陥入爪、巻き爪の最近の記事

VHO2JPG.jpg

 初めまして。火曜日・木曜日午前に皮膚科を担当しております岡本です。

 今回は自身に巻き爪治療のVHOを付けてみましたので、皆さまにご紹介したいと思います。

 私が皮膚科医になった頃は、巻き爪の治療といえば手術で、爪を部分切除(くい込んでいる爪縁を切除)する方法がメインで行われていました。
しかし、手術をしても爪の性状や体重のかけ方で時間と共に再発してしまうことがあるため、最近は陥入爪予防に深爪をしない方法をまず指導しています。

 皆さまもご経験があると思いますが、足の親指の爪って、伸ばすとすぐに靴下が破れてしまうんですよね・・・。ですが、深爪をしない方法で私の足の親指は、爪の角(爪棘)が突き刺さって化膿するといったトラブルがここ数年は起こらずに済みました。

でも化膿はしなかったけれど、最近は足に体重をかけると爪が痛かった・・・。よく見ると、爪縁が巻き込んでいるため下床に垂直にくい込んで爪の縁のラインで
キズができちゃっていたんです。爪を伸ばすだけでは限界があるのだな
と実感した次第です。

 さて、VHOのつけ方です。爪の両端を引っ掛ける部分を爪の形に合わせて挿入し、あとは中央で締めるだけです。爪の端にワイヤーを掛けるときは少し違和感がありますが、中央で閉めてしまうと圧力のかかる方向が変わるので、すぐに挿入時の違和感は消えました。
朝に施術して、その日の夕方には痛みがなくなり、今はとても快適に過ごしています。

ついでに可愛らしくお花のネイルシールを付けてみました(写真:見苦しい足でごめんなさいね)。クリニックで付けていったのですが、素足にパンプスだったのですぐに取れてしまい、今は自分でアロンアルファで貼っています・・・。汚れるたびに貼り替えていますが、ネイルの詳しい方で、飾りがキレイに長持ちする良い方法をご存知のかたがみえましたら、是非教えて下さいね!

machiwire.jpg 立っているとき歩いているとき、爪は地面からの力を支えています。

 その爪が両側で食い込むと、陥入爪と言います。丸く巻いている爪は、巻き爪です。どちらも赤く腫れたり、歩くときに痛んだり、時に膿んだり、不自由です。

治療としては、

1、薬を使う  抗生物質や消炎鎮痛剤など。そのときの症状がある程度抑えられれば良いなという治療ですね。

2、手術

 a)爪の両側が食い込まないように、爪の製造工場の爪母を含めて、爪の根元から先まで両側を一塊にして摘出する手術。

 b)爪の両側の根元の部分だけを、フェノールという薬(蛋白を凝固させる)や、炭酸ガスレーザーで焼灼する手術。このほうが早く普通に歩けます。

VHO-mika1.jpg

3)ワイヤーなどで両側の爪を持ち上げる

a)マチワイヤー 上の写真です。超弾性ワイヤーを爪の先端に装着し、まっすぐに戻ろうとする力で、食い込んでいる両側の爪を広げるようにします。 

b)VHO(3TO)法 爪の根元に近い所に装着できるワイヤーです。上にジェルを塗って滑らかにし、アクセサリも付ける事ができます。お洒落ね。リンクはこちら

 需要があって必要も分かっていましたが、1日講習会に行かないとワイヤーが手に入らない。時間がなくてとても行けませんでした。「先生行ってきて頂戴」とリクエストがあり、ついに行って来ました。 ワイヤーが高価で、吃驚。 ご希望の方はご予約くださいね。

 

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち陥入爪、巻き爪カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは足の話です。

次のカテゴリは陥没乳頭です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。