陥没乳頭の最近の記事

mamma.jpg

 自分のおっぱいが陥没していると心配しておられる方がいます。大半の人は、刺激で外へ出てくるおっぱいです。普通のおっぱい。

 時々指でもつまみ出せず、引っ込んだままの乳頭の方がいます。陥没乳頭と言います。

 おっぱいは、乳腺で作られて、乳管を通って、赤ちゃんの口に入ります。乳頭のお乳の出口は沢山あります。例えて言えばシャワーみたい。。。

 左の図で青い色は乳頭から乳腺を付近につながっている乳管。雨水は集まって川になって、河口へ集まります。その河口にあたる矢印部分、太い乳管の周囲にある繊維が固くなって、乳頭を後ろに引っ張っていると陥没乳頭になります。 赤い色の部分の線維が乳首を奥へへこませている

 触ってみて、引っ張り上げてみて、大丈夫な人はそれでok
 なかなか出てこない人は、搾乳器 (例えばこれ)を使ってみるという手もあります。
 何をしても出てこない場合には手術をすることが出来ます。乳輪や乳頭の形や大きさは人様々なので、デザインは色々で一概には言えませんが、傷跡が目立たないようにきれいに作る事ができます。

 傷は縮む傾向にあります。ケアをしなければ手術をしても、この赤い部分が縮んできて、また陥没してしまいます。長期間搾乳器を使うか、ご自分の指で毎日乳頭を持ち上げる必要があります。

 授乳障害のある陥没乳頭に対して形成外科をする場合には、保険の適応があります。

 今後授乳することがない人には、赤い部分の硬い線維と乳管を切ってしまえば、再発の可能性はとても低くなります。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち陥没乳頭カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは陥入爪、巻き爪です。

次のカテゴリは皮膚の腫瘍です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。