眼瞼下垂の最近の記事

1993mika.jpg
postsurg1-mika.jpg

 先週末1月15日に美容外科学会が竹橋でありました。早めに到着したのに、受付前はすでに列が出来ていました。

 上眼瞼がメインテーマで内容が濃そうだったので、喜んで参加しました。参加医師数はかなり多かったように思います。ちょっと専門的な話になります。

 眼瞼下垂は、目の開きが悪い。まぶたをあけても見える範囲が狭くて、特に上の方が瞼で遮られ、顎を上に向けないと見えにくい状態を指します。(保険適応の下垂症であるという事と手術で目の開き方が改善する事は、必ずしも一致しません。)

 眼瞼下垂の原因には、コンタクトレンズによるものエイジングで挙筋腱膜や挙筋そのものがゆるんだもの先天的に引き上げる事ができない ものなどがあります。

 今回の学会では、「綺麗な瞼のラインを作る」「左右差を作らない」など、いかにして美しい形を作る繊細な手技を駆使するかに議論は集中していました。左の写真は、恥ずかしいですが17年前のパスポート写真の私です。コンタクトレンズ性の腱膜性眼瞼下垂が右にあります。右の写真は一昨年のもの。もともと下垂があった右内側の挙上が、少々不足気味です。

 面白いことに、下垂の合った方の眉毛が濃い。(左の写真では右外側の眉をかなり抜いています) いつも眉を引き上げて見ていたから、眉毛の辺りの血流が良かったんでしょうか?眉毛の高さがほぼ一致しているのは、ボトックスのおかげかもしれません。こちらの写真では右の眉の方が高い位置にありますもんね。

 信州大学の松尾先生は、いつものように下垂の手術と不定愁訴の改善についてお話しておられましたし、ヴェリテの福田先生はぱっちり目にしたいという患者さんの御希望と下垂の手術の満足度をお話なさっていました。

 下垂の手術で、ミュラー筋のタッキング(縫い縮める)という手術があります。それは腱膜の深層を縫い縮める腱膜再建手術に他ならないと、百人町アルファクリニックの余座先生が仰せでした。説得力がありますね。

 会場をざっと眺めると、典型的な一重で下垂を伴っている人、きっと腱膜再建術をしたかなという人、手術をする側の医師たちの瞼も様々です。瞼の手術は、機能と見た目の改善が得られるので、とても満足度の高い手術です。

 まぶたの手術についての記事は こちら

先日筑田先生が出演していたTVで、肩こりのお話の途中で、眼瞼下垂の話が出ていましたね。南雲先生が説明しておられました。

 瞼を開けるには、瞼板(睫毛のすぐ上、皮膚の後ろの方にある軟骨。あかんべえをすると、血管の向こうに白いのが見えるでしょ?あれです。上の瞼にも下の瞼にもある。)を眼瞼挙筋という筋肉が引き上げます。この挙筋が直接瞼板にくっついていればよいのに、この挙筋と瞼板をむすぶのは腱膜という薄いぺらぺらの膜です。
 この膜が、加齢とともに、またはハードコンタクトレンズが動くことによって、弱くなってしまうことがあります。腱膜性の眼瞼下垂と言います。

 挙筋は頑張って眼を開こうとしています。でも、その力は腱膜が薄くなってしまって空回り。仕方がないので、眉毛を上へ持ち上げて皮膚を引っ張り上げて、眼を開きます。そのときに、額から上へ、肩から後頭部の筋肉も緊張します。交感神経系もまた緊張し、頭痛や肩こりを引き起こします。

 アゴをやや上へ突き出して物を見る癖のある人
 額のおしわが、年齢のわりに深い
 眉毛と睫毛の間の皮膚が広い(つまり距離が長い)
 夕方になると、まぶたが重く感じる 

 このような症状がある場合、挙筋前転術または腱膜再建術という手術をすると、瞼の開きがよくなり、日常生活が楽になります。先に書いたような症状のある方は、眼科か形成外科にかかってみてくださいね。
 普通に正面を見たときに、ひとみが半分隠れているような状態であれば、一般的に保険の適応があります。

''' そういえば、センセ 右目は挙筋前転の手術をしたんだよね。このところ三重瞼になっちゃってるね?
 そうなの、もともとコンタクトレンズ性の下垂だったんだけど、何かまた挙筋緩んじゃって、癒着も起しているみたいで。また治してもらわなくちゃ。この間形成外科医の集まりにいったら、気の毒そうな顔で見られちゃってーーー。少々恥ずかしかった。
'''

この記事は一度jugemで公開したものです。

posted at 2006/07/01 18:18 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち眼瞼下垂カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは皮膚がんです。

次のカテゴリは足の話です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。