脂漏性皮膚炎の最近の記事

 前回の続きです。

 脂漏性皮膚炎は皮膚の常在菌であるマラセチアが、発症因子なのか増悪因子なのか議論があります。言い換えると、マラセチアが原因であるのか、たまたまマラセチアの多い時に脂漏性皮膚炎が起こりやすいのか、結論が出ていません。

 でも抗真菌剤を治療に用いると症状が良くなる場合が結構あります。春になると脂の分泌がよくなるのか、生え際から額、眉の頭の部分、鼻と鼻の左右が赤みを帯びてざらざらし、場合によって小さめの赤みが強い小さいにきびが出来る方がおいでです。このような時に抗真菌剤が割りに結果がよい。

美夏Dr.が考えているポイントは、1日に2回塗ること、お顔であれば3週間、頭皮ならば4-6週間続けること、マラセチアの好む脂分を化粧品などで足さないことの3点です。

 

max.jpg

 ところで顔に脂漏性皮膚炎があるときに、美容皮膚科的治療をすることがあります。

 脂漏性皮膚炎があって毛穴が開き気味の患者さんに、ヤグレーザーによるカーボンピーリングをします。カーボンローションは毛穴にやや詰めるようにして塗布し、1064nmの波長のヤグレーザーを10Hzくらいで照射します。カーボンにレーザーがあたると熱が発生し、毛穴が収縮し、多分その熱でマラセチアも減るのでしょう、結構きれいな皮膚になります。

 カーボンピーリングでは音にびっくりなさる方がおいでですし、炭火焼き鳥のにおいだと言われることもあります。そんなに痛い治療ではありませんので、結果が良かった方は3-4週に1回くらいで続けてみることをお勧めします。

 赤みが強い場合には、IPL(光治療)もよい。IPLであっても、光のエネルギーは色に反応して熱が出ます。その熱が血管を収縮させ赤みを減らすのと同時にマラセチアも抑えているように見受けられます。美夏クリニックで使用している光治療器=IPLは、メディラックスとルミナスワンのフォトフェイシャルファーストの2台です。

 抗真菌剤で良い結果が出ますので、無理をして美容皮膚科的治療をする必要はありません。でも抗真菌剤でかぶれてしまう人や毛穴や赤みを減らしたい人には悪くない選択肢でしょう。

 ただ、赤ら顔の赤は血液の色です。血管は炎症が続けばすぐまた拡張して赤みが復活してしまいます。こすらないように、炎症を起こさないようにするケアが必要です。写真はMAXとよばれるヤグレーザーです。この機械を使用したレーザーピーリングをmaxピーリングとかスペクトラピーリングと呼ぶ場合があります。

以前書いたレーザーピーリングの記事はこちら 美夏クリニックブログにアップしなおしました。

ついでに毛穴の治療はこちら どちらも傷になってしまった毛穴の治療ではありませんよ。

fungus.jpg

 そうそう、思い出した話題があるので帰宅前に一つ書きます。

それは「春から夏はカビの季節」--当然皮膚科では抗真菌剤の投与量が増えます。

 マラセチア(癜風)という皮膚の常在菌があります。常在菌なので人と共存しているか、ひょっとすると皮膚を守っているのかもしれないカビです。

 マラセチアは脂が大好き。脂の多い時期、脂の多い場所では増えてしまいます。それでマラセチアと関係が深いとされている皮膚の疾患が3つあります。脂漏性皮膚炎マラセチア毛包炎癜風です。

 マラセチアについてまとめて書いた記事こちら


 この時期から夏にかけて皮膚が毛穴ごとにざらざらして赤みを帯び場合によって痒くなる方がおいでです。髪の生え際や鼻、眉頭付近、鼻の横(下瞼のちょっと内下方)が赤くてざらざらしています。

 特にもともとやや毛穴の目立つ肌質で、オイルクレンジングオイル量の多いリキッドファンデをお使いの方に多いように感じています。 抗真菌剤ですっきりすることが結構あります。多分マラセチアが増えすぎているーーー。

 そうよ、ナースF嬢がそうだった。足し算で丁寧に丁寧にたくさんしていたお手入れをすべて辞めて、単純で引き算のお手入れにしたら、日ごとに良くなってきた。本来の彼女の皮膚に戻るのに1年かかったし、まだ鼻に名残りがあるけれどーーー。

 

 そうそうカビって嫌な印象があるでしょう?でもね、とてもカビって美しいのです。

 イトリゾールを出しているヤンセンファーマで以前発行していたMycology Newsという雑誌があります。これの表紙がいつもとても美しいカビの写真でした。あんまり美しかったので、お見せしたいとインターネット上で似た画像を探したのですが、見つからない。残念です。スキャナでという訳には行かないからーーー。カマンベールチーズの画像で我慢してね。

 リンクしてよいのかどうかわからなかったのですが、「北海道ネイチャーグラフィックマガジンfaura13号」で検索すると、美しいカビの画像が探せます。

 JJという雑誌があります。
しばらく前にDr.美夏は取材を受けてそのまますっかり忘れていました。そうだ、どうなったんだっけと一昨日本屋さんでJJを探したところ、12月号に記事が小さくありました。恥ずかしながら私の笑っている顔まで出てた!!顔がでるのは相変わらずすっごく恥ずかしい!!

 前にもこのブログで毛穴については、書いています。
http://mika-clinic-drs.bblog.jp/entry/313860/

 毛穴に焦点を当てて書きます。
 シルクピーリングは、ダイヤモンドヘッドバーで削りながら角栓を抜いてゆくピーリングです。ヒアルロン酸の溶液に浸しながらピーリングすることで、お肌にやさしくこのウェット感がウリ。またエステのおけるマッサージとおなじように皮膚の下に水が引き寄せられ、ふっくら仕上がる。残念ながら毛穴の皮脂の産生を抑えるものではありません。
 鼻をいじって角栓を抜く習慣は、皮膚を傷めます。つい抜いちゃうというような人にはもってこいの治療だと思います。
 USAの美容皮膚科領域の売り上げNO.1は、シルクピーリングをはじめとする物理的なピーリング(microdermabrasion)

 マックスピーリングという言葉は、韓国のマックス社のQスイッチヤグレーザーで、カーボンローションを塗布して施行するレーザーピーリングを指します。
 毛穴に詰めたカーボンにレーザーがあたると、カーボンごと毛穴の中身が蒸発してしまい、毛穴がしまる。鼻の傷あとのようになってしまった毛穴は難しいですけれど。ひとつひとつの毛穴に詰まっている皮脂量が多い場合にはシルクピーリングで抜いてからマックスピーリングなんてことも出来ますよ。両頬に広がっている毛穴が周辺から少しずつしまって行く感じです。

 ヤグレーザーは歴史の古い安定したレーザーです。いくつかの会社から販売されています。マックスでのレーザーピーリングが他の会社のレーザーピーリングと異なる点は、パルス幅といって照射時間がやや長めに設定できるために、熱が加わりやすいことにあります。
 いわゆるロングパルスQヤグ(ジェネシスなど)ほどではありませんが、じわっと熱をこもらせることができる。真皮に熱が入れば、真皮のコラーゲンは収縮してひきしまる。

 このマックスピーリングは、パチパチする音と熱が特徴的です。照射時間はわずか5-6分。月に一回の照射で、回数を重ねることで、少しずつ皮膚が若返る。美夏Dr.は前回の美容外科学会総会で継続は力なんだと、ずいぶん思い知りました。

 その若返り方が、毛穴が目立つ範囲が少しずつ減ってゆくように効いてくる。私は多分患者さんはその一回一回の変化はあまり分からないのではないかと思っています。変化が劇的におきる人は、ざらつきと頬の毛穴が目立つ人。脂漏性皮膚炎のざらつきがあるひとは即効性があります。(脂漏性皮膚炎だけなら、抗真菌剤のほうがもちろん普通の保険治療が出来て、手軽なんですけれど)

 黒ずみ毛穴
なんて言葉があるらしい。結構産毛の色が見えています。産毛のための黒ずみならばファーストチョイスは脱毛です。ダーモスコープで見れば一目瞭然。とくに額や眉間の黒ずみ毛穴は、コメットで脱毛するのが一番かもしれません。

http://www.mika-clinic.com

 毛穴と一言で言っても、患者さんの状態は千差万別。また治療結果もかなりばらつきがある。

 治療効果が上がらない毛穴は、いじりすぎて傷あとになってしまった毛穴です。スキンケアは気をつけてやりましょうね。

 美夏Dr.はしばらく前にめずらしくあざやしみ消し用のリキッドファンデをメーカー(医療施設向け)に勧められ使って見ました。1週間で毛穴が黒くなったのにびっくり。ファンデは私は特別なとき以外は、パウダリーが肌には優しいと思っています。
http://mika-ns.jugem.jp/?day=20060809

posted at 2006/12/08 15:46 | kojitomika |

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち脂漏性皮膚炎カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは痒疹です。

次のカテゴリは蕁麻疹 じんましんです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。