内側、赤ちゃんの腿のつけねや首など皮膚と皮膚がくっつくところに、広く薄く塗っておきますと、あせもの予防になります。

 また、赤ちゃんの便がゆるいときに、肛門周囲に広く厚めにぬりますと、オムツかぶれもしにくくなります。お腹の調子が悪くなって、お尻まわりがかぶれたときには、優しく洗い、タオルを押し当てるようにして水気をとり、広く亜鉛華軟膏を塗ります。

 急に湿疹が悪くなったときに、を塗って、その上にリント布などに亜鉛華軟膏を塗ってかぶせることを、密閉療法といいます。薬の効きをよくするための、ひとつのテクニックです。

 また、炎症を抑える作用痒みを抑える作用があり、皮膚の治癒能力を引き出すのには、もってこいの薬です。

 乾きやすいお子さんだと、その亜鉛華軟膏にプロペトというワセリンの精製されたものを混ぜますと、保湿と保護と両方の役割が果たせますので、重宝します。(混合製剤は不安定なので、長持ちはしませんけれどね。)

 このようなシンプルなお薬の基材(薬を溶かし込むベース)を、スキンケアで使うことは、余分なものが入っておらず、かぶれる可能性が低く、私は使いやすいものだと思っています。プロペトも亜鉛華軟膏も処方薬で、ありふれた薬です。

 大人も子供も、丁度今の時期を境に、冬のケアから夏のケアに変わってゆきます。皮膚になにかトラブルがある方は、一度皮膚科にかかりましょう。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちこどもの皮膚科カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはいぼ(疣贅)です。

次のカテゴリはマラセチアです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。