リポスタビルの最近の記事

premeso=mojpg.jpgpostmeso=mo.jpg スタッフはお洒落。二の腕を細くしたいと、リポスタビルカクテルによる脂肪溶解注射にトライしました。

 2週間おきに4ー6回、二の腕の下側中心に細かく注射をしてゆきます。大体1週間くらいは内出血の痕が見え腫れています。左が施術前、右が4回施術後10日目。

手のひらでつかんでみると、容積が減っています。引き締まり感が分かるかしら? 

meso_arm_kiriko.jpgこちらはキリコさん。上が前、下が4回施術後で最初の写真より5か月後です。

ふむ、年齢が25才くらいキリコさんのほうが上かしら?スタッフは脂よりも筋肉の方が多いのねって感じました。

二の腕メソセラピー メソのキャンペーンは滅多にしないのですが、大判振る舞い。

4回セットで126,000円

定価は両手のひらサイズで 1回52,500円、4回210,000円です
prevela-buttock.jpg
postvela-buttock.jpg

postvela-buttock2.jpg

以前よりお尻の形が気になっていたなすびNs.がヴェラシェイプ8回とリポスタビル2回を受けた結果です。

2番目の写真は右の大腿が映っていたので、輪郭をフォトショップでなぞったのが、3番目の写真です。

おしり全体がキュッとしまった感じが分りますね。

本人は、おしりが軽くなったって言っています。計測しなかったのが、少々残念。

 ちなみに過去の経過は こちら

いずれ背部からの写真もお見せしますね。

FDA認可条件の周囲長の減少ってのがよくわかる写真だと思います。

肥満対策は今までにも様々な方法がとられてきていますが、思うように痩せられないのが現実です。 簡単に痩せられるなら毎日雑誌などで取り上げられる事もありません。

 痩せるには摂取カロリー―消費カロリー=マイナスに持っていけばよい事で、理屈では単純な事なのです。
 私たち生物は本能的にカロリーを取るように脳から指令を受けていて、如何にカロリーを摂るかの目的のために身体を使い、頭を使いカロリーを消費してきたのです。 しかし現在では、寝ながらいくらでも食べる事が出来、身体を使う必要はなくなってきたため、多くの人が肥満傾向にあります。

 肥満を含め、メタボリックシンドロームの怖いところは、種々の生活習慣による危険因子が重なると、例えば30台という若い年齢で心筋梗塞での急死という患者さんや家族にとっては突然で重篤な状況を引き起こすことにあります。
 美容上のみでなく、健康上の観点からも食を考える必要があります。

http://www.mika-clinic.com/kamoku/naika06.html

 肥満度を考慮するには体重と慎重から割り出した値にBMI(Body Mass Index)があります。
BMIは体重Kg/身長mの二乗で計算され、22を中央値として20-23の範囲に収まれば良しとし、25以上は肥満と考えます。

 しかし、中年以降の女性ではBMIが20であっても太ってみえる傾向にあります。 加齢と共につく脂肪の分布が変わりますからね。 例えば上腕部、大腿部、下腹部、あるいは顎の部分などに余分な脂肪がつきやすく、この様な脂肪はスポーツ選手並みの生活無しではなかなか改善されません。

「美しい身体の形をつくるには」

 極端なダイエットではむしろ貧弱な体形となり惨めな結果に終わります。
 では、これらの余分な脂肪はどのように減らす事が出来るのでしょうか? 確実に減らす方法は二つあります。 
 一つは余分な脂肪を吸引で除去する方法、もう一つは脂肪を代謝燃焼させて減らすメソセラピーの方法です。
 私たちは、後者は危険性が無く、国際的にも広く行われている確実な方法のため、もっぱらメソセラピーでよい成績を出してきています。 一度の治療で満足のいく効果を得られることもありますが、3回から5回の治療で明らかな効果は得られます。
 ブログに治療結果のごく一部を載せています。写真を載せるためにお願いしている方しか写真は公開出きません。これらは普通程度の結果とご理解ください。こちら

 ダイエットや部分痩せ(形を作る)を考えるには、本当に肥満なのか、肥満と思っている何が問題としているのか正確に理解する必要があります。 要するに、生活習慣、食事内容、健康状態の正確な把握をして、適切な治療スケジュールを立てる事が満足のいく結果を得るためには必要なのです。ただ食事を制限し、ダイエット食を摂る事では良好な結果は期待できないとの認識が必要です。

posted at 2007/05/15 13:30 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

 メソセラピーによる部分痩せは食餌療法、運動療法ではなかなか得られないプロポーションを作るには安全で確実な方法です。リポスタビルを中心に数種類の薬剤のカクテルを、注射する治療です。
 三月にパリで開かれた国際アンチエイジング学会でもこのことが確認され、その効果の確実性を多症例で確認し、自信をもって皆様にお勧めできます。 

 モニターの方は、41歳女性
 体全体は均整が取れ、夜銀座を歩くと高級クラブのママとして挨拶されてしまう方です。お尻の形が気になるとのことでした。

meso-buttock-pre.jpg
注射前(4月18日)です。
当人が気になるように重力に逆らず、お尻がやや下垂しています。
 主に下部内側を中心に計3回リポスタビルなどのカクテル注射を行いました。

 

 

 

meso-buttock-post.jpg
これは10月6日のものです。

余分な脂肪が消失して、角ばった尻の内側下部の角も取れ、円く上方に引き上げられています。小股が切れ上がった印象ですね。

この結果について、何処に出してもいい形になりましたよといっているのですが、当人はもう少し治療続行を希望しています。経過中痛みは3-4日あったものの特別なトラブルなしに済んでいます。


 先日の美容外科学会総会でも、強調されていたことがあります。
 脂肪吸引や脂肪溶解は、結局「痩せる」ということとは別のものです。いかに美しい形を作り出すか。

 絵や彫塑など、美に関して非常に造詣の深いDr.筑田には、ぴったりの分野だと思います。全体肥満の指導も健康状態のチェックもしてもらえますし、メタボリックシンドローム指導もしてもらえます。
 そうそう最近の美夏クリニックに飾られている油絵で、Dr.筑田が描いたものが数点あります。どれが筑田画伯のものか当ててみてくださいね。

 筑田先生、先生の描いた絵は公開できますが、先生の作った良いプロポーションの形はモニターさん以外は公開できなくて残念ですねえ!!(おふざけですみません。)


 中年期の峠を越え、そろそろ更年期の美夏Dr.が、全体肥満と部分痩せで、自分自身をモニターとしてレポートしなければ、ならなくなりそう。少々気が重いですね。仕事ですから仕方がないかしら?

posted at 2006/10/20 10:48 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

おなじみキリコさんが今回は二の腕の部分痩せに挑戦

 メソセラピーはポイントに薬を注射してゆく手技を言います。リポスタビルという脂肪を溶解させる薬を注射し、部分痩せによって、美しい形を作ろうというものです。リポライシスとかメソライシスなどとも言います。

meso_arm_kiriko.jpg

 4回の注射の結果をまず写真でお見せしましょう。(やっとスキャナが使えるようになりました。)


 それではキリコさん、実況中継をお願いいたします。

二の腕の脂肪が気になりませんか?

私が気になりだしたのは、以前海外で旅行したときに、その土地のの60過ぎの上品なご夫人の二の腕を見たときです。車を運転して観光名所に連れて言ってくれた御婦人の腕の脂肪の抜けた皮膚が、まるで旗のように盛大にヒラヒラひらめいているのを見たとき・・・あァ。自分もやがては、ああなるのかぁ~としみじみ思いましたね。
でもリポスタビルの治療にトライ!

5月12日
 注射そのものは痛いは痛いけれど、予防注射などで日本人は慣れていると思うのですが、個人差があるのでしょうか?私はチクッとする痛みには耐えられます。何箇所か二の腕に注射。先生から、数日筋肉痛のような痛みがありますよ・・・と説明されました。
 そして、そして、その後、買い物にいって、ビニールに詰めた荷物を持つのが、「おいおい、だいじょうぶ?」と自分に問いかけるような痛みが・・・・あぁ、それは腕が上に上がらないほどのまさしく筋肉痛のような
ひどい痛みでした。数日(4~5にち)段々痛みが取れてきました。腕に包帯を巻いてもらって良かったですよ、部分的に注射の後で出血しましたから。ダカラ夏にはしないほうがいいと思います。
 ちなみに注射の跡は、水分を含んだように皮膚が垂れます!まるで水の袋を腕が抱えているみたい。

5月26日
その筋肉痛のような痛みも取れ、また懲りずに美の追求めがけて出かけて、生板の上の鯉。2度目は注射の跡、やはり少し出血しました、で、包帯を巻いてもらって帰りましたが、2度目は確か少し違う成分を
薬に調整された気がする・・・・・やはり痛みに耐えて、そのころ悩んだのは、暖かくなると(体温が上がると)注射を打った部分が痒くなるんです。痛みと腫れで赤くなっている部分を、夜猛烈に掻きました。

6月23日
 水の袋は段々小さく治まってきますが、かゆみは続きます。水の袋が小さくなると、かゆみの方が激しくなるという具合です。ただ脂肪が減ってきている様子は徐々にわかります。
 夏、ノースリーブを着る方が半袖よりおしゃれだと思っているので、ノースリーブの腕が逞しくなるのは嫌なのです。
ほら、バレリーナの○○さんのような腕です!いつもお稽古されているのでまるで少女のように、ほっそりした腕ですよね。
心が丈夫でずうずうしくなった分、せめて腕だけでも可憐さを取り戻したいじゃありませんか?

7月10日
 水袋は相変わらずですが、心なしか前より少し小さくなった気がします。不思議なことに段々垂れる皮膚の面積が少なくなってきて、自分でもしげしげと眺めると、腕をプルプルふっても、皮膚があまり揺れずにしまっていまう。
 年中トレーニングジムやテニスに励むと、腕もたるまないのでしょう。それも出来る人と出来ない人がいるしねぇ。。。
短期集中で、私のように怠惰な人には即効力でオススメです!
注射の跡の痛みも回を追うごとに少しづつ減ってきます。

 今はときどきかゆみはありますが、それも思い出したほどで、確実に脂肪は減りました。逞しさと可憐さと、女性らしさを両方取り戻すことが今後の目標です。

 http://www.mika-clinic.com

 一番上の写真が、5月12日
 真ん中の写真が、5月27日
 下の写真が4回終了後、10月6日

 細かいデータと手技については、別の日に筑田Dr.にお願いすることにします。お楽しみに。

posted at 2006/10/14 21:38 | kojitomika |
permalink/全文表示 |

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちリポスタビルカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは薄毛脱毛症治療です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。