いぼ(疣贅)の最近の記事

verruca1.jpg

尋常性疣贅に液体窒素で凍結療法をしました。経過はこちら

 いぼは、本人の免疫とウイルスとの戦い。 ウイルスをやっつけるために凍らせます。素直に治ることもありますが、なかなかしぶとくて上手く治療できないことも多い。

 医者にとっては、治療の確実性が乏しくて嫌な疾患です  反面、身体の免疫って不思議だ。身体全体の免疫とか局所の免疫とか、色々想像するのには楽しい疾患です。

 

 

verruca4.jpg それで「かさぶたが取れたよ」って一昨日診察に来てくれました。

ちょっとアングルが悪かったですね。すみません。

年齢が低いほど、治りやすいと思います。

verruca1.jpg

 8歳の女の子が、イボをこしらえて来て、写真を提供してくれました。

 足指の先の尋常性疣贅です。

 この位置はきっと爪の先端と靴で、小さな傷が出来てウイルスが入ったのだと思います。まだ新しいイボのようで、瑞々しい。

 指先の皮膚を戦場に、この女の子の免疫ヒトパピローマウイルスが戦っています。ウイルスは、どちらかというとゲリラ戦法が得意。小さな傷から感染して、たいていあちらこちらに、こっそり潜んでいます。たまたま個体の免疫が低下すると、潜んでいたウイルスが攻勢に出て、大きな砦=イボをつくります。 

verruca2.jpg

 この砦であるイボからは、ウイルスが排出されています。指先でいじっていると、どんどんウイルスの陣地が広がってしまいます。必要と希望で治療をします。

 イボの治療は、個体そのもの(女の子全体)の免疫を上げる、その場所の免疫(局所免疫)を上げるウイルスのくっついている細胞をやっつけるの3通りです。

局所免疫を上げる方法として、なすのヘタ療法をご紹介したことがあります。こちら

 女の子が3歳なら、迷わずなすのヘタでかぶれさせて、局所免疫を上げるやり方を選んだと思います。

 写真は液体窒素(-196度C)で凍結している所。

verruca3.jpg

綿棒に液体窒素を含ませて、イボにそっと触れると、少しじゅっという音がして凍ってゆきます。イボが白くなっているのが分りますか?大体5-10秒間凍らせるのを5-10回します。

 頑張って凍らせて、周辺も赤く腫れています。カットバンを貼ってお終い。

 経過をまた画像でお示ししますね。そんなに痛くなかったそうですよ。

''尋常性疣贅(いぼ)は、治りにくいときがあります。''

ヒトパピローマウイルスに感染して発症しますが、いったん治癒しても皮膚に潜んで、なんらかのきっかけで再燃再発します。大体一時的にせよ、なかなか治らない場合も多く、短気な美夏DR.は苦手な疾患です。


それで、美夏DR.の足の裏のいぼ!!土踏まずと踵の間にあります。美夏DR.の症例検討は 続き へ

mikaverruca.JPG

http://www.mika-clinic.com 

 エビデンスという言葉があります。何らかの治療法を行った群と、行わなかった群を大集団で比較して、きちんと有意差をもって良い結果が得られた場合、その治療法はエビデンスがあると言います。
色々読み漁っていますと、液体窒素による冷凍凝固サリチル酸療法のみにエビデンスがあるという論文がありました。ここには、はっきり治療しないというのも、選択であると記載されています。

 だけど、その液体窒素が痛い。美夏Dr.は患者さんにも(自分にも)あまりやりたくない。それでも痛い冷凍凝固による治療が、スタンダード治療なんですよねーーー。(´・ω・`)

 それで、子供さんには局所免疫を高めるというナスのヘタ療法をお勧めしています。子供さんには良く効きます。記事はこちら

http://mika-clinic-drs.bblog.jp/category/ibo/


 ヘタ療法についてお話をしていたら、その子供さんで「治った!!いままで液体窒素で痛くて、それでもちっとも治らなかったのに」とおっしゃって、御自分の畑で作ったというナスを一杯頂戴しました。


ナスの美味しい季節ですねーー。

eggplant.jpg

 皮膚科診療で頭を悩ます(治療効果があいまいな)疾患に、いぼがあります。尋常性疣贅というヒトパピローマウイルスによるいぼはありふれています。頭を悩ます一番の理由は、治療成績が安定しないことにあります

 ヒトパピローマウイルスは皮膚ではあまり重い病気は引き起こしません。でも、人に住み着いて見た目ではいぼがなくなっても、秘めやかに潜伏し、何かのきっかけで再発することが多い。いぼは、病気と宿主(人の身体)との関係を考える上で、非常に役に立つ疾患だとおもいます。
 結局は、ウイルスと人の身体の防御機構である免疫が綱引きをして、その力関係でそのときの状態が決まります。

 液体窒素による凍結療法やレーザー照射、ヨクイニン(ハトムギの漢方薬)などの治療がスタンダードです。江川清文先生という方が、「疣贅治療考」(医歯薬出版株式会社)という256ページに及ぶ本を書いておられますが、その目次は2ページ半治療方法が並んでいます。つまりスタンダードではない治療が一杯ある。言い換えると決め手となる治療がないということになりますね。

 小さいお子さんには痛い治療は不向きです。なすのヘタをいぼの大きさに切って毎日貼っておくという治療があります。なすのヘタにかぶれさせ、白血球にウイルスを食ってもらうという、風が吹けば桶屋が儲かるみたいな話なのですが、立派な治療方法です。小さいお子さんほど、結果がよい。(小さいお子さんほど、免疫能力が高い。)たまたまご紹介した患者さんからメールを頂戴し、了解を得たので転載します。
 1-2月かかることのほうが多いと思いますし、この方もまだ残っているようですが、ナスでかぶれてきたときにもう一押しするのがコツだと思っています。


美夏先生、こんにちは。

先日、娘の足のいぼを診ていただいた○○です。
あのあと、さっそくららマートでナスを買って帰り、お風呂上りにヘタを薄くスライスして貼り付けてみました。

すると、翌朝に少し色が黒くなったように見えましてた。
だんだんいぼが縮んで浮き上がり、はじめて3日後くらいにはいぼの周りの盛り上がった部分も平らになってきました。
4日目の夜、お風呂上りにナスをつけていると、いぼが半分取れかかっていて、5日目の朝おきて来た時にはもう取れてしまっていました(@@

足の裏のいぼはまだちょっと芯が残っているので、ナスを続けていますが、指のほうは抉り取ったようにきれいに取れて、1週間たった今日、もう皮膚も平らになっています。

朝、夕2回のナスでしっかり治りました。
どうもありがとうございました!

posted at 2007/01/19 17:19 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

そろそろプールの季節。美夏クリニックは水いぼをとる子供たちが増えてきます。

 水いぼは「伝染性軟属腫」といい、ウイルス(pox virus)によりうつるものです。プール保育園幼稚園などで感染します。以前は、水いぼがあるとプールに入ってはいけないとされ、この夏前の時期になると、プールに入れないからとおいでになる子供さんが多かった。でも、水いぼのウイルスはどこにでもたくさんいます。そのためか現在では水いぼがあれば、プールに入っては駄目よという施設は減りました。

 水いぼのウイルスは常在菌ではありません。もともと健康な皮膚であれば、あまりたくさん水いぼが出来ることはない。それなのに増えてしまうのは、バリアが破綻している皮膚を、爪などで引っかいて傷から侵入するのでしょう。

 水いぼの出来始めってとても痒いんですよね。掻いてしまうのは仕方がないことだと思います。

 大人の皮膚は、子供の皮膚に比べて、強くなっていて、たいていの場合感染してもいぼにはならない。たまーに大人でも出来ている人はいますが。

 皮膚そのものは、本来きちんと整列した角層という垢となって落ちる前の生きていない細胞と皮膚表面の皮脂や天然保湿因子などで守られています。その身体の防御壁「皮膚」というバリアが、洗いすぎこすりすぎ、または湿疹などで壊されていると、水いぼなどのウイルスは身体の中に侵入しやすくなります。バリアを破ってはいりこんだウイルスは水いぼを作ります。

 だから、乾燥肌(小児湿疹やアトピー性皮膚炎など)や掻いてしまう肌には、当然水いぼが出来やすい。とびひが出来やすい理由も同じです。

 水いぼを取らなくてはならないかどうかは、議論があります。

 数個おとなしくあるだけならば、私は経過観察でよいと思っています。 ただ、バリアの破綻したざらついた肌のばあいには、急速に広がることがあります。身体中に数百個水いぼをお持ちのお子さんを治療したことがあります。増え始めたときには、私は治療なさった方が良いように感じています。

 治療のステップとしては、まず保湿剤などでバリアの破綻を修復します。水いぼを取る時に、ウイルスをばら撒いてしまいます。周辺の皮膚がウイルスの侵入を受け入れやすい状態であれば、広がってしまう。また、湿疹のある皮膚では、水いぼなのか湿疹なのか分かりにくい場合があります。

 そのために、耕された畑に種まきをする(=バリアの破綻した荒れた皮膚で水いぼをとる)のではなくて、まず舗装(=保湿してバリアを強化)しましょう。 つぎに、水いぼ摘出。 私はペンレステープという麻酔の貼り薬を摘出前1-1.5時間まえに貼ってもらって、痛みなく処置できるようにしています。このテープは優れもので小さい水いぼでしたら、ほとんど痛みを感じません。

 水いぼが多いお子さんではなかなか1回では処置できません。1度で取っても見えなかったものが再度大きくなってきたり、新しいのが出来たり、普通2-3回通院していただくことになります。 お近くの小児科か皮膚科の先生に相談してみてくださいね

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちいぼ(疣贅)カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはこどもの皮膚科です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。