筑田Dr.のメッセージの最近の記事

flowers4.jpg

 多田先生を初めて知ったのはいつの事でしょうか。

 免疫学会で革のズボンをはいた元気な先生で、次次と演者に質問をぶつける方がおいでになりました。 隣の席の先輩が、あの方が米国帰りの多田先生だよと教えてくれました。

 とてもエネルギッシュな探究心に感心し、研究者はこうでなくてはと思ったものでした。先生の専門分野の免疫の仕組みに関しては私も大変興味を持って勉強した分野で、先生の講演はいつもとても興味深く拝聴いたしました。

 昔のことですが、学会での懇親会で先生とお話しする機会がありまして、そのさい、創作能"無明の井"のお話をおうかがいし、先生の多才ぶりに改めて驚かされました。

 その後しばらくして先生が脳血管障害でお倒れになって、リハビリ制度のさまざまな問題点、改善点を新聞で述べていることを知りました。

 私も、僻地の国保病院にリハビリ施設を新しく開設し、患者さんにとても喜んでいただきました。現制度では採算抜きでヒューマンな気持ちがなくては、患者さんの治療効果が望めないことは明らかです。

 病気に無知な人々がリハビリに制限を設け、回復への夢も希望も奪い去る制度は何としても改善してもらいたいと、全く多田先生の言われるとうりと感じていました。

 私の妹も数年前脳梗塞で倒れ、持続的なリハビリを必要としましたが、今はリハビリの制限のため十分な治療が受けられない状況になっています。

 制度を創る人々自身、又は愛する人が脳血管障害で倒れない限り改善の必要性を感じないとしたら、何とも情けない話です。 また、多田先生は朝日新聞に、日本は病んでいるとお書きになりましたが、私も日本の社会が先生がご指摘なさったように競争、能率、成果、市場原理主義をよしとし、思考もデジタル化し、人間味のある温かさが失われているように思います。

  スウェーデンで暮らした時ですが、役人の対応が規則一辺倒でなく、相手の立場を十分聞いて、柔軟に対応してくれたことには感動しました。 日本では規則ですからと、一蹴されることまちがいなしのことでしたが。

 政治政策も人を信じ、人々のため、特に弱者への思いやりの思想が政策の基本に感じられました。 日本はこの20-30年の間に、米国の市場原理主義を基軸としての政策をとり、人間の問題をもデジタル処理して当然と思い、人々が数字で処理され、結果として無味乾燥で寒々とした社会になってきた様に感じます。 残念です

olive1.jpg

 吉祥寺ロンロンはいつも活気があって、お洒落なお店がたくさんあります。

 美食家(本人はグルメではないと主張。でもかなり舌が敏感です。医者より料理屋のほうが良かったのにね!)の筑田Dr.に喜んでもらえそうなお店が開店しました。 Antonio's Deliです。 お勧めです。

 筑田Dr.はオリーブを見ると眼の色が変わります。その上、食してはぶつぶつ文句を言うので手に負えないと思っていたのですが、今回は美味しかったようでご機嫌です。 小梅のようにカリカリしたオリーブ、熟して旨味のあるオリーブなど、たくさん味見させていただきました。それでは筑田Dr. オリーブの話をどうぞ。

 

 免疫学の研究のため4年余りスウェーデンに滞在していました。今の時期には明るい北欧の夏を時々思い出します。

 ストックホルムは夜の11時まで明るく、宿舎に近いハガ公園の湖畔を夕食後よく散策したものです。 北欧の時間の経過はゆったりと過ぎ、時間が止まっているように感じられ、如何に日本での生活があわただしいのか気づかされます。

 この時期は全ての花が一斉に咲きそろうかのように、公園、研究所の庭一面が花でいっぱいです。

 研究者仲間でパーテイに招待したり、されたりもこの時期は多くなります。研究所へは世界各国から研究者が集まっているため、パーテイでは諸国のご馳走を楽しむ事が出来、それもまた楽しい。 オリーブはその中でも美味しいと思った一つです。 ストックホルムは世界都市で、マーケットでは各国の食材が容易に手に入り、当然オリーブも数十種類が、並べられ、自分の好みを試しながら選ぶ事が出来ます。

 日本に帰ってきて、身近でオリーブが手に入らないため、自分で収穫しようと思い、オリーブの苗木を6本ほどうえましたが、なかなか実を結ぶまではいたりません。

 昨日吉祥寺のロンロンを歩いていたら、新しくオリーブを扱っている店があり、いくつか薦められ気に入った2種類をさっそく買ってみました。 日本も世界各国の人や文化が入り、楽しみが増えていくのは大変喜ばしいと感じました

tsukudasickness.jpg

  2月20日から心カテ検査と翌日のステント挿入後、かなり胸部圧迫不快感が続いて診療を休ませて頂きました。

 皆さまには突然の休診大変ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。

 今週になってようやく症状も少しづつ軽くなりようやく診療も可能となり、今日から患者さんを診させて頂いております。 

 今回はベッドから外を眺める時間が多く取れ、辛いながら日々是好日を感じることも出来ました。

 20年ほど前に北極圏を旅行して、夏には沈むことのない(裏返せば冬は日は昇らない)太陽を見て感じたことですが、、明が在ればまた暗が在り、この世の仕組みはプラスとマイナスでうまく釣り合っているのだと、当たり前のことなのですが、新鮮な気持ちで実感経験しました。

 入院しながら、ふとそんな気持ちをスカンジナビア半島の旅行の思い出とともに感じていました。

今回の入院は医療者としても多くのことを学ぶことが出来、見方を変えれば大変有意義な出来事でした。この経験を今後の日常診療に反映し、さらに患者さんの助けになれるように日々研鑽に努めたいと思います。

 メタボリックシンドロームが死の四重奏であると話題になって久しく、今ではその意味を知らない人はいないほどです。


 統計上ではメタボリックシンドロームの基準に当てはまる人はそうでない人に比べ、心疾患で死亡する人は高率です。 この統計結果は、メタボリックシンドロームが健康上いかに恐ろしい状態か皆さんに示す事になりました。


 診断基準では欧米諸国と日本で腹囲の設定値で違いがあり、また体格などを無視しているなど問題点はありますが、心疾患はいくつかの要因が重なって起こる事を明確に示した点では評価されるものです。
 しかし基準のため、逆に一般の人には誤解も生じやすい事も確かです。
すなわち、この基準に当てはまらないと健康上心配は要らないと感じさせやすいことです。 人の体の状態は数値だけでわかるわけではないのです。 

piano.jpg

 私自身、血圧は正常、BMI正常範囲、血糖正常、ステロールは正常範囲内(LDLはやや高めでしたが)でしたが、心疾患を体験しました。 考えられる要因は座っての仕事が多く、運動不足と、ストレス解消不足?

医師としては大変よい勉強させてもらいました。 胸痛中であっても、血液、生化学検査、心電図には全く異常が出ませんでした。 カテーテル検査で診断がつき、無事治療が出来ました。 とかく、西洋医学では検査データを中心に診断しがちですが、今回改めて身体が内から訴えている事をより重要視しなければと思い知らされました。 医師は自身の死の体験は避け、それ以外の病気を出来るだけ多く体験したほうが良いのです。 

心カテーテル検査ステント挿入のために入院し、その後11月からは診療日を週三回に少なく致しました。患者の皆様には大変ご不便をおかけし、申し訳なく思っております。

 三途の河を渡りきることなく戻ってきたからには、この体験を生かし、今以上の内容の充実した医療を目指していきたいと思っております。


 今年の診療は昨日で終わりましたが、患者の皆様には本当に有難うございました。 2008年もどうぞよろしくお願申し上げます。

この1月からチェロの練習を始めました。

 私が子供の頃には音楽の授業といえば歌をうたう程度で、私は楽譜も読めません。学校のオルガン、後にピアノとなりましたが、その伴奏でうまく唄えるかどうかが評価でした。
 クラシック音楽とは縁が無く、野山を吹き抜ける風と、強風時の海鳴りが田舎町のオーケストラのようなものでした。 学生時代に始めて洋楽を知り、その中でもチェロの音の優しさがとても気に入りました。

 そして、いよいよチェロを買って始めたのが40台半ばで、自己流で仕事を終えてから夜中になってはブンブンと音を楽しんでいました。 曲などは弾けるわけは無く、ひたすら入眠効果の有る心地よいチェロの音を体で感じて満足していました。
 宿舎は海辺に近く、周囲を気にすることなく夜中も自由存分に音を出せました。 チェロを弾きだすと、「セロ弾きのゴーシュ」ではさまざまな獣でしたが、私の場合には昆虫が集まってくるので、その下手さ加減がわかります。 昼に弾いたら、あるいは鳥たちが来てくれたかも知れないのですが。

 1-2年もして、少しずつ音楽の奥深さを気づき始め、演奏会を今まで以上に楽しめるようになり、これが一番の成果であったかもしれません。

 その後も時々音を出しては楽しんでいましたが、チェロにもすまない気がして、そろそろまともに曲を弾けるようになろうと思い立ち、プロに教えてもらう事にしました。 今まで2回のレッスンですが、発音、奏法がすでに変わった気がしています。 1年後には1曲でも自由に弾けるようになりたいとものと、今日もチェロの音色を楽しみます。 


 美夏Dr.が始めて筑田Dr.に会った頃、いい音色でしょとチェロを聞かせてくれました。美夏Dr.はあまり上手くはないのですが、ピアノの練習は小さい頃にしていましたので、絶対音感はあります。「いい音色」って言ったって音程がめちゃくちゃで、しかもそれに気がついていない筑田Dr.に一体なんと言って誉めたらいいのか、途方にくれた記憶があります。

 「音楽って誰が弾いても一緒なんでしょ」っていう筑田Dr.のコメントが同じ時にあり、こちらも呆然。なんと答えたらよいのかーーー。

 その後筑田Dr.の音楽センスは、美夏Dr.の収集していたレコードやCDの効果もあったのか、飛躍的に向上しました。チェロではマイスキー、ロストロポービッチ、シュタルケル、そのほかたくさんの演奏家のリサイタルに出かけ、それぞれの演奏スタイルや表現方法の違いもお分かりいただけたようで、最近ではかなりのうるさ型に変貌しています。

 薀蓄を傾けるとか知識があるとか以上に、私たちの心の慰めになり、私たちの友達となる音楽と親しめる環境は大変恵まれたものだと思っています。

posted at 2007/01/19 18:12 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

 私の祖父、父の趣味はガーデニングで、特に父は珍しい植物を集めては植え、退職後は朝から夕食時まで庭木、花の世話を楽しんでいました。
 300坪ほどのさして大きくない庭は、その草木の種類の豊富さでは下北半島1ではないかと思われるほどで、私設植物園として学童に開放しても良いほどでした。

 庭には梨、リンゴ、桃、サクランボ、キウイ、ポポー、杏、梅などの果樹があり、お腹のすいたときは木に登り腹いっぱい食べる事が出来ました。  近所の方たちは時々花をもらいに、子供達は果物を失敬するために自由に出入りでき開放的な庭でした。
 私は木に登り、木から木へと枝渡りし、樹上に小屋を作っては昼寝をしたものです。 秋には枯れ草の中から落ちた果実を探し出して完熟した味と香りを楽しみ、枯れ草の太陽の温もりを感じ、心から幸福な気持ちになりました。

 庭にはこの様な思い出がいっぱい詰まっていて、今でも故郷に帰っては真っ先に庭の散策をし、木々を見上げ、子どもの頃の思い出を手で触れて確かめています。

 この様な環境で育ち、私もいつの間にか庭を造り、木を植えるのを楽しく思うようになっていました。 庭の草木の配置では植物の特性を知る必要があり、また草花では季節ごとの変化、樹木ですと20年後30年後を想定して植える必要があり、考えながら体を動かしていると、時間の過ぎるのもすっかり忘れてしまいます。
 草花は1年ごとに変わりますが、樹木の寿命は長く、自分の思い出と共に大きく成長するため、物体としての植物ではなく、それ以上の感情を感じさせます。
 父は樹木の剪定が苦手で、自然に伸びるままにしていましたが、身近な生き物の枝を切れなかったのではないかと今になって思います。 


 樹木でも草花でも、環境を選びます。その環境にあった植物はあまり手入れをしなくても、元気に成長してゆきますし、合わない植物は大事に育てても場合によっては枯れてしまいます。

 美夏Dr.は一時期鴨川の自宅の庭にバラを植えていました。鴨川に住んでいるわけではありませんので、どうしても手入れが行き届きません。

 バラは野生種に近い品種ですと、手入れされない過酷な環境でも、生き延びて元気に花を咲かせてくれます。反対に大輪の花をつける品種改良を重ねてつくられたバラは、消毒や肥料を充分に与え大事に育てれば、その手間暇に応じたきれいな花を咲かせてくれます。でも放置しておくと可哀想なことにいつの間にか枯れてしまいます。

 庭はひとつの宇宙のような空間です。美夏クリニックの水槽も同じです。その中では生存競争があり、お互いのバランスがあります。人の身体も同じなのでしょう。そんなことを筑田先生のブログを拝見して感じました。美夏
 

posted at 2007/01/15 16:20 | kojitomika |
permalink/全文表示 | コメントをつける/見る(0) |

 人生を永く楽しみたかったら釣りを趣味にと言う言葉があります。 これは釣りが趣味の人の名言?

 音楽好きに言わせれば、釣りの部分は音楽に置き換わるのは間違いないでしょうし、食道楽は美食に置き換えるでしょう。

 私の趣味の一つにフライフィッシングがあります。
 餌釣り、ルアーフィッシングもやらない事は無いのですが、楽しめるのはフライだろうと思います。

 フライは鳥の羽で虫や小魚のイミテーションを自分で巻いて作るのですが、その作る過程も楽しいのです。本物の羽虫に似せ、あるいは自分の創作の作品を作っては岩魚や山女、鱒や鮭の水面を割って飛び出す様を想像しながらタイイングを行うのです。

 下手なフライに賢い魚は追ってきても、プイとせせり笑いながら反転し、姿を消します。 タイイングも一つの芸術的センスを必要とするものなのです。

 フライを目的ポイントまで飛ばす(キャスティング)も技術を要します。 障害物の中20-30メートル離れた5センチの円にフライを飛ばすには2-3シーズンの実践訓練を必要とします。

 これで準備が整いましたら、次に魚の居る場所を知らなければなりません。 魚は川の何処にでも居るわけではなく、川の流れの水量、地形、障害物、時刻などによっている場所が特定できるのです。 慣れると川を見て一瞬でキャスティングポイントを決定できます。

 フライをポイントに浮かせ流れに乗せますと山女ですと、0.02秒の瞬間で勝負が決まります。 岩魚ですとフワーと水中から浮かび上がりフライを咥えますので、あわてることなくしっかりとロッドを合わせる事がヒットのコツです。

 しかし、成果はどうでも良いのです。渓谷での釣りは、川を渡りながら周りの数百歳の巨木、山野草、岩石の組み合わせの妙、飛び舞う昆虫、野鳥や獣との出会いが楽しく、魚を取ることは目的となりません。 
川の流れを目で追っていると、川の音も、脳の活動も止み、自分が自然の中に溶けて行くような気がします。 
川を渡り歩き、崖を登って汗をかいた後の爽快感はなんともいえません。 
フライフィッシングにはこの様に瞑想の時を見出せる気がします。

posted at 2007/01/12 09:52 | kojitomika |

Dr.筑田から原稿が届きました。本日お暇だったのでしょうか?それではどうぞ。

 田舎育ちの私が子どもの頃出来る遊びといえば冬はスキー、スケート、そしてソリでした。
 本州最北端の大間町は津軽海峡の海流と、北海道の渡島半島に食い込んだような地形から雪は以外に少いのです。 高い山も無いため、スキーといってもゲレンデの滑走ではなく、野山を歩いてはキジ、ウサギ、狐を日が暮れるまで追い掛け回す山スキーです。 時には獲物を期待して罠掛をかけるのですが、生き物の命を奪うのは心が痛むため、矛盾しているのですが、獲物がかからないようにと願ったものです。

 大学を卒業し、虎ノ門病院のレジデント旅行が温泉とスキーが恒例イベントであった事もあり、アルペンスキーを始めることになりました。山スキーとは違った魅力に取り付かれ、夏はスキーの準備として好きではない球技でしたがテニスで汗をかきました。
 アルペンスキーの魅力は刻々と変化する広大な自然の中で雪と遊ぶ感覚、そのスピード、リズム、自分へ課した目標の達成感にあるように思います。 最近では体力で挑むのではなく、力むことなく深い雪を飛ぶような舞うような浮遊感を楽しんでいます。 最近のカービングスキーでは以前のロングスキーとは異なり、省エネ走法のため80歳までは楽しめそうな気がしています。 
シーハイル! !


 趣味の人であるDr.筑田のお話が続きます。

 Dr.筑田のすべりはやわらかく山肌をなめるように降りてくるスキーです。無理な力が入らず蝶々のようと言っても良いかもしれません。

 美夏Dr.はここのところスキーでは悩んでばかりです。大学生のころポールくぐりを2年ほどしていました。ずらさないスキーがベストと思っていたので、どうしてもスピードが出てしまいます。条件によっては、自分のスキーに跳ね飛ばされる時もあり、もう一度スキーの仕方を学ばなくてはならないと思っています。でもスキーはとっても楽しいスポーツですよね。

posted at 2007/01/10 09:19 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

 面倒くさがり屋ナースは、新婚ホヤホヤ気分が減ってしまったかしら?

 新婚かどうかって、新婚ホヤホヤ気分が継続しているうちは、新婚さんでしょ?面倒くさがり屋ナースの新婚ホヤホヤ気分が続くように、フレーフレー!!

 新婚の目安は何か?どこぞの医師向け掲示板であれこれ書かれていたことによると

1、相手方の前で、平気でおならをしちゃう

2、いつも化粧をするのに、夫の前だけならさぼっちゃう

3、着替えを、その前で平気でしちゃうとすでに新婚ではないそうです。面倒くさがり屋ナースに月曜日に聞いてみよ。

 ところで、内科筑田先生は今度テレビに出演するそうです。テレビ東京で6月19日かな、午後7時から。2時間枠ですって。昨日収録だとか言って、そわそわ出かけてゆきました。

 青森の大間というマグロで有名になった寒村の出身で、口の重い筑田先生に、テレビにでるようになんて、ひょっとするとすごい冒険なのではないかとずいぶん心配しました。本人も、自信なさげにしていました。どうやら、放映されるのを見るのがとっても怖いみたい。DR.美夏も古女房みたいに心配しちゃいました。

 内容は、どうやら鍼の話らしい。

亀田総合病院で、中国の天津から来ていた馬先生の手技を2年間ずっとみて、成績がとてもよいのにびっくりし、自分でも始めたらしい。

 「えーー鍼ですか?」って筑田先生も最初は思ったそうだ。でも自分の前で馬先生が治療した膨大な数の患者さんは、結果がとてもよかった。もちろん「適応」といって、良い成績を出す状態や疾患に対して治療することが前提だ。

 鍼治療はなぜ効くのか?西洋医学的な考え方ではなかなか説明しにくい。それを少しずつ質問の方向性を変えて、東洋医学を西洋医学的なアプローチで説明できるかどうか、DR.美夏はインタビューアーとしての腕前を試されています。

 インタビューなんかより、皮膚科形成外科美容外科に力を注げって?!?でもね、美しくなるには外からだけのアプローチでは限界があるのね。やっぱり健康で美しくなくてはと、相変わらず古臭い考えのDR.美夏です。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち筑田Dr.のメッセージカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは料理、食材です。

次のカテゴリは美夏Dr.の独り言です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。