マラセチアの最近の記事

malasezziafolliculitis.jpg

 皮膚の常在菌としてのカビは、カンジダとマラセチアが一般的です。どちらのカビ(真菌)も、誰もが持っているものなので、うつしたとかうつされたとかはない。

 アトピー性皮膚炎やあせもなどの治療として、ステロイドは安全で欠かせない薬です。わたくしもかなり塗っています。(忙しくて塗らないと、掻いてしまって傷だらけになります。)

 この高温多湿の時には、ステロイドは免疫を抑えますので普通にいるカビが時に増えてしまいます。 写真はアトピー性皮膚炎の方の胸です。「何かちょっといつもと違うんです。」 特徴は2mm位のやや赤みがつよい、それぞれの大きさが揃っているニキビのようなものが多発していることにあります。

 ちょっと拝見するとニキビのように見えます。さらにステロイドを塗ってしまうと、この赤いふくらみが一挙に増えてしまいます。 マラセチアによるニキビ、マラセチア毛包炎 ですね!!

 湿疹の薬を塗っていて、いつもと違う姿になってきたら、主治医を受診してくださいね!!

 ハイリスクは、1、10台ー20台の若い人 2、もともとニキビが出来やすい 3、や二のの外側 4、高温多湿の時期

 年配の方や幼少児で、ステロイドの薬が効いていない時には、カンジダかもしれません。表在性カンジダ症の起きやすい場所は乳房の下、わきの下、お腹やモモの付け根、オムツの中などです。

  美容外科の話ではなかったですね?

fungus.jpg

 そうそう、思い出した話題があるので帰宅前に一つ書きます。

それは「春から夏はカビの季節」--当然皮膚科では抗真菌剤の投与量が増えます。

 マラセチア(癜風)という皮膚の常在菌があります。常在菌なので人と共存しているか、ひょっとすると皮膚を守っているのかもしれないカビです。

 マラセチアは脂が大好き。脂の多い時期、脂の多い場所では増えてしまいます。それでマラセチアと関係が深いとされている皮膚の疾患が3つあります。脂漏性皮膚炎マラセチア毛包炎癜風です。

 マラセチアについてまとめて書いた記事こちら


 この時期から夏にかけて皮膚が毛穴ごとにざらざらして赤みを帯び場合によって痒くなる方がおいでです。髪の生え際や鼻、眉頭付近、鼻の横(下瞼のちょっと内下方)が赤くてざらざらしています。

 特にもともとやや毛穴の目立つ肌質で、オイルクレンジングオイル量の多いリキッドファンデをお使いの方に多いように感じています。 抗真菌剤ですっきりすることが結構あります。多分マラセチアが増えすぎているーーー。

 そうよ、ナースF嬢がそうだった。足し算で丁寧に丁寧にたくさんしていたお手入れをすべて辞めて、単純で引き算のお手入れにしたら、日ごとに良くなってきた。本来の彼女の皮膚に戻るのに1年かかったし、まだ鼻に名残りがあるけれどーーー。

 

 そうそうカビって嫌な印象があるでしょう?でもね、とてもカビって美しいのです。

 イトリゾールを出しているヤンセンファーマで以前発行していたMycology Newsという雑誌があります。これの表紙がいつもとても美しいカビの写真でした。あんまり美しかったので、お見せしたいとインターネット上で似た画像を探したのですが、見つからない。残念です。スキャナでという訳には行かないからーーー。カマンベールチーズの画像で我慢してね。

 リンクしてよいのかどうかわからなかったのですが、「北海道ネイチャーグラフィックマガジンfaura13号」で検索すると、美しいカビの画像が探せます。

malasseziafolliculitis.jpg

 ニキビを皮膚科では尋常性座瘡と言います。

 一般的に腕や胸背中のニキビでは、コメドという皮脂の固まり(いわば白にきび)に常在菌のマラセチアというカビが巣くって炎症性座そうを引き起こすことがあります。マラセチアは常在菌で脂を好む真菌です。ステロイドを塗っていたような場所ですと、この画像よりも程度がひどく、一面に小さい赤い膨らみができます。

 特徴としては、普通のニキビよりもやや小さめの赤い小さいニキビがどちらかというとモノトーンな感じで出来ます。美夏クリニックでも、時々拝見致します。患者さまにお願いして公表しても良い画像を撮影させて頂いたので、アップいたします。

 抗真菌剤を4-8週使うとかなり軽快しますが、脂の分泌の良いときになると再発するのが難点です。 額の生え際や胸背中などで、普通のニキビ治療であまり良くならない場合には、抗真菌剤を使用してみるのも良い選択なのですが、4-8週と言うところも難点ですね。

 ちなみに、胸や背中にコメドを追い出すトレチノインを使うのは結構難しいと思っています。コメドの排出に良いくらいの濃度で使うと、結構乾燥やかゆみが出現し時に皮脂欠乏性湿疹になってしまうのでちょっと簡単で安全な治療とは言い難い。ピーリングやフォトの方が簡単だと思いますけれど、背中などは面積が広いのでコストが高くなりやすいのと、再発が多いことから、コストベネフィットが悪いと思っています。

 もう少しまとめて書きたいのですが、このところ診療中はかなり忙しく、書きなぐりになってしまってすみません。読みたい本も一杯有るのですが、診療で手が一杯になっています。

 もし良いご意見があれば、コメントしてくださいね。

 春が過ぎて、半袖になる頃には皮膚科では抗真菌剤の処方量が増えてきます。美夏クリニック でも毎日処方しています。

 以前皮膚の表面には260種類もの微生物が常在菌としているようですというお話を致しました。
 治療の対象になる真菌はおおむね3種類。常在菌のマラセチア(癜風)カンジダ、それと他からもらってしまう真菌(常在菌ではない)の白癬(水虫)です。
 真菌とはカビです。高温多湿が大好き。春から夏にかけて元気になってしまいます。

 マラセチアの作る皮膚の疾患はおおむね3種類です。常在菌ですので、通常より増えすぎたときに(マラセチアは脂が大好きな真菌です)、病気を作ると考えていただければよいと思います。

1、癜風
腋の下や胸、背中などに、夏になると茶色く色がつく、または色が白く抜けるという症状を出します。海に行ったら身体がしみになっちゃったなんて人の中に、この癜風の人がいます。顕微鏡でマラセチアが多く検出されれば、確定診断となります。
 注意が必要なことに色がつくまたは抜けるという「色素失調」は、マラセチアが普通の量に減少しても、元に戻るのに時間がかかることがあります。

2、マラセチア毛包炎
 胸、肩、背中などの小さくて赤みのつよい、ややモノトーンのニキビが、マラセチア毛包炎のことがあります。ニキビ治療をして、上手くいっていない場合には、抗真菌剤は試してみる価値があります。
 額から生え際にかけてのニキビも同じです。
 夏季座そうと呼ばれる夏に出る身体のニキビもマラセチア毛包炎かしら?

3、脂漏性皮膚炎
 頭皮の痒み、フケの症状であることは有名ですが、春から夏に鼻や鼻の周辺、眉間、額がざらつき赤くなってくるのも脂漏性皮膚炎です。

 抗真菌剤は大きく、アリルアミン系とアゾール系と呼ばれる二つの種類があります。白癬以外の真菌にはアゾール系のほうが感受性が高いとされています。外用ではニゾラールという薬が代表的です。

 外用薬の吸収量は身体の部位によって異なります。顔は大体1日2回2-3週きちんと塗布いたしますと、真菌が悪さをしている部分については改善されます。身体はもう少し期間がかかって、4-8週と思っています。1日2回きちんとというのがポイントです。わたくしの経験則によりますので、もしデータ上間違っていましたら、ごめんなさい。

 マラセチアは常在菌です。その同じマラセチアがどうして場所によって違った疾患を作るのか、とても興味があります。この春の皮膚科学会で帝京の渡辺先生がマラセチアでも、疾患によって種類が違うんだという発表をされました。(プログラムにそう載っていました。美夏Dr.は参加できなかったので、実際のご講演を聴いておりません。ごめんなさい)

 ただ、患者さんを拝見していますと、マラセチアに好まれやすい人がいるのかなあと感じています。例えば、癜風を起こしやすい人は脂漏性皮膚炎やマラセチア毛包炎をも合併しやすいよう。文献的でなくてすみません。
 また、常在菌なので当然なのですが、脂の出やすい時期になると、再発再燃しやすいのも特徴だと思います。皮膚の状態を良く見ていただき、必要な時期に必要な量と期間きちんとお使いいただければと思っています。

posted at 2007/05/12 11:05 | kojitomika |
permalink/全文表示

 このブログって、「下書きとして保存する」をクリックしないで、うっかり他を開くと、書いたのがぜーんぶ消えてしまう。せっかく、頑張って書いたのに、消えちゃった!! しくしく--。この気持ち 分かってもらえるますよね.

気を取り直して、再度書きます。

 身体の中には、色々な微生物がいます。例えば腸管には、大腸菌やらビフィズス菌やら---。ヨーグルトを食べるとビフィズス菌という善玉菌が増えて健康になりますよって話をお聞きになったことがありますでしょ?

 生物はいろいろなほかの生物と一緒に共生しています。健康な状態では悪さをしないで、かえってその場所で身体のバランスを保っている微生物を常在菌といいます。

 皮膚には、ブドウ球菌アクネ桿菌などの細菌、カンジダやマラセチアなどの真菌(かび)、ニキビダニなんて虫まで、常在菌として存在しています。これらは、健康な状態では悪さをせず、おとなしくしています。

 この初夏の時期になると、皮脂の産生が増えてきます。頭の皮膚が紅くなり、フケが増え、かゆみが出ることはありませんか?

 マラセチアというカビは、本来どこの皮膚にもいる普通のかびなのですが、とても脂を好みます。頭皮が痒くなったりフケが多くなったりする脂漏性皮膚炎は脂っぽくなってマラセチアがバランスを崩して増えてしまって引き起こしていると考えられています。(細かく言うとマラセチアが原因なのか増悪因子なのかなど、色々議論がありますけれど) 頭皮の脂漏性皮膚炎と言います。

 額や鼻、鼻の横辺りが赤くざらついてくることはありませんか?また、生え際に小さいにきびが並んでいませんか?これもどうやら、このマラセチアが増えちゃって、悪さをしているようなんですね。

 抗真菌剤という薬(保険適応があるものでは、ニゾラール)を真面目に1日2回塗っていると、かなりざらつきやニキビ(この場合は、マラセチア毛包炎といいます)が良くなります。

 えっ?それはニゾラールの抗炎症作用によるんじゃないかって?そうかもしれませんね。でも、抗真菌剤を内服しても効果があるので、カビが大きな原因のひとつではないかと、DR.美夏は思っています。

 オイル系の化粧品を使っている方で、脂漏性皮膚炎になっちゃった患者さんって結構おいでです。額や鼻にざらつきがある人は、こすっちゃだめよ。皮膚のざらざらはこすると悪くなるの。スキンケアを見直してみてね。

 薬も化粧品も、「必要充分最小限」が鉄則です。 あっなすびの声が 「必要充分最小限ったって、最小限やってないでしょ?今日ファンデの後にお粉はたきましたあ?お粉が肌をキレイに見せるって、この間も言ったじゃない。面倒くさがっていては、キレイになれないでしょ」 まずい、退散せねば。

 それではまた、ごきげんよう

 額のざらつき 雨が続きますね。湿っぽくていけません。

  暑くなってきて湿度が高くなると、さてカビさんが元気になります。

 水虫もカビさんです。

 でも、水虫は今日の話題ではありません。

 この時期になると、額、鼻と鼻の脇がざらつき、髪の生え際に小さいニキビが出来る人がいます。ときにはニキビの治療をしていたんだけれど、治らないんです、なんて言われます。

  こういうときに、抗真菌剤というカビを減らす薬を使っていただくと、結構良くなる。 病気の名前としては、脂漏性皮膚炎。(まあ異論のある人はいるでしょうけれど、細かいことは省略します。)水虫ではありませんのでご安心を。

 抗真菌剤の処方が増えると、ああ夏が近づいてくるんだなあと感じます。 

  カビと共に来る夏

 本日は、面倒くさがり屋ナースはなんとなく元気がないし、なすびは不在だし、ということで絶不調のDR.美夏でした。 漢方のインタビュ-なんか柄にもなくやったもんだから、気が低下したのかしらん?| スキンケア | 19:41 | - | - | ↑TOP

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちマラセチアカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはこどもの皮膚科です。

次のカテゴリは冬のスキンケアです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。