循環障害の最近の記事

livedo1.jpg 天気予報によると、今週末は随分気温が下がるそうです。昨日本日と天気も悪く、寒い。インフルエンザも流行っているようですし、家でゆっくり温まっているほうが、快適です。

 この寒い時期に、ヒーターや湯たんぽ、温風器、カイロなどで起こる皮膚の外傷が二つあります。

一つは写真の「火だこ」 温熱性紅斑、Livedo とも言います。

 温風ヒーターの熱い空気の噴出し口に当てていた皮膚だとか、こたつ、電気毛布、あんかなどに長時間接していた部分などに出来る。

 皮膚と血管周囲の線維組織が熱で炎症を起こして出来る。だから血管の走行に沿って、最初は赤くなり、だんだん茶色くなって行く。炎症後色素沈着が血管に沿って出来ると考えれば良い。

もう一つは、「低温熱傷」 

 あんか、湯たんぽ、カイロなど、短い時間に接触しただけならば何も起こらない程度の熱に、長時間熱せられて起こるやけどです。

 ぱっと見た感じでは、軽いやけど。なのに時間が経つと余計に傷が深くなってゆくように見える。じっくり焼きしめてしまった感じ。知覚が鈍くなっているとか、酔っ払っちゃったとか、何か熱い事に気がつかない理由がある場合が多いはずなのですが、時に元気な若いお嬢さんでも拝見することがあります。

 火だこも低温熱傷も、そんなに危険とは思えないくらいの熱で起こる皮膚の損傷です。今の時期には時々拝見します。どうぞお気をつけてくださいませ。

 そうそう夏井睦先生のウェブサイト 新しい創傷治療 に 低温熱傷のページがあります。 こちら

livedo1.jpg

 かいろや温風器、ストーブなどに長時間皮膚がさらされておこる、火だことも言われるものです。

 リベド疾患(網状皮斑)の一つ。リベドとは血の巡りに問題があって網目のように皮膚が赤紫色に変わる疾患をいいます。写真では網目が一周しますよね。これが途中で途切れてしまうリベドを分枝状皮斑といい、少々厄介な病気であることがあります。

 この写真のように、網目が閉じている(一周できる)リベドの多くは火だこ とも呼ばれ、いわばやけどの一種です。この冬は、温風ヒーターの風で起きた人を何人も拝見しました。

 そういえば低温熱傷(湯たんぽやヒーターで)の人もなぜか多かった。この冬寒かったですものね。

 すでに炎症後色素沈着となっています。このような状態のときに皮膚を紫外線に当てると、色が取れにくくなりますので、気をつけましょう。

 今日は、雨が降っています。晴れているときには随分陽射しが強いですね。美夏DR.の肝斑はやはり濃くなっています。嫌ですねえ。明日から山へ行こうと思っています。仕事に戻ったら、またスタッフに怒られる羽目になりそう。

 日焼け止めたくさん持って行きます。帽子や日傘も必要ですね。どうぞ皆さまも気をつけて。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち循環障害カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは夏のスキンケアです。

次のカテゴリは手荒れです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。