湿疹の最近の記事

malasezziafolliculitis.jpg

 皮膚の常在菌としてのカビは、カンジダとマラセチアが一般的です。どちらのカビ(真菌)も、誰もが持っているものなので、うつしたとかうつされたとかはない。

 アトピー性皮膚炎やあせもなどの治療として、ステロイドは安全で欠かせない薬です。わたくしもかなり塗っています。(忙しくて塗らないと、掻いてしまって傷だらけになります。)

 この高温多湿の時には、ステロイドは免疫を抑えますので普通にいるカビが時に増えてしまいます。 写真はアトピー性皮膚炎の方の胸です。「何かちょっといつもと違うんです。」 特徴は2mm位のやや赤みがつよい、それぞれの大きさが揃っているニキビのようなものが多発していることにあります。

 ちょっと拝見するとニキビのように見えます。さらにステロイドを塗ってしまうと、この赤いふくらみが一挙に増えてしまいます。 マラセチアによるニキビ、マラセチア毛包炎 ですね!!

 湿疹の薬を塗っていて、いつもと違う姿になってきたら、主治医を受診してくださいね!!

 ハイリスクは、1、10台ー20台の若い人 2、もともとニキビが出来やすい 3、や二のの外側 4、高温多湿の時期

 年配の方や幼少児で、ステロイドの薬が効いていない時には、カンジダかもしれません。表在性カンジダ症の起きやすい場所は乳房の下、わきの下、お腹やモモの付け根、オムツの中などです。

  美容外科の話ではなかったですね?

rosasea-like-dermatitis.jpg

 正しく使えば、薬は薬。とても役に立つ大事なものです。効く薬は作用するから効くわけで、間違った使い方をすれば、当然毒。

 非ステロイド系消炎鎮痛剤(アンダームやスタデルムなど)は感作されて、重症のアレルギーを起こす場合があります。湿疹の薬として使う時には、Nsaids(非ステロイド系消炎鎮痛剤)のアレルギーを考慮すれば、ステロイド外用剤の方が安全であると私は考えています。

 塗る薬は、顔や外陰部はとても吸収がよいので、効く反面トラブルが起きやすい。顔や外陰部に塗るステロイドは医師の指示通りにお使いくださいね!!

 ステロイド外用剤を長く使ったための副作用で、治療に時間がかかる酒さ様皮膚炎の写真をお見せします。

皮脂を採取して顕微鏡で確認すると、ニキビダニが動いています。

 ニキビダニについての過去のブログは こちら

insectinjury.jpg

 昨日井の頭小学校の生け垣で見つけました。

 「チャドクガ発生 サザンカの葉に触らない」ですって。

毛虫皮膚炎も毒蛾皮膚炎も、チャドクガなどの幼虫か成虫の細かい毛(毒針)が皮膚に刺さって起こります。

 お庭や公園、学校の校庭などで、毛虫や成虫の毒針がふわーっと風に乗って、刺さります。屋外に干した下着についた毒針で、起こることもあります。でも、心当たりがなく、どこで毛虫にやられたのか分からないこともあります。いやあ、とにかく痒い。

 


kemusi2-2.jpg

  肩だとかお腹など衣服で覆われている場所にもよく発疹は出ています。赤みと痒みが強く、小豆から大豆粒くらいの丘疹というやや固めのふくらんだ発疹で、癒合している時もあります。
 分布が左右が対称ではなく、とっても赤くてとっても痒いのが突然出てくるとコレかなと思います。 

  この毛虫皮膚炎、毒蛾皮膚炎は、やられたと思ったら、ガムテープなどを貼ってははがしを繰り返すと、その毒針が抜けます。あとから診察室で、ルーペやダーモスコープで観察しても針はあまり見つかりません。
 掻きこわさないで、よーくお水で洗いましょうね。薬がないと辛いかもしれません。洗ったあと皮膚科にかかってくださいね。

 私自身は、アウトドアが好きなのに、この毛虫皮膚炎にはなったことがありません。
 でも、ツバキ、サザンカなどで葉っぱが食われていれば、その木には近づかないようにしています。
 ほかの毛虫も見つけたら、風下は避けます。

  だいたい痒みをとる飲み薬一番強いステロイドの塗り薬を処方しているけれど、1週間は発疹は消えません。ステロイドの貼り薬も掻き壊しの防止と、痒みを止めるのに結構便利です。

 kemusi3-2.jpg

この写真は大人のかたの、うなじです。

 この皮膚炎を起こす蝶や蛾で、症状の強いものを少し紹介しますね。

 【ドクガ】は、幼虫も成虫も起こします。サクラや梅、りんご、バラ、つつじ、など。6-8月に孵化する。頻度が最も多く、異常発生する。 
 【チャドクガ】は幼虫によるものが多く、ツバキ、サザンカ、チャなど。年に2回発生。6,7月と10月。主に南日本
 【モンシロドクガ】は梅、さくら、桑、バラなど
 【イラガ】は、刺されると激しい痛みがある。柿、なし、りんごなど果樹


 参考文献 皮膚科学 上野賢一先生著 
      皮膚疾患あらかると 西岡清先生編   
      あたらしい皮膚科学 清水宏先生著 など

リップ

lip4.jpg

 なすびNs.がまた記事を書いてくれました。

 ちょっと恥ずかしいけれど、こちら 記事に触れられている「リップクリームが合っていない事がある」を少々補足しますね。

 合う合わないによるかぶれを、アレルギー性接触性皮膚炎と言います。

 リップクリームや口紅でも、頻度は低いのですが、このアレルギー性接触性皮膚炎を起こす方はおいでです。また、口の周りは肌荒れしやすい場所です。

 その場合に皮膚科でお勧めするのが、ワセリンです。ワセリンについては、純度によって製品が種々あります。処方薬ではプロペトが比較的純度が高く、サンホワイトはさらに純度が高いけれど、処方薬ではありません。

 不純物が多いほど刺激が強いので、もし調子が悪ければサンホワイトになさってみたらいかがでしょうか? 

eczema1.jpg

 今年は寒いせいか皮膚が乾燥して湿疹となっている方は多いようです。お風呂がどうしても長く熱めになりますので、皮膚の脂が抜けてしまうのでしょうね。

 患者さまでお願いしたら写真を出しても良いとおっしゃって下さった方がいらしたので、画像をお見せします。

 皮膚は、皮脂と垢となって落ちる前のすでに核のない生きてはいない細胞で覆われています。その部分が損傷を受けると、皮膚の水分は蒸発し、刺激--つまり空気中の化学物質やハウスダスト、ウイルスなど--が身体の中に入りやすくなります。

 そうした刺激がかゆみを生じ、痒いから引っ掻いてさらに皮膚に傷をつけ皮膚の湿疹はさらにひどくなるという悪循環に入ってしまいます。

 掻かなくてすむ状態であれば、保湿剤で少しずつ治ってゆく時もあります。しかし、赤く傷ができたり湿疹になってしまうと、保湿剤だけでは追いつかなくなります。

 そのときには、かゆみを抑えるためには抗アレルギー剤湿疹を抑えるためにはステロイド外用剤が処方される様になってきます。  画像ではウロコのようになった皮膚と掻き傷で炎症を起こしている状態が分かると思います。

 痒くて掻きたくなったら、少し冷やしてかゆみを抑えるのも一つの方法です。皮脂欠乏性湿疹の他のページはこちら

 一応対外的には薬も化粧品も必要十分最小限にというポリシーのもとに、本音は面倒くさいのは嫌よ。簡単なのが一番という美夏Dr.の朝夕の肌の手入れ方法について書きます。

 ちなみに乾燥肌です。

 身体はほとんどアトピー、ほとんどというのは膝や肘などの特徴的なところは湿疹が出ないのでーーー。背中なんかは口の悪いスタッフから (センセみたいにならないためにはーーー、なんて言われてしまうくらいに炎症後色素沈着と苔癬化というのですが、慢性湿疹状態です。)

 おかげさまにて、湿疹の治療の結果を見るには不自由しません。筑田Dr.じゃあないけれど、自分が皮膚疾患を抱えていると薬の使い方が良く判って、医師としては毎日自分を実験材料にしているようです。患者さんに、あの使い方は良かったなんて誉められると、思わず皮膚トラブルを抱えている医師でよかったなんて感じてしまいます。)顔は、しつこく書いていますけれど3年前から肝斑持ち。しわはここのところ美夏クリニックダイエットクラブが休止状態になっているのを受けて、まんまるであまり目立ちません。(本当にアホかって所です。)

 

cosmetics2.jpg

前置きはさておき肝斑といえば、まずはハイドロキノン。長期使用は不安があると思いつつも使わないとやはり黒くなるので、毎日2回塗っています。

 ジェイメック販売の1.9%の「ナノHQクリーム」。のびが良くて10gで2-3ヶ月持ちます。肝斑の部分に洗顔の後ちょんちょんと置いて、薄く広げています。

 ちなみにトランサミンコンプライアンスが悪い(真面目にちゃんちゃんと内服するのが苦手。つまり忘れてしまう)のと、梗塞リスクが怖くて内服していません。美夏クリニックでは患者さんにも梗塞リスクについてお話しないで処方することはありません。多分美容系クリニックで一番処方量が少ない!!

 肝斑が黒くなってくると、トリプルAジェルやらトレチノイン療法やらビタミンAでメラニンを追い出す治療をします。それでアウトドアで真っ黒になって、泣く羽目になったのは数知れずーーー。

 

cosmetics3.jpg

cosmetics1.jpg

 最近の愛用の保湿剤はエンビロンのモイスチャージェル

左が業務用でイオン導入に使っているもの。右が化粧品のモイスチャージェルで中身は一緒です。

 以前はぺたぺたした感触があまり好きではなかった。ですが、トレチノインで赤くなり乾燥する肌の保湿にはとても良い。トレチノインの治療を自分にするようになってから、良さが実感されてこの冬は愛用しています。

モイスチャージェルを塗った後でピーリング剤のTCAを載せても、ほとんどピールされない。それだけ膜を貼ったようになって皮膚を守ってくれています。

洗顔をしてハイドロキノンを塗った後はモイスチャージェル、夕はそれでおしまい。朝はそれにノブのUVシールドで終了です。

 

takingabath.jpg

 冬になると皮膚は乾きます。皮脂欠乏性湿疹の方が増えます。 過去の記事はこちら

 空気は乾いているし、お風呂は熱く長くなるし(お風呂のお湯で皮脂はとれちゃう)、こたつやホットカーペット電気毛布でも乾いてしまう。

 湿疹があれば皮膚科医師はステロイドなどの処方をします。でも湿疹が起きる前であれば、ご自分の皮脂を落とさないで、そして保湿してねとお話します。

 

 美夏Dr.はもともとはボディブラシもボディシャンプーも使っていたのですが、10年くらい前皮膚科を学び皮膚科診療も始めて、石けん派になりました。「手のひらでなでるように洗うんだよ、香りや刺激のない石けんをそっと使うんだよ」それは敬愛する亀田総合病院の宮崎先生の教えで、忠実に守っています。

自分がアトピーなんだなと(アトピーに特徴的な場所ーー肘や膝の内側などーーには湿疹は出ていないのですが、背中や後頚部はいつも痒い。蕁麻疹も出るし、アレルギー性鼻炎、接触性皮膚炎などアレルギー疾患はそこそこ出ています。RISTは600くらいです。)理解してからは、洗いすぎないように特に気をつけています。

 

 ボディシャンプーがなぜあまり勧められないのか、少々話をしたいと思います。
 ボディシャンプーって使った後その洗剤成分を落とすのにかなりお湯をかけて流さなくてはなりません。(もちろん例外はあると思いますが) 石けんの場合は少し流して、お風呂(ぬるめのお湯ですよ!!)に漬かれば結構ぬめった洗剤成分は流れてしまいます。
 ボディシャンプーは、皮膚表面に残りやすいので身体に残った成分を流そうとするときに、自分の皮脂も落としてしまうんですね。

 当たり前なんですが、保湿剤として処方したり販売したりされているものより、自分の皮膚から出てくる保湿成分のほうが優秀で安全で高機能です。この保湿成分を失わないためには、できればしっかり洗い流す必要のあるボディシャンプーより石けんのほうが向いているように思います。

leg.jpg

ずいぶん寒くなりましたね。

お風呂は熱く長くなり、空気は乾いているところへ、さらにエアコンで乾燥するせいか、皮膚科の診察室は、皮脂欠乏性湿疹の方で一杯です。

 筑田Dr.の足もかさかさで粉をふき、せっせとクリームを塗っているそうなのに、まだ乾いています。お子さんたちの頬も白く乾燥しています。アトピー性皮膚炎の方で急に悪くなったとおいでの方もいます。美夏Dr.は乾いて痒いのですが、顔は大丈夫。トレチノインで多分丈夫になっているのだと思います。

 まず乾かさないで、次に保湿して、それでも痒ければお薬を使いましょうね。

 

 

しつこく再掲します。

1、お風呂はぬるめのお湯で短い時間にしましょう
2、身体を洗うには、香りのない余分な成分の入っていない石鹸を手のひらで泡立てて
3、ナイロンタオル、ボディブラシは避けて、手のひらで優しくなでるように洗ってください。
4、背中も手のひらで洗うと、肩関節も柔らかくなって、一石二鳥です。
5、お風呂からあがったら、タオルで押し当てるように軽く拭きましょう。
6、乾きやすい人は、ここで保湿剤を。かぶれないお好みの乳液やクリームを。価格の高いものよりも、返って値段の安い余分なものが入っていないものをお勧めしています

 皮膚ってバリアです。外の環境から内なる自分を守る防御壁が本質です。
そうすると理想の皮膚って、これかなあとスタッフと選びました。

 

idealskin.jpg

水はしっかりはじき、外からの侵入物を弾き返す。

ナースWは、「若い頃は水が玉になってころころ落ちたのよね」と、隣でぶつぶつ。楊貴妃の皮膚ですよね。


 このところ急に寒くなって、皮膚が乾燥して痒くて仕方がないという患者さま(皮脂欠乏性湿疹)がたーくさんおいでになります。
バリアは皮脂と細胞としては生きていない角質細胞から出来ています。このバリアを破綻しないためには、どうしたら良いのか?昨年の記事を再掲します。

 

1、お風呂はぬるめのお湯で短い時間にしましょう
2、身体を洗うには、香りのない余分な成分の入っていない石鹸を手のひらで泡立てて
3、ナイロンタオル、ボディブラシは避けて、手のひらで優しくなでるように洗ってください。
4、背中も手のひらで洗うと、肩関節も柔らかくなって、一石二鳥です。
5、お風呂からあがったら、タオルで押し当てるように軽く拭きましょう。
6、乾きやすい人は、ここで保湿剤を。かぶれないお好みの乳液やクリームを。価格の高いものよりも、返って値段の安い余分なものが入っていないものをお勧めしています。

写真の理想の鋼鉄の肌も、金属のブラシでこすれば、表面のワックスははげちゃうし、塗装面も傷がつきます。もともとの皮膚の仕組みを大事にして、必要ならば保湿する、必要ならば薬を使いましょう。

新車を金属のタワシでこすると傷になります。あなたの皮膚も優しくこすらないように洗ってね。

http://mika-clinic-blog.com/2006/10/post_86.php

patch.jpg
 暖かい陽気で、ちっとも雨が降りません。スギ花粉皮膚炎でおいでになる方がちらほらおられます。それでスタッフと一緒にスクラッチテストをしてみました。

 スクラッチテストは、皮膚に小さな針で傷をつけ、エキスを滴下して15分待って判定します。

 左側に赤くなっているのが、皮膚科の言葉でいう紅斑で中心の膨らんでいるのが膨疹です。右の方のスペースにも対照といって、生理的食塩水で同じテストをしていますが、全く反応していません。
 ちなみに、この腕は美夏Dr.です。花粉症だものね。

 花粉皮膚炎の診断には、本当はこのスクラッチテストをした上で、さらにそこにパッチをはり48時間後判定。アレルギーの中で、遅延型反応と呼ばれる反応ですからね。美夏Dr.はこの状態でもう充分痒みがあって、根性がなくて、終了にしてしまいました。情けない!!

詳しくは、下記のウェブサイトに説明があります。http://medical.radionikkei.jp/igakushoten/final/pdf/060206.pdf

posted at 2007/02/09 17:27 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

 冬になると、皮脂欠乏性湿疹といって、皮膚が乾き痒くなる患者さまが増えます。皮膚はだいたい6週間前後で、ターンオーバーします。つまり6週間で新しい皮膚に生まれ変わります。毎年冬に痒くなる方は、今の時期から冬に向けたスキンケアが必要になります。

 皮膚は、皮脂が覆っています。車で言えばワックスのように。
その下には角層とか角質層という垢となって落ちる前の核のない(言い換えると細胞としては生きていない)細胞が並んでいます。車で言えば、塗料の層かもしれません。
 この二つは、洗いすぎで簡単に取れてしまいます。
新車を金属のタワシでこすって傷つける人はいません。でも身体をこすって洗うのは、カネのタワシで新車をこすって傷を作るのと同じようなものかもしれません。

 もともと皮膚は外界から自分自身を守るバリアです。そのバリアを守るためには

  1. お風呂はぬるめのお湯で短い時間にしましょう
  2. 身体を洗うには、香りのない余分な成分の入っていない石鹸を手のひらで泡立てて
  3. ナイロンタオル、ボディブラシは避けて、手のひらで優しくなでるように洗ってください。
  4. 背中も手のひらで洗うと、肩関節も柔らかくなって、一石二鳥です。
  5. お風呂からあがったら、タオルで押し当てるように軽く拭きましょう。
  6. 乾きやすい人は、ここで保湿剤を。かぶれないお好みの乳液やクリームを。価格の高いものよりも、返って値段の安い余分なものが入っていないものをお勧めしています。

 痒くて湿疹が出ている場合には、上記のことを守った上で是非お近くの皮膚科におかかりくださいね

 お顔の皮膚でも、こすらないでというお話を以前させていただきました。ご興味がありましたら、こちらも読んでみてくださいね
http://mika-clinic-drs.bblog.jp/entry/308390/

 美夏クリニックはこちら http://www.mika-clinic.com


posted at 2006/10/24 15:03 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち湿疹カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは接触性皮膚炎です。

次のカテゴリは痒い皮膚です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。